2009年06月23日

◆番外編 14.フレーバーコーヒー

毎度お越し頂きありがとうございます。番外編第14回をお届けします。

全然計画して書いていないことが明白になってしまいますね。総合編を始めた矢先に再び番外編などと、本当に申し訳ありません。

先日よそ様より頂いた珈琲の豆なんですが、飲んでみてびっくりしてマスターに話したところ講習会で取り上げる題材にしようということになりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、おはようございます。前回から随分と間隔が短いですね。」
「おう、おはよう。オーナーから聞いてないのか?珍しいものを頂いたからちゃっちゃと講習会にしようってことになったんだ。」
「いやだなぁ、いつも彼と会っているわけじゃないんですよ〜だ。それよりどんな美味しいものなんですか?」
「いや、おいしいとは言ってないが・・・まあいいか、お前は美味しいと思うかもしれんしな。」
「なによそれ。私だって普通の舌はしていますよ。」
「ふ〜ん、そうだったかな。そんなことは置いといて、今日の題材は『フレーバーコーヒー』だ。」
「フレーバーコーヒーって、紅茶でもよく見かけるような香料で香りをつけたコーヒーですか?」
「ああ、そうだ。今回は5種類ほど用意してみた。まずは淹れてみよう。」
「はい、・・・へ〜、『チョコレート』『バニラ』『アーモンド』『キャラメル』『ストロベリー』ですか・・・す、ストロベリー?これはちょっと勘弁してもらおうかな。他の4つはよくアレンジ珈琲で添加するリキュールなんかで見かける組み合わせですから納得できるんですけど、わざわざ苺の香りを付けなくっても・・・。」
「何言ってんだ、今年のバレンタインにも用意したし、何よりお前がこの店で働くきっかけになった時に飲んでいたのもストロベリーリキュールを加えたものだっただろうが。忘れたとは言わせねえぞ。」
「あっ、そうか。そう言えば何回も登場してますね。じゃあ5種類とも挽いちゃいますね。」
「ちょっと待った。店のミルで挽かないでくれ。ほら、この手回しミルで頼む。」
「え〜っ!!腕が太くなっちゃう。なんで店のミルじゃ駄目なんですか?」
「これは豆に香料が染み込ませてあるものだ。しかも袋を開けただけでこれだけ匂うんだ。店のミルに香りが付いてしまっては後のメンテナンスが大変だ。」
「いつも使っているブラウンのミルは?」
「あれは俺個人のものだ、匂いなんかつけられてたまるか。」
「ひっどーい!いいですよわかりました。このミルならいいんですね。」
「悪いな、1つ目を淹れている間に俺が次のを挽いてやるから勘弁しろ。」
「いいですよ、自分で挽きます。これも修行ですから。」
「そんな意地を張らんでも・・・。」
「大丈夫、後で美味しいものご馳走していただけるんでしょうから。」
「ああ、結局そんなことになるのか・・・。」
「ところでフレーバーコーヒーをお店で出しているところもありますよね?そんなところではどうしているんでしょう?」
「そうだなぁ、多くは香料を溶かし込んだフレーバーシロップを利用しているんじゃないかな。カップに入れておいて珈琲を注げばいいからな。」
「へ〜、こういった豆とは違うものもあるんですね。これはどうして香りを付けるんですか?」
「焙煎時に香料を加えてローストするんだそうだ。わざわざそんなことせんでも豆の香りだけで充分に思うんだが・・・。」
「味を変えずに変わった香りを楽しもうって事でしょうか?」
「いや、香りに乏しいグレードの低い豆を高く売るための苦肉の策ってのが始まりじゃないかな。」
「確かにそんな理由もありそうですね。はい、マスター、5種類全部淹れてみましたよ。」
「全部揃うと本当に凄い香りだな・・・。オーナーのところではシナモン1種類だけだったから良かったが、これは一遍に淹れるものじゃないな。おい、飲んでみろ。」
「味は普通ですよ。ちょっと苦味が強い気はしますね。思うに鼻が詰まっていたらもったいない珈琲だなって事ぐらいですね。」
「そうだな、こいつをうちの店で扱う必要はないな。こ洒落たカフェで出してくれてればいいだろ?」
「私も珈琲の香りの方がいいです。ミルのお掃除だって楽じゃないでしょうし・・・。」
「良く解ってるようだな。それじゃあ使ったミルのメンテ、頼んだぞ。」
「うわっ、やっぱりやらなきゃ駄目・・・ですよね。」
「早いとこ終わらせないと飯食いに行く時間が無くなるぞ。オーナーも呼んでおくからな。」
「い、急ぎます、何としてでも・・・。」


 

本日のまとめ
  フレーバーコーヒー
コーヒー豆をローストする際に人工的に香料(フレーバー)を加え、豆に直接香りを付けたコーヒーを言う。香りの種類は、シナモン、チョコレート、バニラ、アーモンド、へーゼルナッツ、キャラメル、ストロベリー、アイリッシュクリームなど、様々な種類がある。
本文中でも記したとおりミルに香りが残る可能性が高いと思われる。家庭で使用する場合は気にならなければ構わないが、気になるようなら分解清掃をしてみてください。
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 珈琲抽出研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
翻訳家のRoolyです(「初めまして」の方は、URLごらんくださるとうれしいです)。

フレイバーコーヒーといえば先日テレビの紀行番組でチュニジアの首都チュニスに関する特集をやっていたのですが、グルメのコーナーで印象に残ったのがフラワーウォーター(旧式の香水みたいなもので、飲んでも大丈夫)入りのコーヒー。特にオレンジの花ウォーター入りがおいしそうでした。

私などに聞かされなくてもとっくにご存じとは思ったのですが、ついお話してみたくて…。これは普通に入れたコーヒーにフラワーウォーターみたいでしたが…似てると思います(これならミルに移り香も残りませんね)。オレンジの香りのがあったらぜひ、お願いします。
Posted by Rooly at 2009年06月28日 18:43
★Rooly さん

いらっしゃいませ、いつもありがとうございます。

>フラワーウォーター(旧式の香水みたいなもので、飲んでも大丈夫)入りのコーヒー。
生憎と存じ上げませんでした。どちらかというとフレーバーシロップに近いものですね。

焙煎時に香りを付けたものの中に残念ながらオレンジ系の香りが付いたものが見つからなかったため、代わりに以前に他の方にお出しした「カフェキュラソー」をどうぞ。(詳細はリンク先に)

Posted by 銕三郎 at 2009年06月28日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122035679
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。