2007年03月29日

第0話 開店

駅前の商店街より少し路地を入った辺りにある「珈琲専門店」。
商店街が大きいので客の入りはなかなかに多い。席数30席ほどの店内は概ね静かで、スローなジャズが流れている。
中年の頑固そうなマスターと、若くよく動き回るウェイトレスが店を動かしている。珈琲の香りが店の外まで漂い、美味しい珈琲を期待させる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、ご挨拶ご挨拶!!」
「えぇっ、ああ・・・。改まってそんなことしなくても」
「ダメですよ。お店の常連さんばっかりじゃないんですから。」
「そうか?でもそういうのって苦手なんだが・・・」
「お店のご紹介をきちんとしとかないと、来てもらえませんよ。」
「別にいいよ・・・。うちの店は、来たいやつが好きなときに来て好きにすごしてくれればいいんだから。その代わり俺が気に入らん奴は追い出す。」
「そんな事いったって。いいです、わかりました。私がご挨拶しておきます。でも文句いいっこなしですからね。」
「おいおい、大丈夫か?」
「もういいです。あっち行ってて下さい。邪魔です。」

「すみませんばたばたして。改めてご挨拶します。」
「わがままでだらしがない中年親父のマスターと、私、可愛いウェイトレスが、喫茶店の風景を切り取っていきます。お気に召すといいんですが。」
「どうぞお付き合いくださいまし。」

「誰がわがままでだらしがないんだ。だれが可愛いって?うそばっかり並べやがって。勝手にしろ!」
 

<本日のメニュー>
  レギュラーブレンド
ブレンドされた豆を焙煎し、挽いたものから抽出す る。配合・焙煎度合いは様々。
お店の珈琲を味わうならまず飲んでみること。お店 の珈琲に対する思いはここに詰まっている。

実を食べるのではなく、種の中身を何段階も加工し て提供するには、どのような試行錯誤があったのかに 思いを馳せるだけでも楽しいものがある。 

posted by 銕三郎 at 23:29| 東京 ☀| Comment(32) | TrackBack(0) | 珈琲の存在った風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わっ、こんなところに喫茶店が! ひょっとして私が最初の客?
やったー、では早速レギュラープレンドくださーい。
べとべとのナポリタンも食べたいんですけどありますか?
メリタとカリタ、どちらが好きですか? ネルですか?
Posted by ササミ at 2007年03月30日 06:46
ササミ様 いらっしゃいませ。
>ひょっとして私が最初の客?
ご来店ありがとうございます。今後ともご贔屓に。

>べとべとのナポリタンも
当店は「珈琲専門店」。珈琲の香りを邪魔する香りの強い軽食は置かない方針です。

>メリタとカリタ、ネル
メリタとカリタはどちらもペーパードリップ。業務用ではメリタのほうが手に入りやすいですね。ネルは管理が難しく、1杯立ての当店には向かないので使用しておりません。
下手な管理をするとすぐに布が酸化し、味に影響が出ます。

ちなみにサイフォンは抽出時間が長くなりがちなのであまり好きではありません。
粉のサイズを細かくしても粗くしてもお湯の落とし方で抽出時間がコントロールできるペーパーが一番使いやすく感じています。
Posted by 銕三郎 at 2007年03月30日 09:19
二番目? やり〜♪

ランチの前なのに珈琲いただきに来ました。

なんだか、ほんっとに色々が頑固そうな お店(笑)。
期待できます。
ここの紙質(?)の色自体もミルクたっぷりのコーヒー色だし。

私は、苦くて酸味の強いヤツが好きです。
で、ミルクも砂糖もいらないです。

Posted by どれみ☆ at 2007年03月30日 11:57
すみません、大事な事を言い忘れました(笑)。

大きな商店街に開店、おめでとうございます♪


ちなみに、
こちらの場所は地図をいただいても(リンクは)OKなのでしょうか?

ランチなので、ご飯食べてきます。
レギュラーブレンドごちそうさまでした(笑)。
Posted by どれみ☆ at 2007年03月30日 12:05
★どれみ☆様
早速のご来店ありがとうございます。

>地図をいただいても・・・
地図でもマッチでもお持ちいただくのは大歓迎です。

こちらは「コンセプト・ブログ」を目指し、とりあえず12〜3回を目標に週一で更新していきます。

よろしくお願いいたします。
Posted by 銕三郎 at 2007年03月30日 12:24
おっと、3番目かな?
#順番書くと修正出来ない危険性はあるよねー

アタシは酸味少ないコーヒーの方が好きなので、マンダリンとかブラジルとかをよく飲みます。
ハワイコナは大好きだけど高いからなー。

あ、アタシもストレートでお願いします。
Posted by ジョージ at 2007年03月30日 13:19
4番目かな?
開店おめでとうございます。素敵なページですね。
コーヒーっていろんな種類があるので迷ってしまって、結局いつも同じの(グァテマラというやつ)を買ってしまいます。ここ読んで勉強しようっと。
私も旦那と同じく酸味が少ないのが好み。ハワイコナも大好き。ミルクたっぷりでお願いしま〜す。
Posted by 麒麟 at 2007年03月30日 14:08
★ジョージの旦那

相変わらず素早いご訪問ですね。
>マンダリンとかブラジル
ううっ・・・。マンダリンはオレンジでは?
す、すみません。珈琲には妥協できないもんで、つい・・・。
でも、酸味の苦手な方は、「ブラジル」をベースに「マンデリン」・「グァテマラ」をブレンドし、香り付けに「モカ」を少量加えると良いと思います。

ブレンドとはストレートで飲みづらいコーヒーを飲みやすくする技術ですから。

★麒麟さん

ご購入された豆はどのように保管されていますか?
豆は焙煎された直後から酸化が進み、湿気を吸収しますので、密閉できるビンに入れて冷蔵庫で保管するのが良いでしょう。

コナは癖の強い豆ですね。良い豆でないと癖が勝ってしまって私は苦手です。

こんな感じでコメント返しで珈琲の薀蓄を披露していこうかと思っております。ご質問は随時コメント欄にどうぞ。
Posted by 銕三郎 at 2007年03月30日 14:40
勉強になります。だからって何度もごめんなさい(笑)。

私には、どんな豆が良いのか教えてください、マスター。

ちなみに保管は、ガラス瓶で野菜室ですが大丈夫でしょうか?
で、普通にコーヒーメーカーで、無印のフィルター通して淹れてますが。。
心配になってきたもので。
Posted by どれみ☆ at 2007年03月30日 21:31
★どれみ☆さん

>苦くて酸味の強いヤツが好きです
 ↑でよかったですか?
「キリマンジャロ」をベースにしたブレンドがよろしいかと思います。酸味の強い種類では他に「モカ」・「ブルーマウンテン」がありますが、どちらも苦味が少ないものです。
また、普通のブレンドでも焙煎度合いが軽い(油が表面に出ていないぐらい)ものを少し細かく挽いたものでも酸味を強くすることができます。

挽いた豆はその日のうちに使い切ったほうが良いです。湿気を吸ってしまって、お湯との接触時豆が膨らまなくなってしまいます。

保管は豆のまま野菜室で良いと思いますよ。コーヒーメーカーは濃く出がちなので豆の細かさで調節すると良いと思います。
Posted by 銕三郎 at 2007年03月30日 22:40
あたふたあたふた。
うわ〜ん、出遅れました、こんにちは。
開店おめでとうございます。お気に入りのマイカップ持ってきました。
私の朝はミルでコーヒー豆を挽くところから始まります。
南部鉄瓶でお湯を沸かし、ぶくぶくと泡立てながら入れています。
一時期ネルドリップを水に浸して冷蔵庫で管理していましたが、面倒になってやめちゃいました。

普段飲んでいるのはフレンチロースト。トラジャも好きです。
でも今日はマスターおすすめのブレンドでお願いします。
あの〜、チョコレートがあるとすごく嬉しいんですけど・・・
Posted by ひそそか at 2007年03月30日 23:27
早速に小気味良い ご指南、ありがとうございます、マスター。
今はキリマンジャロが瓶詰めされてます。よかったー♪
軽い焙煎、細かい挽きですね、了解しました。

とはいえ好みの狭いこと言わずに、ここで新しい味に触れて世界が広がることを楽しみにします。
まじコメント、すみません。
Posted by どれみ☆ at 2007年03月31日 00:28
★ひそそか様

いらっしゃいませ。ブレンドですね。
素敵なカップをお使いですね。やはり珈琲には白い(オフホワイト)のカップが良いですね。
息子たちが小さい頃、電動ミルの音が怖いと言って泣くのでつい最近までしまいこんでいました。
苦味の強いものがお好みですか?フレンチローストはほんの少し粗めに挽いてゆっくり淹れてみてください(湯面を高くしないで少しずつ湯を足す)。深みがより強くなります。

私の田舎の喫茶店では珈琲にアテがつきます。ピーナツであったり、あられであったりします。確かチョコを出すところもありました。苦い珈琲にビターチョコはうまい組み合わせです。
Posted by 銕三郎 at 2007年03月31日 00:56
★どれみ☆さん

美味しい珈琲を飲み比べ、自分なりの好みを見つけてみてください。
いろんな淹れ方や、アレンジ珈琲も紹介していきますので、試してみてください。
Posted by 銕三郎 at 2007年03月31日 01:18
あら、素敵なお店がオープンしましたね。
フレンチロースト、私もよく家でいただいています。粗びきにしてゆっくり淹れるんですね。なるほど。

私、今日はモカいただきたいです。

Posted by minira at 2007年03月31日 02:04
★minira様

いらっしゃいませ。
遠くlondonからのお運びありがとうございます。
モカですか、washedタイプと天日干タイプのどちらにしましょう?
独特の酸味を味わうなら前者、豊かな香りを楽しみたいのなら後者になります。

軽く淹れて酸味と香りをお楽しみください。
Posted by 銕三郎 at 2007年03月31日 12:14
こーんにちわー♪

私は酸味は苦手なので、苦み&香ばしい系のをオーダーしまーす!
コーヒーはねえ、ブラックで飲むのを練習しましたよ!学生の時に。
格好付けていたのでしょうねえ。。。

喫茶店でバイトして、店長に手ほどきして頂きました。
ハンドドリップは、難しいんですよ!
なのに、ハンドドリップ派とは!!
素敵!!!

ちなみに。
サイフォンで、落ちきった後。
粉が、キレイに半円を描いていると(きちんと撹拌できた証拠)興奮します!
Posted by ぺこぽこ at 2007年03月31日 14:22
★ぺこぽこさん

いらっしゃいませ。
ご注文は「グァテマラ」のイタリアンローストを少し細かく挽いたものでいかがでしょうか?

サイフォン派の方の登場ですね。
学生時代、一人暮らしでサイフォンを使っていました。業務じゃないのでアルコールランプを使用するんですが、使わないとすぐアルコールが揮発してしまったり、淹れた後片づけが面倒で、ペーパードリップに落ち着いてしまいました。

その後、引越しのドサクサでフラスコが割れたり、ランプの芯が燃え尽きたりして、サイフォンは押入れの奥底に眠っています。
Posted by 銕三郎 at 2007年03月31日 17:27
むふーーん
はっ。よい香りに誘われて、ついつい入ってしまいましたわ。こんにちわ。もじもじ。
本格的なコーヒーの香りはとてもよいものですね。特にミルで挽いている時の香りと言ったら!うっとり!夢の世界ですわね。
ムフー。
あらいやだ、鼻の穴がふくらんでしまいましたわ。ほほほほ。

注文ですか?えーと…みかは濃いめのものを。酸味は少ないほうが好みです。
チョコレートも付けてください。
Posted by みか at 2007年03月31日 21:09
★みか様

いらっしゃいませ。今後ともご贔屓に。

濃いめとおっしゃる・・・。単に豆(粉)を増量すればお好みに合わせられますが、それだけじゃ芸がないので。
細かめに挽いた「フレンチロースト」の豆を通常の倍量使用し、お湯との接触時間を少なくして(1段大きいドリッパーを使用し一気にお湯を加える)必要量が落ちたところで終了。もったいないとは思わないでシンクの中へ。

必要以上にお湯と接触させると、雑味・嫌味成分がでてきてしまいますので、お湯がドリッパーの中に残っているうちに外すのは基本です。

アテも必要ですか?チョコは珈琲の中に混ぜ込んでも風味が増して美味しいですよ。
Posted by 銕三郎 at 2007年03月31日 22:08
>マンデリン
ありゃ?ほんとだ、マンダリンなんて書いてるや..orz
いやー、最近近い物が見づらくなってねー ←じじぃかよ
Posted by ジョージ at 2007年04月01日 00:31
★ジョージさん

タイプミスとは思いつつ、突っ込んじゃいました。同じ位の年齢なのですから、そんなお惚けは無しにしましょ!

今日は野営地でもコーヒー淹れて飲んできます。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月01日 01:12
うわぁ!みかちゃんへの御指南、そっくりそのままムッシュの淹れ方と同じです。
ドリッパーにお湯が残っているうちに外してしまうのが、私としては「なんともったない!」と思っていたのですが、ちゃんと理由があったのですね。
以前は手動タイプのミルを使ってゴリゴリ挽いていたのを、粗さの調節ができないため電動ミルに買い替えました。音は断然手動のほうが好きですけど、背に腹は代えられない。。。
気分次第で細かく挽いたり粗くしたり。

今度コーヒーにチョコを落として楽しんでみます。
エスプレッソにブラウンシュガーを入れて、かき混ぜずに飲むのが好きなのですが、チョコはどうしたらいいですか?
Posted by ひそそか at 2007年04月01日 01:41
今、小手指の野営場から戻りました。
準備と片付けに追われて、珈琲を淹れて飲む余裕はまったくありませんでした。
しょうがないので、これから制服の洗濯をしながら珈琲を淹れることにします。

★ひそそか様

電動ミルはどちらのタイプ?
碾き臼タイプとチョッパータイプがあるんですが、珈琲豆を挽くのには前者のほうが良いようです。粉になったときの粒の揃い方が格段に違います。挽くと砕くの違いでしょうか。

>チョコはどうしたらいいですか
ハードな板チョコは削って、ソフトなものは砕いて、どちらもスプーンで溶かしながら飲むのが良いかな。
ペーストタイプは先にカップに入れて注ぐ勢いで溶かすのが良いでしょう。

あと、ミントまたはブランデーを少量ダッシュしても良いと思います。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月01日 16:12
今使っている電動ミルはあんまり優秀じゃないんです。検討せずに手近なものを買ってしまったのでチョッパータイプ。
前から欲しくてたまらないのが、これ。
http://www.yamaguchi.net/archives/002131.html

でもどこも売り切れで、生産中止になっちゃったみたい。
マスター!おすすめのミルがあったら是非ご紹介下さい。
Posted by ひそそか at 2007年04月01日 22:04
★ひそそか様

最近のミルっておしゃれですね。
DeLonghi(デロンギ)社は優秀なメーカーです(特にオイルヒーター・アイスクリームメーカー)。
こちらの物であれば
http://kakaku.journal.mycom.co.jp/item_info/10002398130772.html
で購入できそうですね。

私はもう15年も前のBRAUN製のものを使用しています。最近の機器は調べてません、ごめんね。

あっ、今検索で引っかかった。
http://jikohtei.ciao.jp/grind/shop_brielmill.html
http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t32606002
これらでも良いかも。
この後の選択基準は何を重視するかで決まります。デザイン?価格?メンテナンス性?保証期間?取り扱い?など、自分の使用環境で順序を付ければ自ずと必要な機器が浮かび上がってくると思います。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月01日 22:59
★ひそそか様 訂正します

DeLonghi(デロンギ)社は完全にミル専用機からは撤退した様子ですね。後継機もでていないようです。先ほどのリンク先も全滅でした、ごめんして。
あんなカッコいいデザインのミルなのにもったいないことです。

下2つのリンクは在庫もありそうなので大丈夫かな。

実際のところ、自分で使ってみないことには分からない部類の機器だと思いますのであまり高価なものを選ぶ必要がないかと思います。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月01日 23:13
まあ!なんとご親切にありがとうございました。
デロンギ、好きなんですよ。
うちにあるのはオイルヒーターとフライヤーですけど。
グラインダーはお友達の家にあって、かなり良い仕事してました。(笑)
あきらめきれないので、オークションアラートかけておきます。
出てこなかったら、マスターにおすすめいただいたパーフェクトタッチにしますね。
さすが専門家!アドバイスに説得力がありますので。

そういえば・・・
>実を食べるのではなく、種の中身を何段階も加工し て提供するには、どのような試行錯誤があったのかに 思いを馳せるだけでも楽しい

ホントですね。誰がこんなことを考え出したんでしょう?ありがとうありがとう、昔々の知らない人。
Posted by ひそそか at 2007年04月02日 01:14
ちゃんとお礼言ってなかったです。
教えていただいたメリタのミルを発注しました。
ありがとうございました。

昨夜、ここでもお話されてたんですね。ひそそかさんのデロンギも。
すみません、お疲れのところ出張していただいて。

昼間、眠くなっちゃったら珈琲ですね、マスター(笑)。

おかげさまで楽しみができました♪
Posted by どれみ☆ at 2007年04月02日 07:01
★ひそそか様

自社の製品に自信のあるメーカーのものはアフターにも不安がなくてよいですものね。

>アドバイスに説得力
お褒め頂き、ありがとうございます。
今後も過去の経験とネットを駆使してお返事していきます。

★どれみ☆様

お力になれて幸いです。
せっかくのチャット状態だったので2拠点チャットを続けてみました。
楽しい会話は疲れを忘れさせてくれます。またよろしくお願いいたします。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月02日 10:28
酸味も楽しみたいし、豊かな香りも楽しみたいです。
そういう場合は陰干しですか?
Posted by minira at 2007年04月04日 21:50
★minira様

モカは一般に乾式がとられますが、部分的に他所で行われている湿式を用いたものが「ウォッシュド・モカ」として生産されているようです。
一般に酸味は柔らかくなり、豊潤な香りはより一層増す傾向にあるようです。

酸味は豆ごとに傾向が違いますので、色々と飲み比べて、お気に入りの酸味のある品種を探してみると良いと思います。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月04日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37205176
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。