2008年09月14日

◇ブレンドの危機

晴れた昼間はまだまだ日差しが暑く感じられるが、朝夕はずいぶん過ごしやすくなった。

今年は台風の直撃はまだあまり無いようだが、カリブ海地域ではハリケーンの被害がかなり出ているようである。
農作物である珈琲は天候不順に覿面に影響を受ける。農園が全滅することもまれではない。もし、お店で扱う豆の生産地が被害にあった場合、最低1年はその豆が入手できないことになる。

お店の中ではマスターが困り果てている様子でウエイトレスを待っているようだった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「お早うございます。あれっ?マスター浮かない顔ですね。」
「2〜3日は店が開けられんぞこりゃ。」
「え、どうしたんですか?ガスや水道が止められたんですか?」
「バカ言ってんじゃない。2日前に入ってきたレギュラーブレンドの豆なんだが、味がおかしいんだ。昨日でその前の分を使いきったんで、夜のうちに味見をしたんだ。疲れてもいたから違和感があったんだろうがあまり気にしなかったんだ。だが、さっき淹れたのがこれだ。ちょっと飲んでみろ。」
「わかりました。ん、おやっ?本当に変ですね。酸味の質が違うみたい。どうしちゃったのかしら?」
「何かの手違いだといいが、そろそろ前に話したモカの輸入停止が効いてきたのかな。豆屋の始業時間になったら電話で確認してみよう。最悪だとこの店のブレンドを変えなきゃならん。あまり誤魔化すような手は使いたくないが、この際はしょうがないな。いろんな豆を試してできるだけ近い味のブレンドを再現する。今日中にテイスティングを終わらせて新ブレンドのレシピを決めないといけないかもしれんな。ぼ〜っとしているがお前も手伝うんだぞ。」
「ええっと、私は構わないですけど、何をお手伝いすればいいんですか?」
「抽出とテイスティングを繰り返す。ただそれだけだ。」
「それだけなんですか?それじゃあ私なんかじゃ役に立ちそうもないですよ?」
「充分に仕事をしてもらうことになるぞ。俺はずっと評価を続けなきゃならん。時間が無いからな。豆屋から持ち帰った焙煎済みの豆を挽いて、淹れるのがお前の役目だ。」
「ひぇ!重要な役目じゃないですか。私なんかでいいんですか?」
「この店できちんと淹れられるのはお前と俺しかいないだろうが。俺は豆の選別や配合率の調節も行うからな。お前しかいないんだよ。」
「開店の時はどうしたんですか?マスターとオーナーだけだったんでしょ?オーナーが珈琲を淹れられるとは伺ってませんが?」
「ああ、あの時は時間が充分あったからな。2〜3種類を焙煎しては挽いて淹れてを毎日繰り替えしていた。オーナーは味見と記録をしてただけだ。」
「そっか、お店をそんなに閉めてられないですもんね。私、頑張りますよ。」
「そろそろ豆屋の親父も起きてるだろう。電話してみるか。」
「私はとりあえず何をすれば…?」
「今のうちに食い物の買出しをしておいてくれ。立ったまま食えるようなものを2食分位あればいい。飲み物は嫌って言うほどできるからいらないぞ。それと戻ったら車の用意をしておいてくれ。一緒に豆屋の倉庫へ行くんだからな。」
「わかりました。じゃあ商店街に行ってきます。」
「ああ、俺の財布はそこにある。領収書を忘れるなよ。」

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。