2008年08月13日

◆番外編 5.フレンチプレス

毎度お越し頂きありがとうございます。番外編第5回をお届けします。

今回は海外ではかなり一般的な抽出方法なのになぜか国内では特殊な方法と誤解されている『フレンチプレス』を紹介します。
最近ではシアトル系のコーヒーショップなどでも器具が売られるようになって、目にする機会が増えていますが、ご自宅でお使いになられている方はそれほど多くはないと思います。どうしても紅茶の器具のイメージが強く、「これで珈琲を?」と思われるでしょうが、手軽さといい、ほとんどテクニックがいらないという意味でも家庭には最適の器具ではないかと私は思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おはようございます。あれ?今日は紅茶の講習ですか?」
「おはよう、思ったとおりの反応をありがとう。日本の一般的な家庭ではこいつは紅茶でしか使われないことがこれで証明されたようだ。」
「マスター?ひょっとして今日はこれで珈琲を淹れようってことですか?」
「ああ、『フレンチプレス』という器具だ。他には『カフェプレス』・『プランジャーポット』などと呼ぶこともある。メーカーによって呼び名が違うが、構造はほとんど同じだ。こんなに単純なものだからな、変えられる場所は網の部分ぐらいしかない。」
「家で紅茶を淹れるのに以前使ってましたよ。私の持っていたのは網の部分がナイロンのメッシュになってました。でも、これは金属の網ですね。どちらかというとペーパードリップとは対極にある淹れ方になりませんか?」
「どうしてだ?」
「結局、粉をお湯に接触させたまま放置するんですよね。前にサイフォンのところで教わった『浸漬法』でしたっけ。だから味の傾向もトルコ式やサイフォン式に似てくるんですよね?」
「おお、あの時の説明を覚えていたのか。」
「あたりまえです。私だってちゃんと頭はありますよ。」
「以前は頭は付いていても使っているそぶりが見られなかったのにな。」
「ああそうですか・・・。もう、いじるだけなら帰りますよ。」
「いや、そんなつもりじゃないんだ。最近はしっかりしてきたなと感動しているんだ、うん。多分そうだ。」
「ん、もう、マスターったら。褒めてくれてるんですか、それで?もういいです、進めましょう。」
「わかった、始めていこう。こいつは名前の通りフランスの一般家庭で珈琲を抽出するのによく使われてきた。単純な機構でメンテもしやすく、また、ペーパードリップみたいに常にお湯をコントロールする必要がない。タイマーさえ間違わなければ常にそれなりに一定の味が出せる優れものだ。」
「いいとこずくめじゃないですか?ずぼらなマスターがこの淹れ方で店を始めなかったのが不思議なくらいですね。」
「余計なことは言わんでいい。確かに楽なんだが、俺はあまり好みではないんだ。特に粉っぽくなるところがな。」
「ふ〜ん、試してみていいですか?」
「機構上あまり細かく挽いた粉は使えない。それからお湯との接触時間が長くなるのであまり強い焙煎のものは焦げた味が出るぞ。粉の量は通常通りでいいかな。」
「どばっとお湯を入れちゃだめですよね。豆を膨らませながら・・・と、どのくらい置けばいいんでしょう?」
「わからん。経験と勘で決めてみろ。まあ、あちこち見て廻ると3分ぐらいってのが標準だとされているな。その後、飲みながら修正をしていくしかない。」
「ええっ?ひょっとしてそれってお店で使うのはものすごく大変って事?」
「そうだ。いつも同じ状態の豆を同じメッシュで挽いて使うならこんなに楽な器具はないんだが、専門店のように数十種類の焙煎の違う豆を扱うためには、それぞれに最適な浸漬時間を見つけ出さなきゃならない。」
「美味しくない珈琲を延々と飲み続けるんだ・・・。ペーパーフィルターでよかった。」
「だがな、本当にぴったりとタイミングが合ったときの味は素晴らしいぞ。ペーパーにはないこくと味が出る。おいおい、そろそろ終わりにしないと過抽出になるぞ。」
「うえっ、この珈琲飲みたくないですぅ。珈琲液が澄んでないですよ。」
「濁りは仕方ない。構造上の問題だからな。その分ペーパーでは味わえない珈琲の油分も充分に含まれている。見た目での判断は禁物だぞ。」
「は〜い。じゃあマスターもご一緒にどうぞ。」
「えっ?俺もこれを飲むのか?俺の分はお前が納得したものだけでいいぞ。」
「ず、ずるい!一緒に飲んで修正方法を教えてくださいね。」
「変えられるのは浸漬時間だけだって言ってるだろうが〜!」

本日のまとめ

・フレンチプレスはこくがあり力強い味になる。
『浸漬法』になるため粉とお湯との接触時間が長くなる。その分抽出力も強く濃い珈琲液が手に入る。また、紙で漉すわけではないため油分も残り珈琲液にコクを与える。

・器具の準備、使用後の洗浄・片付けが容易。
家庭で使用する場合、手入れに手間がかかるというだけで使われなくなってしまうものです。簡単な手入れで使うことができるというのは大きなポイントだと思います。

・ただし構造上粉っぽくなるのは避けられない。
ペーパーやネル布のフィルターを使用するわけではないため取りきれない微粉は透過してしまいます。他の『浸漬法』の抽出で飲み慣れている方であれば問題にはならないのですが、『透過法』の珈琲しか飲んだことの無い方には口当たりが厳しいかもしれません。

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | 珈琲抽出研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フレンチプレスって言うんですね、アレ。
私も友人宅で試した事があるんですが、カップの底に粉が残ったのに驚いた覚えがあります。
でも香りもいいし、味もまろやかだったんですよ。
ちなみに使った豆はブルーマウンテン(100%)だったんですけど、メッシュをペーパー用にしてしまったのが失敗だったかも・・・。もう少し粗めに挽いたらよかったのかもしれないですね〜。
Posted by 花咲もも at 2008年08月14日 17:11
★花咲もも さん

いらっしゃいませ〜。暑くて死にそうな日が続いています。ちゃんと水分補給してますか?ここできちんと摂って行ってくださいね。アイスコーヒー・コンチネンタルを加糖でどうぞ。

>でも香りもいいし、味もまろやかだったんですよ。
私もこの記事を書くにあたって普段使っている豆で試してみたんです。粗めに挽いた粉を後からお湯を差すのではなくお湯の上に広げるように入れ、ストレーナーを湯面まで押し下げて時間まで置いてみました。
豊かな香りとコクのあるボディの太い珈琲液が抽出できました。
静かに注いで、最後を少し残すようにすれば細かい粉がカップに混ざることも防げますよ。

>ブルーマウンテン(100%)
うわ〜リッチですね。でも、それなら香りと酸味をより良く味わうために、粗挽きにしてペーパーで軽く淹れた方がいいかな?なんて思っちゃいました。
Posted by 銕三郎 at 2008年08月14日 22:08
こんにちは、お久しぶりです。
朝夕の風が心地よくなってきましたね。

これ、うちにもあります^^
って言っても、私ではなく主人がボダムで
買ったものです。もう数年前ですが。

数回使ったきりで、結局、私がたまに紅茶を
淹れてたりします(^^;)

休み明けの再開を楽しみにしていますよ♪
Posted by Home-Design at 2008年08月21日 10:10
★Home-Design さん

いらっしゃいませ。アイスコーヒーでよろしかったでしょうか?
朝夕は随分楽になりましたが昼間はまだまだ暑い日が続いています。戸外作業はお気をつけて・・・。

>休み明けの再開を楽しみにしていますよ♪
済みません・・・お休みしている訳じゃなかったんですが、間隔が空いてしまいましたね。気にしてはいたんですが、ネタ切れ状態で、書いては没書いてはボツを繰り返していました。
お待たせして申し訳ありませんが、今までで最大のスランプ真っ只中だったんです。しかしやっと次回の目処がついてきました。もうしばらくで完成できると思います。

>結局、私がたまに紅茶を 淹れてたりします(^^;)
そうですか、そうなっちゃいますよね。きちんとペーパーやネル布でドリップできれば、そしてそれが億劫でないなら使わなくなりますよね。だってそっちの味のほうが好みに合うんでしょうから。
この器具を新たに入手した豆の試飲とかに利用するとドリップの際の目標になると思いますよ。

でも、ご主人は本当に凝り性なんですね。実は使われなくなった珈琲器具が倉庫一杯あったりして・・・。
Posted by 銕三郎 at 2008年08月21日 12:32
またまたお久しぶりです〜♪
えっとー、美味しいもの ホットでお願いします。 (^o^)

おぉ!と思いましたよ。
独身の頃は使ってみたりもしていましたが、今はすっかり・・・。
普段、ちょっと毛色の変わったコーヒーを飲みたいとき、飲みたいんだけど淹れるのはめんどくさいとき、これでやればいいぢゃない!!
と思って、さっき食器棚を隅から隅まで探したのですが・・・器具がない。(ToT)

引っ越しのときに処分した可能性が大です。
トホホ、もっぺん買うかな〜。
あ〜、無性にフレンチプレスで飲んでみたくなったっす。 (^o^)
Posted by アキラ at 2008年08月22日 17:57

★アキラ師匠



いらっしゃいませ、お久しぶりです。某写真館では接近遭遇してはいるんですけどねぇ。

>美味しいもの ホットで

うちの珈琲は全部おいしいんですけど…(泣)。
それでは「ブラジル サントスNo,2」をどうぞ。No,2といっても最高級なんですよ。No,1というグレードはないんですからね。残念ながらお店にはフレンチプレスは置いてないので、ペーパードリップでどうぞ。



>淹れるのはめんどくさいとき、

そうですよね。コーヒーが飲みたいんだけど手間をかけたくない、長時間キッチンに拘束されたくない時など結構便利です。お湯さえ沸かしてしまえば後は作業しながら(DVD見ながら?)でも構わないんですから。



>引っ越しのときに処分した

私も、結婚時と今のところに引っ越したときと2回に渡って機器を処分されてしまいました。一時期はコーヒーポットすらなかったんですから。引越しも考えもんです。

Posted by 銕三郎 at 2008年08月22日 23:33
いやいやいやいや・・・
どうしても飲みたくて、思わず買っちゃいましたよ。 (^_^;)

豆を挽いて粉にする手間はおんなじなので、お手軽に飲める♪って感じにはなりませんでしたが、確かに普段とは違うコーヒーを飲みたい♪ってときにはいいですね。
同じ豆なのに、コクのあるフルボディなコーヒーになりました。
カフェオレとかにするなら、こっちの方がいいかも ですね。
Posted by アキラ at 2008年08月29日 15:20
★アキラ師匠×2



あちらこちらにコメントありがとうございます。



>思わず買っちゃいましたよ。

そんなに美味しそうに描かれてましたか?でも買って正解でしょ?

電動のミルならそんなに手間はかからないと思いますよ。

私には、お湯を入れたらすぐにキッチンから離れられるところが魅力です。お湯を沸かして暑くなったキッチンからさっさと退散して涼しいところで珈琲の出来上がるのを待つのがいいんです。



>コクのあるフルボディなコーヒー

これも魅力の一つです。ワンランク上の珈琲を飲んでいる気分に浸れます。気分だけですけどね。

>ナンバーのついている豆

豆のグレードですよ。ナンバーでつける地域と記号でつける地域、それにスプレモのようにグレード名で示すところがあります。
Posted by 銕三郎 at 2008年08月29日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104652188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

久々の男前ネタ (^o^)
Excerpt: こないだコンビニにおやつを買いに行きましたら・・・ ジャーン!! なんか、こんなの出てました♪ 早速食べてみましたが、ホワイトクリーム系のちょっと上品なクリームパンという感じでし..
Weblog: 光るナス
Tracked: 2008-11-29 09:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。