2008年02月16日

◆番外編 1.サイフォン

珈琲抽出研修会は、毎度お待たせしてしまい申し訳ありません。
今回より番外編として、様々な器具の抽出法を見ていきたいと思います。

さて今回はサイフォンによる抽出を見ていきましょう。
様々な珈琲抽出器具の中で、ドリッパーに次いでご家庭にお持ちになっている確率が高い器具になると思います。
見た目にも雰囲気のある器具ですね。インテリアの一部になっていることも多いでしょうが、使ってこその器具です。ドリッパーとの比較をしてみてもいいんではないでしょうか。

しかし、マスターは慣れない器具に戸惑っているようですね・・・。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「むっ・・・、ダメだ。何がいけないんだ・・・?いい加減嫌になってきたぞ。」
「マスター、何をしているんですか?あらっ、サイフォン!懐かしいわ。」
「おお、やっと来たのか。懐かしいって、お前・・・使ったことあるのか?」
「普通自分で淹れようって考える人が、最初に気になるのがサイフォンでしょ?比べるとペーパードリップって高級感がないじゃないですか。」
「ふん、一理あるな・・・。」
「器具がよければ美味しく淹れられるんじゃないかって、つい考えちゃうんですよね。それで買っては見るけど、手入れが意外と面倒ですぐに手放すか、押入れ行き。まあよくある話ですね。」
「なるほど、お前が最初珈琲の知識と味・香りの感覚がバラバラだったのはそういうわけか。まだ持ってるのか?」
「いいえ、お友達にあげちゃいました。でもマスター、何をぶつぶつ言ってみえたんですか?」
「・・・思った味が出ない!それに腹が立っていたんだ。」
「え〜っ?マスターでもそうなんですか?」
「ああ、微調整ができないんだ。というよりどこで調節していいかが皆目わからん。これからサイフォンの説明をしなきゃならんのに、困ったぞ。」
「講習会、延期ですか・・・?」
「原理はわかっているし、制限事項もわかる。が、それなら調整方法はどうすればいいかを考え始めるとお手上げなんだ。」
「えっと・・・、おっしゃっているのは『器具の扱い方はわかっている。豆のメッシュの最小限界もわかる』ってことですね。その上でできなさそうなのは・・・お湯との接触時間を短くしたいんですか?」
「最近どうしたんだ?そんなに出来がいいと、この企画の当初の目的から外れてしまうんだが・・・。まあなんにせよ褒めてやらんといかんな。よくわかったな、どうしてそう思った?」
「自分で条件を変えて淹れることを想像してみたんです。メッシュを細かくすると濾紙代わりのフィルターを通過して落ちてしまいそうですよね。お湯の量ならいくらでも変えられそうです。接触時間を長くしようと思えばお湯が上がってから放っておけば済みます。だから逆に短くしようと考えたのかなって。構造から考えて絞らないって訳にはいかないでしょうから。」
「お前・・・大丈夫か?ふん、熱は無いようだな。しかしいつもの駄目っぷりはどこへいったんだ?いや、お前の言うことが間違ってるって訳じゃないんだよ。その点は心配するな。ただ、なぁ・・・。」
「私は変身したんです。今までいくらもいろんなチャンスがあったはずなのに生かすことができなかった。だから、今回のチャンスは絶対に生かすんだって心に決めたんです。ところでマスター、お湯の温度は変えてみました?」
「ああ、そうか。そこでの調整もアリか。う〜ん、やっぱり調子が狂うなぁ。」
「・・・オーナー、ありがとう。」
「ん?なに小声でいってるんだ?その握った右手のこぶしはなんだ?」
「べ、別に・・・、な・・・なんでもないです。本当ですって。」
「殴るってわけじゃないんだったらいいんだ、多分・・・。」
「あっ、思い出したっ!ネットで見たときにフラスコを濡れ雑巾で冷やしてましたよ・・・?あれっ?えっと〜・・・。うふっ!」
「笑ってごまかしてもダメだぞ。オーナーの野郎、入れ知恵したな。今日の講習会のテーマがサイフォンって事はオーナーと俺しか知らないはずなんだからな。おかしいと思ったんだ。あれほど成績が悪かったお前が、サイフォンになった途端に俺以上の知識が披露できるはずがない。」
「あの日、マスターが戻られるちょっと前にオーナーがお店にみえて、テーマを教えてくださったんです。それで一昨日のお休みに図書館に行ったりネットで動画を見たりして詰め込んできたんです。」
「まあ、いいって事にしようか?オーナーは無理だって言ってたんだが、先日の午後一杯きちんと店を操れたんでお前のことを見直したんだろう。お前、オーナーに気に入ってもらえたんだよ。」
「えっ?ほんと?ちょっとぐらい時給が上がるといいなぁ。今月常連さんのためにチョコ一杯買っちゃって大変なんですよ。」
「馬鹿だなぁ、領収書出せば営業経費にしてやるぞ。どうせ義理チョコなんだろ。」
「なんとなくすっきりしない言われ方ですけど・・・ありがたくお代頂きます。じゃあ明日レシート持ってきますね。」
「時給の件は考えさせてくれ。なるべくお前が喜ぶ結果にはしてやるつもりだから。来月分には反映されるようオーナーと検討する。」
「約束ですからね。それと新人君もね!」
「お前のことがすっきりしないから決めかねていたんだ。オーナーも腹は決まっただろうからすぐ決まるだろう。」
「いい子見つけてくださいよ。私の彼氏候補なんですから・・・なんてね。」
「暢気にしていられるのも今のうちだけだぞ。音をあげても知らんからな。」


 

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 珈琲抽出研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。