2009年04月08日

◇兄貴の本棚

休日の夕暮れ。そろそろ陽が傾き始めた。
商店街のアーケードのおかげで早い時間から店の前に影が伸びてくる。

店頭の行灯と看板に明かりを入れたウエイトレスが、道路に面したボックス席のガラス窓にかかるレースのカーテンを引こうとその席に座る女性客に声をかけた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「お客様、お寛ぎの所申し訳ございません、外が暗くなってきたのでカーテンを閉めさせていただきたいんです。前を失礼いたします。」
「あらやだ、夢中になっていて御免なさい。もうそんな時刻なのね。」
「うちの方は大丈夫ですよ。随分熱心にお読みになられてましたね。その本面白いんですね。」
「これ?兄貴の本棚から勝手に持ち出したの。いつもはHQやBLぐらいしか読まないんだけど、冊数と雰囲気に惹かれて第1巻を読み始めたら止まらなくなっちゃったの。先は長いから最新刊までたどり着くのはいつになるか分かんないわね。」
「いいですよね、兄貴の本棚って。自分とはまったく傾向の違う本が並んでいるんだけど、なんだか心惹かれるタイトルがあったり、その人にまったく似合わないタイトルがあったりして。」
「普段は見せないようにしている兄貴の本質が見えてくるわね。この本もコンピュータ関連の本の後ろにびっちりと並んでいたのよ。聞いたらずっと読み続けてきたんで途中で止めるなんて考えられないっていってた。」
「ずっとっていつ頃から読まれているんですか?」
「この第1巻の奥付を見ると20年くらい前になるかしら。でも、初版じゃないのよ。」
「じゃあ私が物心ついた頃から続いているんですか?TVのサ○エ○んみたいな物ですね。」
「えっと・・・、それとはちょっと違うかもしれないわね。あれみたいに1話完結するのなら途中から読み始めたって何とかなりそうだけど、歴史を追うように続いているから、前後関係がわからないと理解できないって兄貴に忠告されたわ。確かにそうなのよ。たとえば今まで読んだ中でも一旦表舞台から退場してしばらくしてから再登場した人物群があるんだけど、以前の部分をきちんと読んでいないと、主人公との複雑な関係が全くわからなくなっていたところよ。」
「そんな面倒なの私にはお手上げですよぉ。登場人物多いんですよね。ただでさえこの店の常連さんの名前だって覚えきれないでいるんですから。」
「新刊の刊行と同時代で読んでいる人たちにとっては大して苦ではないんでしょうけど、後から追いかけて読み始めるのにはハードルはかなり高い気はするわね。」
「でも、追いつく気なんでしょう?はまっちゃったんですね。」
「そうね。でも、兄貴が見てきたものを後追いして、共通の話題にできるようになれたのは良かったかな。兄貴とは歳も離れていて、私には頭は固いし全然かみ合わない世界に住んでるって思っていたから。あいつを理解するきっかけを見つけた気がするの。」
「そうなんですか?私には兄弟がいないんで、そんな話を聞くとすぐに彼氏とかに置き換えて考えちゃうんですけど、それとは違った距離感なんですね。」
「彼氏だったら何か接点があるから一緒に居るんですもの。家族とはちょっと違うわね。それでも歳が近ければ見てきたものも似通っているからそうでもないんでしょうけれど、兄貴とは一緒に遊んだ記憶も無いのよ。赤の他人よりたちが悪いわ。」
「確かにあのお兄さんなら判る様な気はしますが・・・。あれっ?いっけな〜い。すっかり話し込んじゃった。マスターがこっち見てるんで失礼します。」
「御免なさいね、仕事の邪魔しちゃったわね。」
「いいえ、私の方こそ読書の邪魔しちゃいました。あっ、お店の方は暇なんで大丈夫なんですよ。マスターったらカウンターに誰もいないんで話し相手が欲しいだけなんでしょうから。」
「ひどいわね。マスターに怒られるわよ。」
「いいんですよ。その点は慣れてますから。それじゃあごゆっくりどうぞ。」

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

◇新しい風

新しい年度が始まり、桜吹雪の中を歩いてゆく真新しい制服や鞄がまぶしく感じられる。
お店の客も顔ぶれに見慣れない顔がポツリポツリ見られるようになった。まだ店に馴染むには時間を必要とすることだろう。
お店の方でも新しいことを始めたようだ。人が少なくなった午後の店内に、珈琲ではない食欲を掻き立てる香りが漂ってきた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あれれ?マスター、この香りはなに?」
「やっぱり匂うよな・・・。これはやっぱりよした方がいいかな・・・。」
「いったい何なの?新メニューの開発でもしてるのかな?」
「これだけカウンターに匂ってくるようじゃあどうしたものかな。お客によっては珈琲の香りにこだわっているのもいるからな。」
「シチューなのかな?美味しそうな香りだよ。別に珈琲の香りを邪魔しているわけじゃないし食欲をそそられるよ。僕もおなかがすいてきちゃった。」
「どちらにしろ仕込みの問題の方が大きいわけだが…。」
「マスターってば、僕にも味見させてよぉ。こんないい匂いかいでいたら、頭の中食べることしか考えられなくなっちゃうよ。」
「坊やの休日にはどうするかってのと、ランチ時に何食用意するかってところか。双方を含めて最初のランチ専用メニューとしてレポートを提出させてみるか。」
「マスター!!我慢できないよぅ!ねえってば!!」
「あれっ?お前、そんなところにいたのか。何怒っているんだ?」
「うそ〜っ、ひどいよぉ、ずっと声かけてるのに。ねえねえ、僕が味見する!!」
「馬鹿言ってるんじゃない。今日は賄い用のおかずを作らせているんだ。客に出すための物じゃない。」
「でも、マスターの独り言を聞いているとランチメニューの試作をしているのはバレバレだよ。いいから味見させてよ。もう口の中涎だらけで気持ち悪いんだから。」
「そんなのはもう一杯珈琲を飲んどきゃさっぱりするぞ。追加注文は何がいい?」
「あ〜っ、常連の僕にそんな扱い?ひどいよマスター。」
「何と言われようが出さないものは出さない!諦めるんだな。」
「ちぇっ!僕の頭の中にはテーブルに並んだイメージで溢れているのに。」
「ふ〜ん、そこまで腹が減っているんだったら帰って食事して来い。」
「そんな〜、メニュー化するときの参考にしてくれればいいじゃない。参考になったら一口味見させてよ。」
「判った判った、お前は言い出すときかないからな。良ければ味見させてやるから。言ってみな。」
「やったね!じゃあ聞いてよ。この店のテーブルってあまり広くないものでしょ?大きなシチュー皿やスープ皿は無理だと思うんだ。だからファミレスなんかでドリアに使っている小振りの耳のある丸いグラタン皿に入れるのがいいと思うんだ。それから付け合せはカリッと焼いたフランスパンのスライスを2枚、バターは別添えで。グリーンのミニサラダも付くといいな。これに珈琲を合わせてプレートに載せればいいと思う。そうすればいちいち武器セットを事前にテーブルにセットする必要も無いでしょ?」
「ふ〜ん、随分具体的なイメージだな。だが、プレートにすると珈琲を飲み終わるまで下げられないってデメリットもあるんだ。それにだ、それらが全部載るプレートだとテーブルにはそれ以外何も載らなくなりそうだな。」
「やっぱりね。欲張りすぎたかな…?」
「いいや、ドリア皿とフランスパンはいいな。量の調整をパンの枚数でできるのは大きいよ。グリーンサラダなら店にある既存の食材で何とかできるしな。」
「どう?味見させてくれる気になった?」
「でも、その辺のカタログ雑誌や女性誌のグラビアにありそうなイメージでしかないぞ。もう一捻り欲しかったな。まあいい、わざわざ考えてくれたんだ、店内じゃちょっと差しさわりがあるんで、裏に行って坊やに分けてもらえ。」
「ありがとう、マスター。やったね!!」
「さっさとこのマグカップとスプーンを持って行って来い。味の保障はできんからな。」
「大丈夫だよ、この香りなら間違いなく美味しいよ。」
「喫茶店でもカフェでもないんだ。ランチなんか始めて大丈夫かな?」
「平気だよ。僕を含めて昼間に少し重めの軽食を加えて欲しいって思っているお客は少なからずいるよ。絶対歓迎されるって。」
「いや、お客の問題じゃないんだ。こちら側の問題だな。カウンター内が廻るかが重要なんだ。」
「そうか〜、週に3日はお姐さんはあっちだもんね。モーニングのバタバタが終わったらすぐランチの準備なんだね。確かに忙しそうだ。」
「慣れるまでは完全に数量を限定しないとやり切れないないだろうな、坊やも俺も…。」

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

◆番外編 13.パーコレーター

毎度お越し頂きありがとうございます。番外編第13回をお届けします。

今回はパーコレーターを紹介していきます。
アウトドアの活動をされない方にはあまり馴染みのない器具かと思います。まあ、中にはキッチンでヤカン代わりに利用されている方も見えることでしょう。
ただ、使い慣れた方がおっしゃるには、普段使いでも美味しい珈琲は淹れられるとの事。私は火加減、水加減、粉加減がかなり気になってしまうのですが、その方は「豪快」な方なのでその時々の味を楽しまれているんではないかと推察している次第です。
再現性を念頭に置かなければそれが一番珈琲を楽しめるかと思いますね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、おはようございます。あれ?電気ポットなんかどうするんですか?」
「おお、来たか。こいつは電気なんか使わんぞ。」
「あ、本当だ、電源ケーブルを差し込むところが見当たりませんね。それじゃあただのヤカンですか?」
「これがパーコレーターという器具だ。以前に誰かが質問していたよな?」
「そういえばそんなことがあったような…。確かコーヒーバネットとパーコレーターのどちらがいいのかって質問でしたっけ。」
「そのときはパーコレータの方がヤカンの代用をできるから荷物が減らせるかなと回答した覚えがあるな。今回はそのパーコレーターを題材にしてみようと思う。」
「マスターってこんなものまで持ってるんですか?」
「いや、これは例のボーイスカウトの隊長から借りてきた。俺としては家でこいつを使って珈琲を沸かす気にはならん。」
「美味しく淹れられないんですか?」
「他に美味しく淹れられる器具があるのにわざわざこれを選ぶ必要性を感じないって事だ。」
「面倒な器具って事ですか?」
「いいや、面倒だったら長年アウトドアで使われ、愛用されることはなかっただろうな。」
「それじゃあなぜですか?」
「せっかく淹れたコーヒー液を煮詰めながら濃くしていくようなもんだからな。」
「う〜ん、聞いただけで私も遠慮したい気になりますね。でも長年使用されてきたんだから良い面が他にもあるんですよね。」
「ああ、使用法が簡単でメンテナンスも簡単だって事が一番だな。水と粉をマキネッタのように所定の位置にセットして火にかけるだけでいいし、全部をバラす事ができるから洗浄も非常に楽なんだ。」
「単純だから美味しく淹れる工夫ができないって事ですか。」
「よくわかっているじゃないか。ただ俺はマキネッタと違い何度もコーヒーの粉の中を通る循環抽出って方法が好きになれないんだ。」
「それで煮詰めるって言い方をされていたんですね。一度私が淹れてみて良いですか?」
「おう、そろそろ実験にかかろうか。一応バラしてみるとこんなもんだ。」

Parcolator_Parts.jpg

「解り易い構造ですね。どう組み立てるか見ただけで判ります。」
「ポット部に水を入れて沸かしておく。お湯が沸く間にバスケットにコーヒーの粉を容れてパイプにセットしバスケットの蓋をしておく。湯が沸きあがったらパイプ部をポットの中にセットして蓋にガラスドームをつけてポットにセットする。火加減を中火に落として15分程放っておけば出来上がる。」
「なんでこの部分だけガラスなんですか?」
「ここに吸い上げられたコーヒー液が当たってバスケットに落ちる訳だが、コーヒー液の濃さがここでわかる。」
「15分を目安にここで色具合を見ればいいんですね。何というか大雑把な器具ですね。」
「火にかけて放っておいても良いわけだから、他の作業をしながらでもコーヒーが点てられるんだ。使い慣れればいい面ではあるんだが、再現性に欠けるのが問題だ。」
「単純な構造の上に中が見えないんじゃなかなか安定した抽出は難しいですね。その時できた珈琲を美味しいと結論付けないと精神衛生上良くないですね。」
「見た目で珈琲の色を判断しなきゃならんからついつい火にかけすぎる傾向がある。火加減と時間にだけは注意するようにしておけ。」
「それでも山屋さんたちには愛され続けてきたんですよね。」
「これ1つでカップラーメンの湯も沸かせるし、インスタントよりはずっとましな珈琲が飲めるんだ。ヤカンのほかにドリッパー・サーバー・ペーパーまで荷物に増やす必要がない。少しでも荷を減らしたい山屋にとっては都合が良かったんだ。」
「なるほど、アウトドアでこそ真価を発揮する器具って事ですね。」
「おいおい、珈琲の方は大丈夫か?エグ味の出たドロリとした珈琲なんか飲みたくはないぞ。」

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 珈琲抽出研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。