2008年07月28日

▽夏休みの朝の一風景

子供たちが夏休みになって一週間が過ぎた。
夏そのものの空は青と白に彩られ、空気には熱気が含まれている。

店を二人に任せられるようになったマスターは休みが増えている。
日曜の朝だが、休みのマスターは遅くまで寝ているようだ。
なかなか起きてこない父親に業を煮やしたのか、辰蔵が寝室に向かう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「父さん、起きろ〜!10時半になるよ。」
「んん、そんな時間か、お前たち飯は?」
「僕たちは母が出かける前に起きたからその時食べた。早く起きて!」
「なんだぁ?夕べは原稿書いていて遅かったんだ。休みなんだからゆっくりさせろ。」
「駄目!僕たちにも都合があるの。」
「わかったから、寝室の冷風機を止めないでくれ。布団が汗まみれになる。それより夏休みの宿題はやってるのか?」
「今日は日曜だからお休み。さあ、早く早く。」
「もう、せかすな!あれ?お順は?」
「向こうで待ってる。」
「珈琲はあるのか?食パンはあったかな・・・?」
「大丈夫だって。早くテーブルについて。」
「じゃじゃ〜ん。おとうさん、おはよう。お父さんの朝ごはんは私たちで用意したんだよ。」
「スクランブルエッグに炒めたソーセージ。トーストまで焼いたのか。珈琲はどうした?お前たちが淹れたのか?」
「ごめんね。珈琲はコーヒーメーカーで母が淹れておいてくれたの。でも、他は全部お兄と二人で用意したんだよ。」
「どうした風の吹き回しだ?」
「いいからいいから。味はどう?」
「ソーセージはいい具合だ。だが卵はいまいちだな、火が通り過ぎてる。いつも俺の作ったのを見てるだろう。作った後フライパンに置きっ放しにしたんだな。トーストはバターの塗り具合はちょうどいい。だが、端までちゃんと塗れ。」
「ちぇっ、うまくいったと思ったのにな。」
「まだまだ修行が足りんよ。火を使うってことはそれだけ加減が難しいってことだ。」
「だから、ゆで卵にしようって言ったのに。」
「フライパンでやりたかったの!うるさいよ、お前は。」
「辰蔵、自分の力量を知るのも修行には必要だぞ。だが、できは悪くないぞ、すぐに皿に移していれば問題ないレベルだ。あとは好みの部分になるからな。」
「そうなんだ、よかった。ソーセージとトーストはお順がやったんだよ。」
「お順も火を使う許可が出たのか。もう少し頑張れば母の代わりも務められるかな。・・・もしかして夏休みの課題のためか?」
「違うよ、ほらお順、出さないと。」
「はいお父さん、お誕生日には少し早いけど、プレゼント。」
「ありがとう。でも、もう少し先だぞ。」
「でも、普段はお仕事でしょ。ゆっくりしている時に渡したほうがいいかなって思って。」
「そう、お誕生日の前祝ってことでいいじゃない。」
「ん、ありがとう。でもこのプレゼントは当日開けさせてもらうよ。そうか、それで朝飯の用意をしてくれたのか。」
「うん、いつものお休みの日はしてもらってるんだから、今日ぐらいはってお順と頑張ったんだ。」
「よく頑張ったな。これからは俺も楽できるな。」
「ええ〜っ!今日だけだよ。次のお誕生日はずっと先だからね。」
「ほらほら、早く食べちゃってよ。洗わなきゃならないんだから。母がお洗濯お願いね、だって。」
「結局いつもと変わらずか。しょうがねえな。」

続きを読む


posted by 銕三郎 at 12:00| 東京 ☀| Comment(32) | TrackBack(0) | 珈琲店の常連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。