2009年03月15日

◇白い日の晩餐

季節外れの台風のような暴風雨から一夜明けた日曜日。
世間では昨日はホワイトデー。本命の女性に先月のお返しをする男は雨の中にもかかわらずあちらこちらへ出かけていたようだ。

この店でもそんな男性に誘われて美味しい料理を楽しんできた女性が、お客が少ないのをいいことに浮かれて惚気ているようだ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「えへへへ・・・、うふっ!」
「なんだ?変な声を出して。その様子じゃ今年はチョコレートのお返しは十分だったようだな?」
「ホワイトデーに二人ですごしたのなんて久しぶり。やっぱりいいわね〜。」
「せっかく気を利かせて早番だけで上がらせてやったんだ。それぐらい楽しんでくれてなきゃここで仕事してしてもらっていた方が良かったんだからな。」
「こんなに楽しかったのは何年ぶりかしら。マスター、ありがとうございます。最高のプレゼントでした。」
「ふん、せっかくお前のために店を予約していたようだったからな。お前を夜まで拘束したらあいつに恨まれちまう。いい店だったのか?」
「はい、ワインは美味しいし、お料理も最高でした。でも・・・。」
「なんだ?不満があるのか?デザートだってホワイトデー仕様の凝ったケーキだったはずなんだがな。」
「えっと〜、ここを突っ込んじゃいけないって判ってるんですけど・・・。珈琲が美味しくなかったんです・・・。せっかくその前までは完璧だったのに作り置いて時間が経った珈琲じゃ興ざめです。」
「ぶははは!職業病だな。あれほどの店だって確かに珈琲だけの専門家は置いてないだろうからな。珈琲までは気が廻っておらんのだろう。」
「ううっ、なんだか純粋にデートを楽しめない体になってしまったんですね。どこに連れて行ってもらっても、内装だったり什器だったりといつも気になるものが出てきちゃうんですよ。映画の前にちょっとお茶でも、なんて簡単に入れないんです〜。」
以前ロシアンティーを飲むためにお前を誘ったときに、お前は俺のそんなところを笑ってたんだぞ。そんな奴がおんなじことを言ってやがる。こんな短期間でそこまで変われるんだなぁ。まあそれは店のことを真剣に考えてくれている証拠だ。俺としては嬉しい限りだがな。それより気付いてなかったのか?あいつはお前を同じ店に2度連れて行ってないはずだ、お前がどんなにいい点を上げていてもな。」
「そうでしたっけ・・・って何でマスターはそんなことまで知っているんですか?彼ってばそんなことまで報告しているんですか?」
「いいやそれは違う。最初にあいつがどんな店に行ったら喜んでくれるかって聞くから、いろいろな店を見せてやれ、今のあいつならそれが一番楽しいはずだと教えてやったんだ。」
「まったく・・・、男同士何企んでるかわかったものじゃないですね。」
「企むなんて人聞きの悪い言い方はないだろう。お前に喜んでもらいたい一心で相談してきたんだ。俺としてはお前の成長の糧になればと思ってもいたがな。」
「あ〜あ、怒るわけにもいかないって事ですか・・・。解りました、単純に楽しんでいいんですね。そのうえで得るものは得て来いとおっしゃりたい訳ですね。ああ〜もう面倒くさい!」
「そう言いながら、口元が緩んでるぞ。デートの口実ができたと喜んでやがるな?」
「えへへ、解っちゃいました?それならなるべく遅番はあの子にお願いしま〜す!」


 

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。