2008年10月05日

◇デートに誘われて・・・

秋の長雨も一段落した。
近くの小学校からは運動会の練習なのか夕方まで音楽がかわるがわる聞こえてくる。
公園の隅に植えられた彼岸花の赤が季節の移り変わりを告げているようだ。

オーナーへの業務連絡の電話を中断したマスターが、微かに笑みを浮かべウエイトレスを呼んだ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おい、オーナーがお前に電話を変わって欲しいだと。」
「はい?私に…ですか?何でしょう?」

「はい、お電話換わりました。…え?…あ、有り難うございます。…え〜、今度のお休みですか?特に予定はありませんけど…そんな、もったいないですよ。…わかりました、それでは明後日の夕方7時に。」

「おい、どうした?顔が赤いぞ。」
「こまっちゃったなぁ〜、どうしよう。…あん、もう…困っちゃうなぁ〜。」
「あっ、いらっしゃいませ。…おい、お客様だぞ!…だめだ、聞こえてねえな、こりゃ。お客様申し訳ございません、今お伺いします。」
「……どうしよう……。」

「おい、しっかりしろ。何があった。オーナーに何言われたんだ?」
「マスター、どうしよう。オーナーが移動店舗の事褒めてくれて、ご褒美にって食事に誘われたの。」
「おやおや、デートのお誘いに舞い上がっているってわけだ。」
「デ、デート…?ち、違うわよ!えっと…そうだ!オーナーが食事を一緒にっていったら相応のお店になるでしょ?そんな所に着て行く服っていっても何を着て行っていいやらわからないのよ。それだけよ!」
「ありゃあ…そう悩むのか?オーナーもつくづく変なのに…まあいいか。」
「良くないわよ!マスターと一緒に居酒屋に行くのとはわけが違うのよ。オーナーに恥かかせたら申し訳ないじゃない。」
「その点なら心配しなくても大丈夫だと思うぞ。あいつだってそんな格式ばった店にお前を連れて行きたいとは思ってないよ。もともとそんな店が大っ嫌いな奴だからな。」
「そうかなぁ…?」
「お前だって以前は普通のOLだったはずだよな。その頃のスーツぐらいまだ持っているんだろ?もしかして、着れなくなっているなんてことはないよな。」
「マスター、ひどい!この仕事初めてから随分引き締まったのよ。マスターもあの時私のスーパーボディ見たでしょ?でもいいわ、マスター。明日の午後の出勤遅くしていいですか?お出かけして見繕って来ますから少し時間をください。」
「そんなに気をつかわないでも大丈夫だぞ。その点は俺が保証してやる。」
「いいえ、私の気持ちの問題です。せっかくご褒美を頂くんですからだらしない格好ではイヤなんです。」
「そうか、デートって意識じゃないって訳だ。あいつだって男だぞ。」
「え…ま…そ…イヤだなぁマスター。そんな言い方しないでくださいよぉ。当日変に意識しちゃうじゃないですか。恥ずかしいなぁ。また私をからかって…、マスターの意地悪っ!」

「あ〜あ、素直に誘ってもらえて嬉しいって言えばいいのに…。あいつも手間のかかる奴を見染めたもんだ…。」


 

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。