2009年12月10日

◇カード占い

暖かな日差しはあるのだが、空気は凍てついている。
北風が乾いた落ち葉を店の前に吹き寄せてくる。

高校生の常連の妹が中学の制服を着たままカウンターの隅に座って、おいてあったトランプを手に一心に繰り返している。
その真剣な表情に興味を持ったマスターがカウンター越しに声を掛ける。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おい、制服のままで大丈夫か?」
「大丈夫、先生が来たって言い訳は考えてあるわ。おにいが来れば問題なし!!」
「ずっと何をやっているんだ?」
「カードで恋占い、マスターも占ってあげようか?」
「中学生にそんなことをしてもらわんでもいいが・・・。さっきから繰り返し何度もやっているように見えたが、どうしたんだ?」
「えっと〜・・・、今日の帰りがけに、男の子に付き合って欲しいってコクられちゃったんですけど・・・。彼はほんとに私のことが好きなのかな?付き合うことに興味があっただけじゃないかな?なんて思い始めちゃって、これをやってみてるんですけど、いい結果には一度もなんないんです。」
「それで何回も繰り返していたんだな。ということはだ、結局お前は彼に告白されたことを喜んでいるんだろ?だったら相手の本気度なんてどうだっていいんじゃないか?」
「そうなんだけど・・・嬉しかったんだけど・・・。ここでいい結果が出れば一歩踏み出せるかなって・・・。」
「そんなもんなのか?でも、占いの結果なんかに振り回されていたんじゃいつまでも男を見る眼なんか成長しないぞ。今は自分はどうしたいのかをはっきりさせることの方が先だな。曖昧に相手を放置するのは勇気を振り絞って伝えてきた彼に対して失礼だろ?」
「そうね・・・。私の気持ちをちゃんと返さないといけないのね。ありがとうございます、マスター・・・。」
「恋占いの方法なんかより、先に進みたくない相手をかわすテクニックの方が役に立つからな。よーく常連のお姉さま方にその辺のことを聞いておくんだな。」
「マスターってば・・・。あれっ?このトランプ枚数が足らない?」
「ああ、お客の忘れ物だからな。舞い上がっちまっててそんなことにも気付いてなかったんだな。」
「なあんだ、どおりで出てこないはずよね、ハートのエース。祈るように何回もやっていたなんて馬鹿みたい。」
「カード占いなんてそんなもんだ。カードなんかに人の気持ちを左右されてたまるか。ほら、雪苺ラテだ。これでも飲んでじっくり返事でも考えるんだな。」
「ありがとう。温かくて甘酸っぱいいい香りね。」
「クリスマス・シーズンになれば苺が手に入るからな。こんな味を出せるのもこの時期だけだ。それはそうと相手の男はどんな奴だ?兄ちゃんの連れの2枚目に惹かれてここについてくるようになったお前のことだ、喜んでるところを見るとやっぱりカッコいいんだろ?」
「ううん、顔は普通。背もそんなに高くないし・・・、でも一緒に班活動していると楽しいの。」
「ふうん、そんなもんか。俺はてっきり・・・。まあしばらくは兄ちゃんには内緒にしておいてやるから、付き合うことになったら一緒においで。お祝いに美味しいものを出してやるよ。」

 続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

◇倉庫の肥

年の瀬も押し迫り、商店街では正月用品を売る胴間声が響き渡っている。
食品だけでなく松飾やしめ縄の屋台も出ているようだ。コート姿の奥さんがご主人たちを引き連れて買い物をしている姿が目に付く。

今年の営業は今日まで。
裏で倉庫整理のバイトをしていた若い常連客が気になるものをみつけたらしく、カウンター席に持ってきてマスターに声を掛ける。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、これなんですか?」
「あ〜?お前、触らなくてもいいと言ってあった場所まで動かしたのか?」
「う、うん。置き場所を整理していたら、あの場所の方が都合がよさそうな分量配分になっちゃったから、場所を少しだけ動かして見渡しがよくしようと思ったんだ。」
「そうか・・・。しょうがないな。まあ、本来あそこに有っちゃいけないものだからな。動かされても文句は言えんな。」
「き、危険物?」
「いや、俺の私物なんだ。店の営業に関わる物ならば問題ないが、家に置いておくことが出来なくなったものなんだ。息子たちが伝い歩きをするようになって手が触れる場所に設置したままでは危なくなったからな。」
「って言うと、上のお子さんが中学生だから開店当初から倉庫に入れっぱなしなんですか?」
「そうか、そういうことになるのか。」
「それで最初の質問なんですけど・・・。」
「俺のオーディオ機器だ。あそこに有るのはスピーカー4本とプリアンプ・パワーアンプ、ターンテーブルとレコードの山のはずだ。ちなみにお前が持ってきたのはパワーアンプだよ。」
「ううっ、僕には何のことやらさっぱりわかりません。何をするものですか?」
「お〜い、バイト終わったのか?ああっ、マスター。それどうしたんですか?懐かしいなぁ。」
「これに反応するなんてお前、歳ごまかしてないか?いい加減俺の世代でもクラシックな機器の部類に入るんだぞ。」
「昔叔父さんちに有ったんですよ。大きなスピーカーに繋いで結構な音量でジャズを聴いていたんです。」
「近くに愛好家がいたんだな。こいつを使っているってことはかなりのシステムだったんだな。」
「マスター、置いてけぼりにしないでくださいよ。お前もお前だ、突然割り込んできやがって。」
「そうか、お前この手のメカ物に弱かったな。これは25年ほど前に発売されたパワーアンプってもんだ。」
「そこまではマスターに聞いた。いったい何をするものかが判らないから聞こうとしていたんだ。」
「簡単に言うとプリアンプから出た電気信号を増幅してスピーカーに供給するための機器だ。」
「ぷり?アンプってギターとかで使うのは一つだぜ?」
「やってることは同じなんだがな。目的が違うのさ。あっちはスピーカーまで付いているし音を故意的に歪ませる事も前提にしているが、オーディオ用は歪まないのが原則だ。二つに分かれているのはそれぞれに必要とされる特性が違い、別にすることでそれぞれの機能向上が目指しやすいからさ。」
「こいつにはボリュームのつまみってついてないよ?」
「ああ、純粋に増幅だけをさせるために余計なノイズ発生源を省いてあるんだ。音量や音色の特性を調整するのはコントロールアンプがすることだからな。」
「?コントロール??」
「ああ、プリアンプは本来コントロールアンプって呼ばれている。ボリュームやセレクターがいっぱい付いた奴だ。」
「そういえば一緒に置いてあった。あれだけじゃスピーカーから音が鳴らせないってこと?」
「マスター、プリは何を?っていうよりなんで倉庫なんかに押し込めちゃっているんですか?もったいない。」
「伝い歩きを始めた息子が、丁度眼の高さにあったプリのボリュームをいじってな、ツイーターを飛ばしてくれたんだ。それも2度も・・・。」
「近所迷惑な・・・。置き場所を・・・ああ、そんな訳にはいかないんですね。」
「ああ、ブロックやらレンガやらの重量や配線の問題もあって・・・。そのうちスピーカーのコーンもやばいだろうってことになったし、店の開店で夜も昼も無くなったから封印することにしたんだ。」
「10年も放置されていたんだ・・・。駄目かもしれませんね。電気機器は通電しないと傷みが早いって言いますよ。」
「そうだな。この正月休みに点検してみるか。おい、倉庫内の新しい地図用意しておいてくれよ。」
「ちゃんとできてますよ。点検するときは教えてくださいね。どんな音がするのか聞かせてください。」
「そうだな。生きてればこの店を名曲喫茶にでもするか。」
「いまさらそんな後ろ向きな改装は止めてくださいね。」


 

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。