2020年01月07日

◇僕のミステイク

年も明けて、アーケードのある商店街は、晴れ着姿の若い娘らが多く目
立っていた。この先にある縁結びで有名な神社の帰り道だろう。破魔矢
を手にして明るい笑顔で連れ立って歩いてゆく。
その中を、口元を押さえ青い顔をして必死な形相で走ってくる一人の若
者がいた。行き違う着飾った女性たちは、汚物でも見るように体を引き
振袖の袂を引き寄せる。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「マスター、美味しいモカミックスを大至急おくれ!」
「そんなものは無い‼」
「エッ?」
「うちのは普通の珈琲だ。特別なスペシャリティコーヒーなど置いてな
い‼置く必要など無い」
「あーあ、注文の仕方、間違っちゃった。僕が悪いんですね。マスター
の美味しい淹れ方で淹れたモカミックスを大至急ください、これでいい
ですか?」
「俺の美味しい淹れ方は余計だ。いつものでいいんだな?」
「はい、ありがとうございます」
「いったいどうした?普通にしてればいいのに。そんなに慌てて?」
「とんでもないことをやったみたいなんです」
「また誰かに迷惑かけてきたのか?何をやらかした、白状しといたほう
がよくないか?」
「取り敢えず珈琲をください。それ飲んでからなら聞かれてことは全部
話します」
「そんなに切羽詰まってるのか。分ったもうできる」
「あーこれだよ、この味」
「どうしたんだ?最初から話せ」
「いえね、うちに保存してた珈琲を淹れて一口飲んだ時、いつもの味じ
ゃなくって、妙にエグミばっかり感じて味覚がおかしくなったのかなっ
て思って確認したっくって…」
「それで?」
「珈琲豆は二日前にここで買ったものだし、昨日はいつも通りだったと
思うし、風邪ひくようなこともしてないからもう判んなくて」
「ドリッパーを変えたのか?それともネル布を新しくしたとか」
「忙しいのにそんなことしません。いつもはコーヒーメーカーです」
「それじゃあ変えようがないな。何か変な水をつかったのか?」
「普通の水道水ですよ?でも淹れるときは絞ってはいけないって言われ
てたんで必要な分だけ淹れたらドリッパーは外してたんです」
「言われたことは守ってたんだな、関心関心」
「でも、今日は途中で電話があって出たんです。そしたらドリッパーの
中が全部無くって…」
「ん、分かった。もう一杯サービスしてやる。飲んでみな」
「??ありがとうございます、頂きます」
「これ、飲んでみな」
「…$*@%#*…これだ!なんでわかったの?簡単にできるの?」
「自分で言ってたろう?絞っちゃダメだって。その結果さ」
「そうか、いつも途中で外してたのに、最後まで落としきっちゃったか
らか。理由も結果も考えないで聞いたことを鵜呑みにしてたから…」
「一つ一つなんでも理由があるんだよ。実証が一番大事さ。その上に発
展があるんだ。人のやった実証っていうのは、本人が推測した結果を裏
付けるものなんだ。本当に信頼できるもの以外は全て検証する位の意気
込みはあっていい」
「人任せはいけないね。やってみるってことが重要だね」
「ちなみに、今回のそれはドリッパーの中に残すものだけだからな。あ
いつは含んだだけで吐き出したものなのに、飲み切るなんて偉いもんだ
なぁ」
「褒めてるんならそこに残してあるモカミックスをサービスしてよ」
「冷めちまったから淹れ直してやるよ」


続きを読む


posted by 銕三郎 at 22:50| 東京 ☁| Comment(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。