2009年03月28日

◆番外編 12.甘味料

毎度お越し頂きありがとうございます。番外編第12回をお届けします。

今回は添加物である甘味料についてお送りいたします。
普段ブラックでしか飲んでいないと忘れてしまいがちですが、甘味料の性質によって味わいが変わって楽しめます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、おはようございます。今日はダイエットの大敵、砂糖ですって?」
「おや?お前でもダイエットとは縁近い物なのか?」
「私でもってどういうことですか?私は彼と私の幸せな未来のために毎夜努力しているんです!」
「そのわりに酒をセーブしているって話は聞いたことがないぞ。」
「と、とりあえず甘いものだけは気を付けるようにしているんです・・・、いいじゃないですかそんなことはどうだって。それより始めましょう。」
「よしよし、それじゃあ始めるか。時にお前は、この店には甘味料に類するものがどれだけあるのか知っているか?」
「ヘッヘ〜、訊かれると思ってちゃーんと調べておきましたよ!グラニュー糖・白ザラメ・粉砂糖・角砂糖・ガムシロ・中ザラ糖・黒砂糖・メープルシロップ・蜂蜜・練乳・・・これぐらいでしたっけ。」
「コーヒーシュガーは?」
「ああ、そうですね。でも、アレンジ珈琲には使いませんよね。」
「そうだ。あれはホットのストレートコーヒーに特化して作られているからな。なかなか溶けないからこそ意味があるんだぞ。それからもう一つ使用頻度が高いのを忘れていないか?」
「まだありましたっけ・・・?」
「ほら、先月火傷しながら手作りしていた・・・。」
「ああ、チョコレート!!そうでしたね。」
「使い方の基本は2種類。純粋に甘みとして入れるか、それぞれの個性を生かす為に使うかの違いだな。」
「へ〜ぇ、と言うことは精製度の高い白い砂糖は甘みのため、それ以外は珈琲とのマッチングを楽しむとと言うことですね。そういえば白い砂糖以外の甘味料を追加で加えるアレンジは定番にはありませんね。」
「個性の強い甘味料はどうしても珈琲の風味を損ないがちだからな。うちで出しているのは現地で飲まれているスタイルを尊重しているんだ。アレンジ珈琲はあくまでセカンドメニューってことだ。」
「主役はブレンドやストレートって事ですね。」
「それを邪魔しない甘味料が大切ってことだ。」
「それにしても最近はアレンジ珈琲の注文って多くないですか?」
「う〜ん、シアトル系のコーヒースタンドの影響かな、ミルクの消費量は以前に比べれば多くなっているな。昔のスタイルでは普段はブレンドかお気に入りのストレートでたまにアレンジ珈琲っていう常連がほとんどだったのにな。」

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 珈琲抽出研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。