2009年10月02日

長期休暇のお詫び

随分と更新の間が開いてしまい、もう10月の声を聞いてしまいました。
お客様方にはお待たせしてしまって申し訳ありません。
少々私的な事情により、まとまって記事を書く時間をとれず、テンションも下がりきってしまっていたため、この世界からあえて足を遠のけていました。

それでも毎日珈琲を淹れて飲み、お店で見かけぬ豆を発見すると購入してみたりと珈琲に拘わる姿勢には変わりはありません。
風呂敷を広げたいくつかのお話と講習会にもキリをつけなければなりませんし、書きたいお話も膨らんできましたので近いうちに再開したいと思います。

またのご来店をお待ちしております。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、このところ何にもありませんね。常連さんも困りごとを持ち込んでこないし・・・。」
「お店ってのはこんなのが普通だよ。飽きずに日々を繰り返すのが商売って物だ。それよりお前の方は進展はないのか?」
「何だか海外に出かけたみたいなの。一緒に連れて行ってくれてもいいのに・・・。」
「バカ言うなよ。お前が長期の休みなんか取った日には、俺が困るってことがわかってるんだよ。お前が次に長く休めるのはハネムーンぐらいだろうな。」
「えっ?そんな・・・、まだまだそんなところまで進んでないですよぉ。ってことは彼との旅行はできないの?そんなぁ・・・。」
「2〜3日ぐらいならいいが今回のように1月に亘るようではちょっとな。オーナーとしては許すわけにはいかんだろうな。」
「ちえっ、彼氏の選択を誤ったかしら。」
「あいつからメールが来ていたから、返信でそう言ってたって伝えておくからな。」
「ちょっちょっ・・・それはご勘弁を。毎日のラブラブメールに変な火種を投下しないでくださいよ、もうっ!」
「そうか、毎日のようにメールが来ているんだな。俺のところには半月ぶりだったから心配していたんだ。それならいいさ。」
「変なカマの掛け方ですね。大丈夫ですよ、このお店のためのお仕事だってわかってますから。でもあちこち楽しそうでいいなって思ってはいるんです。私も見てみたいな・・・なんてね。」
「あいつがどんな答えを出すのか楽しみなんだ。いつ頃帰るって聞いているか?」
「もうちょっとかかるみたいです。昨日のメールでは明日から南米へ向かうって言ってきてましたから。」
「そうか、わかった。あいつは地球を1周するつもりなんだな。気の済むまで行って来るよう伝えておいてくれ。」
「それはちょっと・・・。早く帰ってきて欲しいな、私としては。」
「勝手に惚気てろ、洗い物頼んだぞ。」
「はぁい、わかってますよ。どうぞお食事済ませてください。」

続きを読む


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。