2009年03月01日

◇Uターン就職

冷たい雨が街を覆い、何もかもが暗く沈んで見える夕暮れ。
霧のような雨粒が風に巻かれながら体に巻きついてくる。

女性用の旅行鞄を抱えた常連が連れの女性をかばうように歩き、店にたどり着いた。
荷物を受け取った女性はタオルを鞄から取り出し男に手渡す。
注文した品が届き、二人は落ち着いて話し始める。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あっちもこんな天気なんだろうか?実家に着くのは遅くなるんだよな。」
「ええ、でも電車の時間にはまだまだあるわね。もう少しだけここでゆっくりしていけるはずよね。」
「ああ、まだ大丈夫だよ。でもな、また戻ってくるんだろ?アパートもまだそのままじゃないか。」
「ううん、プロにお願いしちゃうと思う。戻ったらすぐ研修が始まるし、今度こっちにきたら帰れなくなっちゃいそう。」
「そうなんだ・・・、4月から始まるものと思っていたよ。まだ一月あるからって余裕かましてたから君に渡そうと思ってたものもまだ手に入れてなかった・・・。」
「ううん、そんなのはいいの。私が本当に欲しかったものは手に入らなかったから。」
「欲しかったもの?何だい、言ってくれれば一緒に探したのに。」
「やっぱりわかってない。それだから私は・・・。うん、もういいの。何とか卒業した小学校にもぐりこめたんだもん、そっちを頑張んなきゃ。」
「おい、涙なんて・・・。そんなに欲しかったのか?何だったんだ、気になるじゃん。」
「大丈夫、もう決めたことだから。ただちょっとこのお店やこの街とさよならするのが寂しいだけ。もう、簡単には来られなくなっちゃうから。」
「おいおい、そんなに深刻な話じゃないだろう。お前の田舎からここまでは3時間足らずじゃないか。週末に遊びに来るくらいわけないだろ。」
「・・・多分もう来られない。ん、そろそろタイムオーバーよね。」
「ああ、もうそんなに時間が過ぎたのか。本当に行っちまうんだな。」
「ええ、田舎で先生をするわ。もう未練は残さないって決めたの。」
「そうか、寂しくなるな。荷物貸せ、駅まで持ってやるから。」
「ありがとう、でもいいの。ここで見送ってくれればいい。最後にあなたにかっこ悪い姿見せそうだから。」
「・・・っておい、最後って・・・。」
「あっ、雪に変わってる。もう春なのに・・・。最後だから綺麗な思い出を残してくれようとしてるのかしら、この街も。じゃあね、元気でね。」
「あ、ああ、お前もな。俺はここにいる。ここにいることにするよ。」



「お前の欲しかったものって・・・俺の言葉か・・・。言わなくてもお互い解ってるって思ってたのにな・・・。遅いよな、気付くのが・・・。マスター、ラタサ・ローマを倍量でしっかり苦く淹れて下さい。」

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。