2007年06月14日

◇貸切の宵

日曜の夕方、普段ならお客の出入りが頻繁な時間帯だが、出入りする客はない。
時折店の前まで訪れ、店内の様子を窺う者たちは店頭に貼られた一枚の紙を覗き込むと、皆残念そうに商店街の方へ足を返す。
その紙には「本日貸切」と大きな文字で書かれてあった。

店内ではこの店のメニューにはない料理が並び、アルコールの壜が並んでいる。
お客は皆着飾っており、中には礼服のままの者も見かけられる。
カウンターの中でフルーツの山と格闘しているマスターの前に、大きなガラスの器が置かれている。まるで賜杯のように大きな、装飾が一面に施されたゴブレットだった。

2ヶ月ほど前の予約から準備が始まった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、お願いがあるんですが。」
「なんだ?聞く前に言っとく。貸す金ならないぞ。」
「やだな〜マスター。そんな、ずいぶん昔の話を持ち出して。」
「違うのか?」
「ちゃんと就職して、ずいぶん前に借りてたお金は返したでしょう?忘れたなんていわないよね。」
「冗談に決まってるだろうが。頼みってのはこの店で結婚式の2次会を開きたいってんだろ?それなら幹事だって名乗った奴に聞いたぜ。友人だけで思い出の多いこの店でって注文したんだってな。俺とこの店のことをあまり知らないらしいんで、ビビリながら頼みに来たよ。」
「僕もあいつもこの店には世話になってたんだってこと、幹事にはよく話しといたのにな。店の雰囲気を味わえば解ると思ったのに。」
「偏屈な親父に見えたんだろ。わざとそうしている面もあるからな。」
「他に奴はなんかいってませんでしたか?」
「いや、式の日取りと2次会の開始時間と人数ぐらいだぞ。」
「じゃあ、やっぱり自分で頼めってことかな。」
「なんだ?まだあるのか?」
「あの〜、式に出て、披露宴で祝辞をお願いしたいんです。」
「なんだと?俺にそんな畏まった席にでて、祝辞まで言えって?馬鹿も休み休み言え!似合わないことをさせるんじゃない。」
「マスターに怒鳴られるのは判ってましたよ。でも、僕ら二人はマスターが、この店のマスターがいなければ共に同じ道を歩むことにはならなかったんです。あいつと付き合う前は相談に乗ってもらい、付き合いだしてからは記念日なんかの演出をアドバイスしてもらい、喧嘩したときは謝るきっかけも作ってもらった。」
「ああ、色々あったな、お前たち二人にも。結婚の報告を聞いたときは嬉しかったよ。だがな、それとこれとは・・・。」
「あいつも望んでるんです。あいつのことも結構面倒見ていただいたんですってね。そんな僕たちの門出を見送って欲しいんです。マスターにはなむけの言葉をいただきたいんです。マスターがああいう席が嫌いなのはわかってるんです。そこを曲げてお願いします。」
「ううう。判った、判ったからもう何もいうな。こっちが恥ずかしくなってくる。だがな、2次会の準備はどうする?」
「そっちはウエイトレスのお姉さんにお願いして幹事たちとでやりますよ。もともと、場所をお借りするだけで、アルコールも食料も持ち込む予定でしたから。珈琲用にお湯を沸かしておけばいいですよね。」
「周りはみんな説得済みか、しゃあねえな。俺の礼服は用意してくれよ、持ってないんだ。」
「ありがとうございます、マスター。当日は手ぶらで来て頂けばいいですよ。式場にお願いしときます。」
「あ〜あ、めんどくせぇな。ま、引き受けたからにはちゃんと務めさせてもらうよ。いい式になるといいな。」
「ええ、そうしてみせます。それと2次会のメニューに一つ加えてもらいたいものがあるんです。」
「例のパフェだろ?それぐらいは判っているさ。何年お前らを見てきたと思ってるんだ。精一杯のテクニックで飾りつけたのを作ってやるつもりだったんだ。」
「やっぱりマスターは最高だ。これからも二人まとめてよろしくお願いします。」
「この礼は高いものにつくかもな〜、なんてな。」

<本日のメニュー>

  フルーツパフェ

パフェとは背の高いグラスに、アイスクリーム、フルーツを主体として、その他の甘い具を加えたデザート。そのときどきにより、生クリーム、バタークリーム、チョコレート、シリアル、ナッツなどを加える。
「完全な(parfait)デザート」の意味と言われる。
中でもフルーツパフェは見た目にも華やかで、色鮮やかな一品。それぞれのフルーツに合うように施された様々なナイフの技も見事である。

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと、フルーツパフェがメニューがあったとは!
しらなかった・・・。
今日は何のフルーツがのってるんですか?
ひとつ作ってくださいなー。お麩抜きでお願いします。
Posted by カブ子 at 2007年06月15日 10:42
新章の登場人物は全て別人ですよね?

雨、いいですね。ちょうど読んでるところに落ちると腹が立ちますが。カルシウムが足りないのでしょうか。落ち着くやつを一杯ください。
Posted by yas at 2007年06月15日 19:59
★カブ子 様

いらっしゃいませ。残念ながらフルーツパフェは2〜3日前に予約を入れていただく必要があります。
通常はフルーツなぞ置く必要のない店なので、仕入れの必要があります。
本日はチョコ・パフェで我慢してください。

え・・・それならお麩をいっぱい入れてくださいですって?わかりました。記事のグラスはありますから超大盛で作らさせていただきます、"時価"で・・・。
Posted by 銕三郎 at 2007年06月15日 20:50
★yas 様

いらっしゃいませ。カルシウムが取れる珈琲ですか・・・、カフェオレにしようかと思いましたが止めます。
「ミントジュレップ」にしましょう。
アイス用に淹れた珈琲にチョコレートを溶かし込み、氷を満たしたグラスに一気に注ぎます。その上に浮かすようにミルクを注ぎます。ミントリキュールをミルクピッチャーに一杯加えミントの葉を浮かべて出来上がり。爽やかな味わいをお楽しみください。

>全て別人ですよね?
今のところはそうです。私がお店にいた頃に出会ったお客さんをモデルにして演出しました。
あまり書き分けられる自信がないので、かぶったキャラクターが出て来るかもしれません。
Posted by 銕三郎 at 2007年06月15日 21:47
あー、お腹すいた!
私もチョコパフェお願いしまーす。お麩はできればパスで…かわりにシリアルで嵩を増しといてください。
店の雰囲気を壊しつつ、カブちゃんと並んでぱくつかせていただきます。
ほんとに食べたくなってきた…。
Posted by にんじん at 2007年06月16日 01:26
★にんじん 様

いらっしゃいませ。暑い中をお越し戴きありがとうございます。チョコパフェですね。カブ子さんとは違ってシリアルをご希望ですか?
では、「ジャック・ザ・リッパー」などを要れますか。それとも「キラー・クラウン」あたりがお好みでしょうか?ちょっと変わって「大久保清」でもいいですが。

しかし、お腹がすいたからってパフェじゃ満たされないと思いますよ。カロリーは充分でしょうけれど。
Posted by 銕三郎 at 2007年06月16日 11:14
パフェは仏蘭西が発祥だったのですか・・・(^_^;)
確かに生徒の回答が完璧だと先生が"Parfait!"
(文字通り”ぱっふぇ!”と言う発音でしたΣ( ̄□ ̄;)!!)
と言っていたのは確かなんですが・・・(; ;)
自分は落第生だったので一度も言われたことが無く、すっかり忘れてました(苦笑)

と言うことで、うちの父の退職記念に、
好物のフルーツパフェを水曜日にお願いしますm(_ _)m
Posted by あんぐれっちーに at 2007年06月18日 23:43
★あんぐれっちーに 様

いらっしゃいませ、水曜にはお父様とご一緒にいらしていただけるんですね。お待ちしております。お二人分のご予約ですよね?

>父の退職記念に、 好物の・・・
お父様の年代でこれを「好物」と言ってしまえるのは、なかなかの方なんですね。
一緒に食べたいなんて口が裂けてもいわない我が父を見ているので、あんぐれっちーにさんのお父様が大変かっこよく感じます。

これから、明日納品してもらうフルーツの相談をしに第9話にでてきた築地の青果部の方のところに出かけてきます。この季節のお勧めは・・・?
Posted by 銕三郎 at 2007年06月19日 09:33
私にもパフェください♪
あっ、さくらんぼ多めだと嬉しいなあ。

パフェ用のガラスの器って、曲線が可愛いですよね。
堂々と食べてるサラリーマンとかも、可愛く見えてしまいます。
けれど、特大オバケでかでかパフェ…は見ると悲しくなります。
なんか、繊細さが なさ過ぎて。って贅沢?

あ、飛ばすシリーズが好評でした、ありがとうございました。
yasさんの怒線は くすぐってしまうようですが(笑)。
Posted by どれみ☆ at 2007年06月19日 17:21
★どれみ☆ 様

いらっしゃいませ。さくらんぼお好きですか?ではこんなところはご存知でしょうか?
http://www.gt-yamagata.com/cherry/

>繊細さが なさ過ぎて
特大パフェは実際には繊細な計算と技術力と微妙なバランス感覚、そして何よりスピードが必要な芸術なんですよ。
柔らかいホイップクリームやアイスクリームは積み上げると徐々に潰れながらバランスを崩していきます。それを計算に入れて次の工程を作業してゆく。様々な方向に飾り付けた果実が追い討ちをしてゆく中、溶け始める前に完成し、テーブルへお持ちしなければなりません。
カウンターを預かるものの技術が問われてしまいます。

>好評でした
皆さん楽しんでおられる様子、拝見いたしました。yasさんもどれみ☆さんのところなら納得されるんじゃないでしょうか?
Posted by 銕三郎 at 2007年06月19日 21:12
ひゃー。
最近は湿気が凄いですね。

マスター、モカパフェなんてメニューにありますか??
私、沢山の生クリームが駄目なんですよ。
途中でおなか一杯になっちゃって。

夏のメニューに、ビターなモカパフェ。
どうですかね?
Posted by ぺこぽこ at 2007年06月20日 16:25
★ぺこぽこ 様

いらっしゃいませ。暑さよりも湿気で体力を奪われてしまいますね。エアコンの入った店内にいる私は、まだまだ助かっています。

>モカパフェ
ググって見たところチョコレート・サンデー風からチョコパフェまで様々にありました。もしかしてぺこさんの想像してみえるのは「ピエールマルコリーニ」のものでしょうか?
 http://ginza.keizai.biz/headline/photo/234/index.html

うちの店ではシリアルとコーヒーゼリー・チョコムースなどでバランスをとってみます。チョコッと試作の期間をくださいな。
今日のところはチョコパフェの生クリーム減量で勘弁してください。
Posted by 銕三郎 at 2007年06月20日 21:33
>シリアル違い
で思い出しました。かつてキャスリン・ターナー主演の「シリアル・ママ」というホラーコメディがありまして、なんとなく朝ごはんにシリアルを出すママのことかと思っていたら、違ったんですね。気に入らない世間の小悪人たち(レンタルビデオを巻き戻して返さない奴とか)をつぎつぎに殺していくとんでもないママのお話だったんです。

「キラー・クラウン」は聞いたことなかったのでぐぐってみました。これもB級ホラーだったんですね。ひょっとしてマスター、このジャンルお好きですか?(笑)


モカパフェ、おいしそうすぎます。夜中に目の毒〜(涙)
Posted by にんじん at 2007年06月21日 01:09
★にんじん 様

この時間だとお仕事中ですか?いらっしゃいませ。

>これもB級ホラー
>このジャンルお好きですか?
いえいえ、実際にあった事件の犯人の通称でした。「シリアル・キラー」でググって見てください。
実はこの手の映画はからっきし駄目なんです。特に「痛そう」なのは絶対に見ません。
ストーリーとカメラワークだけで怖さを演出してあるものならば、ごくたまに見ることはありますよ。

>夜中に目の毒〜
味わって満足しているところまで想像すればよろしいかと・・・、駄目ですよね?
Posted by 銕三郎 at 2007年06月21日 01:29
翻訳家のRoolyです(「初めまして」の方は、URLごらんくださるとうれしいです)。「カプチーノ」の二人からの続きとあったのできてみました。結ばれて本当によかったですね。パフェにそこまでこだわるということはケーキのかわりとか…? もっと続きがあるならぜひ読みたいです。
 ところで私はデザート、特に「季節のパフェ」にエスプレッソを合わせるのが好みというか定番です。今なら栗・ブドウ・柿・スイートポテトなど。お麩のパフェって…どんなのか気になります。以前食べた「和風パフェ」には、確かグリーンで抹茶かヨモギ味の生麩が多少入ってたような気もするのですが…。「ジャック・ザ・リッパー」がシリアルって…きつーいカクテルかと思いました…(はっきり言ってその辺はもの知らずです)。最近食べて気に入ったのはかぼちゃプリンを盛り合わせたものです。プリンなら抹茶味も紅茶やコーヒー味も、チョコ味も好き(プレーンもいいけど)。チョコプリン+ブラウニー(できればアーモンド入り)のパフェをお願いしてよろしいですか…?
Posted by Rooly at 2008年11月17日 18:23
★Rooly さん

いらっしゃいませ、チョコプリンパフェ ブラウニー入りでよろしいんですね。

>「カプチーノ」の二人からの続き
この二人のお話は、この結婚式に向かっていく姿をこの後2回ほど書いています。
仕事の都合で遠距離恋愛になってしまった二人がどう過ごしていくのかをまだまだ描いていくつもりです。

>栗・ブドウ・柿・スイートポテト
並べて書くと珈琲と合いそうにないラインナップですが、間をまとめるクリームたちが珈琲にはピッタリくるものですからうまく合うんでしょうね。
コーヒーエキスをしっかり吸ったお麩もクリームに包まれれば違和感はないかも。

>プリン
そう言えばまだメニューに入れてませんでした。そのうち本日のメニューに加えますね。
Posted by 銕三郎 at 2008年11月17日 23:11
「ハッピーエンドでよかったけどなんか唐突」と思ってたら、途中がまだだったのですね。「先にラストを思いついてしまう」「途中がなかなかできない」っていうのも…創作の世界にはありがちかもしれません。だから、演劇をテーマにした某少女マンガみたいに「近頃休載ばかりで連載が滞りがち」なケースもあるんです(ご存じですか?)。
「フルーツ類と珈琲との組み合わせは難しい」とおっしゃってましたが、私はチョコ×オレンジの組み合わせも結構好きです。さわやかな酸味がチョコと合います。レモンほどきつくないところがいい。コーヒーとは厳しいかもしれませんが、チョコ×オレンジ、ちょくちょく見かけますよね。「ビスケット図鑑」にもありました。ネスレかどっかで、オレンジフレーバーの珈琲も見たような気がする。そこで今回は、予約の形でいいですからプリンをオレンジアイスに換えた「オレンジバージョン」を作ってください。グラス(?)の底と、途中の二層くらいにママレードを敷き、トッピングは刻みオランジェットでお願いします。
Posted by Rooly at 2008年11月19日 18:54
★Rooly さん×2

>「先にラストを思いついてしまう」「途中がなかなかできない」
う〜ん、ちょっと創作方法としては違っていますね。
この話は実際にはパフェを出すために作ったものだったんですが、意外にこの二人の間柄がいい感じだったので、過去にこんなエピソードがあっても面白いかなと同じキャラクターで書き続けてみたわけです。
別人と見ていただいて「こんなこともあるのね」と思っていただいても良いようにあえて固有名を与えないようにしているのです。

>私はチョコ×オレンジの組み合わせも結構好きです。
そうなんです。珈琲と柑橘類はよく合うんです。でも、他のフルーツは酸味がぶつかったり、渋みが邪魔したりと、なかなか合わないことが多いんです。

>「オレンジバージョン」
ちょっと美味しそうかも…。何かの機会に本編に出してみましょう。
Posted by 銕三郎 at 2008年11月20日 02:14
確かにそういう手法もありますね。映像化するとしたらショートムービーがいいかもしれません。
パフェの案を受け入れてくださりありがとうございます。私洋梨入りのガトーショコラorチーズケーキも好きなので(特にラフランスが)、オレンジ→「ラフランスのアイスとジャム」バージョンも、いつか作ってくださるとうれしいです。トッピングはチョコフレークで(これも好きなんです)。

Posted by Rooly at 2008年11月21日 18:39
★Rooly さん×3

>映像化するとしたらショートムービーがいいかもしれません。
結構行き当たりばったりで、長期の構成なんて考えずにその時思いついた事を、過去に書いたことと矛盾しないように辻褄合わせるので精一杯ですよ。
緩急も何にも計算していないんで(1話の中では考えたりしてますが)画的にもつものではないと思いますよ。

>ガトーショコラorチーズケーキ、ラフランスのアイス、チョコフレーク
あ〜まいもののオンパレードですね。
スィーツオンパレードの回を考える必要があるんでしょうかね?あくまで珈琲専門店なんですけどね…
Posted by 銕三郎 at 2008年11月22日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44760429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。