2008年04月19日

◇春の嵐は過ぎ去った

日が暮れても寒さを感じることがなくなってきた。
花見の時期は駆け足で過ぎてゆき、今は八重の花が咲き誇っている。
そんな心も体も浮かれてくる時期だというのに、店の奥でどんよりと沈んでいる常連の男子学生がへたり込んでいる。
いつもの相棒はカウンター席から時折心配そうに奥を覗き込む。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あいつ、今日はどうしたんだ?店の隅っこであんなになってるキャラじゃないはずだが。相棒のお前なら訳を知ってるんだろう?」
「そっとしておいてやってください、マスター。現実を直視しちゃっただけのことですから。」
「そうか・・・。やっと気付けたわけか。」
「ええ、以前に危惧したとおりの結果で・・・。まったくの『お兄ちゃん』だったそうですよ、彼女の中では。傍から見ている僕にはそうとしか見えないのに、自分で聞かない振りをしていたんですからしょうがないですよ。一歩を踏み出す前に轟沈してるんじゃ慰める気にもなりません。」
「ちょっと冷たくないか?」
「勝手に舞い上がって、思い込んで、その上戦う以前に敗北を認めてるんじゃ何してやれって言うんです、マスター?」
「お前、相当あいつに腹立ててるんだ。ふふん、そうか。これまでも幾度となく諫言をしてきたのにやつは全く聞き入れてなかったってことか。」
「女の子は俺やツレたちとは違うんだっていくら言ってもだめだった。崖っぷちに向けて一直線に進んでいたのに・・・。」
「まあ、いい経験になったんじゃないか?失敗して傷ついて、その中から這い上がってこそ次に進めるんだと思うがな。一般的に同じ年頃では女の子の方が恋愛には長じている。しかし、それに輪をかけたように初心い奴だからな。近づいて優しくされれば舞い上がっちまうのは当然か。」
「これで変な方向に目覚めなきゃいいんですけどね。僕は親友以上の関係に進むつもりはないんで。」
「かれこれ半年以上か?手も出さず、「おあずけ」のままでよく我慢したもんだ。」
「あと2ヶ月で1年になりますよ。結局踏み出さずに終わっちまいやがった。最後ぐらいだめだって解っていても自分の気持ちを伝えてこればいいのに、それもしないで帰ってきたんですよ。もう何やってんだか。」
「お前みたいに世慣れて、自信もある奴とは違うよ。振られて開き直ることもできないんだ。冷静な分析も、損得の計算もない。今が壊れるのが怖いだけなんだな。何回かこんな目にあえば自分がわかってくるし、自己分析もできるようになるだろう。これ一度でってのは無理だろうがな。」
「こんなしんどいのをまた見せられるんですか?あ〜あ、忠告を素直に聞き入れてくれれば少しは楽に終焉が迎えられたのに・・・。」
「それは無理だな。男女の違いよりお前との差を大きく感じているんだ。自分とは目線が違うと思い込んでいるよ。」
「はぁ・・・、きちんとコミュニケーションをとれって言っているだけなんだけどなぁ。」
「できないんだよ、それが。普段のあいつで居ることすらできなかったんだろうな。相手の表情に一喜一憂して、笑顔が続いていれば自分がうまくやれていると勘違いして。」
「何回こんな失敗すれば気づくんですかね?」
「今後のお前のフォローに依るんじゃないか?あんまり見せ付けるからお前の信用が無くなっていたんだからな。その辺を弁えて、なっ。」
「マスターまでそんなことを・・・。後ろ指指されるようなことなんかしていませんよ。俺は合意の上でお付き合いしているだけですから。いいかげん世慣れないあいつが問題なんでしょ?」
「まあな。今回のことから復活したらもう少し理解してくれるといいな、あいつも。」


 

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。