2008年12月07日

◆番外編 9.カップ〜材質と形状

毎度お越し頂きありがとうございます。番外編第9回をお届けします。
どうも間隔があいてしまいました。お待たせしてしまってすみません。

今回と次回の研修会のテーマはカップです。以前コメント欄で少し言及したことがありましたが、もう少し詳しく検討してみるつもりです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おっはようございま〜す、あれっ?マスターこんなにいろんなカップ、どこから出してきたんですか?」
「おうっ、やっと来たか。今日は飲みまくってもらうぞ。」
「ええっ?淹れるんじゃないんですか?マスターの淹れた珈琲をのんでいいんですか?うれしいなぁ〜、ここのところマスターが淹れてくれるなんてこと、ずっとありませんでしたからね。」
「今回は特別だ。おまえ自身で珈琲に合うカップを考えてもらうためだからな。」
「カップを私が選ぶんですか?」
「そろそろ交換時期だから、お前に任せてみようと思ってな。」
「でも、いいんですか?私のセンスなんかで。」
「いや、センス以前の部分をわかってもらおうと思っているわけだ。」
「センス以前の部分・・・?」
「要はどのような形状のカップがふさわしいかってことだな。」
「なるほど、それがわかった上でないとカップ選びもままならないって事ですね。了解しました。早速はじめましょう。」
「ではこの2杯を比べてみようか。」
「またオーソドックスなカップ2つですね。生成りの白い厚手の陶器と薄い磁器。どちらも昔はよく見かけたデザインですよね。飲み比べればいいんですね。」
「どうだ?」
「そうですね・・・、珈琲の味は変わらないはずなんですけど磁器のカップのほうがいいように感じますね?どうしてでしょう?」
「まあな、多分70%の人間は同じように感じるはずだ。これは先入観もかなり関係している。ああ、飲みかけのカップはそのままにしておけよ。後で使うからな。」
「先入観・・・ですか?」
「ああ、カップの価格が意識にあるんだ。これは人の第1印象でも同じことだ。高価な服を着ていればそれなりに見えてしまう。」
「なるほど、薄い磁器のカップのほうが高いっていうイメージがありますもんね。」
「これは結構重要な視点なんだ。実際にはこの陶器のカップのほうがずっと高くったって見た目ではそう判断されてしまう。」
「ええっ?そうなんですか?」
「まあ、そんなことよりその飲みかけの珈琲を飲んでみろ。」
「冷めかけた珈琲って・・・。あれっ?全然印象が違う。というより陶器のカップは冷めてない。」
「そうだ、薄い磁器に比べて厚い陶器は熱を逃がさない。だから今店で使っている理由がここでわかるはずだ。」
「え〜っと・・・、使っているのはアメリカンブレンドとカフェオレですよね・・・そうか、わかった。量が多くって飲むのに長くかかるものに使っているんだ。」
「そのとおりだ。アメリカンタイプのカップは厚手の物を使っているな。ゆったりと時間をかけても味にそれほど影響の出ない、そして暖かいのが持続してほしいホットのアレンジに使うようにしている。それに対して薄い磁器のカップは、ブレンドからストレートまで、暖かいのが冷める前に飲み切ってほしいからこのタイプを使うようにしているんだ。」
「せっかくのストレートを冷めてから飲んじゃもったいないですよね。でもマスター、ブレンドっておっしゃいましたけどブレンドはストレートとカップが違いますよね。」
「そりゃあな、同じ系統を使用していても格の違いをカップから表しておかないと、頼んでくださったお客様に悪いだろ?せっかく高いのを飲んでいるのに傍から見たらブレンドと同じに見えちゃ寂しかろうという気遣いだよ。」
「あはっ、だから数は少ないけど高級そうなカップが棚の見えるところに置いてあるんですね。」
「今日のところはこんなところかな。後は形やタイプの違う白いカップを揃えておいたからお前が使ってみたいカップを選んでみろ。珈琲はどんどん淹れてやるから。」
「本当に私が選ぶんですか?白じゃなきゃいけないんですか?」
「今回は材質と形状を比較したいから白だけにした。色は次回だな。それよりも洗浄の際の取り扱い易さとか破損なんかの時の補充のし易さも考慮に入れておけよ。」
「そっかぁ、だから一番使うブレンドのカップってあまり高そうじゃないんですね。」
「そういうこと、損耗率はかなり高いからな。」
「わっかりました〜。じゃあどんどん飲みますからね、覚悟していてくださいね。」

 続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 珈琲抽出研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。