2008年12月07日

◆番外編 9.カップ〜材質と形状

毎度お越し頂きありがとうございます。番外編第9回をお届けします。
どうも間隔があいてしまいました。お待たせしてしまってすみません。

今回と次回の研修会のテーマはカップです。以前コメント欄で少し言及したことがありましたが、もう少し詳しく検討してみるつもりです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おっはようございま〜す、あれっ?マスターこんなにいろんなカップ、どこから出してきたんですか?」
「おうっ、やっと来たか。今日は飲みまくってもらうぞ。」
「ええっ?淹れるんじゃないんですか?マスターの淹れた珈琲をのんでいいんですか?うれしいなぁ〜、ここのところマスターが淹れてくれるなんてこと、ずっとありませんでしたからね。」
「今回は特別だ。おまえ自身で珈琲に合うカップを考えてもらうためだからな。」
「カップを私が選ぶんですか?」
「そろそろ交換時期だから、お前に任せてみようと思ってな。」
「でも、いいんですか?私のセンスなんかで。」
「いや、センス以前の部分をわかってもらおうと思っているわけだ。」
「センス以前の部分・・・?」
「要はどのような形状のカップがふさわしいかってことだな。」
「なるほど、それがわかった上でないとカップ選びもままならないって事ですね。了解しました。早速はじめましょう。」
「ではこの2杯を比べてみようか。」
「またオーソドックスなカップ2つですね。生成りの白い厚手の陶器と薄い磁器。どちらも昔はよく見かけたデザインですよね。飲み比べればいいんですね。」
「どうだ?」
「そうですね・・・、珈琲の味は変わらないはずなんですけど磁器のカップのほうがいいように感じますね?どうしてでしょう?」
「まあな、多分70%の人間は同じように感じるはずだ。これは先入観もかなり関係している。ああ、飲みかけのカップはそのままにしておけよ。後で使うからな。」
「先入観・・・ですか?」
「ああ、カップの価格が意識にあるんだ。これは人の第1印象でも同じことだ。高価な服を着ていればそれなりに見えてしまう。」
「なるほど、薄い磁器のカップのほうが高いっていうイメージがありますもんね。」
「これは結構重要な視点なんだ。実際にはこの陶器のカップのほうがずっと高くったって見た目ではそう判断されてしまう。」
「ええっ?そうなんですか?」
「まあ、そんなことよりその飲みかけの珈琲を飲んでみろ。」
「冷めかけた珈琲って・・・。あれっ?全然印象が違う。というより陶器のカップは冷めてない。」
「そうだ、薄い磁器に比べて厚い陶器は熱を逃がさない。だから今店で使っている理由がここでわかるはずだ。」
「え〜っと・・・、使っているのはアメリカンブレンドとカフェオレですよね・・・そうか、わかった。量が多くって飲むのに長くかかるものに使っているんだ。」
「そのとおりだ。アメリカンタイプのカップは厚手の物を使っているな。ゆったりと時間をかけても味にそれほど影響の出ない、そして暖かいのが持続してほしいホットのアレンジに使うようにしている。それに対して薄い磁器のカップは、ブレンドからストレートまで、暖かいのが冷める前に飲み切ってほしいからこのタイプを使うようにしているんだ。」
「せっかくのストレートを冷めてから飲んじゃもったいないですよね。でもマスター、ブレンドっておっしゃいましたけどブレンドはストレートとカップが違いますよね。」
「そりゃあな、同じ系統を使用していても格の違いをカップから表しておかないと、頼んでくださったお客様に悪いだろ?せっかく高いのを飲んでいるのに傍から見たらブレンドと同じに見えちゃ寂しかろうという気遣いだよ。」
「あはっ、だから数は少ないけど高級そうなカップが棚の見えるところに置いてあるんですね。」
「今日のところはこんなところかな。後は形やタイプの違う白いカップを揃えておいたからお前が使ってみたいカップを選んでみろ。珈琲はどんどん淹れてやるから。」
「本当に私が選ぶんですか?白じゃなきゃいけないんですか?」
「今回は材質と形状を比較したいから白だけにした。色は次回だな。それよりも洗浄の際の取り扱い易さとか破損なんかの時の補充のし易さも考慮に入れておけよ。」
「そっかぁ、だから一番使うブレンドのカップってあまり高そうじゃないんですね。」
「そういうこと、損耗率はかなり高いからな。」
「わっかりました〜。じゃあどんどん飲みますからね、覚悟していてくださいね。」

 続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 珈琲抽出研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

◆番外編 10.カップ〜色

毎度お越し頂きありがとうございます。番外編第10回をお届けします。
今回は前回が間を空けすぎたので慌てて仕上げました。後編は書くことが決まっていてどちらかと言うと楽です。

前回に引き続き、カップです。皆様のお手元にはどんなカップがあるんでしょう?
明るいダイニングやリビングには鮮やかな色彩のあふれるカップがよく似合いますが、お店となると少々勝手が違います。家庭で使用するものを選ぶのとは少しばかり違う視点での選び方になると思います。こんな視点でのカップ選びも面白いですよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おやっ?もう来てたのか、早いな。」
「あっ、マスター、おはようございます。」
「お前、何やってんだ?そんな色画用紙をもって。」
「ああ、これですか?今日はカップの色っていうことだったので・・・。私もいくつか持っているんですけど地色がオフホワイトばっかりで役に立たないし、お店のカップはどこにしまってあるのかわからなかったんで、そこの文房具店で買ってきてお店の中で試していたんです。明るいテーブルと暗いテーブルでは見た目の色が随分変わって見えていたんだなんて始めて気づきました。」
「半年前の改装から明るい席と暗い席の差がはっきりしたからな。以前はできる限り均等に店内が明るくなるような照明だったんだが、スポット照明を多用したから店全体が少し暗めになったかな。」
「ちょっと大人っぽくなったんですよねって、こんなことやってると本来の講習に入らないで終わっちゃいそうなんで早く始めましょう。」
「おお、そうだった。それじゃあ始めようか。お前はカップの色をどう考えている?」
「ええっ?いきなりですか?そうですねぇ・・・外側はまだ検討中ですけれど内側は白いほうがいいと思います。」
「ほぉ、どうしてだ?」
「珈琲の色との対比です。珈琲液は一部焙煎の浅いもの以外は濃い褐色の液体になりますから、その色を引き立たせるには色が薄いほうがいいと思うんです。また珈琲液の透明感を感じるには白いほうがよりわかりやすいかなって思いました。」
「満点に近い回答、ごくろうさん。そのとおりだ。加えてカップ自体の清潔感も出すことができるな。しかもうちでは紅茶も同じカップで出すことになるから白でなきゃいけないんだ。では外側はどうする?」
「それを悩んでいたんですよ。この店の客席に置いたときどんな色が一番合うのか。いろいろ試してみたんですけど、決定打は見つかってません。」
「カップの色によって味の感じ方(味覚)に差が出るのは知ってるか?」
「そうなんですか?」
「ある実験の結果があってな、白と黒の結果はないが、濃茶・赤・青・黄色のカップで比較したもので、同じコーヒーをそれぞれに注いだところ、順に香り・味の濃さが薄くなったと感じたと言うものなんだ。」
「その結果から考えると白いカップは結構損な部類に入りますね、多分…。」
「じっくり考えていいぞ。お前が決めたカップにする予定なんだからな。次の店の改装はずっと先になるだろうから今のこの店のことだけ考えればいいからな。」
「おおっきな宿題ですね、わかりました。もう少し頑張ってみます。」

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 珈琲抽出研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

◇つぶやきが聞こえる

冷たい風が店の前を吹き抜けていく。
師走に入りコートの襟を立てて歩む姿が目に付くようになった。

マスターの気まぐれからコーヒーカップが入れ替わり、古いカップやソーサーは希望する常連客に提供されることになった。ペアで持ち帰ったり、家族分一揃い持って帰る客も多く、どんどん無くなっていった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「軍曹!僕たちどうなるんですか?」
「ああ、俺自身前回のときは残った口だからな。退役になった連中がどうなったのかはよくわからんのだ。訪ねて来るやつはいないしな。」
「僕たちは頑張ってきたはずです。突然首ってどうしたんでしょう。」
「さあな、上からの命令だ、俺にゃどうしようもないな。判っている事はもうじきここから出て行かなきゃならんってことだけだ。ただ次の仕事は紹介してもらえるようだな。」
「理不尽ですね。確かに最近は欠けたメンバーの補充もなかなか来なかったりしていましたが、そんなに僕たちの成績が悪かったんですか?」
「いや、そんな話は聞いてないな。まあ、お前たちもここに来て5年、そろそろ徴用期間が終わったってことだ。お前たちと一緒に来た資材係の連中も一緒に退役だそうだ。」
「ああよかった。あそこにはいい娘が居たんだ。一緒に次の仕事が探せるといいな。」
「俺だって今回は退役組に入れられたんだ。まだまだ現役で頑張れるってのに。残るのはあの金ぴかをつけたお偉方だけだって話だぞ。」
「あれ?僕が聞いた話だと工兵部隊は居残りだって話ですよ。最近あまり出番が多くないんで放り出されるかって思ってたのに、残されることになったって喜んでましたから。」
「あっちには情報が行っていたんだな。そういえばお偉いさん専門の部隊もあそこにはあったからな。安泰なお偉いさんたちは口が軽いんだな。」
「軍曹は前回みんなを送り出したんでしょう?そのときはどうだったんですか?」
「ああ、前の連中はみんなここに次の働き先の雇い主が迎えに来てたな。1ユニットまとめて受け入れとかは珍しくなかったぞ。素敵なバスでみんな一緒に次に向かって行ったよ。」
「へぇ〜、ここのキャンプの評価は世間では高いってことなんですね。じゃあ僕たちもそうなるのかな。」
「そうだとすると次は今以上に元気に仕事のできる勤め先だといいな。」



「おい、お前。そんなお持ち帰り用に用意したカップやソーサーで何遊んでるんだ。」
「あっ、マスター。えへへ・・・見てたんですか?でも今回は盛大に入れ替えたんだね。」
「まあな、お嬢様がかなりリキ入れて選んだもんだからな。なかなかいい選択をしたから思い切って全面的に任せることにしたんだ。統一感を出すにはそのほうがよかったようだ。」
「なかなか素敵なカップですよ。お姐さんいい目してるんですね。」
「ああ、俺なんかよりずっとこの店に似合ったカップを選んでやがった。褒めてやろうと思ったが、天狗になってもまた困るんでな。終わった後ご苦労さんと言ってやるだけにしておいた。」
「ふ〜ん、ひょっとしてマスターは自分の居場所がなくなりそうだって心配してるんでしょ?」
「そ、そんなことはない!・・・はずだが・・・このままだと危ないかな?」
「大丈夫、この店はマスターがいなきゃ始まらないんだから。お姐さんだってそう思ってますよ。」

 続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

◇夜食のおとも

朝夕の冷え込みが厳しくなった。早々と初霜の報道があったようだ。

冷たく澄んだ空気が広がり始めた日暮れ前、最近足が遠のいていた常連の一人が久しぶりにやってきた。この商店街からは片道30分ほどもかかるはずの彼女なのに両の手一杯に買い物袋を下げている。そういえば商店街では年末の大売出しが始まっている。大安売りの横断幕には逆らえないようである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、お久しぶり〜。寒いわね〜。」
「おお、いらっしゃい。久しぶりだなぁ、どうしてたんだ?」
「まあ、いろいろ。今日はカフェオレをいただこうかしら。」
「おや、珍しいな。いつも気取ってマンデリンを倍量で・・・なんて言ってる奴がどうしたんだ?」
「自分で淹れてるカフェオレと比較してみたかったの。」
「ふ〜ん、何してるんだかな。ちょっと待ってろ、きっちり淹れるからな。」
「本格的に2ポットで淹れてくれるの?そこまでしなくてもいいのに。」
「ちょっと気になる言動だったんでな。」
「あら、変なところにこだわるのね。」

「お待たせ。レギュラーのカフェオレじゃないからな。」
「マスターったら、そんなんじゃないのよ。自分で淹れてるカフェオレって美味しいのかなって気になってたの。」
「はぁ?どこかで美味しい淹れ方でも教わったんで比較しようってんじゃないのか?」
「ばっかねぇ、ずっとここでいろいろ教わってるんだもの、他と比較したりなんかはしないわよ。そうじゃなくて、息子が残すのよ、私が淹れたカフェオレを。」
「ふ〜ん?朝飯はパン食なのか?」
「ううん、うちは旦那が朝食には味噌汁必須だから朝じゃないの。夜食よお夜食。高校受験を控えてしっかり勉強をする気になったんで夜食を作ってやってるんだけど、カフェオレをつけると必ず残すんだもん、ちょっと気になっちゃって。」
「ほぉ〜、主婦してるんだ。店を出ると変わるんだな〜。」
「茶々入れないで!以前昼間とかはちゃんと飲んでたの。あれから淹れ方も豆も変わってないから変だな〜って、気にし始めたら自分のせいって方へどんどん考えちゃって・・・。」
「お前んとこに届けてる豆は変わってないぞ。きっちりしてるお前のことだから淹れ方もそんなにぶれることはないと思う・・・おい、夜食だって言ったな。しかも高校受験だって?」
「ええ、中3よ。あれっ?見たことなかった?」
「なるほどな、お前さんの息子は自分のことがよくわかってるんだよ。」
「えっ?どういうこと?」
「多分息子は眠れなくなるのを避けているんだよ。珈琲の割合が多いのかもな。中学生ぐらいじゃまだまだカフェインの影響は大きいからな。前に眠れなくて困ったことでもあったんじゃないかな。」
「そういえば体育の授業でふらふらになったってこぼしてたことがあったわ。睡眠不足だったのね。どうしたらいいのかしら。」
「珈琲の量を半分にしてミルクを増やせばいいんだが、気にするようならココアにしてやったほうがいいだろうな。珈琲を飲んだって事実だけで眠れなくなることは十分にある。たとえデカフェで作ってあったとしてもな。ちなみに紅茶や日本茶は珈琲よりカフェインが多いからな。」
「わかった、息子と話してみるわ。ちゃんと通わなきゃ駄目ね。こんなに頼りになる人が近くにいるんだもんね。」
「忙しいんなら無理しなくていいんだぞ。来てくれる分には一向に構わんがな。」
「また、近いうちに報告に来るわね。ご馳走さま。やっぱりずっと美味しいわね。何が違うんでしょ?」
「愛情じゃないことだけは確かだな。」

 続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。