2008年04月06日

◇噂の女

桜吹雪が風に舞う平日のお昼過ぎ。
今日はマスターが一人で店を営業している。いつものウエイトレスは定休のようだ。
今回は少し華がなく寂しいお話になろうかと思っていると、商店街から当のウエイトレスが少し怒った風情でお店に向かってくる。
勢い良く扉を開けた彼女はびっくりするマスターに唐突に話し掛ける・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あ〜、あいつったら本当に腹がたつ。」
「来るなりどうした?今日は休みだろ。ひょっとしてデートをすっぽかされたとか?」
「そんな相手がいれば常連のガキどもにからかわれたりしませんよ〜だ。」
「だったらどうしたんだ?まだ日は高いぞ。さすがに男に間違われて客引きに捕まる時間帯でもないと思うが・・・。」
「どうせっ!メリハリのない体ですよ。可愛らしい衣装なんて持ってませんよ。放っといてください!」
「いや、そんなつもりじゃ・・・。んんん、ちっとも話が進まんな。」
「マスターの応答が今日の私の癇に障るんです。あんなのにまで馬鹿にされて・・・。」
「一体何があったんだ。ちゃんと聞いてやるから、きちんと最初から話してみろ。事と次第に寄っちゃあ、例のあの人にお願いしてやるから。」
「ええっ?そ、そんな大げさな話じゃないですよ。お願いなんかしたら笑い飛ばされてお終いですって。」
「じれったい、何があったんだ。」
「いつも人懐っこく足とかに擦り寄ってくる猫がいるんです。」
「はぁ?猫?」
「半野良の茶寅のデブ猫。商店街を行くと駅に向かうのとは別に病院前に抜ける分かれ道があるじゃないですか、あの先のアパートのあたりにいつもいるんですけど、座った姿が鏡餅みたいなの。」
「そいつなら知ってる・・・それが?」
「言ったとおり、人なれしてるんです。いつもは撫でさせてくれたりするんですよ。それなのに今日に限って・・・。」
「引っかかれたのか?猫にだって機嫌はあるぞ。」
「それならあきらめもつきます。今日のは違うんです。通りかかったらこっちを向いて立ち止まったんです。『ああ、また触って欲しいのかな』って思ったんでしゃがんで呼んでやったんです。6〜7m離れてたんですが、いつものようにのっそりと近づいてきたんですよ。」
「ふ〜ん・・・。」
「あと少しで伸ばした手が触れるってあたりで進行方向を変えて、私の手が届かないギリギリを左のほうへ回りこむように通り過ぎていったんです。私は触ってやろうとして猫の動きに合わせて右手を追うように動かしてるから結局バランスを崩してコロン・・・。」
「ふへっ!・・・ぐふっ!・・・。」
「マスター、無理して笑いを堪えないでいいです。自分でも情けなかったんですから。」
「しかし、猫にまで馬鹿にされるって・・・。どうなってんだ?」
「しかも、助け起こしてくれたのが商店街のお店のご主人、常連の方です。笑いながら『ありゃオス猫だな、ついに猫にまで振られたか』ですって。もうあったま来ちゃって、出かけるのも忘れてそのままここに来ちゃった。」
「ここんとこお前のドジっぷりが無かったからな。久しぶりに笑わせてもらったよ。」
「ねえマスター、口止めしといてくださいよ。商店街の出前できなくなっちゃう。」
「無理だな、既に商店街の半分には伝わっているよ。全部が伝わるまであと1時間もかからんだろうな。」
「ああん、もう最悪!!明日から出前の注文電話でくすくす笑ってたら叩き切ってやるわ!」
「おいおい、店の営業に影響するようなことだけは止めろ!個人の立場でお客に恨み言を言うぐらいは許してやるから。」


「ちわーっス!マスター面白いこと聞いてきましたよ。お姐さんが休みの日まで商店街で笑いを取るために奮闘してたって!・・・ああっ?何でここに?か、勘弁して・・・。」
「いいからここに来なさいよ!で、どこで誰に、どんな話を聞いてきたの?どんな話になっているかわかったもんじゃないわ。正直に話さないと明日から店には入れないからね!」
「わかった、わかりましたよ。襟元の手を離してください。もう、乱暴なんだから・・・。僕が聞いたのは商店街の入り口にあるタバコ屋の親父さんから。無理言って僕のタバコ置いてもらってるからいつも世間話に付き合うんだ。そこで親父さんが教えてくれた。」
「どんな風に伝わってるの?」
「魚を咥えた猫を追っかけてるお姐さんが、商店街の真ん中で派手に転んだって話を聞いたんですって。」
「私がサ●エさんになってる・・・おかしいとは思わなかったの?」
「全然、親父さんもお姐さんなら有り得るって、二人でその図を想像して笑い合っていたんだもの。それにまだ続きがあって、派手に転んだ拍子におパンツ丸見えになってたってね。」
「どこまで尾鰭がついているのかしら。こうやって噂って大きくいいかげんになっていくのね。ほら、よく見て、今日の私はパンツはパンツでもズボンのほう。どうやったら丸出しになるのかしら?ほんっとにオヤジ達スケベなんだから。」
「でも、この時点でタバコ屋の親父のところまで伝わっているとなると、商店街全域にわたって伝わったってことだな。ずいぶん予想より早いな。」
「マスター、感心している場合じゃないわよ。もう、表歩けないじゃない。最近居酒屋で商店街の若旦那さんたちの集まりと一緒になって盛り上がってたのに、元の木阿弥ね。独身でかっこいい人もいたのに・・・。」
「そんなに凹むことでもないぞ。こんなに早く伝わるにはみんながお前のことを知っていなきゃ無理だ。常連さんたちだけがわかっていたってその先には伝わらない。普段のお前を見ていてそんなこともあるだろうなって思わなきゃ情報ソースを信じないし、次には伝えない。お前は愛すべきドジキャラとして商店街のみんなに知ってもらえている証拠だな。」
「そんなことが知れ渡っていたら余計縁遠くなっちゃいますよ。もう・・・。」
「いいや、おれ自身この商店街で『あの子』といわれて『ああ』とピンとくる女性なんて何人もいない。見知っているのは応対がきちんとできて特徴のある子だけだ。店の経営者の眼としては仕事ぶりが気持ちいい子の方が印象に残るんだ。最近になって、営業時間中に買い物に出たりするとお店の女将さん連中が『いいわね、お店放っておいても大丈夫なんて』ってまるで俺が遊んでるみたいに言いやがるんだ。まあ、それだけお前の仕事ぶりは認めてもらえているってことだと思っているがな。それにいいこともあるんだぞ。最近あちこちの女将さんからお前の『プロフィール準備しといてね』って言われてるぞ。」
「そ、それってもしかしてお・・・お見合い?それはちょっと・・・。」
「うちは結婚退職を強制したりしないから大丈夫だぞ。なんなら、今すぐお前の履歴書コピーして渡してこようか?」
「やめてください。いきなりなんですか?そんな反則技。」
「それだけ商店街での評判はいいって事だ。しかも、うるさ型の女将さん達に気に入ってもらえてるんだ。こんな噂は笑って済ませばすぐ消えるさ。女将さんたちが消してくれるよ。」
「今ごろ旦那さんたち怒られてたりして、ね、お姐さん。」
「ま、マスター、お見合いの話、本当?」
「おいおい、そっちに興味津々なのか?半分は本当だ、話半分ってな。」
「ええ〜っ?ど、どうとればいいんでしょう?それって・・・。」
「女将さんたちのおべんちゃらに決まってる。来ることのない『そのうち』だな。」
「マスター、お姐さんの事誉めてるんですか、貶してるんですか?慰めてるんですか、哂ってるんですか?単に楽しんでるとしか思えないんですけど。」
「一言言うたびに顔色がいろいろ変わって面白いだろ。」
「また〜、私で遊ばないでくださいよ〜。もう、いいですから。マスター、休憩できてないでしょ。しばらくみてますからお食事しちゃったら?せっかく私がいるんだからその間に。ほら、あなたは更衣室で私のエプロン取ってきなさい。」
「僕が・・・?お客なんだけど・・・。ちぇ、お姐さんには敵わないな。」

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。