2007年05月12日

第10話 残された伝票

休日の昼下がり。店内には険しい空気がまだ残っている。
カウンターの上には白い粒と水滴が散乱している。残されたカップには半分ぐらいの飲み残しがあり、まだかすかに湯気が立っている。
そばには伝票が残されたままになっている。ここにいた客は会計を済まさず立ち去ったようだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター。ほんとにそのまま帰っちゃいましたよ。」
「塩まいとけ。あんなのカウンターに座らせるんじゃねえよ。」
「だって初めてのお客さんだったし、勝手にそこに座ったのよ。でも、水掛けることないじゃないですか?いくら気に入らないこといわれたからって。」
「この店と俺のことをわかってない奴はここに座らせるな。」
「マスターがそんなに怒るなんて・・・」
「誰でも頭の中で考えるだけだったら自由に最高のものが作れるさ。だがな、それが実際にできなきゃ絵に描いた餅なんだよ。」
「わかるけど、他にもお客さんいるんですよ。変な噂が立ったら私のお給料出なくなっちゃう。」
「こんなんで来なくなる客だったら来なくていいよ。俺が信じている珈琲を愛してくれる奴がこればそれでいいんだ。俺の淹れる珈琲を否定したいんなら、俺以上の珈琲を淹れ続ける店を5年自分で営業してから来いっていうんだ。」
「でも、あそこのマスターは怖いって噂が立つのはまずいんじゃ・・・。」
「怒らなきゃしょうがないだろう、店の、いや俺の営業姿勢を批判されたんだからな。あいつが声高に言ってやがった『自家焙煎してないの?』とか『水道水使ってるなんて』とかな、あれは全部正論なんだ。間違いじゃないんだよ。」
「だったら怒る事ないじゃん。今よりもっと美味しくできるんでしょ?」
「自分ひとりが好きに飲むんだったらそれでいいさ。自己満足すれば済むからな。でもな、それを追求するってことはいくら高額になってもいいってことなんだぜ。今より5倍以上になっちまったら誰が店にくるんだ?」
「え?そんなに高くなっちゃうの?」
「たとえばだ。しかもそれは常に同じものにはなってはくれない。当たり前の話だ、元が農作物なんだからな。」
「あたりはずれがあるなんて、はずれの日に来たお客に申し訳ないじゃない。」
「そうさ、毎日同じ味を提供するのがプロの仕事だ。俺は芸術家じゃないから最高のものを1つ作ればいい訳じゃない。昨日・今日・明日、いつも変わらず同じものを出さなきゃいけないんだ、来て頂いたお客様からお金を頂く以上な。」
「高くても美味しくても、いつまずいのに当たるかわかんないんじゃ嫌ね。」
「だから妥協しなきゃならんこともあるってことさ。だが、自分でできることは精一杯やってるよ、俺は。だからこの値段でこの味を維持していられるんだ。」
「もしかして、朝開店前に淹れてくれる珈琲って豆の状態を見る為ってこと?」
「今頃気づいたのか?ひょっとして目覚ましのためと思ってたな?」
「うん。気持ちの切り替えにちょうど良かったから。」
「これだからな。まあいいさ、おいおい味も分かってくるだろうしな。そうだ、今店の中に何人お客がいる?」
「え〜っと・・・3組5人ですね。」
「ブレンドを全員にサービスだ。デミタスでな。今淹れるからカップ温めとけ。」
「マスター気前いい」
「気分悪い思いさせたからな、お詫びだ。お客に伝えといてくれ。」
「は〜い。・・・マスターついでに私にも淹れてね。」


<本日のメニュー>
  デミタスカップ
本来は高騰したコーヒー豆の使用量を減らす目的で考案された「エスプレッソ」を飲むために考案された、容量約30mlのカップ。
「エスプレッソ」のコーヒー液自体が非常に濃いため、普通サイズのカップで飲んだ際には砂糖・ミルクの使用量も馬鹿にならず、少量の提供を始めたという。

ペーパードリップでは「エスプレッソ」の濃さは引き出すことはできないが、ドリップ初期のものだけを使用すればそれなりに濃いものは得られるため、「アレンジ珈琲」の一部でもこのカップが使用されることはある。
それ以外ではテイスティング・カップとしても使用されている。
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 珈琲の存在った風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうふうに正論を声高に語る人、私もあまり好きではありません。語ってるほうはすごく偉い気分になって気持ちいいんでしょうけどね(笑)。
それよりは自分にできることを積み重ねて、最高のものでなくても何らかの結果を残して行くほうが、ずっといいと思います。
つまり「口動かしてる暇があったら、手を動かさんかい!」ということですね。

眠くなってくる魔の時間帯ですが、もうひとがんばり。私にもブレンドお願いしまーす。
Posted by にんじん at 2007年05月14日 00:34
いやーこの気持ち、十二分にわかりますよ。
だいたいえらそーな口きくヤツに限って頭でっかちで何にも出来ないのが多いですからね。

実践することの難しさをわかっている人はこういう馬鹿な批評はしないものです。
純粋に物事を楽しめないかわいそうな人って人生楽しんでないような気がします。
Posted by ジョージ at 2007年05月14日 09:39
せっかくの200コメント目だったのでどなたかに踏んで頂きたくしばらく待っていましたが、どなたもみえそうにないので、自分で※返しに踏んじゃいます。

★にんじん 様

いらっしゃいませ。はい、眠気覚ましのブレンドです。

>口動かしてる暇があったら、手を動かさんかい
ものづくりをする基本姿勢だと思います。
何につけ業として行う場合は妥協がつき物ではないかと思います。それが費用における制限であったり、自分のその時点での技術力であったり、期日であったりと。
しかし、お金を頂く限りは「未完成品」では相手に対して失礼だと思っています。

★ジョージ 様

↑と言うことで●S社の製品のは批評してもいいんですよね。

>純粋に物事を楽しめない・・・
そういう方は、楽しみ方を知らない、または楽しいことの見つけ方を知らないんでしょうね。
子供たちのように前向きに、建設的に受け止めれば世の中楽しいことが一杯ありますよね。

ダッチ珈琲って・・・その話題からは随分経ってしまいましたよ。
淹れ直すんで明日になります。な〜んてね。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月14日 16:54
あーーー、惜しいっ。201コメントなのね、これ。
銕マスター、200目ゲットおめでとうございます。

>実際にできなきゃ絵に描いた餅…
そうなんですよね!
イメージと現実、理想と商売、そんな天秤の前で悩み多きどれみ☆です。

水かけて塩をまく。ああ、やってみたい。
想像上では幾度となく実行しましたが、実際には。。

そうだ、お気に入りのデミタスカップ持参しました。
これに、お願いします♪
Posted by どれみ☆ at 2007年05月14日 22:54
こほん。
僭越ながら、では、私が201※を。。。

もーう!解りますよぅ!!
今、お客側の担当者さんは、将にそんな感じなんですもの。。。

でも、その方、口ほどに勉強しているので、ご高説が始まると『ご尤!』と、むしろ感心するのですが。(笑

私?飄々と受け流しています。

仕事はタスク。
スキーム毎に最前を尽くすのは当たり前で、その中でいい結果であれば、誰の手柄でもない。
…と言うのが、私の持論です。

『俺!俺!』言ってくる奴とは、微妙に温度が違います。
なので、ケンツク食らって、疲れるのですよね。
ふう。

マスター、いい薫りの一杯ください。
今日も勝手にヒートアップしてきて、禿上がるかと思いました。
Posted by ぺこぽこ at 2007年05月14日 23:08
ざんねん!
202だったー!!
どれみ☆さんに先越されましたー。。。

でも、つーおーつー。
これは、これでオツですね。(笑
Posted by ぺこぽこ at 2007年05月14日 23:13
★どれみ☆ 様

いらっしゃいませ。デミタスカップをお持ちですか。それでは「イタリアンロースト・ブレンド」を微細挽きでゆっくり落としましょう。ちょっと苦いかもしれませんよ。

同じ思いをされている方、多いようですね。評論家を誤解して、真似だけをする輩が多いんでしょうか?

私も実際にはやれませんでしたね。雇われの夜の部の店長でしかなかったので。でも、心の中では塩まいたこと2度や3度じゃききませんよ。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月15日 00:21
★ぺこぽこ 様

いらっしゃいませ。香り高く酸味とこくの上品な「グアテマラ」ではいかがでしょう。

>仕事はタスク。
スキーム毎に最前を尽くすのは当たり前で、その中でいい結果であれば、誰の手柄でもない。
カッコいい!チームで行う仕事はそうですよね。総合力の勝負ですもんね。

アート寄りの仕事はより一層一線を引くのが難しそうですね。感性の部分が判断基準になりませんか?

その場で消費される珈琲屋の店主としては、作ったものが残っていく仕事をされている方は尊敬してしまいます。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月15日 00:38
★ぺこぽこ 様part2

>でも、つーおーつー。
>これは、これでオツですね。(笑
202(Two O Two)ってデ●ズニーの映画じゃないんですから・・・。

実は197の時から3日程待っていたんですよ。200の方には美味しい珈琲をプレゼントってネタを考えていたんです。
300のときはきっと踏んでくださいね。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月15日 00:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41555208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。