2009年05月16日

◇あやまちの後始末

街路にあるツツジの花も大半が落ち、そろそろ街の空気に夏の匂いが感じられるようになった。日中の街中の気温が30度を超える日が訪れ始めた。
ゴールデン・ウイークも過ぎ、それぞれの学校の授業も本格的に進み始めたらしく、学生の常連客の足が少々遠のき始めた。
夕暮れにはまだ間がある午後、春から予備校に通うようになった若い常連が、参考書が詰まったディバックを肩にして思いつめた顔をしたまま現れた。随分煮詰まっているようだ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おや、久し振りだな、いらっしゃい。待ち合わせなのか?それならボックス席の方がいいのかな?」
「ううん、いつものをカウンターで・・・。マスター、ちょっと相談があるんだ。」
「財布を膨らませる方法と女の口説き方以外なら相談に乗ってやれるぞ、どうした?」
「ううっ、のっけからハードパンチ・・・。絡んでくるんだけど・・・。バイトさせてもらえないかなぁ。」
「いつもの倉庫整理か?無理だな。坊やがマメでな、整理整頓が当たり前になっちまった。綺麗なもんだぞ。」
「いや、そうじゃなくって、半年ぐらい店で使ってもらえないかな・・・?」
「う〜ん、人は足りてるって言えば足りてるんだなぁ・・・。難しい事情がありそうだな。それを聴いた上でなら考えてやってもいい。手が欲しいところに心当たりもある。」
「多分話さなきゃいけないんだろうなとは思っていたんだけど・・・。突然お願いしてるんだから・・・。」
「言いにくいことなのか?」
「いいえ、どっちかって言うと自分が情けないだけで言い出しにくいんだ。」
「お前が浪人したって話ならもう聞いてるぞ。今時そんなことは恥ずかしくないよな。予備校の費用は親持ちなんだろ?特別な補講でも受けようってのか?それだってまず親に相談するだろうな。」
「うん、予備校がらみじゃないんだ。」
「だとすると、あのできのいい彼女がらみか?」
「うん・・・あの・・・。」
「ふ〜ん、まあこれ以上は何も言わんでもいい。だいたい察しが付いた。親にも相談したくないんだな。となると、ここでバイトってのは厳しくないか?」
「確かに・・・いつ親バレするかしれないもんね。」
「そうじゃない。うちのバイト料をコツコツ貯めてたんじゃ間に合わなくなるだろ。」
「そうだ、ボヤボヤしてられないんだった。」
「そういうことならとりあえず必要な額は先に貸してやる。バイト先も紹介してやるから、そこで稼いだ中からきちんと返してくれればいいさ。シフトは土日がフル、平日は夕方から4時間程度でいいんだな。」
「ありがとう、マスター。やっぱり僕は駄目だなあ。」
「バカヤロウ!お互いにまだ社会にも出てもいないのに、そんなところだけ大人になってどうするんだ。責任って物が付いて廻るんだぞ。まずは彼女と一緒に彼女の両親、いや母親だけのほうがいいか、とにかく頭を下げて来い。それが先だ。この先保険やその他の手続きで迷惑をかける事になるんだ。無闇と金だけで解決しようとするんじゃない。親に話すのは嫌がるだろうが、そこを説得して親に正直に話して怒られて来い。その方がお前のためになる。その上で費用の相談をきちんとするんだ。」
「え・・・彼女のお母さんに話すんですか・・・。そうですね、未成年の僕らに責任なんて取りきれないんですもんね。僕がパニクって右往左往したって何にもなりませんね。」
「ああ、未婚・未成年・無職の身分の自分たちがどうするのか、どうしたいのかを良く考えてみるんだな。彼女の意見もちゃんと聞いて二人で結論を出して親のところに行って来い。」
「わかりました。どっちにしろお金は必要になると思うからバイトの手配はお願いします。」
「予備校の勉強はいいのか?」
「もともと夏休み明けまでは小遣い用にバイトするつもりだったんです。目的は違っちゃいますがいいんです。マスターの紹介だったら条件は最高でしょうし、そこで頑張れば同じ頃までに返済できるでしょうからきちんと勤めます。」
「わかった、約束ができるなら金は明日の夕方までに用意しておいてやる。バイトは来週からでいいな。」
「はい、お願いします。さあ、彼女に連絡してきちんと結論を出さなきゃ。それじゃあマスター、ご馳走さま。」
「会計はつけておいてやる。急いで彼女のところに行って来い。」
「いつもすみません。ありがとう、マスター。」

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。