2009年05月07日

◇三万の力の結晶

見る人のいない植え込みにツツジが大きく花を広げている。
ゴールデンウイークの真っ最中、都心からそれほど遠くないこの商店街は人通りもまばらになっている。近隣の住人の大半はこの地に留まっていないのであろう。観光地でもないこの地域はこの時期、人気(ひとけ)がまばらになる。

いつもの若い常連客が紙袋を大事そうに小脇に抱え商店街の方からやってきた。
カウンターのいつもの席に腰掛けると紙袋から小さな瓶詰めを一つ取り出した。他にも入っているようだが重要なものはそれ一つなのだろう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、昨日海外から帰国した友人からお土産だって貰ったんだけど、これなんだと思う?正体がわからないと不安で落ち着かないんだ。」
「ああん?俺のところに持ってきたって事は一応食い物なのか?」
「うん、味わってくれって言ってたんだ。」
「よく見せてみろ。壜にパッケージはなかったのか?ラベルもついてねぇじゃねぇか。」
「配るために大きな容器から小分けしたんだって言ってたよ。」
「味見してみるまで内緒って事か。それなら多分・・・。まあ蓋を開けて試してみるんだな。ほら、スプーンは貸してやるから。」
「え〜っ?このまま味見すんの?これ、ねっとりしてるけど火、通さなくて大丈夫?」
「馬鹿野郎!せっかくの珍しい蜂蜜なのに火なんか通したらもったいないだろう。」
「えっ?ハチミツ?だってこんなに赤黒いよ。ハチミツってもっとほら、黄色じゃん。」
「いわゆる単花ハチミツってやつだ。この色だとソバかベニバナってところだろうな。俺も写真でしか見たことがないんだ。お前が貰ったものを先に味見するわけにもいかんだろう?さっさと掬って舐めてみろ。」
「はいはい、マスターの好奇心を刺激しちゃったってわけですね。それじゃあ信用していただきます。・・・うん、確かにハチミツだね。普段のとは違って何だか口の中に残って広がる・・・でも、ちょっとエグ味がありますね。」
「どれどれ、俺もご相伴っと・・・そうか、こんなに違うものなのか。だがこのクセでは珈琲・紅茶にはちょっと合わせられんな。」
「ねえ、マスター。さっき単花ハチミツでソバかベニバナって言ってたけど、どういうこと?」
「ハチミツには食品表示上の約束がいろいろとあってな。まず大きく3つ。「天然」と「精製」と「加糖」に分かれる。添加物があるものは混ぜ物が入っていることを正しく表示しなければならないんだ。「天然」だけが「はちみつ」と表示することが許されているんだ。「精製」は「天然」のものを食べやすく調整するために色や匂いをとった物。「加糖」は字のごとく糖分を加えて調整したものになる。そしてその「天然」のものも2つに分かれる。これが「単花」と「百花」だ。「単花」は字のごとく一種類の花の蜜から、「百花」は花の種類に制限がないものになる。だからこのハチミツは「単花」のしかもミツバチがソバの花からだけ集めたものなんだと思われる。」
「ソバの花だけって・・・選んで集められるものなの?ミツバチって1つの巣箱に3万匹ぐらいいるんでしょ?」
「そこは蜂の習性をうまく活用しているんだな。詳しいことは俺に聞いたって無駄だぞ。前に読んだ事があるって程度の知識だ。」
「ふ〜ん、それじゃあいろんな味のハチミツが花の数だけあるってことだね。」
「どうなんだろうな。蜂が採蜜する時期もあるからな。」
「それでも自分にあったハチミツが他にもあるかもしれないんだ。」
「それは違いそうだな。家ではチューブに入った安物のハチミツしか使わない俺が言っても説得力はないが、どちらかというと使い道に由るといったほうがよさそうだな。」
「??」
「パンにそれもトーストに合う物やコールドドリンクに合うもの、食べ物よりも加工品に合うものと様々にあるらしいからな。」
「なるほど、でもマスターがそんなに自信がないんじゃこれ以上は他に頼れる人もいないよ。」
「どうしても知りたいんなら専門ショップがあちこちにボチボチとできているぞ。味見できるところもあるだろう。」
「そんなお店もあるんですね。今度行ってみます。それじゃあ今日は珈琲を二杯いただけますか?」
「誰かと待ち合わせか?だったら相手が来てからの方が・・・。」
「チッチッチ!解ってないなぁ。このままハニーコーヒーを2種類味比べしようって事ですよ。」
「それなら注文はハニーコーヒー1とフレンチブレンド1ってことだな。」
「え〜っ、おまけしてくれても良いんじゃ・・・?ねえねえ、マスターにも味見してもらうからさぁ。」
「わかってるよ、言ってみただけだ。だがこのクセでは珈琲には合いそうにないぞ。」
「それは言いっこ無し。こんな機会はめったにないんだから。」
「お前の好奇心だって俺とたいして変わらんじゃないか。」

 
本日のメニュー
  単花ハチミツ

大部分を1種類の花から得ることのできたハチミツをこう呼ぶ。その為100%とは言い切れない部分はある。
ミツバチの習性「訪花の一定性」を利用して一蜜源からの採取を行っている。
移動養蜂家は花の開花を追って南から北へ移動して特定の花からの採取を目指す。

ああ、そうそう。一部のハチミツは手造りソープに混ぜ込むと良いと言うことですよ。


posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はーい、ハチミツソープ作ったことありますよ♪
だけど単花ハチミツはお値段が張るので、石鹸に入れるのはもったいなーい!とチューブ入り(一応「純粋ハチミツ」表示)を使いました。←ビンボー症
そうそう、そういえば石鹸作りに最適の季節がやってきたんだったわ。そろそろ作らないと…
マスターのお陰で思い出せました。ありがとう!

単花ハチミツの風味は格別ですよね。花によってこんなに味や香りが違うの?!と思います。私はオレンジのハチミツが好き。スプーンですくってそのままアーンと舐めてしまいます。
Posted by ひそそか at 2009年05月09日 01:32
★ひそそか さん

いらっしゃいませ、オレンジの蜜入り珈琲をどうぞ。オークションの休憩ですか?

単花ハチミツってやっぱりお高いですよね。
でもその中でも食用よりは加工品に使用した方がよいものもあるようですね。先日図書館でハチミツの図鑑を眺めていたら食用欄に×されているものがありちょっとびっくりしたんです。
Posted by 銕三郎 at 2009年05月09日 04:20
翻訳家のRoolyです(「初めまして」の方は、URLごらんくださるとうれしいです)。

三万って…ミツバチ三万匹のことなんですね。
私は普段、山田養蜂場の百花蜜ですが、単花で気に入ってるのはラベンダー、蜜も香りがいいですね。ラベンダー蜜に合う珈琲があったらぜひ、お願いします。

ところで蜂蜜っておいしいのはレンゲにアカシア、クローバーと、すべてなぜかマメ科ですね。…となると萩とかもおいしいのでしょうか…?
Posted by Rooly at 2009年05月31日 18:50
★Rooly さん

いらっしゃいませ、毎度おおきに。
アレンジ珈琲の場合基本はフレンチローストのブレンドに合わせます。珈琲の苦味を残すためどうしても苦味の強いものをチョイスします。逆に酸味は添加物の邪魔をすることが多いので全くないものの方がいいようです。

>すべてなぜかマメ科ですね。…
そういえばそうですね。しかも小さめの花が多いですね。普通に口に含んだくらいでは蜜の甘みを感じられないぐらいの花ばかりです。
そういったものを凝縮するから美味しくなるんでしょうか?
萩も小さな花ですね・・・。ひょっとして美味しい蜜ができるのかもしれませんね。
ハチミツを見かけないのは花の季節と蜂が蜜を集める時期がうまく合わないのかもしれませんね。
Posted by 銕三郎 at 2009年05月31日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。