2007年04月06日

第2話 ティーカップとコーヒーカップ

レースのカーテン越しに西陽の入る窓際の席、口のつけられていないティーカップと半分ほど飲まれたコーヒーカップが残されている。どちらもまだぬくもりが残っており届けられて10分ほども経過していない。紅茶の置かれた側の椅子は元の位置のまま。座られた形跡がない。
暖かいはずの窓際にもかかわらず、凍てついた氷の冷気を感じさせる。

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 

「かっこよかった〜。颯爽としてましたね、彼女。」
「かっこいいもんか。大人なら相手や周りのお客にも気を配って当然だろ?あの娘はおかまいなし、自己陶酔とエゴだけだね。子供っぽいっていうか・・・」
「振った男に気を使っても意味ないじゃないですか。」
「振った振られたって言うより、女のほうが新しい男に乗り換えたって感じだな。あの男にとっちゃあ寝耳に水の出来事だ。1分1秒でも一緒にいたくない、借りを作りたくないなんて、つい1ヶ月ぐらい前まで仲良く一緒に来てたカップルが見せる姿じゃないよ。新しい男ができて、その男に過去を知られたくないのさ。玉の輿に乗ったのかな?」
「マスター、ひどい・・・。全部演出だって言うの?」
「別れ話が長引いても困るし、自然消滅を狙っても連絡されたらもっと困る。だからこっぴどく振ったのさ。男のプライドを利用するためにな。」
「そんなぁ・・・」
「他人のことなんか考えてねぇよ、女の方は。男のほうは久しぶりのデートなのか、早く来て女が好きだったロイヤルミルクティを頼んでおいて、彼女が店に着いたらゆっくり話をしようと思っていた。」
「・・・・・」
「女の方はそんな気遣いに気付きもせず、自分勝手な結論だけたたきつけて伝票をつかんで店を出てっちまった。あいつの知り合いが店内にいることなんかお構いなし。後のことさえ無視だ。何か理由が無きゃこんな方法はとらねえよ。」
「そうかなぁ・・・」
「さっさと片付けちまいな。奴さんがひどい顔して戻ってきてもいいようにな。リセットしておいてやるんだ。代わりの珈琲はサービスしてやろう。」
「はぁ〜い。」

 

<本日のメニュー>
  
ロイヤルミルクティ
通常お湯で抽出する紅茶をミルクで抽出したもの。
茶葉は好みによるが、香りの強いものがふさわしいだろう。

ただし、あまり高級なものは使用しないことが多い。
高級なのはやっぱりストレートのほうがいいよね。

posted by 銕三郎 at 23:47| 東京 ☀| Comment(31) | TrackBack(0) | 珈琲の存在った風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
り、リアル(笑)。

男性って、「振るより振られるほうが記憶に残る」、って言いません?
あ、紅茶と関係ない話でした。

まずい!日付が変わってしまうので、とりいそぎ(笑)。。
Posted by どれみ☆ at 2007年04月07日 00:00
★どれみ☆ 様

「本日のメニュー」のバランス調整を試行錯誤している間におみえになるなんて・・・。

>振るより振られるほうが記憶に残る
女性はそうではないんでしょうか?
結局自分のしたことより、傷を受けた事のほうが深く心に刻まれるのでしょうね。

リアルですか?ちょっとは文章力が上がったかな?

ちょっと・・・珈琲飲んでかないんですか?
お戻りをお待ちしてますよ!
Posted by 銕三郎 at 2007年04月07日 00:09
ふう。ひと仕事終えてきました。さて、どこに座ろっかな♪

>女性はそうではないんでしょうか?
あくまで私に限ってなので誤解なきよう、ですが(笑)、
振る振られる、どちらでも自分がヒロインだった思い出・ドラマチックさに重点おいての記憶…が残っています。
ごめんなさい、繊細なレスをいただいたのに。

>文章力が上がったかな?
もとから、ありましょうに。

で、今日のおすすめはなんでしょ?(笑)
結局、日付かわってたのですね。無念なり。
Posted by どれみ☆ at 2007年04月07日 00:32
★どれみ☆様

ひょっとして、お宅の追加工事を行われてきたんですね。お仕事ご苦労様です。

本日ご用意させていただいたのは
「cafe au beurre」
フレンチローストのブレンドにバターを浮かべたものです。
珈琲と油、普通は合わせないものですが、ミルクよりもこくが体を温め、塩分が少し混じることで味わいが不思議なものになります。
肌寒いこの時期、体の内側から温めてくれるものが良いと思います。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月07日 00:50
おー、バターコーヒー!(身も蓋もない言い方でスマソ)
大藪晴彦の小説によく出てきましたね、なつかしい。
主人公が野営しながら飲んでいたのを思い出します。
まぁ、自分で飲んだ事は無いんですけどね(^^ゞ
Posted by ジョージ at 2007年04月07日 01:21
★だんな〜!

飲まず嫌いはいけませんな。バターの香りが気になるようなら1滴ブランデーをたらして香り付けすると良いですよ。

でも、
>主人公が野営しながら
この表現はほんとにスカウト活動にはまり込んでる証拠ですね。普通の人って野宿とかキャンプとか言いません?
Posted by 銕三郎 at 2007年04月07日 20:26
夕食後の珈琲〜♪ こんばんは。

昨夜はバターコーヒー(ちがう?)とホットミルクの膜×3、
…満腹気分で眠りました。

今日は、あっさりタイプのおススメをお願いしたいです(笑)。
いえ、有無を言わせぬ おススメでも。

私は普通なのでキャンプと言います。
でも泊まらない時はアウトドア、又はバーベキュー、と。
どちらもよく考えると おかしいですよね。
Posted by どれみ☆ at 2007年04月07日 21:35
★どれみ☆様

仕入れには行けてません・・・(泣)

>有無を言わせぬ
はい、喜んで!! 今まで出してなかったんで、冷たいものでもどうでしょう。 「イタリアン・ロースト」を細かく挽いて倍量使用し、1段大きなドリッパーを使用して1.5倍量の珈琲を抽出します。
2倍量の アイスグラスまたはビアジョッキに氷を一杯に詰め抽出した珈琲を一気に注ぎます。
お好みでガムシロップを使用しても良いのですが、必要であれば温かい時点で溶かし込んでおいたほうが良いかと思います。
ミルク(フレッシュ)は不要かと思います。
軽い口当たりと、ほのかなローストの苦味がいくらでも飲めるアイス珈琲となります。
名づけて「大盛アイス」と言ったら笑われるので「ジョッキ・コーヒー」としておきましょう。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月08日 00:29
こんばんは〜〜、まだ仕事中で〜す。
ヨタヨタ・・ちょっと休憩しに来ましたー。
コーヒーくださーい。香味焙煎じゃなきゃなんでもいいです。
うー、ねむいよう。30分!30分だけ寝かせてーー。
ぐーぐーぐー。
Posted by カブ子 at 2007年04月08日 01:27
おはようございます〜〜。
目の覚めるの下さーい。
焼いたイギリスパンに両面バター塗ってください。
いちごジャムかハチミツもください!
Posted by 青グリン at 2007年04月08日 06:55
★カブ子さん

座るなり爆睡ですか・・・。20分ほど経ったら入れることにしましょうか。
お疲れのご様子ですから、
糖分を入れたホイップクリームを浮かべて「ウインナ・コーヒー」がよろしいでしょうか。

珈琲の香りでお目覚めになれば良いですが・・・。バケツの水を頭からおかけするのは忍びないので。

Posted by 銕三郎 at 2007年04月08日 16:38
★青グリン様

お早いお越しで・・・。
>焼いたイギリスパンに両面バター塗ってください。
>いちごジャムかハチミツもください!
り、両面ですか?そしてハチミツも?
どれもアレンジコーヒーで使用しますから置いてありますが、内緒ですよ。またウエイトレスに怒られてしまいます。

>目の覚めるの下さーい。
カップの口径一杯の厚切りレモンを浮かべた「レモンティー」で、見た目で目を覚ますのは無しですね?
では、少し大きめのマグカップに珈琲とミルクを等量注いだ「カフェ・オ・レ」でいかがでしょう。
目前でカップに注ぎ込まれる際に立ち上る珈琲の芳香をお楽しみください。

Posted by 銕三郎 at 2007年04月08日 16:57
はい。いいニオイのカフェオレですね。そうだ、紅茶はよく目が覚めますよ!
夜に紅茶を飲むのがイチバン眠れなくなりますからね。その次が緑茶でその次がコーヒーです。
そやから晩に寄ったときは、ほうじ茶ナイですか?ナイですよね、言ってみただけです。晩に来たら薄めのコーヒーを頼みますね。
パンは両側バターにして、片面だけにバターの上からジャムかハチミツをつけるのが好きですよ。メープルシロップも好きですよ。バターの塩気と甘味が合いますよ。今度やってみてください。
Posted by 青グリン at 2007年04月08日 23:04
珈琲専門店かと思ったら、紅茶も入れてくださるんですね。
>あまり高級なものは使用しないことが多い
そうなんですか! セレブっぽい友達がよくロイヤルミルクティーを淹れてくれたので、これは高級な茶葉に違いないっと思っていました(笑)

昔すごく好きな喫茶店があったのですが、震災後はその方面に行くことがなくなり、今はどうなっているのか分かりません。お店にはフクロウの置物がいっぱいあって、雰囲気もよかったんですけどね。このページを見るようになってから、そのお店を探してみたくなりました。
Posted by 麒麟 at 2007年04月08日 23:33
★青グリンさま

>ほうじ茶ナイですか?
ほうじ茶は無理ですが麦茶は常備しています。カウンターの中は蒸し暑いので、水分補給に冷えていないのを飲んでます。これでよろしければご注文ください。

両面バターは手がベタベタになりそうであまりやったことがありません。くどくないですか?

★麒麟様

いらっしゃいませ。
ご注文がないので勝手に出します。
はい「マンデリン」です。スマトラ島産で、苦味とコクを中心とした味わいで、独特な後味があります。

入れていただいたものは値踏みしないほうが・・・あわわ、余計なことですね。でも、多分いい茶葉をご利用かと思います。ご家庭では茶葉を何種類も置いている事はあっても、ランクが違うものを複数置く事はありませんからね。

しばらくぶりに懐かしい店を訪ねるのは、自分の昔に会いに行くようで、気恥ずかしい思いがするものです。
しかし顔を出したとき、店主が覚えていてくれたり、昔の仲間に出会ったりしたときの感激はひとしおです。
しばらく遠のいているようなら探して見られると良いかと思います。
ふくろうの写真、期待していますよ。

Posted by 銕三郎 at 2007年04月09日 01:01
わー。
ロイヤルミルクティだー♪
私は、牛乳の膜が苦手なのですが。。。
でも、ミルクで煮出した紅茶は好きなんです。
しかし、、、もれなく膜がつき物ですよね。。。

乾くと洗うのが大変だし>膜。
ううう。まくめ!!

>自己陶酔とエゴだけだね
恋の幕引きはそんなものではないでしょうか?
自論ですが、別れの間際は、付き合っていたときの関係が如実に現れる気がします。
付き合っているときに、些細なことも話し合うカップルは、きちんと話をするし。
話し合いを逃げて、なあなあで済ませてきたカップルは、別れの間際も、きちんとコミュニケイションできません。

『彼』の様に振られた人の心の中には、ロイヤルミルクティの乾いた膜がこびりつくのでしょうかねえ??
Posted by ぺこぽこ at 2007年04月09日 13:01
★ぺこぽこ様

いらっしゃいませ。
>牛乳の膜が苦手
では、どれみ☆様と相席でいかがでしょうか?なんてね。
一応、茶漉しとバースプーンで取り除いては見ます。冷めきるまで置かなければ大丈夫かと思います。

>付き合っていたときの関係が如実に現れる
確かにそうだと思います。私は幸せにもこの記事のような別れは経験せずに済んでいます。

さすが、達人のコメント。最後の一文に参りました。珈琲一杯サービスしちゃいます。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月09日 14:19
こんにちはー。
雨に濡れてしまったので、温かいミルクティー飲ませてください。
傘を持ったおせっかいな人に会えなかったんです。。。

私、ロンネフェルト社のアイリッシュモルトというアロマティーで入れたロイヤルミルクティーが大好きなんです♪

すごく注意深く淹れるのですが、満足できるのは3回に1回くらい。上手なロイヤルミルクティーの淹れかた、何かコツがありましたら是非ともご伝授下さい。

しかしマスターって、優しいですね。
傷ついた彼の心を温めるには、どんな珈琲をご用意されるんですか?
Posted by ひそそか at 2007年04月09日 20:30
ねぶいでじゅ。頭の冴える飲み物ください。

別れ際に人間性って出ますよね。相手への気配りが全く感じられないような別れをする人は、人間が小さいなーーーと思います。
また、別れの受け入れ方にも、人間の質が出るような気がします。
別れたとたん豹変して、とてつもなく辛らつなメールを送りつけてくるような人がいました。それまでは温和な人だと思っていたのに。この関係はうまくいかないなぁともう何ヶ月もお互いわかってたのに、それでも別れを切り出されて自尊心が傷ついたようでした。

男と女の関係はむじゅかしいでしゅ。
Posted by minira at 2007年04月09日 21:50
★ひそそか様

冷たい雨でしたのでお冷えになったことでしょう。温かい「ミルク・ティー」で暖を取ってください。

>ロンネフェルト社
調べてみたところすごく手間のかかった高級品ですね。しかもフレーバードティー。「ロイヤルミルクティー」にはもったいないと思います。この紅茶はやはり「ミルクティー」が似合うと思います。
「ロイヤルミルクティー」にするとどうしてもホットミルクの強い癖が紅茶の味・香りに影響を与えるので、逆にCTC製法で生産された紅茶のほうが紅茶感を強く残せるんだと思います。
あえてコツとすれば、「温度を下げない」ことに尽きるかと思います。温めたポットに茶葉をいれ、一気に熱いミルクを注ぎ込みその勢いだけで攪拌し、ポット表面を布(ティーコジーと言うんでしたっけ)で覆い、ポット下にも断熱用に布を敷くぐらいして動かさないで置く野が良いでしょうか。

>傷ついた彼の心を温めるには
元通りの珈琲を入れてあげるだけです。カウンターに座らせて、吐き出した言葉を全て聞いてやるぐらいしかできません。明日から新たな気分で現実の生活に踏み出せるように。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月09日 23:09
★minira様

>頭の冴える飲み物
ちょっと趣向を変えて、「レモン・スカッシュ」ではどうでしょう。生の酸味の強いレモンを使用します。ガムシロップはお好みでどうぞ。

男全般に言えることだと思うのですが、どこに自尊心を持っているかは他人からは分かりません。しかし、それがその人の寄って立つ基盤になっていますので、それを刺激すると普段とは違う面が露出します。中には非常に分かりやすい方も見えますが。
だから、彼とお別れを望む女性はその自尊心を傷つけず、それを満たしてあげる様な心配り(言い回し)も必要かと思います。自分のほうから言い出す限りは・・・。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月09日 23:42
こんばんはー。
昨夜は美味しいウインナコーヒーごちそうさまでした。
バケツに水を張る音で目が覚めましたよ。いやー、アブナイところでした。

今日はうってかわって目が冴え冴えなんです。もう寝なきゃならないのに。困りました。ホットミルクありますか? 膜の上にハチミツを少し載せてくださーい。
Posted by カブ子 at 2007年04月10日 05:04
あ、小僧も名簿に載せていただいたんですね。ありがとうございます。
Posted by カブ子 at 2007年04月10日 05:06
>その自尊心を傷つけず、それを満たしてあげる様な心配り(言い回し)

それが難しいんですよ。
どこに自尊心を持っているのかは、ほんと他人からはわからないですもの。付き合ってても、そんなたやすくわかるものじゃないもの。

十分気を遣ったはずなのに失敗したわけですし、それに加えて相手から激しく人格攻撃されて、輪をかけてショックでしたよ。まあ、でも、自分なりに最善を尽くしたので仕方ないかなと思えました。ここがお互いに分かり合えない部分で別れにつながるところだったのよねって、妙に納得できて。それにその時は相手がチョー失礼な言動をとったので、別れの直後はまだ多少温かかった気持ちが、急速にさめて、後腐れなくてよかったです。(笑)
Posted by minira at 2007年04月10日 05:55
いやいや、メジャーリーグで「中4日」、日本のプロ野球だと「中5日」とか「中6日」ですよ、最近じゃ。
「中3日」なら立派立派!(笑
そうだ、どうせなら抑えに転向して「連投」してみるってのは?
Posted by ジョージ at 2007年04月10日 08:33
★カブ子様

いらっしゃいませ。この時間普通の方は「おはようございます」だと思うのですが・・・。
>膜の上にハチミツを
今回は皆さん膜にこだわっていただきありがとうございます。お好みが垣間見えて、お出しするメニューの選択の手助けになりそうです。

昼間は仕事の邪魔をする雑事や誘惑が多く、集中できる夜にお仕事というのは良くわかりますが、お体には優しくしてあげてください。一生お世話になるんですから。
きみどりちゃんが幼稚(保育)園、小学校になると生活を改めねばなりませんよ。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月10日 12:09
★minira 様

申し訳ありません。
>自分なりに最善を尽くしたので
そうですよね。自分のコメントを読み返して、「miniraさんのコメントをきちんと読んでないじゃないか」と反省しております。
miniraさんがきちんと他者に対し気を使われる方だということは「記事・コメント」で理解しているつもりだったのに。

頂いたコメントにお返事を書く場合には、書き記した文章を良く吟味した上でアップしないと本当に失礼なコメントになってしまうものですね。以降気をつけます。
今回のことを忘れず、より一層読んでいて気持ちのいいコメントを書けるよう努力します。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月10日 15:42
★ジョージ 様

>関係ないところに反応して
とんでもない。ちょっとだけ更新したところに即座に気付いていただき、大変嬉しく思っております。

>メジャーで「中4日」、日本のプロだと「中5日」とか「中6日」
今の投手ってそんなペースなのですか?日本シリーズで連戦連投なんて昔むかしのお話なんですね。

>抑えに転向して「連投」
筆の遅い私には絶対無理。年寄りに無理言わんでください。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月10日 15:54
こんばんはー。
ロイヤルミルクティで思い出したので。

実家ですが、好きで通っていた喫茶店があります。
ジャンプが半年分揃っていたんですもの。。。
(マンガ喫茶ではありません。)
そこでフレンチトーストと、ロイヤルミルクティをオーダーするのが好きでした。

そこのロイヤルミルクティは、煮出し紅茶の上からホイップクリームでウインナティにしてくれるのです。
膜が出来なくって、素敵!!

こないだ帰ったら、閉店していました。
残念です。。。涙。
Posted by ぺこぽこ at 2007年04月10日 20:44
そそそそそんな、反省していただかなくても大丈夫ですよー!お気遣いいただいて嬉しいです。有難うございまっす。

いやぁ、何をどう言っても相手にうまく伝わらないで落ち込むようなときは、どんな飲み物を飲めばいいんでしょうかね。
Posted by minira at 2007年04月10日 21:18
★ぺこ 様

自分の居た場所が無くなってしまうのは寂しいものです。ましてや自分の知らない間に消えてしまっているのは、最期を看取ってやれなかったような無情感に襲われることも在ります。
本当に残念ですね。代わりといってしまっては申し訳ありませんが、「ロイヤル・ミルクティ with ホイップクリーム」をお出ししますよ。お代はミルクティ分だけで結構です。

★minira 様

いらっしゃいませ。

>うまく伝わらないで落ち込むようなとき
光量を落とした部屋で「カフェ・ロワイヤル」などいかがでしょうか。スプーンの上で燃える青白い炎の様子を見ているだけで落ち着いてきませんか?炎には癒しの効果があります。ボーっと見つめているだけで高ぶった気持ちが安らいでいくことでしょう。少し多めにブランデーを使って酔っ払うって言うのもいいですね。
Posted by 銕三郎 at 2007年04月10日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。