2009年04月17日

◇新しい風

新しい年度が始まり、桜吹雪の中を歩いてゆく真新しい制服や鞄がまぶしく感じられる。
お店の客も顔ぶれに見慣れない顔がポツリポツリ見られるようになった。まだ店に馴染むには時間を必要とすることだろう。
お店の方でも新しいことを始めたようだ。人が少なくなった午後の店内に、珈琲ではない食欲を掻き立てる香りが漂ってきた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あれれ?マスター、この香りはなに?」
「やっぱり匂うよな・・・。これはやっぱりよした方がいいかな・・・。」
「いったい何なの?新メニューの開発でもしてるのかな?」
「これだけカウンターに匂ってくるようじゃあどうしたものかな。お客によっては珈琲の香りにこだわっているのもいるからな。」
「シチューなのかな?美味しそうな香りだよ。別に珈琲の香りを邪魔しているわけじゃないし食欲をそそられるよ。僕もおなかがすいてきちゃった。」
「どちらにしろ仕込みの問題の方が大きいわけだが…。」
「マスターってば、僕にも味見させてよぉ。こんないい匂いかいでいたら、頭の中食べることしか考えられなくなっちゃうよ。」
「坊やの休日にはどうするかってのと、ランチ時に何食用意するかってところか。双方を含めて最初のランチ専用メニューとしてレポートを提出させてみるか。」
「マスター!!我慢できないよぅ!ねえってば!!」
「あれっ?お前、そんなところにいたのか。何怒っているんだ?」
「うそ〜っ、ひどいよぉ、ずっと声かけてるのに。ねえねえ、僕が味見する!!」
「馬鹿言ってるんじゃない。今日は賄い用のおかずを作らせているんだ。客に出すための物じゃない。」
「でも、マスターの独り言を聞いているとランチメニューの試作をしているのはバレバレだよ。いいから味見させてよ。もう口の中涎だらけで気持ち悪いんだから。」
「そんなのはもう一杯珈琲を飲んどきゃさっぱりするぞ。追加注文は何がいい?」
「あ〜っ、常連の僕にそんな扱い?ひどいよマスター。」
「何と言われようが出さないものは出さない!諦めるんだな。」
「ちぇっ!僕の頭の中にはテーブルに並んだイメージで溢れているのに。」
「ふ〜ん、そこまで腹が減っているんだったら帰って食事して来い。」
「そんな〜、メニュー化するときの参考にしてくれればいいじゃない。参考になったら一口味見させてよ。」
「判った判った、お前は言い出すときかないからな。良ければ味見させてやるから。言ってみな。」
「やったね!じゃあ聞いてよ。この店のテーブルってあまり広くないものでしょ?大きなシチュー皿やスープ皿は無理だと思うんだ。だからファミレスなんかでドリアに使っている小振りの耳のある丸いグラタン皿に入れるのがいいと思うんだ。それから付け合せはカリッと焼いたフランスパンのスライスを2枚、バターは別添えで。グリーンのミニサラダも付くといいな。これに珈琲を合わせてプレートに載せればいいと思う。そうすればいちいち武器セットを事前にテーブルにセットする必要も無いでしょ?」
「ふ〜ん、随分具体的なイメージだな。だが、プレートにすると珈琲を飲み終わるまで下げられないってデメリットもあるんだ。それにだ、それらが全部載るプレートだとテーブルにはそれ以外何も載らなくなりそうだな。」
「やっぱりね。欲張りすぎたかな…?」
「いいや、ドリア皿とフランスパンはいいな。量の調整をパンの枚数でできるのは大きいよ。グリーンサラダなら店にある既存の食材で何とかできるしな。」
「どう?味見させてくれる気になった?」
「でも、その辺のカタログ雑誌や女性誌のグラビアにありそうなイメージでしかないぞ。もう一捻り欲しかったな。まあいい、わざわざ考えてくれたんだ、店内じゃちょっと差しさわりがあるんで、裏に行って坊やに分けてもらえ。」
「ありがとう、マスター。やったね!!」
「さっさとこのマグカップとスプーンを持って行って来い。味の保障はできんからな。」
「大丈夫だよ、この香りなら間違いなく美味しいよ。」
「喫茶店でもカフェでもないんだ。ランチなんか始めて大丈夫かな?」
「平気だよ。僕を含めて昼間に少し重めの軽食を加えて欲しいって思っているお客は少なからずいるよ。絶対歓迎されるって。」
「いや、お客の問題じゃないんだ。こちら側の問題だな。カウンター内が廻るかが重要なんだ。」
「そうか〜、週に3日はお姐さんはあっちだもんね。モーニングのバタバタが終わったらすぐランチの準備なんだね。確かに忙しそうだ。」
「慣れるまでは完全に数量を限定しないとやり切れないないだろうな、坊やも俺も…。」

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。