2007年05月16日

最終話 閉店

近くの商店街の照明は消された頃。
店頭の看板の照明と入り口のダウンライトが消され、客の姿はない。
モップを手に店内を行ったり来たりしているウエイトレスだったが、バケツを手に入り口から現れ側溝に汚れた水を捨てた。
カウンターの中では紫煙があがり、殺菌用の漂白剤の匂いが漂っている。
レジの金銭を片付けたマスターが再びカウンターの中に戻った。
バケツを片付けたウエイトレスが看板をしまい、シャッターを下ろす。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「床掃除終わったか?」
「はい。マスターの方はなんか手伝うことありますか?」
「大丈夫だ。じゃあ終わりにするか。最後の一杯入れといたからな。」
「ありがとうございます。でも、お客さんの引けが速かったんで、あっさり終わっちゃいましたね。」
「そうだな。器具の洗浄なんか閉店前に済んじまった。」
「こういう終わり方っていいですよね。」
「ああ。そうだお前、明日の休日どうしてるんだ?」
「えっ?!イヤだなぁマスター。私だってデートぐらいしますよ。」
「そうか、予定があんのか・・・。そしたらこの間お前の休みに手伝ってくれた彼女でも誘うか。今からで連絡つくかなぁ。」
「ええっ!ちょっと待ってくださいマスター。どこか連れてってくれるんですか?」
「お前予定があんじゃないのか?ひょっとして倉庫の大掃除でも手伝わさせられるとでも思ったんだろ。そうゆうときはバイト代増額してるだろうが。嫌な顔すんなよ。まさかデートっていうのも・・・」
「ま、まさかそんな嘘なんて・・・って、ごめんなさいっ!見得張って嘘つきました。」
「あ〜あ〜、もう解ったからせっかく拭いたカウンターに額をこすりつけるのを止めてくれ。」
「じゃあ一緒に行っていいんですね。やった〜。で、どこへ?」
「あのなぁ・・・。ちょっとロシア料理なんかをな、食べに行こうかななんて思ったんでな。ディナーはもとよりランチだって一人で行くのはちょっと・・・って店なんだ。ランチぐらいなら奢ってやれるから、暇そうなお前なら一緒に来ないかな〜と思ったんだよ。」
「暇そうは余計ですけど。でも何でロシア料理なんです?」
「お目当てはロシアンティーだよ。ランチにもついてるって話だからな。うちのを美味しくするヒントを見つけたいからな。」
「やっぱりそんなことなのね。たまにはお店に関係なく出かけたりしないんですか?」
「なんでだ?どこへ行ったって何だって自然と店に結び付けているさ。いいものを見れば余計だな。」
「ふ〜ん、たのしい?そんなんで。」
「この仕事が好きでやってんだぜ。美味しいものを食べたり飲んだりしてる人って幸せそうだろ?それを自分が提供してるって最高じゃないか。そのためには自分が努力しなきゃそんな気分は手には入らないだろうな。」
「そっか。だからマスターはお店が混んでめちゃくちゃ忙しくても、いつも楽しそうなんですね。」
「・・・。そろそろ帰るぞ、明日はどうするんだ?」
「もちろんお供します。ランチなら駅の改札口に10時位でいいですか?」
「ああ、早く着いちまったら近くでカフェにでも寄って珈琲飲んで時間つぶせばいいからな。」
「それじゃあ、お先に失礼します。珈琲ごちそうさま。カップ、シンクでいいですね。」
「おお、お疲れさん。俺もカップ片付けてすぐ帰る。明日遅れるなよ。」
「わかってますって、マスター。じゃあ、おやすみなさい。」

 
<本日のメニュー>
  ロシアンティー
紅茶にジャムなどを溶かしたものの事を呼ぶが、これは日本においてのみのようだ。
都内の露料理店でも一般に見かけるのは日本式ロシアンティーなのだが、現地ロシアでは、紅茶とは別に小皿にウォッカなどとジャムを混ぜたものを添えて、『紅茶にジャムを溶かさずに』、ジャムをなめながら「サモワール」で淹れた紅茶を飲むのが一般的なスタイルなのだとか。
そういえばアニメ「BLOOD+」でもそんなシーンがあったのを思い出した。
だいぶ昔には、ロシアでも蜂蜜を紅茶に溶かして飲んでいたようで、その名残でこう呼ぶようである。
ジャムやウォッカなど香りの高いものと合わせるため「オレンジペコ」や「キャンディ」など自己主張の少ないものを選ぶと香りの衝突が少ないと思われる。
ところで、イギリスで「ロシアンティ」というと、『レモンを入れた紅茶』のことを指すんだそうです。知ってました?その話はまたいづれ・・・
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(24) | TrackBack(0) | 珈琲の存在った風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ!前記事でマスターが怒っていらしたので、ビビッて来られなかったんですよ。

すっきり切れよく閉店できる時って、とても気持ちがいいですよね。わかります〜。
ロシアンティーがイギリスでは所謂「レモンティー」を指すことも、本場ロシアではジャムを溶かさずに飲むことも初めて知りました。
マスターの蘊蓄、最後まで楽しませていただきましたよ。

私が初めてロシアンティーを飲んだのは、鎌倉の小さなロシア料理店。高校生の時でした。ボルシチ、ピロシキ、ロシアンティーしかメニューがないカウンターだけのお店でしたが、まだ健在のようですね。

毎回楽しみにしていたので「最終話」となってしまったのがとても残念です。。。

>その話はまたいづれ・・・

え?ひょっとして番外編とかあります?楽しみ〜
Posted by ひそそか at 2007年05月16日 10:44
私が初めてロシアンティーを飲んだのは、ロシア料理専門店でした。

そこは『舐めながら』派でしたね。
そういえば。。。
ううーん。
なるほど、本物のお店でしたか。

…って!
ええ!?
閉店ですか??
ホントに??
ええー、残念。。。

…って、ホントに閉店??
いやいや、まさかねえ???
Posted by ぺこぽこ at 2007年05月16日 16:42
★ひそそか 様

いらっしゃいませ。ご注文がないので「レモン・コーヒー」淹れちゃいます。フレンチローストのホットコーヒーに1cm厚の輪切りにしたレモンを浮かべます。ビミョウな味わいをお楽しみください。

>ひょっとして番外編とかあります?
楽しんでいただけて光栄です。
当初、週一連載を予定していたので、はっきり言ってネタ切れなんです。
今までの分は、構成を最初に決めて、全13話分のテーマを決めてから書き始めていたので中3日ペースに切り替えても間に合っていたんですが、この後はほとんど白紙、間に合いません。筆が非常に遅いんです。

ま、せっかく作ったキャラですから放って置くのはもったいないので、彼らにお客を絡ませてみようかなと考えています。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月16日 16:59
★ぺこぽこ 様

いらっしゃいませ。本格派のロシアンティーはサモワールがないので淹れられませんが、形だけでも良いですか?

>…って、ホントに閉店??
ひそ様にも申し上げたのですが、ちょっとだけ構想のお時間をいただきます。
きっと続けますから・・・たぶん・・・だよね。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月16日 18:15
閉店の報せにびっくりしながら読み始めたのですが、コメント欄を読むと、どうやら一つ目小僧状態に入るような感じなのでしょうか。たまにしか書き込みに来られませんが、いつも楽しく読ませていただいてました。「お気に入り」からは外しませんので、またときどきためになるお話を聞かせてくださいね。
Posted by yas at 2007年05月17日 08:24
えええっ!
やっと見つけた お気に入りのお店が突然閉まってしまう、
それって切ないんですよ。

ロシアンTEA、いえ最後ならマスターのイチ押しをください。

えーー、閉店?←まだ言ってる。
芳香は珈琲だけでなく、ここ独特の かをりが良かったのに。

でも大丈夫なんですよね?中3日から卒業するだけですよね?

また来ますから。あー、びっくりした。
Posted by どれみ☆ at 2007年05月17日 09:11
やっと、2回目の来店が出来たと思ったら、閉店・・・
恐れ多くも、お客様リストにも載せて頂き、その
お礼も兼ねて・・・と思っていたのですが。。

でも、皆さんおっしゃるように「いつかまた」が
あるんですよね?
ふふ、その時を楽しみにしてます♪

あ、ロシアンティーお願いします。
私もバラのジャムを入れたものだと思ってましたから。。
Posted by Home-Design at 2007年05月17日 10:08
>どこへ行ったって何だって自然と店に結び付けているさ。
私はそうです。ホームセンターがデートコースだったことがありますねー。だって好きなんだもーん。
私が思慮深い顔になってるときは「これ材料になるかな」などと考えてるときが多いです。どこにいても。

あっ。もうお店は壊しませんからご安心を。

マスター、お店まだ続くんですよね? ね、ね!
また来ますからねー。
Posted by カブ子 at 2007年05月17日 10:12
★yas 様

いらっしゃいませ。以前と同じロングブラックもどきでよろしかったでしょうか?

>閉店の報せに
誰ですかそんなデマを流した方は。
このスタイルで12〜3回のシリーズにしますよって最初の頃に宣言していたと思います。
次のシリーズの構成も始めてますんでご心配なく。でも、今月中の再始動は無理かな。あと、ペースも落とします。

今シリーズを楽しんでいただいて本当にありがとうございます。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月17日 16:10
★どれみ☆ 様

いらっしゃいませ。私の一押しですか・・・ブレンドの豆から徹底的にくず豆をハンドピックしてクォリティを上げたブレンドではいかがでしょう。あんまり代わり映えしないって?当然です。普段から美味しいものを提供しているんですから。

>心臓に悪い・・・
タイトルにみ○ずと出るほうがよっぽどじゃないかと・・・いえ、冗談です。
途中の「休憩」で開店業務をやったんで閉店業務もあったほうがいいかなと思って書いてたんですが、思いのほか皆さんに心配をおかけする形になってしまって恐縮しています。

せっかく作ったキャラクターですから、今後も頑張ってもらいますよ。
なにせこのスタイルってテーマさえ決まれば書きやすいんですよね。
「七転八倒」は倍時間がかかります。読者層も三指の関係者がほとんどなんで資料にあたる時間が長くなってしまうんです。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月17日 16:12
★Home-Design 様

ご訪問&お気遣いありがとうございます。後のコメントは抹消しておきました。seesaaさんの障害(?)のようです。
<正調>ロシアンティーでよろしかったですか?

>バラのジャム
これは、「エドガー」と「アラン」と「メリーベル」の影響ですかね?当時、同級生の女性は皆さん読んでみえたようでしたから。
私は「だ〜れが殺した・・・」と言われても、直接「パ○リロ」には結びつかない「おもー様」世代ですから。

あと、リンク部にマウスオンして下さいね。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月17日 16:15
★カブ子 様

いらっしゃ〜い。金盥で作ったプリンなんていかがでしょう。オチにもちょうどいいですよ。

>ホームセンターがデートコース
トリさんも大変だ。
でも、物が一杯置いてあるところって頭の体操ができて楽しいですよね。だから私は文具店も好きです。

>お店まだ続くんですよね?
ご心配なく、ちょっと休んですぐ新シリーズを開始します。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月17日 16:19
やったー、お腹いっぱいプリンが食べたかったんですよ!
上にのってるの、デッカイさくらんぼ! と思ったら、これトマトじゃないですかー。私トマト嫌いなんですよう(泣)

さて、今日は耳かきで食べます。
食べ終わるまで閉店しないでくださいね。
チビチビチビチビ・・。

次のシリーズが始まるまで食べ続けてますからねー。
Posted by カブ子 at 2007年05月17日 18:10
ええ!閉店ですかー。
うう。じゃあ、今日は出してくれるもの何でも飲みます。
珈琲店なのに、ほうじ茶とか、ジュースに桃入れろとか注文ばっかりしてゴメンねマスター。
ロシアンティーは大好きですよ!
今度は何屋サンになるの?また喫茶で新装するの?
とにかくまた来ますからねー。
Posted by 青グリン at 2007年05月17日 21:08
★カブ子 様

相変わらずノッて戴きありがとうございます。
お店は開けっ放しにしておきますので、ごゆっくりしていらしても構いませんよ。
でも、お店を覗いたお客様にねずみと間違われないようにお願いします。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月18日 00:16
★青グリン 様

いらっしゃいませ。ロシアンティーでよいですね。

>注文ばっかりしてゴメンね
いえいえ、楽しいご注文でお返事を考えるのが楽しかったんです。って書くと殊更に変な注文を始める方々がおみえになりますよね。ほら、お店の隅でおおっきなプリン食べている方のように。

>今度は何屋サンになるの?また喫茶で新装するの?
エーン、青グリンさんまでそんな事言うんですか。
「閉店」は記事内容ですよ。お店は続きます。月内の間、次の記事を上げられないってだけです。

新シリーズ待っててくださいね。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月18日 01:28
いやー、確信犯の人が多くて面白いですねー(^o^)
いっそ「改装中」とかにしちまってもいいかも知れませんね。

で、次の内装はどうします?お客に建築屋さんもいるみたいだし、格安で設計してくれるかも(笑
Posted by ジョージ at 2007年05月18日 13:25
★ジョージ 様

いらっしゃいませ。ご注文がないので勝手に出します。はい、「マンデリン」です。

>確信犯の人が多くて
本当にのりの良い方ばかりで、店を閉めなきゃいかんのかと思うほどでした。こうなったら最後まで言い訳を続けます。

>次の内装はどうします
今までの連載でも地の文での言及はほとんどないため、お店の内装や配置は皆さんの頭の中で作り上げられたものになっていると思います。
意図的にそうしてきたので、せっかくの皆さんのイメージを壊すのもナンですから改装はもっと先にしたいと思います。
平面図とか店内スケッチとかを皆さんに描いていただいて比べると、全く違ってて面白いかもしれませんね。

>うらとり
身近にコミとか教育担当とか役付きの方が多くいらっしゃるので、団バレしたときに問題にならないよう、自己保身の為に裏トリしています。
既にばれてて大目に見ていただいているだけかもしれませんが・・・(恐)。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月18日 15:34
>イギリスで「ロシアンティ」というと、『レモンを入れた紅茶』のことを指すんだそうです。

へぇぇぇ〜、そうなんですか。tea with lemonというそのままの表現しか今まで使ったことなかったです。

イギリス人はほぼ全員紅茶にはミルクで、レモンは入れませんが、2週間前にもったドイツ行きの飛行機では、紅茶を頼んだらミルクかレモンかと聞かれました。きっとドイツではレモンティー飲むんでしょうね。
Posted by minira at 2007年05月21日 04:25
★minira 様

はるばる遠くからいらっしゃいませ。

>へぇぇぇ〜、そうなんですか
ええっ?現地の方にそんなこと言われちゃったら立つ瀬ないなあ・・・。

ロシアへのお輿入りした英王女の所へ訪問した英女王に、ロシアでは高価なレモンを使った紅茶を出したことからイギリスではレモンティーのことを「ロシアンティー」と呼ぶようになったとあちこちで読みました。嘘なのか・・・ちょっと不安。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月21日 21:34
レモンティーを飲むイギリス人に会ったことないんですよ。だから確かめたことなかったんです。
現地調査いたしますわ。
Posted by minira at 2007年05月22日 06:16
★minira 様

>現地調査いたしますわ。
ありがとうございます。やはり耳学問よりは現地調査。噂の検証、お願いいたします。
Posted by 銕三郎 at 2007年05月22日 09:12
すみません。調査の成果が芳しくなく、なかなか戻って来れませんでした。実は、まだロシアンティを知る人に会えていないんです。皆さん、ロシアンティ自体を知らんのですよ。

もっとハイソな人たちと友達にならんといけないのかもしれません。
Posted by minira at 2007年07月26日 06:18
★minira 様

>調査の成果が芳しくなく、なかなか戻って来れませんでした。
そんなぁ。よろしいんですよ、茶飲み話なんですから。どこかのお役所じゃないですが、「鋭意調査中です。」と引っ張っていただいて構いません。

>ハイソな人たち
歴史と伝統はやはりそちらの方々の中に保存されているんですね。
方向を変えて大きめのお茶屋さんなんかはどうなんでしょう?ないのかな?
Posted by 銕三郎 at 2007年07月26日 09:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41896164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。