2008年12月13日

◆番外編 10.カップ〜色

毎度お越し頂きありがとうございます。番外編第10回をお届けします。
今回は前回が間を空けすぎたので慌てて仕上げました。後編は書くことが決まっていてどちらかと言うと楽です。

前回に引き続き、カップです。皆様のお手元にはどんなカップがあるんでしょう?
明るいダイニングやリビングには鮮やかな色彩のあふれるカップがよく似合いますが、お店となると少々勝手が違います。家庭で使用するものを選ぶのとは少しばかり違う視点での選び方になると思います。こんな視点でのカップ選びも面白いですよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おやっ?もう来てたのか、早いな。」
「あっ、マスター、おはようございます。」
「お前、何やってんだ?そんな色画用紙をもって。」
「ああ、これですか?今日はカップの色っていうことだったので・・・。私もいくつか持っているんですけど地色がオフホワイトばっかりで役に立たないし、お店のカップはどこにしまってあるのかわからなかったんで、そこの文房具店で買ってきてお店の中で試していたんです。明るいテーブルと暗いテーブルでは見た目の色が随分変わって見えていたんだなんて始めて気づきました。」
「半年前の改装から明るい席と暗い席の差がはっきりしたからな。以前はできる限り均等に店内が明るくなるような照明だったんだが、スポット照明を多用したから店全体が少し暗めになったかな。」
「ちょっと大人っぽくなったんですよねって、こんなことやってると本来の講習に入らないで終わっちゃいそうなんで早く始めましょう。」
「おお、そうだった。それじゃあ始めようか。お前はカップの色をどう考えている?」
「ええっ?いきなりですか?そうですねぇ・・・外側はまだ検討中ですけれど内側は白いほうがいいと思います。」
「ほぉ、どうしてだ?」
「珈琲の色との対比です。珈琲液は一部焙煎の浅いもの以外は濃い褐色の液体になりますから、その色を引き立たせるには色が薄いほうがいいと思うんです。また珈琲液の透明感を感じるには白いほうがよりわかりやすいかなって思いました。」
「満点に近い回答、ごくろうさん。そのとおりだ。加えてカップ自体の清潔感も出すことができるな。しかもうちでは紅茶も同じカップで出すことになるから白でなきゃいけないんだ。では外側はどうする?」
「それを悩んでいたんですよ。この店の客席に置いたときどんな色が一番合うのか。いろいろ試してみたんですけど、決定打は見つかってません。」
「カップの色によって味の感じ方(味覚)に差が出るのは知ってるか?」
「そうなんですか?」
「ある実験の結果があってな、白と黒の結果はないが、濃茶・赤・青・黄色のカップで比較したもので、同じコーヒーをそれぞれに注いだところ、順に香り・味の濃さが薄くなったと感じたと言うものなんだ。」
「その結果から考えると白いカップは結構損な部類に入りますね、多分…。」
「じっくり考えていいぞ。お前が決めたカップにする予定なんだからな。次の店の改装はずっと先になるだろうから今のこの店のことだけ考えればいいからな。」
「おおっきな宿題ですね、わかりました。もう少し頑張ってみます。」

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 珈琲抽出研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。