2008年03月29日

皆様のおかげです 〜一周年〜

ご来店いただいている皆様、毎度ありがとうございます。


このたび、3月28日をもってこの「お店」も1年を経過しました。総記事数は67回です。
これまでにのべ11,667人の方のご訪問、31,537ページのご閲覧をいただきました。一日当たり32人/86頁になります。お越しいただいた方々、本当にありがとうございました。
この1年間ペースをあまり崩さず更新を続けられたのは、皆様に「読んでいただいている」という実感があればこそです。

また、コメントの方はレスを含め761通。1記事あたり11通になる計算です。
コメント欄からの応援は、育ててきたキャラクターにも及びました。名前すら決めていない出演者への暖かいお声がけは作者としては嬉しくもあり驚きでもありました。
また、作者の勝手な「無茶ぶり」にきちんとノッて頂いているコメンターの皆様、本当に助かっております。今後とも楽しいコメントをお願いいたします。

さて、一方で作者である私は非常に気になっていることがあります。
「果たして、読者の皆さんはこれまでのお話を気に入っていただいているんだろうか?」と。
これまで、「講習会」と「掲示板」を除き、全34話(風景:13話、症候群:21話)を書き下ろしてきましたが、ページビューやコメント数では解らない思い入れなどがあるんではないかな(無いよ!なんていわないで・・・)と思い、お尋ねしてみたくなりました。


一番気に入っている話のタイトルをコメントでいただけるとありがたいです。
別に「この話嫌い」ってのでもいいんです。できれば理由などつけていただけると今後の参考にもなります。
お手間でしょうけれどもご協力をよろしくお願いいたします。


  珈琲の存在った風景        珈琲症候群
開店                     若者が通う理由
1脚だけのテーブル席         ハンドルに掛けた松葉杖
ティーカップとコーヒーカップ     貸切の宵
静けさの戻ったボックスシート    隙間の目立つ書棚
座席の背に残った汚れ         南瓜と桂皮と紅茶の関係
モーニングの終わり           勧誘
開店前のひと時             見知らぬ常連客
割れたゴブレット            天空に輝く光、地に咲く光
会議の後                  ギアの廻る音が響く
変わった出前               土産のカップ
酔い冷まし                 レジ脇のスペース
残された伝票               少女の決意
閉店                     常連の壮行会
                        出会いは1通のメールから
                       NZからの香り
                       思い出は繰り返す 〜風の唄〜
                       耳に障らない雑音
                       オーナーからの宿題
                       「今夜こそは」と思うだけの道程
                       クリスマス商戦への準備
                        ラストオーダー
                       聖夜の予定
                       聖夜が明けた朝
                       年末の風景
                       新春の密談
                       新春の密談 〜その翌日〜
                       新春の密談 〜その影響〜
                       二人の明日
                       デビュー戦
                       別離の後のカプチーノ
                       喫煙者たちの追憶
                       遅れてきた春一番
                       手作りの年輪
                       酔眠不覚暮

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☔| Comment(32) | TrackBack(1) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。