2008年06月17日

▽改装中の訪問者 〜1から3へ・・・そして空気のように〜

改装前のお話。

5月の最後の1週間に入り、6月1日の新装開店を目指して店は臨時休業に入った。
工事の様子を見に来たマスターは、店の前で大きなバッグを抱えて呆然と立ち尽くしている女性がいることに気づいた。
近づくと見知った常連客の一人である。しばらくご無沙汰であったはずなので、改修工事のことが伝わっていなかったようだった。
マスターは作業員用にと持ってきたポットの珈琲がまだ残っているのを確認すると、彼女に声をかけた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おい、どうしたんだ?こんなところで。」
「あら〜マスター、お久しぶり。今日はお休み?せっかく来たのに・・・。」
「おお、済まんな。1ヶ月ぐらい店内に貼紙して告知はしておいたんだがな。おまえ、周年記念のときからこっち来てなかっただろう。仕事が忙しかったのか?」
「そうなの。仕事中に近くまで来てはいたんだけど、なかなか時間取れなくって、商店街を通り過ぎるだけしかできなかったの。」
「それじゃあ、娘さんも寂しかったんじゃないか?」
「それは平気、保育園が終われば事務所に連れて来ているし、遠出する時は一緒に連れて行っちゃうから。」
「ちゃんとお母さんはしているんだな。それに免じて許してやるか。改装中だから何にもないが、家で淹れてきた珈琲でも飲むか、せっかくだから。」
「うん、頂く。でも改装っていきなりどうしたの?新人君も入ってお店に慣れてもらうほうがよかったんじゃない?」
「いやな、この店のレイアウトはもともとは1人でやってたんだが基本2人で最適に動かせる店なんだ。逆に3人になったおかげでお互いの動線が気になりだしてな。オーナーも『イメージチェンジも悪くないな』って言ってくれたんで改装に踏み切ることにしたんだ。」
「私の定位置はどうなるの?それから、まだ食べかけだったあのテーブルは?」
「お前の席はカウンターだから少し場所が変わるがちゃんとあるぞ。ただ、あそこに置いてあったクッションやぬいぐるみは処分した。新しい店の色合いには合わないからな。それとテーブル・・・いやバウムだが、固くなっちまってるから細かくしておいた。今度の店内は黒っぽいからな、あんな色のテーブルを残しておけないんだ。」
「なんだ・・・。でも、細かくしたってことはまだあるのよね?」
「ああ、ブランデー・シロップに漬けようかオレンジキュラソーがいいか迷っていたんだ。串に刺して炎で炙ってチョコレートフォンデュにしても美味しく食べられるぞ。」
「うわ〜美味しそうね。今度容器持ってくるから作っておいてね。」
「再オープンして1週間以内に来ないと常連たちの胃袋に消えるからな。」
「うん判った。ちょっと改装中の店内撮らせてもらっていい?」
「埃っぽいぞ。それでよければいいさ。ちょうど職人さんたちも昼休みでいないから邪魔にされることはないだろうからな。」
「ありがとう、マスター。途中って興味があるのよね。普段は完成品しか見れないじゃない。こんな機会でもないとなかなか満足するまでゆっくり見れないもの。」
「本業に生かそうって事か?そうだ、いろいろ廃材が出るから欲しければ取りに来い。いらなければスカウトキャンプの薪になるだけだからな。」
「判った、旦那と検討しておくね。必要なものがあったら連絡する。」
「とりあえず野営地に置かせてもらうことになっているから、取りに来るのはそっちになるからな。」
「大丈夫、場所さえ教えてもらえば勝手に行くから。小さいものならお姉の車で、おっきかったら軽トラがあるから。ありがとう気にかけてくれて。」
「入れ替えるグラスとかカップとかは既に予約済みだから。せめて前の店の思い出ぐらい欲しいかなって思ってな。」
「ううん、お店の内装が変わろうがマスターのお店でしょ?珈琲の香りとマスターの気配りが変わらなければ私は平気よ。ここが私の居場所であればそれでいいの。それじゃあそろそろお暇するわ。珈琲ご馳走様、開店日には必ず来るからね。」
「ああ、待ってるよ。」

本日のメニュー
  シロップ漬け

シロップにブランデーなどのアルコールを混ぜたものの中に吸水性のあるスポンジケーキを漬け込む。口に入れたときに浸み出すシロップの甘さとアルコールの香りが嬉しい。
漬け込む前にシロップを火にかけることでアルコール分の調整ができる。
この方法で有名なお菓子に「サバラン」がある。

シロップ付けのスポンジは甘く作っておいてパフェの中に入れても良い。その場合は最初から一口大にカットしてから漬け込むほうが使い勝手が良い。


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 珈琲店の常連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え〜と、保育園が終われば事務所に連れてくる娘がいて
旦那と相談して廃材を持って帰りたがる人って、約一名
心当たりがありますが・・・

お姉と軽トラは持ち合わせていないけど、興味を持った
空間は必ず撮影するあたり、なかなかの観察力だと。

でも、関西弁でお笑いが大好きなトコが省かれてますが
それは前回とかぶってしまうから?!

・・・あ、改装工事は小桃さんに依頼されましたね?(笑)
Posted by Home-Design at 2008年06月17日 18:42
★Home-Design さん

いらっしゃいませ。梅雨の晴れ間は暑いですね、アイス珈琲をどうぞ。

>約一名心当たりがあります
ありゃ、自営の方は良く似た状況になってしまいますね。Home-Designさんにも当てはまってしまいましたか。
一応出演希望があった方を描かせて頂いているんで、ご希望があれば次の機会にでも出演していただきますよ。

>改装工事は小桃さんに依頼されましたね?
いやあ、小桃さんは出張していただけないようなので自分で近くの工務店に持ち込みました。
次の機会にはお二人のお知恵を拝借したいです。
出張抽出研修の機会にでもいかが?
Posted by 銕三郎 at 2008年06月17日 21:24
こんばんは♪
アイスコーヒー・コンチネンタルを下さい☆
だんだんと蒸し暑くなってきましたね〜。

こんなときはエアコンの効いたお店のカウンターでゆっくり飲み物を頂くのが一番ですわ。
Posted by 花咲もも@携帯 at 2008年06月17日 21:55
ふぅ。カウンターに座ったら落ち着きました。

そうそう!
常連さんは指定席があるんですね♪
改装の段階から想定されてるのって嬉しいですね〜。
以前マスターが「待つのが仕事」って仰ってたように、待ってくれてるというのが伝わってきますね。
Posted by 花咲もも at 2008年06月17日 22:03
★花咲もも@携帯 さん

いらっしゃいませ。アイスコーヒー・コンチネンタルお好みにあったようですね。

>エアコンの効いたお店のカウンター
それでは目一杯エアコンを利かせましょう。
カウンターの中は熱地獄ですからね。
Posted by 銕三郎 at 2008年06月18日 00:11
★花咲もも さん

8分差ってことはこちらも携帯からでしょうか?

>常連さんは指定席があるんですね
自分のお気に入りの場所が皆さんそれぞれにあるんですよ。
漫画好きの方は本棚脇の席が好きと言います。
それをどれだけ残して従業員の動線と折り合いをつけるかに改装の難しさがあると思います。

「待ち」の商売はその1回で喜んで頂かなければ次がないので、お客様の好みを最大限汲み取るようにしないといけないんでしょうね。
それでも「以前の方が良かった」という方はみえるので厄介です。
Posted by 銕三郎 at 2008年06月18日 00:31
こんばんは、かつて妹に何百個ものダルマを車で運ばされたことのあるオネエです。
トラックも2tまでなら運転できます♪

し、しかし…彼女がこの言葉遣いで喋っているところを想像して笑い転げてしまいましたよ〜。

>それとテーブル・・・いやバウムだが
ぎゃははは!マスターも面白すぎる〜〜〜〜
大変楽しませていただきました。うきっ。
Posted by オネエ at 2008年06月18日 02:22
こんにちは、2tトラックで来ました!
マスター、ムクのフローリング材とテーブル2台、椅子4脚、ダクトレール2本とスポットライトを6個いただきま〜す(←今ほんとに欲しいものたち)。ブランデー・シロップに漬けたバウムは、以前プリン作ってもらったバケツに入れて持って帰りますね。ありがと! バンバーン、ガチャ!(ドライバンの扉を閉める音)

読み進めて「こりゃ私だ!」とびっくりしました。事前に検閲があるのかなと思ってたので〜。ストーカーじゃなくてヨカッタ♪
そうそう、私サバラン大好きなんですよ。見た目地味だけど、ケーキ屋にあれば必ず選びます。

Home-Designさんと状況や趣味志向がかぶってるんですね。ブログ拝見しましたが、お住まいのところに私の本籍があったことがあります。住んだことはないんですけどねー。どうぞよろしく〜>Home-Designさん
Posted by カブ子 at 2008年06月18日 02:48
あ、オネエが上に・・。

>彼女がこの言葉遣いで喋っているところを想像して
なによ!笑うなんて失礼だわ!
れ、れんしゅうするわよ。みてらっしゃい、今度リアルで笑わせてみせるわ。
Posted by カブ子 at 2008年06月18日 02:54
★オネエ さん

いらっしゃいませ。ぬるめに淹れたブレンドをどうぞ。

このHN、別の何かを想像させますね。・・・プッ。

火狐姉妹は仲がよろしくって何よりです。

>彼女がこの言葉遣いで喋っているところを想像して
実会話と会話文体では似て非なるものです。本文での会話に普段の喋り方を持ち込んだら到底この長さでは終わりませんよ。オネエさんの時だって普段どおりではなかったでしょ?

でも、彼女のこんな面も見てみたいなという希望も含まれているんですよ。
Posted by 銕三郎 at 2008年06月18日 09:49
★カブ子 さん

いらっしゃいませ。主役の登場ですね。一升炊きのお釜になみなみと淹れたカフェオレをどうぞ。

>事前に検閲があるのかなと思ってた
ネイティブに扱えない言語の場合にのみ監修を受けるようにしています。突然載ったほうが驚くでしょ?

>Home-Designさんと状況や趣味志向がかぶってるんですね
私も「自分ですか?」と名乗りを上げられるとは思いませんでした。

>ムクのフローリング材〜スポットライトを6個
こじんまりしたお店でも始めるんですか?喫茶店のテーブルや椅子ってかなり傷んでいることが多いですよ。
Posted by 銕三郎 at 2008年06月18日 10:03
★カブ子さん再び

そうですよね、喋っているところを想像して笑うなんて失礼です。
実際に喋っている途中でとっちらかっていつもの口調に戻ったところで笑って差し上げないと。

でも、きみ〜が「こりはかあちゃんじゃない・・・」と怯えないように気をつけてくださいね。
Posted by 銕三郎 at 2008年06月18日 10:10
いや〜、普段からとぼけたヤツですが、やっちゃいましたね~
ハイ、出演希望はしてませんでした。今後も致しませんので(笑)
でも、おかげで(?)カブ子さんに親近感がわきました!ヨロシクです♪
>出張抽出研修の機会にでもいかが?
そうそう、出張研修会の際には盛り上がりましょう(笑)
Posted by Home-Design at 2008年06月18日 10:13
★Home-Design さん

そんな恐縮されても私もどうしたらいいか・・・。

>普段からとぼけたヤツですが
ええっ?ブログの雰囲気やお仕事ぶりからしっかりした奥様をイメージしておりました。
そちらの業界ではそういう女性が標準かと・・・。
関西弁・お笑い好きは地域のデフォルト仕様なんでしょうけれど、少なくともどちらかというとツッコミ側ではないかと思っていました。

せっかくですから主演作書きましょうか?共演小桃さんで。
Posted by 銕三郎 at 2008年06月18日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。