2008年12月21日

◇夜食のおとも

朝夕の冷え込みが厳しくなった。早々と初霜の報道があったようだ。

冷たく澄んだ空気が広がり始めた日暮れ前、最近足が遠のいていた常連の一人が久しぶりにやってきた。この商店街からは片道30分ほどもかかるはずの彼女なのに両の手一杯に買い物袋を下げている。そういえば商店街では年末の大売出しが始まっている。大安売りの横断幕には逆らえないようである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、お久しぶり〜。寒いわね〜。」
「おお、いらっしゃい。久しぶりだなぁ、どうしてたんだ?」
「まあ、いろいろ。今日はカフェオレをいただこうかしら。」
「おや、珍しいな。いつも気取ってマンデリンを倍量で・・・なんて言ってる奴がどうしたんだ?」
「自分で淹れてるカフェオレと比較してみたかったの。」
「ふ〜ん、何してるんだかな。ちょっと待ってろ、きっちり淹れるからな。」
「本格的に2ポットで淹れてくれるの?そこまでしなくてもいいのに。」
「ちょっと気になる言動だったんでな。」
「あら、変なところにこだわるのね。」

「お待たせ。レギュラーのカフェオレじゃないからな。」
「マスターったら、そんなんじゃないのよ。自分で淹れてるカフェオレって美味しいのかなって気になってたの。」
「はぁ?どこかで美味しい淹れ方でも教わったんで比較しようってんじゃないのか?」
「ばっかねぇ、ずっとここでいろいろ教わってるんだもの、他と比較したりなんかはしないわよ。そうじゃなくて、息子が残すのよ、私が淹れたカフェオレを。」
「ふ〜ん?朝飯はパン食なのか?」
「ううん、うちは旦那が朝食には味噌汁必須だから朝じゃないの。夜食よお夜食。高校受験を控えてしっかり勉強をする気になったんで夜食を作ってやってるんだけど、カフェオレをつけると必ず残すんだもん、ちょっと気になっちゃって。」
「ほぉ〜、主婦してるんだ。店を出ると変わるんだな〜。」
「茶々入れないで!以前昼間とかはちゃんと飲んでたの。あれから淹れ方も豆も変わってないから変だな〜って、気にし始めたら自分のせいって方へどんどん考えちゃって・・・。」
「お前んとこに届けてる豆は変わってないぞ。きっちりしてるお前のことだから淹れ方もそんなにぶれることはないと思う・・・おい、夜食だって言ったな。しかも高校受験だって?」
「ええ、中3よ。あれっ?見たことなかった?」
「なるほどな、お前さんの息子は自分のことがよくわかってるんだよ。」
「えっ?どういうこと?」
「多分息子は眠れなくなるのを避けているんだよ。珈琲の割合が多いのかもな。中学生ぐらいじゃまだまだカフェインの影響は大きいからな。前に眠れなくて困ったことでもあったんじゃないかな。」
「そういえば体育の授業でふらふらになったってこぼしてたことがあったわ。睡眠不足だったのね。どうしたらいいのかしら。」
「珈琲の量を半分にしてミルクを増やせばいいんだが、気にするようならココアにしてやったほうがいいだろうな。珈琲を飲んだって事実だけで眠れなくなることは十分にある。たとえデカフェで作ってあったとしてもな。ちなみに紅茶や日本茶は珈琲よりカフェインが多いからな。」
「わかった、息子と話してみるわ。ちゃんと通わなきゃ駄目ね。こんなに頼りになる人が近くにいるんだもんね。」
「忙しいんなら無理しなくていいんだぞ。来てくれる分には一向に構わんがな。」
「また、近いうちに報告に来るわね。ご馳走さま。やっぱりずっと美味しいわね。何が違うんでしょ?」
「愛情じゃないことだけは確かだな。」

 
本日のメニュー

  カフェ・ド・ジュニア

カフェオレの珈琲を2/3に減らしその分をミルクで補ったカフェオレの一種。
珈琲の苦手な方に丁度いいアレンジコーヒーです。
コクのあるミルクで作ったものはカフェオレより味わい深いものがあります。
このコーヒーのために別の牛乳を用意するのはちょっと大変ですが・・・。

あちらこちらにある「イタリアン・トマト」のコーヒーショップの名前もここからつけられてるんじゃないでしょうか。ググったら出てくるのはそちらばっかりで、アレンジコーヒーのレシピは埋もれてしまって探せませんでした。


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渋谷のカフェ・ドゥ・マゴはちゃんとツーポットでカフェオレがサーブされるので嬉しくなっちゃいます。他にはあまり思い当たらないのですけど、どこかご存知ですか?

ときに、これは非常にタイムリーなテーマでした。
最近梅子がロイヤルミルクティーにはまっていて(ホットミルクよりもちょっと大人の味を気取りたい様子 笑)、夕食後に飲んでいます。お湯と牛乳の量は半々くらい。
*最初にお湯だけ湧かして茶葉を入れ、充分に開かせてから牛乳を足す
以前ロンネフェルドの店員さんに教えてもらったポイントだけをひとつおぼえのように守っているのですが、他になにか美味しく淹れるコツってありますか?
ちなみに茶葉は定番のアールグレイです。
Posted by ひそそか at 2008年12月21日 03:13
★ひそそか さま

いらっしゃいませ、カフェジュニアをどうぞ。

>これは非常にタイムリーなテーマでした。
今回は狙ってますよ。
界隈には受験生を抱えたママさんが何人もおいでですので、こんなこともあるかな?なんて思ったんで・・・。ちなみにうちのは勉強もせずだらけきっているんで夜に珈琲・紅茶など飲ませてもらえません。

>どこかご存知ですか?
最近は全然飲み歩くことができないので、すっかり変わってしまった珈琲地図は更新できていません。
20年ほど前なら池袋の「東亜珈琲館」がツーポットサーブをしていたと思います。
私が基本的なコーヒーパフォーマンスを見覚えたのは名古屋でしたので、今ではすっかりそれらのお店はなくなってしまいました。

>他になにか美味しく淹れるコツ
紅茶は苦手なんですよぉ〜。ただ1点、お湯で茶葉を開かせる際、ティーポットを冷まさない様に布でくるんでおくぐらいですかね。
牛乳は普通のものではなく低温殺菌の、濃いタイプを使用するとミルクのコクで美味しくなると思います。

このサイトが参考になるかな
http://teatime.mints.ne.jp/goodtea/newpage244%20oisii%20irekata%20inngurisyu.html

アッサム、ウバなど濃厚な味わいの茶葉がミルクティー向きだそうです。
Posted by 銕三郎 at 2008年12月21日 18:24
オフィスで昼飯のあと大抵コーヒーを飲むんですが、午後眠くて眠くてたまりません。僕も梅子嬢と同じ体質なのでしょうか。一杯飲んだら寝られないようなやつください。
Posted by yas at 2008年12月21日 22:51
★yasっさん

いらっしゃいませ、当店自慢のモーニング・ブレンドをどうぞ。苦味はあまり強くないですが、カフェインは多く、すっきりと目が覚めると思います。

>僕も梅子嬢と同じ体質なのでしょうか。
いいえ、単なる睡眠不足と思われます。きちんとした睡眠のサイクルを構築しましょう。
音楽を聴きながら眠ったりしていては寝入りばなに深い睡眠がとれず、知らず知らずのうちに睡眠不足になるそうです。

午後眠くなるのは、オフィスの室温が高いんじゃないでしょうか?また、換気の問題もあると思います。お昼休みに窓を開け、空気の入れ替えをしてみてはいかがでしょう?寒いけどすっきりしますよ。
Posted by 銕三郎 at 2008年12月21日 23:41
ミルクタップリのカフェオレが飲みたいときって
あります。
そんな時、ツーポットで淹れてもらえる
お店に偶然巡り合えたら嬉しいですね♪

カフェインのせいで眠れなくなると思っていましたが、
私の場合は、寝すぎだったこともあります(苦笑)
年末は、さすがに寝不足になりそうですが☆


Posted by Home-Design at 2008年12月23日 09:33
★Home-Designさん

いらっしゃいませ。カフェ・ド・ジュニアをどうぞ。2ポットでサービスできないので残念です。

寒い日の散歩中にコーヒーショップを見かけるとつい入ってしまいたくなりますね。
最近は2ポットサービスをする店は見つけるのが困難になってしまいました。出会えると本当にらキーだと思います。

>私の場合は、寝すぎだったこともあります
珈琲にカフェインは含まれていますが、成人にはそれほど影響する量ではありませんよ。それよりも体調であるとか、その他生活のうえでの興奮や思い込みのほうが影響は大きいと思います。

>年末は、さすがに寝不足になりそうですが☆
師走ですね〜。そちらの業界はスケジュール管理が大変でしょうね。なるべく睡眠を削らないようにお過ごしください。
Posted by 銕三郎 at 2008年12月23日 15:57
こんにちは〜♪
カフェ・ド・ジュニアを下さい♪

受験生だった頃は眠らないようにとカフェイン2倍のコーヒー豆を手に入れて自分で淹れて飲みながら勉強してました。でも眠い時は寝ちゃうんですけどね(笑)
母が早寝の人なんで、夜は自分で面倒見るしかなかったんですよ。戻りたいとは思えないけど、懐かしいなぁ。受験生。

今はコーヒーも紅茶も薄めに淹れて飲んでます。
ケチっているんじゃなくて、濃い飲み物は自分で淹れるよりお店の方が美味しいので・・・。
Posted by 花咲もも at 2008年12月24日 19:36
★花咲もも さん

いらっしゃいませ、カフェ・ド・ジュニアですね、毎度あり〜!

>カフェイン2倍のコーヒー豆
なかなか珍しいものを高校生のうちから入手されていたんですね。味はどうでした?

>コーヒーも紅茶も薄めに淹れて・・・
麦茶のようにたくさん飲みたいときは軽く淹れた珈琲もいいですね。たくさん飲むと濃いものは飽きてしまいますからね。
Posted by 銕三郎 at 2008年12月25日 02:25
再びこんにちは♪
10年以上前の記憶なんでおぼろげなんですが、カフェイン2倍の豆は苦味が若干強かったけど、中学生ががぶ飲みできる位だったんですよ。

>たくさん飲むと濃いものは飽きてしまいますからね。
そういえば、冬は延々とコーヒー・紅茶を飲みつづけるんですよ。だから濃いのは美味しく感じないんだ!
夫も薄いブラックをがぶ飲みするのが好きなんですよ。
マスターのお陰でいい発見ができましたわ♪
Posted by 花咲もも at 2008年12月25日 14:50
★花咲もも さん×2

>中学生ががぶ飲みできる位だったんですよ。
なかなか、良さげな豆のようですね。
カフェインと苦味を両立させるのも大変ですし、更に軽さまで出すのは至難の業だと思います。

>夫も薄いブラックをがぶ飲みするのが好きなんですよ
仲が良くていいですね。魔法瓶にたっぷりと珈琲を作っておいて、注ぎ合って飲んでくださいね。
Posted by 銕三郎 at 2008年12月25日 21:20
明けましておめでとうございますー・・・あら?閉まってる。
ご近所の年始回りでちょっと疲れたもので、牛のお乳のいっぱい入った美味しい珈琲でも戴こうかとやってきたんですが、まだ年末年始のお休み中なんですね。
ではドアの下に年賀状を突っ込んでおきます。
「今年も珈琲の芳香と人情の機微がギューっと詰まった記事を楽しみにしています♪」
Posted by ごまめ at 2009年01月02日 22:35
★ごまめね〜さん

いらっしゃいませ。
すみません、急に年末年始のお休みが決まったので、お知らせもせず・・・。
今日、お店をのぞいて年賀状に気づきました。
改めて、「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。」
今度お見えになった際には忘れずサービスさせていただきますね。

実を言うと、年末仕事が忙しかったので、帰宅してもヘロヘロで原稿まで手が出せなかったんです。
書きかけの原稿は時期はずれになってしまうし、大掃除は予定以上に時間がとられるしで更新を放棄してしまいました。

今日から頭を切り替えようと思っています。
開店はもう少々お待ちください。
Posted by 銕三郎 at 2009年01月03日 03:14
翻訳家のRoolyです(「初めまして」の方は、URLごらんくださるとうれしいです)。

カフェ・ド・ジュニア…こういったやさしいコーヒーも、たまにはいいですね。コクのあるミルク…あればジャージー種の牛乳でお願いします。
Posted by Rooly at 2009年05月06日 19:05
★Rooly さん

いらっしゃいませ、カフェ・ド・ジュニアをジャージー乳でですね。アレンジコーヒーの添加物の講習用に準備した物がありましたので大丈夫ですよ。でも、コクがありすぎると珈琲感が薄れてしまいますので配分にはご注意ください。
Posted by 銕三郎 at 2009年05月06日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。