2009年01月04日

◇お正月休み

商店街を破魔矢を持った和装の娘が連れ立って歩いている。
近所の神社に初詣に出かけた帰りだろう。

今年の正月3が日はよい天気が続いていた。
だが、空気は冷たく、時折吹く風が体の芯を冷やしていく。

店の前ではいつもの若い常連が休業看板を目の前にぼやいている。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おっかしいなぁ〜、マスターどうしちゃったんだろう?」
「去年までは年末年始って大晦日と元旦しか休まなかったよな。なのに今回は改装のときより唐突でしかも随分長いよ。」
「マスターが不在ならお姐さんと若いのだけでも店は開けてたのにな。」
「その辺がおかしいんだよ。常連にも何にも言わないでいきなり『本日休業』の札が出たっきりだろ?3人揃ってどうしちゃったんだ?」
「いつからこうなったんだっけ?」
「う〜ん、先月の29日からかな。そろそろ1週間になるな。」
「マスターなんて家族もあるんだから行方不明ってこともないだろうし、お姐さんと不倫旅行ってのもありえないしな。」
「ぷはっ、それだけは絶対にありえないだろ。あれはもう親子だよ。息子の成長を見守ってる頑固親父の目だぜ。」
「そうだよな、だったらどうしたってんだ?」


「もしもし、お前か?俺だ。明日から開店するからな、頼むぞ。坊やにはもう連絡してあるからな。」
「あ、マスター。本年もよろしくお願いします。それはそうと奥様のご実家どうでした?」
「ああ、俺にとって田舎はつらいよ。何かって〜と飲まされるんだからな。普段それほど飲まない俺にゃあ酒壜が恨めしく思えてきたよ。お前こそあいつとどこか行って来たんだろ?クリスマスに続いてお前らしくないイベントが重なって、熱でも出してるんじゃないかって心配だったんだぞ。」
「マスター、いくら私が年末から浮かれてたからってそれは言いすぎです。それよりマスター、私大変なことをやらかしちゃったみたい。」
「なんだ?あいつとの旅行で大酒飲んであきれられたのか?」
「違いますよ、お店のことです。私の部屋に年末に用意した貼り紙が置きっぱなしになってたんです・・・御免なさい!」
「てことは休業理由も期間もわからないまま店は閉まってたのか?あちゃ〜、ま、しょうがない、済んじまった事でガタガタ言っても始まらん。そのかわりお客の文句はお前が担当するんだぞ。」
「は〜い、解ってます。それじゃあ明日、いつもどおりお店にうかがいます。」

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。