2008年11月05日

◇晩秋の麦茶

日当たりの良い屋外にいても上着が欲しくなってきた。先日、木枯らしの1番が吹いたとニュースでやっていたようだ。
風にあおられた乾いた落ち葉が踊るように舞って行く。もう冬は近い。

常連の高校生があわてた様子で商店街から店まで走りこんできた。
なんだか新しい玩具を手に入れた子供のような、嬉しそうな表情でマスターに近いカウンター席に滑り込んだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、確かマスターの個人用に麦茶って置いてあったよね。それとミルクを泡立てながら温めるやつもあったよね。」
「ああ、両方ともあるが、どうしたんだ?」
「ちょっと変わった飲み物を聞いてきたんで飲んでみたいんですよ。」
「どんなことを聞いてきたんだ?まあ、好きなように注文してくれて良いぞ。お前の言うとおりに作ってやるよ。しかも俺が気に入れば代金はとらないことにしてやるよ。」
「よっしゃぁ!やったね!!マスターが手を貸してくれればちゃんと飲めるものにはなりそうだ。じゃあまず麦茶を温めてください。」
「せっかく冷えてるのにか?わかった、わかった。文句は付けないよ。コーヒーは何を使うんだ?」
「いいえ、コーヒーは使いません。それじゃあスチーマでミルクを温めてください。」
「な、何となくやりたいことはわかってきたが…、本当に良いんだな?ちゃんと最後まで飲んでいけよ、この偽物を。お前の飲んでみたいのはオルゾのカプチーノタイプだろ?」
「ええ〜マスター知ってるんですか?なぁんだ、それじゃあこんな面倒な説明をしなくても良かったじゃないですか。」
「最初に麦茶なんて言うから訳がわからなかったんだ。」
「えっ?麦茶じゃダメなんですか?大麦を焙煎した物って聞いたから麦茶と同じじゃんって思ってました。」
「いや、俺も本物は知らんよ。代用コーヒーの一種だからな、いままで味見する気も起きなかった。しかしお前も大胆だな。同じ大麦だからって麦茶で代用しようとするなんて。」
「本当はどうするんですか?」
「調べてないから解らんよ。麦の味をしっかり付けるんなら麦茶を濃くするか、ロイヤルミルクティーのようにミルクで煮出した方がよさそうだとは思うがな。だいたい自分でしっかり調べてこんか、ちゃんとしたものを飲みたいんならな。」
「とりあえず雰囲気が味わえれば良いかって程度だったんで、あわてて来ちゃいました。済みません。」
「まあいいさ、今度本物を仕入れてやるよ。そら、代用コーヒーのそのまた代用品だ。味は保証の限りじゃないからな。」
「マスター、本当に何から何まで済みません。でもこれ、暖まれそうですね。」
「余分に作ってみたから俺も少し味見してみるか。…こりゃ旨いもんじゃないな、ミルクの味しかしないなぁ。しかし麦茶の作り方でもう少し良くなるかもしれんな。ハチミツで甘味を付ければ…少しブランデーでも滴らすかな。・・・せっかくのカフェインレス・ドリンクなんだからな・・・。」
「マスター、完全に商品化を考え初めてるよ。やっぱり名前が良くなかったのかな。Orzoじゃね、最初から落胆してるみたいだよね。でも、いくら請求されるんだろう?ツケって効くのかな。」


 

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(17) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。