2008年09月21日

◇画廊に掲げられた絵

台風が過ぎた。
強い風雨にさらされた商店街は総出で清掃を行っている。

清掃の手伝いに出ていたウエイターが首を傾げながら帰ってきた。
制服に着替えた彼は、カウンターでグラスを磨いているマスターに恐る恐る問いかける。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、ちょっと前から気になっていた事があるんですけど、お聞きしていいですか?」
「うぅん、なんだ?坊や。」
「坊やって…もういい加減名前で呼んでくださいよ。しょうがないなぁ。この商店街にギャラリーがあるじゃないですか、よく写真家の方が個展を開いている。あそこの店頭に飾られている絵ってずっと変わってないですよね。どんな作家が個展を開いてもあの絵だけは変わらないんですよ。なんでかなぁと思っていたんです。それとあの絵のタイトルが小さく下につけてあったんですが、『コピ・ルアック』って何なんでしょう?」
「おまえ、映画とか見ないのか?少し前にやっていた『かもめ食堂』って映画の中で珈琲を淹れるときに呪文のように唱えていたのがそれだ。」
「はあ…。それで結局それって何なんですか?」
「珈琲屋に勤めていてそんなことも解ってなかったのか?幻って言われるようなプレミアム珈琲の名称だよ。これだけ流通が発達した現代でも珍しいほど流通量が少ない。」
「珈琲豆の名前なんですか。美味しいんですかって聞いてもいいんですか?」
「さあな、俺は飲みたいと思わなかったから入手なんて考えもしなかったよ。」
「えっ?珈琲には目がないマスターにしては珍しいですね。美味しくないことが解っているんですか?」
「いや、単に飲みたくないだけだ。どんな豆だか知ったらおまえだってどう思うかな。」
「そんなに変な豆なんですか?遺伝子異常で重合体とか、納豆のように糸引いてるとか。変な豆なんですよね。」
「さすがにそこまでではないが、知ってるか?珈琲の実には果肉があるってこと。」
「それぐらいは知っていますよ。赤い綺麗な実ですよね。でも果肉は全部捨てちゃうんでしたよね。」
「そうだ、果肉の中のパーチメントのその中にある種が必要なんだ。このパーチメントを取り出す工程に乾式と湿式がある。ただもう一つ特殊な方法があるんだ。」
「ああ、前二つは知ってます。機械で果肉を取った後パーチメントの外に付いているペクチンを取り除くのに、ブラジル中心に行われている天日乾燥と他の地域出行われている発酵槽と呼ばれる水槽につけるのが湿式のことですよね。両方をうまく融合させて行う地域もあるって聞きました。でもそれ以外って?」
「コピ・ルアックのコピは珈琲のこと。ルアックはジャコウネコのことだ。こいつは熟した珈琲の実の果肉を好んで食べる。だが固いパーチメントは分解されない。すると…?」
「え〜、ひょっとしてフ●の中なのかな?わかりました、マスターが飲みたくないって感じるのが。」
「そんなものを見つけるだけでも大変な作業だ。まず飲めるなんて考えた事がすごいとは思う。」
「ジャコウネコが食べられるってことは、まわりで珈琲の栽培はされていてふんだんにあるんじゃないですか?わざわざフ●の中から探さなくっても良さそうなのに。」
「植民地時代、珈琲は貴重な収穫物だ。全て支配層に取り上げられてしまっていたからそうでもしなければ自分たちの飲む珈琲を確保できなかったんだろうな。」
「なるほど。希少なのはわかりましたが美味しいんですか?」
「味は知らんと言っただろ、飲んで無いんだからな。だが値段は半端じゃないぞ。」
「そんなに高いんですか。美味しくなきゃ嫌だなぁ。」
「以前は生豆の状態でキロ5〜6万していたが、最近は自然採集だけじゃ無く、農園内でジャコウネコを飼って収穫をしやすくしているのか流通量も増えているから焙煎済みが4万弱ってところか。ずいぶん価格も下がってきた。」
「それでもうちの店のレギュラーブレンドの7〜8倍はするじゃないですか。お店で提供したら頼む人なんかいませんよ。」
「その辺の感覚はお前の方がしっかりしてるな。あいつなら自分が味わうまで『置いたらどうですか?』ってしつこく言ってくるだろう。採算って言葉は頭の隅にも無いからな。」
「でも、あの画廊はどうして…?」
「飲みたがってるのさ。あの映画の前からずっとな。俺の店で飲むまではアレを飾っておくんだって言ってたよ。自分で豆を通販で買ったって、本当にいい豆かどうかわからないし、美味しく淹れられる保証はない。俺の目で選んだコピ・ルアックを飲ませてくれってことだ。ま、一生無理だがな。」
「えっ?ああそうか、マスター飲む気が無いですもんね。」
「そういうこと。ちゃんと言ってやっているんだがな。」
「期待しないで待っていらっしゃるんですよ。僕、あの絵好きだからこのままでいいんじゃないですか?」

 
本日のメニュー

  コピ・ルアック

コピ・ルアックはインドネシアの島々で作られている。
このほか、フィリピンや南インドでも採取され、フィリピン産のものは、「アラミド・コーヒー」(Alamid Coffee、現地の言葉で「カペ・アラミド」Kape Alamid)と呼ばれ、ルアックよりも更に高値で取り引きされている。
独特の複雑な香味を持つと言われており、煎り過ぎて香りが飛ばないように、浅煎りで飲むのがよいとされる。一説によると、ジャコウネコ腸内の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵によって、コーヒーに独特の香味が加わるという。

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ〜〜〜!
マスターはホントに物知りなんですね。
珈琲好きな人なら知ってることなんでしょうか?
貴重なことはよくわかりましたが、
やっぱり私も、正直飲みたいとは・・・
他に美味しいコーヒーはたくさんありますし、ね♪
Posted by Home-Design at 2008年09月22日 01:53
こんにちは♪
涼しくなったのでブレンドを下さい♪

ついにルアックコーヒーが出ましたか…
映画では飲んでましたけど、実際はいくら洗浄し焙煎していても勇気が要りますよね〜。
かもめ食堂の食べ物はどれも美味しそうなんですがあれだけはダメでしたね〜。
ルアックコーヒーの絵を飾り続ける画廊のオーナーは可愛いですけどね☆
Posted by 花咲もも@携帯 at 2008年09月22日 19:05
★Home-Design さん

いらっしゃいませ。台風は大丈夫でしたか?キリマンジャロミックスをどうぞ。キリマンジャロの鮮烈な酸味をブレンドをすることによってやわらげています。

>他に美味しいコーヒーはたくさんありますし、ね♪
そうなんですよね、まだまだ飲んでみたい珈琲は世の中にたくさんあるので、あえてルアックを選ぶ必要を感じないんです。
Posted by 銕三郎 at 2008年09月22日 22:04
★花咲もも@携帯 さん

いらっしゃいませ、今日はブレンドですか?朝夕涼しくなってきましたね。

>ついにルアックコーヒーが出ましたか…
実は某長屋の写真館で話題にした関係で記事としてまとめてみました。

>実際はいくら洗浄し焙煎していても勇気が要りますよね〜。
やっぱりももさんもそう感じますか。パーチメントには穴があって酵素ぐらいしか出入りはしないんですけれど、ウ●チの中から取り出すという行為だけがネックですよね。

>ルアックコーヒーの絵を飾り続ける画廊のオーナーは可愛いですけどね☆
アキラ師匠!可愛いって言っていただいてますよ!
Posted by 銕三郎 at 2008年09月22日 22:07
別の映画で、このコーヒーの話を知りました。
「最高の人生の見つけ方」という映画です。
機会があったら、ご覧下さい。面白いですよ。
Posted by Luna at 2008年09月24日 18:09
テレビの動物番組のクイズかなんかで、このコーヒーのこと知った記憶が・・・。
飲んでみたいです。
Posted by 青グリン at 2008年09月24日 21:05
★Luna さん


いらっしゃいませ。お久しぶりです。ブレンドでよろしかったんでしょうか。
確か以前もご注文がなかったので同じ物をお出しした記憶があります。


>「最高の人生の見つけ方」
J・ニコルソンとM・フリーマンなんて豪華な配役の映画ですね。見たくなる要素が揃ってます。
劇場には行けそうもないので、DVDが出るのを待ちます。二時間+αの禁煙はちょっと辛いので。
どんな使われ方をしているんでしょう?楽しみだなぁ。
Posted by 銕三郎 at 2008年09月24日 21:20
★青グリン さん


いらっしゃいませ、今日はお久しぶりの方が続けていらっしゃいましたね。抹茶オレなんかはいかがですか?
ところで今回のコメント欄は関西方面の方ばかりですね。なにか関西の血をくすぐるものがあったのでしょうか?


>テレビの動物番組のクイズかなんか
私もそういったところから知ったんだと思います。普通の珈琲の本などにはあまり載ってなかったんです。最近では結構メジャーになって紹介もされるようになってきたんですが。


>飲んでみたいです。
チャレンジャーですね。私はあの高額になかなかフン切りが付かなくって。
Posted by 銕三郎 at 2008年09月24日 21:35
店構えに懐かしさを感じてふらっと入ってきたら、面白い話を聴かせて頂きました!

『はじめ人間ギャートルズ』で猿に食べさせた木の実を吐き出させて、酒をつくっていたのを思い出しました。
実際にそういうものを出されたら飲むかどうかということを自問し、答えをみつけられないまま現在に至っています(笑) ですからこの珈琲についても保留です!

ただ、“マンモーの肉”については是非食べてみたいです(関係なかったですね、すみません)。
Posted by I先輩 at 2008年09月24日 23:45
こんちわー。
マスター、コピ・ルアック入った〜?

いやいや、飲んでみたいですねぇ。
ルアックは美味しい豆しか食べないんですよ。
んで、その美味しい豆だけが集まってるわけですから、そりゃコーヒーになっても美味そうじゃないですか。

しかもジャコウネコですよ。
「香り」のベースの定番じゃないですか、ある意味。
きっと、美味しいと思うんですけどねぇ。

ちなみに「マンモーの肉」は、確か中野の肉屋で売ってたような・・・。
Posted by 画廊のオーナー at 2008年09月25日 13:47
★I先輩

いらっしゃいませ、来て頂けるけるのを今か今かとお待ちしていました。
まずは当店自慢のブレンドをどうぞ。

>この珈琲についても保留です。
どこまで自分が許せるかにかかってきますよね。
自分のお箸やスプンでまたは口移しでペットに餌を与える方が見えますが私にはできません。私はいぬに顔をなめられるのさえ嫌なほうなので多分、一生この珈琲は飲まないと思います。

>"マンモーの肉"については是非食べてみたいです
私も・・・。当時からあれは非常に美味しそうに感じていました。
関係ないなんて気になさらないでください。↑の方のようにそういうネタを拾って広げてくださる方がみえるので大丈夫ですよ。
コメント欄は客席ですから、お客様同士での会話だってOKです。
Posted by 銕三郎 at 2008年09月25日 15:02
★画廊のオーナー さん

いらっしゃいませ。「ビールのフォームドアイスコーヒー割りいまだ未完成」をどうぞ。

>ルアックは美味しい豆しか食べないんですよ。
美味しい果実だけをの間違いです。種が未成熟でも美味しければ食べてしまうんです。だから玉石混淆らしいですね。その中からいい豆だけを人の手で選別しているんです。

>「香り」のベースの定番じゃないですか、
私はフレーバードコーヒーはあまり好まないんです。それは煙草でも同様なんです。
本来の良い香りがあるものに余計な異種の香りは不要だと思っています。

>ちなみに「マンモーの肉」は、確か中野の肉屋で売ってたような
阿佐ヶ谷・パールセンターにあるお肉屋さん「吉沢商店」だよ〜ん(要予約:2650円)。
正体は骨付き巨大ソーセージ。でも、原作者・園山俊二さんのお墨付きなんだとか。
Posted by 銕三郎 at 2008年09月25日 15:06
お言葉に甘えて、もうひとつ聞いて頂きたいことが…。それは“フクロウのペリット(pellet)”

子供達の理科離れが問題になって以降、学校以外で科学実験教室が開かれたりしておりますが、その教材の中に“フクロウのペリット”なるものがあります。

フクロウは餌としてネズミを飲み込むのですが、お腹の中では毛と骨だけが消化されずに残ってしまうので、それをペリっと吐き出すのです(笑)
このペリットを水を張った器に中に入れると、毛は浮くので骨だけをとることができます♪
これで子供達はネズミの骨標本を作ることができるという訳なんですよ!

感動じゃないですか?この教材!(キットとして輸入しているのだとか…)
ちょっと臭いそうですが、動物のお腹から出てくるものが色々と役に立っているのですねぇ(笑)
Posted by I先輩 at 2008年09月25日 22:06
★I先輩×2

>これで子供達はネズミの骨標本を作ることができる
消化中や嚥下する際に骨を折ったりしないんでしょうか?
解剖して洗ってなどという手間な部分がないし、残酷さもないですよね。純粋にパズルのように骨標本に没頭できるのはいいと思います。

このお話を聞いて、フと最新技術を使った人体の血管標本を思い出してしまいました。美しい標本でしたよ。
Posted by 銕三郎 at 2008年09月25日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。