2008年07月28日

▽夏休みの朝の一風景

子供たちが夏休みになって一週間が過ぎた。
夏そのものの空は青と白に彩られ、空気には熱気が含まれている。

店を二人に任せられるようになったマスターは休みが増えている。
日曜の朝だが、休みのマスターは遅くまで寝ているようだ。
なかなか起きてこない父親に業を煮やしたのか、辰蔵が寝室に向かう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「父さん、起きろ〜!10時半になるよ。」
「んん、そんな時間か、お前たち飯は?」
「僕たちは母が出かける前に起きたからその時食べた。早く起きて!」
「なんだぁ?夕べは原稿書いていて遅かったんだ。休みなんだからゆっくりさせろ。」
「駄目!僕たちにも都合があるの。」
「わかったから、寝室の冷風機を止めないでくれ。布団が汗まみれになる。それより夏休みの宿題はやってるのか?」
「今日は日曜だからお休み。さあ、早く早く。」
「もう、せかすな!あれ?お順は?」
「向こうで待ってる。」
「珈琲はあるのか?食パンはあったかな・・・?」
「大丈夫だって。早くテーブルについて。」
「じゃじゃ〜ん。おとうさん、おはよう。お父さんの朝ごはんは私たちで用意したんだよ。」
「スクランブルエッグに炒めたソーセージ。トーストまで焼いたのか。珈琲はどうした?お前たちが淹れたのか?」
「ごめんね。珈琲はコーヒーメーカーで母が淹れておいてくれたの。でも、他は全部お兄と二人で用意したんだよ。」
「どうした風の吹き回しだ?」
「いいからいいから。味はどう?」
「ソーセージはいい具合だ。だが卵はいまいちだな、火が通り過ぎてる。いつも俺の作ったのを見てるだろう。作った後フライパンに置きっ放しにしたんだな。トーストはバターの塗り具合はちょうどいい。だが、端までちゃんと塗れ。」
「ちぇっ、うまくいったと思ったのにな。」
「まだまだ修行が足りんよ。火を使うってことはそれだけ加減が難しいってことだ。」
「だから、ゆで卵にしようって言ったのに。」
「フライパンでやりたかったの!うるさいよ、お前は。」
「辰蔵、自分の力量を知るのも修行には必要だぞ。だが、できは悪くないぞ、すぐに皿に移していれば問題ないレベルだ。あとは好みの部分になるからな。」
「そうなんだ、よかった。ソーセージとトーストはお順がやったんだよ。」
「お順も火を使う許可が出たのか。もう少し頑張れば母の代わりも務められるかな。・・・もしかして夏休みの課題のためか?」
「違うよ、ほらお順、出さないと。」
「はいお父さん、お誕生日には少し早いけど、プレゼント。」
「ありがとう。でも、もう少し先だぞ。」
「でも、普段はお仕事でしょ。ゆっくりしている時に渡したほうがいいかなって思って。」
「そう、お誕生日の前祝ってことでいいじゃない。」
「ん、ありがとう。でもこのプレゼントは当日開けさせてもらうよ。そうか、それで朝飯の用意をしてくれたのか。」
「うん、いつものお休みの日はしてもらってるんだから、今日ぐらいはってお順と頑張ったんだ。」
「よく頑張ったな。これからは俺も楽できるな。」
「ええ〜っ!今日だけだよ。次のお誕生日はずっと先だからね。」
「ほらほら、早く食べちゃってよ。洗わなきゃならないんだから。母がお洗濯お願いね、だって。」
「結局いつもと変わらずか。しょうがねえな。」

本日のメニュー

  お誕生日

柄にもなくお誕生日を祝ってみたくなりました。
今回はかなりの部分実話です。息子たちが自分たちで考えてお祝いをしてくれたのが嬉しかったので一本仕上げてしまいました。
プレゼントはまだ開けておりません。
開けたら追記しようと思っています。
<追記>
マスターがプレゼントを見せびらかしに持ってきましたので写真に撮って掲示します
上:お順 下:辰蔵お順 PC用ブラシ辰蔵 油取りタオル










posted by 銕三郎 at 12:00| 東京 ☀| Comment(32) | TrackBack(0) | 珈琲店の常連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
あれ、マスターお休みなんですね〜。
おねいさん、アイスコーヒー・コンチネンタルを加糖で下さい☆

マスターはいいお子さんをお持ちなんですね〜。
私なんかよりずっと親孝行です♪
今年は母に何を贈ろうかしら(再来月誕生日なんです)
Posted by 花咲もも at 2008年07月28日 18:17
★花咲もも さん

いらっしゃいませ〜。アイスコーヒー・コンチネンタルを加糖していいんですね、お待ちくださいね。

>あれ、マスターお休みなんですね〜
お誕生日休みなんですよ〜。お子さんとゆっくり過ごしていただきました。

マスターがもらったプレゼントを持ってきてくれましたので写真を撮ってアップしますね。
Posted by お姐さん at 2008年07月28日 22:11
おお、もうすぐお誕生日なんですね。おめでとうございましょう。(未来形)

等身大で登場した兄妹の“ご両親の呼称”ですけど、マスターのことは「お父さん」、母君のことは「母」って呼んでるんですか?梅子の友達で、お父さんを「チチ〜!」お母さんを「ハハ〜!」と呼ぶ子がいたので、もしや同族かと・・・。
それともマスターへの話し言葉として「母が〜」と言うのでしょうか。だったらスゴイ!

家庭科で「朝ご飯の献立を考えて作る」という課題が一学期にありました。同じグループの男の子の提案で、朝からポテトチップというとんでもないメニューになったそうです。おまけにヨーグルトに間違えて塩入れちゃったんだって。成人病予備軍養成メニューですね。。。
Posted by ひそそか at 2008年07月28日 22:20
あっっ!Σ( ̄□ ̄;)!!
この記事で思い出しました!!!
今朝のお弁当に花形ゆで卵を入れてやる約束をしていたのに、すっかり忘れてたー・・・

火の通りすぎたスクランブルエッグでも、子ども達がマスターのために一生懸命作ってくれたものは美味しかったでしょ?優しくて、いい兄妹です。息もピッタリ♪
一昨日DVDで『かもめ食堂』を観たのですが、男手一つで娘を育てている父親が「おにぎりは人に作ってもらったほうが美味しいんだ」と、遠足と運動会のおにぎりを作ってやるエピソードが出てきました。あと「コーヒーは人に淹れてもらったほうが美味しいんだよ」と言う通りすがりのおっさんも。(笑)
Posted by ひそそか@連投 at 2008年07月28日 22:26
★ひそそか さん

いらっしゃいませ〜。メロンいっぱいあるならメロンジュースにしましょうか?

>マスターのことは「お父さん」、母君のことは「母」って呼んでるんですか?
二人はシチュエーションで「父・母」、「お父さん・お母さん」を使い分けています。この場では色分するために片側に統一してみました。娘の方は母親を愛称で呼んだりしています。

>朝からポテトチップ&塩入ヨーグルト
スカウト君たちの方がやはりマトモですね。朝から焼肉定食を計画するんですから。

★連投ひそそか さん

>お弁当に花形ゆで卵
いいなあ、そんな可愛いお弁当。スカウト活動ではお弁当はおにぎりが基本ですから。たとえ中身に骨付きフランクが入っていたとしても…。

>一生懸命作ってくれたものは美味しかったでしょ?
はい、嬉しくって記事にしてしまったくらいですから。ただの親バカの回ですね。

>人から何かをしてもらうのは…
この商売、それがなければ成り立ちませんね。その時の感謝の気持ちが対価になるんだと思っています。
Posted by 銕三郎 at 2008年07月28日 23:29
おめでとうございます。今日中に間に合ったかな?
いや〜良い兄妹ですね。何日も前から計画してたのかな。プレゼントも気が利いてる!

おや、マスターのお誕生日はナニワの日なんですね。
Posted by ひより at 2008年07月28日 23:59
まあっ!今日だったの?おめでとう!
Posted by ひそそか at 2008年07月29日 00:00
ぅわーん!タッチの差で間に合わなかったよう!!
ひよりんはギリギリセーフだったのに・・・ぐっすん。

ところでプレゼント画像「ぱこそこぶらし」ってなんだろう???と思ってしまいました。右側のは一瞬ドリップ用のネルに見えたし。(拡大したらハンカチだった)
ムッシュの誕生日にトランクスをプレゼントした梅子とはえらい違いです。
Posted by ひそそか at 2008年07月29日 00:05
登場人物はマスターなのに、銕三郎さんのイメージで読み進めちゃいましたよ。それでいいんですよね、今回は。

お誕生日おめでとうございました。お子さん達に祝ってもらえるなんて幸せですよね。私にもそんな日がくるかなー?
Posted by カブ子 at 2008年07月29日 01:28
うっ・・・

×ぱこそこ → ○ぱそこそ でした。
Posted by ひそそか at 2008年07月29日 01:37
★ひより さん

いらっしゃいませ。お祝い有難うございます。いくつになってもお誕生祝いは嬉しいですね。

>何日も前から計画してたのかな。プレゼントも気が利いてる!
2~3日前から考えていたようです。起きたら食事が出来ていたのにはちょっと感動しました。
プレゼントは双方100円ショップで選んだようです。中身と外見が同額ってところがご愛嬌なんです。
Posted by 銕三郎 at 2008年07月29日 01:38
★ひそそか さん3&4

わざわざお戻り有難うございます。1&2でお祝いを頂いたつもりになってました。

>ムッシュの誕生日にトランクスをプレゼントした梅子
相手が欲しているものであれば、そして喜んでもらえるものであれば、物は何でも構わないんではないでしょうか?ようは気持ちなんでしょうから。
二人のプレゼントは自分では決して買いそうにない物なので面白かったですよ。
Posted by 銕三郎 at 2008年07月29日 01:49
★カブ子 さん

いらっしゃいませ。お祝い有難うございます。

>登場人物はマスターなのに、銕三郎さんのイメージ
辰・順の二人を出すとどうしてもマスターが個別の人格で台詞を喋ってくれないようですね。ペコさん襲撃の回もそうでした。やっぱり本人を知っている人からは見破られてしまいますね。

>私にもそんな日がくるかなー?
子供は親を鏡に育つといいます。こんな風にお友達にもいつもお祝いを欠かさないカブ子さんのお子さんであればうちの二人より立派にお祝いしてくれると思いますよ。
Posted by 銕三郎 at 2008年07月29日 02:05
★ひそそか さん5

読み間違いのうえに書き間違いですね。
ひそさんの「ひそそっかい」は有名ですから大丈夫ですよ。
それよりも、「メロン」には何にも反応していただけませんでしたね。ちょっと残念です。
Posted by 銕三郎 at 2008年07月29日 02:15
お誕生日おめでとうございました。

仲の良い兄妹ですね。
楽しそうに計画を立てていたことでしょうね。

Posted by Luna at 2008年07月29日 08:04
★Luna さん

いらっしゃいませ。お祝いありがとうございます。コール珈琲をどうぞ。ガム・クリームは別にしておきます。

>楽しそうに計画を立てていたことでしょうね。
悪だくみに関しては非常に仲が良くなります。普段は自分の優位性をお互いに全く譲らないんですけれどね。
企画・立案を辰が、実働を順が担当するのが一般的です。よって貧乏くじを引くのもお順ですね。

Posted by 銕三郎 at 2008年07月29日 09:31
遅ればせながら
お誕生日おめでとうゴザイマス♪
心温まるお話ですね〜^^

うちの子も、そんな娘に育ってくれるといいな〜
なんて思いました☆
Posted by Home-Design at 2008年07月29日 10:00
★Home-Design さん

いらっしゃいませ、お祝いありがとうございます。お掛けになってアイスコーヒーをどうぞ。

>心温まるお話ですね〜
いやいや、悪だくみの延長のようなものですからあまり褒められたものではないですよ。
なんと言っても、プレゼントを用意しているのはばれていましたから、他にびっくりさせることを考え付いたって言うのが真相だと思います。

>うちの子も、そんな娘に育って・・・
えっ?バリバリ仕事を手伝う2代目に育っているんではなかったんでしたっけ?
ヘルメットかぶって現場に入っているって噂で聞きましたよ。
Posted by 銕三郎 at 2008年07月29日 16:16
こんにちは〜♪プレゼント見に来ました〜。
パソコンブラシとハンカチだったんですね。実用的だから大活躍間違い無しですね☆

あ、そうだ。アイスコーヒー・コンチネンタルを加糖で下さい♪
お誕生日おめでとうございました!!
1日遅れてしまってすみません(汗)
これからもよろしくお願いします。
Posted by 花咲もも at 2008年07月29日 18:21
★花咲もも さん2

毎度お越しやす、いつものですね。
お祝い有難うございます。

>実用的だから大活躍間違い無しですね☆
何といっても100円ショップの商品ですからね。瞬間で使えなくなりそうで使うのが怖いんです。
Posted by 銕三郎 at 2008年07月29日 20:52
遅くなりましたが、おめでとうございます!
とっても素敵な風景♪ いいお誕生日でしたね。

前の記事で読ませていただきましたが、捨て犬マックスちゃん、その後いかがですか?
しつけも大変そうですね。
でも、こんな温かいご家族に囲まれて暮らしていけば、そのうちきっといい子になります!
Posted by ごまめ at 2008年07月31日 02:31
★ごまめ さん

いらっしゃいませ。毎日暑いですね、アイスコーヒーをどうぞ。

>捨て犬マックスちゃん、その後いかがですか?
ごまめさんへのレス中ですが、よい機会なので見ていただいている皆さんへ合わせてご報告します。

あの後、うちのかみさんがひどく噛まれまして、さすがにこれ以上預かるのは子供たちが危険と考え、保健所に引き取っていただきました。皆さんにはご心配をお掛けしましたが、結局そんな形での結着となってしまいました。申し訳ありません。

子供たちには泣かれましたが、両親がいない時間帯にもしものことが起こったらと考えると、妻の決断を否定することは出来ませんでした。
実際、子供たちも生傷が絶えませんでしたし、私と妻は少しずれていたら結構危ない場所を噛まれたりしていました。引き渡した後、妻は最後は怖くてしかたがなくなっていたと漏らしていました。

そんなわけでマックスはもういません。
皆様、ご心配をしていただき本当に有難うございました。
Posted by 銕三郎 at 2008年07月31日 22:08
マスター、お誕生日おめでとうございます!!
・・・って あれ? なんでめっちゃフツーなんですか?

え? それはナニワの日?
今日はハニワの日??
あ"! Σ( ̄□ ̄;)!!

お、おめでとうございました。 (^_^;)
こういうプレゼント、嬉しいですよね。
僕なんか、ウルッときちゃうかも。。。 (^o^)
Posted by アキラ at 2008年08月28日 09:15
★アキラ師匠

いらっしゃいませ〜。お祝いありがとうございます。それでは「オールドビーン」だけで焙煎したレギュラーブレンドなんかいかがでしょう?香りでは「カレントクロップ」には敵わないのですが、味に落ち着きがあるとの定評があります。

>今日はハニワの日??
わざわざこのギャグのために今日まで待っていただけたんですね。
それに対抗するためにドリンクを選んでみました。

> 僕なんか、ウルッときちゃうかも。。。 (^o^)
今までにないパターンのお祝いだったので私もびっくりしました。
実話がそのまま記事にできる珍しい機会でした。
Posted by 銕三郎 at 2008年08月28日 16:12
へぇ〜♪ オールドビーンとか、全然知りませんでした。
ちょっと検索してみたりしたんですけど、いろいろと面白そうですね。
僕は「ミスタービーン」しか知りませんでした。
コーヒーも奥が深いです。 (^o^)

ところで、話は全然違うんですが、
コーヒーを淹れる段階で、出来るだけ酸味を抑えて抽出したいんですけど、何に気をつければいいんでしたっけ?
Posted by アキラ at 2008年08月29日 15:13
★アキラ師匠×2

>コーヒーを淹れる段階で、出来るだけ酸味を抑えて抽出したいんですけど、
また無茶なことをおっしゃいますね。
抽出では豆の持っている苦味・甘味に強弱をつけて味わいの色付けをします。
焙煎によって表出したそれぞれの味(酸味・甘味・苦味)を大きく変える事はできないんです。
特に酸味は抽出速度に関わらず最初から出てくるのでコントロールができません。
そのために珈琲の味では「焙煎」過程が重要なんです。
焙煎で味を決め、抽出で口当たりや喉越しを決めるといえばいいんでしょうか。

まあ多少の違いですが、湯温が高いほうが酸味を抑えて抽出できると思います。
あとは苦味の強い豆とブレンドして酸味をごまかすぐらいでしょうか。
Posted by 銕三郎 at 2008年08月29日 16:57
>抽出では豆の持っている苦味・甘味に強弱をつけて味わいの色付けをします。
焙煎によって表出したそれぞれの味(酸味・甘味・苦味)・・・
<
なるほど! そうなんですね。
いやいや、ありがとうございました。

そうか、ブレンドって手もありますね。
苦みに強いものとブレンドするのがいいんですね?
分かりました〜♪ やってみます。
お手数かけて すみませんでした。 (´▽`◎)
Posted by アキラ at 2008年08月30日 12:34
★アキラ師匠×3

>やっぱコーヒーって面白いですねぇ♪
珈琲の奥深い世界へようこそ。この世界は底なしですよ。調べたり試したりするたびに新しい発見があったりして…。
同じ珈琲を淹れるのにこれだけ多くのタイプの違う抽出具があるんですから、一つ一つの器具の発展を追って味わうだけでも大変です。

ブレンドについては私も解らないことが多く、手を出しかねています。これをするにはロースターも必要になっちゃいますからね。
Posted by 銕三郎 at 2008年08月30日 23:00
とりあえずのご報告です♪

苦みの強い豆をゲットするのがなかなかままならない中、お♪っと気がつきました。
僕はいつも、シルバースキンをかなり徹底的にとばして淹れているんですけど、それをやめてそのまま淹れてみたらどうだろう?と思ったんです。
苦みじゃなくて、雑味ですけどね。 (^_^;)

いつもより少し粗めに挽いて、
(はい、手間だとは思わずにやりましたよ)(^o^)
それでそのまま淹れてみました。
意外と酸味が抑えられたような味わいで、前までは「酸っぱいな (^_^;)」と思ってたものが、それはそれで飲めるな♪という感じにはなりましたー。
Posted by アキラ at 2008年09月01日 21:01
★アキラ師匠×4

美味しかったですか?

>シルバースキンを…
多分、これのせいでは無いと思いますよ。

>いつもより少し粗めに挽いて、
こうしたおかげでいつもより抽出力が落ちて良い具合になったのではないでしょうか?ヒョッとすると、このメッシュがこの豆の状態にピッタリだったのではないかと思います。

基本を変えず、どこか一点を少しずらすことによって味が一変する事がありますので、口に合わないなと思ったときは、色々と試す機会だと思いますよ。
私もyasさんからの豆で驚きを経験しました。
Posted by 銕三郎 at 2008年09月01日 23:02
マスター、ご報告です〜♪

そうなのかも?と思って、今度は挽きの粗さはそのままにしてシルバースキンをきちんと飛ばした状態で淹れてみました。
・・・やっぱり仰るとおり、とばしたものの方が美味しかったです。 (^o^)
挽きがこまかい酸味がとても強いものよりは、粗い挽きでシルバースキンありの方がマシな気がしたんですが、シルバースキンをとばすと なるほど美味しいです♪

ほかの豆に関しても、ちょっとこのへんについては確かめてみる必要がありますね。
(いつもその日の気分で3種類の中から選んでるんです)
また勉強になりました〜。
ありがとうございました!!
Posted by アキラ at 2008年09月03日 10:27
★アキラ師匠×5

ちゃんと試してみたんですね。違いが解るほどでよかった。ここで「変わんないジャン」って言われちゃったらどうしようかと思いました。研修会の応用編で私が言わんとしていたことが解っていただけたのではないかな?

>ほかの豆に関しても、ちょっとこのへんについては確かめてみる必要がありますね。
そうなんです。そのため研修会の基礎編では口を酸っぱくして自分の基本スタイルについて言及していた訳です。

私はその焙煎済みの豆の一番美味しいと思われるポイントを見つけてやらなければもったいないと思ってしまうんです。そうすることで焙煎した豆屋さんの傾向も解ってくると思います。そこから類推して他の豆に応用してみる。うまく嵌った時の嬉しさは格別ですよ。
こんなことを繰り返して自分の中のデータベースを増やしてゆけば、どんな豆であっても応用が利くようになると思います。
Posted by 銕三郎 at 2008年09月03日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103739113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。