2009年01月19日

◇桜の季節はまだ遠い

木枯らしが吹く寒い夕暮れ。
今日は商店街の休日で店の多くがシャッターを閉めている。

いつもより薄暗い商店街の角を肩を落とした男性がこちらに向かってやってくる。受験で忙しいはずの常連の学生だった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、お久しぶりです。何か暖まる物をください。」
「おや、久しぶりだな。どうだ、受験準備は進んでいるのか?」
「ええ、センター試験はとりあえず終わりました。自己採点の結果があまり芳しくないんですよ。それでちょっと気分転換に寄らせてもらったんです。」
「そうか、最後まで頑張れよ。お前は例の彼女と同じ所を目指しているんだろ?彼女のためにもここから挽回すればいいじゃないか。まだまだ時間はあるさ。」
「それが、そうじゃないんです。この半年、受験勉強をしていく中で自分がこの後学びたいことが分かってきたんですけど、彼女の通う学校では学部そのものがないって気づいちゃったんです。」
「まあな、人それぞれに欲求はあるよな。しかし、お前を待っている彼女はどう言ってるんだ?ちゃんと話はしたのか?」
「ええ、この1年ずっと家庭教師の役もしてくれてましたから知ってはいます。まあ、その辺が問題っていえば問題なんですけど・・・。」
「理解してくれているんなら問題ではないだろう?」
「う〜ん、ぶっちゃけちゃうと僕の成績では彼女の大学は玉砕するのが目に見えているんですよ。それだから彼女は『背を向けて逃げ出した』って思っているようで・・・。実際、語学の成績が全然足らなくって成績が良かった彼女にとっては歯がゆいらしくって。」
「そりゃ随分大きな問題を抱えたな。それでも都内の学校を目指してるんだろ?多少離れたところで高校と大学ほどは時間的な制約はなくなるんじゃないか?」
「それが・・・一次志望で行きたいところは地方なんです。」
「ありゃぁ、そりゃあ彼女もカチンと来るだろ。付き合い始めてすぐに学校が別々になり、それでもお前が後から来てくれると思って家庭教師まがいのこともし、蓋を開けてみたら東京から離れるなんて告げられれば『この1年の私の思いはどうしてくれるの?』って気にもなるってもんだ。」
「そうですよね。悪いのは僕だって判っているから彼女に申し訳なくて。それでも後ろ向きに考えたんじゃないことだけは解ってほしいんですけど。」
「結論は結果が出てからでも遅くないと思うぞ。彼女のところも受けては見るんだろ?」
「ええ、それは当然。フロックででも受かってしまえば後で笑い話に出来ますよね。」
「ああ、そうさ。その上での選択であれば彼女にも顔が立つだろ?」
「そうですよね。彼女の説得のためにも『無理』なんて決め付けずに出来る限りの事をするべきですよね。なんだかすっきりしました。」
「すっきりしたところでこんな珈琲はどうだ?『キャラメルジンジャーコーヒー』だぞ。」
「また名前からして暖まりそうなコーヒーですね。ありがとうございます。」
「これからは体調管理が一番大事だ。最後まで気を抜かず頑張れよ。」
「いつも迷惑ばかりかけてすみません。でも、ここに来れば何か答えが見つけられるんじゃないかって期待して来ちゃうんですよ。」
「俺なんかじゃたいしたことは言えないが、愚痴やたまっているものを吐き出す相手にはなってやれるからな。行き詰ったらいつでも来いよ。」
「ありがとうございます。」

本日のメニュー

  キャラメルジンジャーコーヒー

ミルクの中に細切りにしたクリスタルジンジャーとミルクキャラメルを入れて温め、フレンチローストのブレンドを合わせます。
仕上げにシナモンパウダーとスティックを加えれば出来上がり。
甘さはキャラメルとクリスタルジンジャーで十分と思いますが、足らなければ蜂蜜を少量加えても良いでしょう。
生姜の効果で体がポカポカと温まります。



posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜♪
キャラメルジンジャーコーヒー下さい♪

社会人になってしまえば、環境が違っていても気にならなくなるんですけど、学生時代って同じ学校かどうかってかなり大きいですよね〜。
1学年違うだけで、物凄く離れているように感じたりして。
今、受験シーズン真っ只中ですよね〜。
桜が咲く頃にみんなが笑顔ですごせますように。
Posted by 花咲もも at 2009年01月22日 16:24
★花咲もも さん

いらっしゃいませ、「床上げ」よろしゅうございましたね。まだまだ寒い日が続きます。お大事に。
はい、キャラメルジンジャーコーヒー、お待たせしました。

>学生時代って同じ学校かどうかってかなり大きいですよね〜。
今でこそネットやメールなどで遠く離れていてもあまり距離感を感じなくなっていますが、私の高校生時代は田舎でもあり、パソコン通信すらなかったため世間は学校の外にはありませんでした。
やはり人それぞれに直接認識できる範囲が世間(世界)なんだと思います。

>今、受験シーズン真っ只中ですよね〜。
この界隈にも受験生のいるお宅がちらほら・・・。お母様方も頑張ってみえます。
桜吹雪の中、真新しい制服に身を包んで笑顔で入学式に出られるといいですね。頑張れ!!
Posted by 銕三郎 at 2009年01月22日 22:15
今年、初めてお邪魔しま〜す。
そのあったまりそうなコーヒーください。

受験生君悩んでますね。
♪遠く離れてしまえば〜愛は終わると言った〜♪
うふふ、悩め苦しめ。若いんだから。



Posted by Luna at 2009年01月24日 10:56
★Luna さん

いらっしゃいませ、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
キャラメルジンジャーコーヒー、お待たせしました。

>♪遠く離れてしまえば〜愛は終わると言った〜♪
すこし早めのチューリップですね。
こんな時期にだって恋愛の悩みは待ったなしですから、若いころは大変です。
♪み〜んな悩んで大きくなった〜♪
なんて歌もありましたっけね。
Posted by 銕三郎 at 2009年01月24日 17:58
翻訳家のRoolyです(「初めまして」の方は、URLごらんくださるとうれしいです)。

キャラメルジンジャーコーヒー…肌寒い日によさそうです。今も時々、寒い日はありますよね。

ところで桜といえば、我が家には桜の木があるのですが運悪く局地的豪雨に遭い、三日で散ってしまいました。花持ち良いソメイヨシノではなく、野生の山桜なんです。

かなりへこんだけど、ほかのお花も咲きだしたしまあいいか…と思うことにしました。
Posted by Rooly at 2009年05月12日 17:56
★Rooly さん

いらっしゃいませ、本日お店の近辺は蒸し暑い日でした。アイス珈琲をどうぞ。

>我が家には桜の木があるのですが・・・
山桜いいですね。色合いが染井吉野より好きです。満開になる前に散ってしまったのは残念ですが、長々と花持ちがいい時も「どうしたんだろう?」と心配になってしまいます。

>ほかのお花も咲きだしたし
桜の後はサツキ・ツツジ・花菖蒲などいろどり良く咲き続きますからね。
私のうちの近所も周りの皆さんが丹精込めた庭などの花がコンクリートの街を彩ってくれています。
Posted by 銕三郎 at 2009年05月12日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。