2007年10月05日

◇少女の決意

秋の日差しが濃くなった夕暮れ。
店の前で立ち止まり、窓越しに覗き込む少女がいる。その視線の先には・・・。
いつもはそのまま通り過ぎるように立ち去るのだが、今日は違った。
何かを決意したように顔を上げると入り口の扉に手をかける。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「窓際のカップル、可愛いな〜。中学生だろ?あれは私立○○女子中の制服だよな。男のほうは公立の制服だな。あんな頃あったんだよな〜俺たちにも。」
「そうだな。仲間には内緒で、文化祭や学校外のイベントで知り合った他校の女子と喫茶店デートって定番だったよな。ちょっと大人びた映画に誘ったりする前の手続きって言うか・・・。」
「でも、大概知り合ったとき一緒だった奴らと合同のグループ交際がほとんど。抜け駆けできる奴が羨ましかったなあ。」
「ああ?そうそう、仲間内から突き上げ食ってな、大変だったなぁ。」
「ん?回想の色合いがなんだか微妙に異なる気がするのは気のせいか?」
「お前とは中学生時代には面識が無いからな、地域性もあるんだろ。」
「『も』って言い方、ちょっと気になる・・・」
「だって、お前がソロ踏めるとは思えないし。」
「やっぱりか、いつもいつもおめぇって奴は、人がもてないのをネタにしやがって。」
「怒るなって。怒ったってお前がもてないことに変わりは無いよ。いい加減学習しろ。」
「腹立つ・・・が、事実だから何にも言い返せないことが情けない。ちっきしょうめ、今日はお前のおごりな。」
「あ、ずるいぞ。親と同居しているんだ、俺よりずっと裕福なくせに。」
「精神的苦痛のための慰謝料だ。相手の嫌がる軽口癖、直したほうがいいぞ。」
「お前にしかいわねえよ。あれっ?誰か探してるのかな?覗き込んでる娘がいるよ。待ち合わせに遅れたのかな?」
「あっ、また来てるんだ、あの娘。」
「またってどういう事だ?」
「何回か見かけてるんだ。お姐さんが様子を見に行ったらあわてて逃げちゃったって。誰を探してるのか、待ち合わせてるんだか皆目わからないんだ。」
「す、ストーカー予備軍?俺は身に覚えは無いぞ。対象範囲外だ。でもな、知り合っていなくてもストーキングする奴はいるからな。やだやだ。」
「どこまで自意識過剰な奴なんだ。多分たずね人はお前じゃないよ。今日まで知らなかったんだろう?あの子を他の店の前でも見たって情報もあるしね。」
「ふ〜ん、残念。あと5年もすればいい子になりそうなんだけど。そんな頃に再会したいね。劇的な出会いを演出する準備でもしておこう。」
「気の長い話だな。でも、1週間したら忘れてるだろ、お前は?」
「だからいいんじゃないか。5年後に出会って、ふとしたきっかけで今の頃を思い出す。共通の話題で盛り上がり、親密度急上昇!ってのがあると嬉しいじゃん?アドバンテージがあるみたいでさ。」
「勝手に盛り上がってろ。俺にはわからん!・・・おやっ?入ってきた?目当ての人物がいたのかな?」
「や、やっぱり俺か?そ、そんな急展開はちょっと困る・・・。ああ、どうしよう。中学生じゃ話題選ばなきゃ・・・。」
「何一人で慌ててるんだ。お前の過剰な自意識はちょっとおいとけ。ふふん、残念だったな、お目当ては窓際のカップルだぜ。」
「火花散る三角関係勃発?それはそれで興味があるぞ。以前あった、『振られ男の哀愁』よりは見ごたえがありそうだ。」
「でも、火花散る展開にはなりそうじゃないぞ、二人ともに知り合いのようだし。私立と公立で分かれちゃった小学校時代の親友と、同じクラスの男子って感じじゃないか?」
「それだけだったら探して追っかけて、お店を覗く様なことする必要ないじゃん。今までは覗いていただけだった。ところが今日は相対するようにお店に入った。この違いは大きいと思うぞ。」
「考えすぎだろ?ほら、和やかに談笑しているぜ。」
「だからお前はもてないんだよ!見てろよ、2〜3ヵ月後には組み合わせが変わってるはずさ。そのころには彼氏の脇に私立の娘はいないよ。」
「まさか?」
「そんな決意をして店に入ったんだよ、彼女は。第3者から関係者になるために踏み出したんだ。」
「そんなもんかね。よ〜し、そんなに言うんだったらここの珈琲1ヶ月でどうだ?」
「受けた。確認できない場合はドローでいいな?」

本日のメニュー
  ソーダ水

濃縮された原液を炭酸水で割って、氷を浮かべレモンスライス・チェリーなどをトッピングして提供します。
炭酸水には2種類あり「クラブ・ソーダ」を使うお店とガスカートリッジを使うディスペンサーを用いる店があります。どちらにしても紙コップ式の飲料自販機と同じ製造法ではあります。
コーヒー・紅茶に次いで原価率のよい商品でもありますね。

若いカップルがトロピカルカラーの飲み物にストローを2本差しているのは絵になりますが、中年の不倫カップルでは気持ちが悪くなる光景です。
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
可愛いカップルに不思議ちゃんな少女、この先どうなるんでしょうか。どう転んでもさわやかな結末になりそうですね。
楽しみにしてます。
Posted by 麒麟 at 2007年10月05日 08:52
うわ、「まちぶせ」(石川ひとみ他)が流れておりますΣ( ̄□ ̄;)!!

・・・でも元ネタを考えると「ホント?モット!ズット!」(東京少年)ですかねぇ。

・・・と、古いうたで勝手に盛り上がっております(意味不明)

次の回で謎が解けるのでしょうか。
Posted by あんぐれっちーに@開店休業 at 2007年10月05日 08:55
★麒麟 様

いらっしゃいませ。モーニング付でいいですか?

>続き、ありますよね
え〜!「続き」ってあーた、考えてないですよぅ!!
「風景」「症候群」とも、基本的に印象に残ったワンシーンを切り取ってみているわけで、あまり後先を考えていません。
登場人物としてこのカップル(+1)が出てこない限り賭けは成立しないままになることでしょう。

★Σ( ̄□ ̄;)!! 様

いらっしゃいませ。BGMはいかがだったでしょうか。

>次の回で謎が解けるのでしょうか
麒麟さんにも申し上げたんですが続きはありませんよ。

元ネタはお察しのとおり「まちぶせ」です。私は「石川ひとみ」の透き通るような声に騙されていました。
歌詞だけ読むと完全に「ストーカー」の女性です。

>「ホント?モット!ズット!」(東京少年)
ググリました。ちょっとイメージが違うかな〜。語っている女性は丁度「5年後」の辺りでしょうか?もう少し大人びて、自分の武器などをしっかり把握している気がします。
Posted by 銕三郎 at 2007年10月05日 10:11
最近は、徳永英明さんが歌ってるのも
TVで何度か見ましたが。。
久しぶりに聞くと、歌いたくなりますね〜

ご無沙汰です。
レモンスライスを浮かべたソーダ水、
お願いします♪

公園の木々が紅葉し始めましたが、日中は
まだまだ暑いので、氷をカラカラさせながら
ちょっと涼んでいきますね。
Posted by Home-Design at 2007年10月06日 14:04
★Home-Design 様

いらっしゃいませ。紅葉のイメージで黄色と赤を2層に重ねたソーダ水ではいかがでしょう。
ごゆっくりしていってください。

>徳永英明さんが歌ってる
あ、本当だ。YouTube掘り起こしたらすぐ見つかりました。
高域の綺麗な声質だとうまくはまるんですね。
Posted by 銕三郎 at 2007年10月06日 14:59
え〜、まさかぁ、続きがないなんてことはあり得ないですよぉ。(うんうん)
そのうち「ケンカをやめてぇ〜 二人をとめてぇ〜♪」というBGMが流れたりするに違いありません! (^o^)

「トロピカルカラーの飲み物にストローを2本差して飲んでる中年の不倫カップル」なんて、リアルにいるんですか??
コ、コワい。。。
Posted by アキラ at 2007年10月07日 09:54
★アキラ師匠

いらっしゃいませ。ご注文はソーダ水でよろしかったでしょうか?

>ケンカをやめてぇ〜 二人をとめてぇ〜♪
喫茶店で喧嘩が始まっても困りますので、とりあえずこのBGMはナシでしょう。
若いカップルの成り行きはそっとしておいて上げましょう。

>リアルにいるんですか??
いたら怖いですよね。でも、歳の差の変に離れたカップルだとありえないことではないんで、一応想像していただけるように書き記しておきました。
Posted by 銕三郎 at 2007年10月07日 17:25
ソーダ水、くださーい! あのワルそうな色の液体が、体にしみ込む感じがたまりません。マスターのとこのはサクランボ入ってますか?

今日は科博でクリームソーダを飲みました。あ、そうそう、田原町でヤキソバも食べましたよ。相変わらずノスタルジックなお店です。壁にやたら鏡があるなぁと思っていたんですけど、青のりチェックのためなのかな。どう思います?
Posted by カブ子 at 2007年10月08日 20:04
★カブ子 様

いらっしゃいませ。ソーダ水ですね。チェリー等のトッピングはソーダ水の色によって変えています。

>田原町でヤキソバ
いいですね〜。私の行動範囲ではなかなか足を伸ばせませんよ。浅草見物のついで位しかいけませんね。
確かに鏡が多いとそのあとに会う人に迷惑をかけずに済みそうです。
Posted by 銕三郎 at 2007年10月08日 21:48
わーい。ソーダ水大好きー。
サクランボはいいから、スライスレモン入れてくださーい。
ストローの2本差しカップルって実物見たことありません!とっても見たいですー。
ヤシの木の下で、ヤシの実にストロー差して飲みたいなー、と思ったことはあります。
中年の2本差しは人気ありませんね、うんと高齢になってから、爺さんの彼氏とやってみますね。
ところで少女はナニを最終目的に決意したのか、この先が気になりますー。ストロー3本差し目的じゃなさそうな気はしますー。
Posted by 青グリン at 2007年10月09日 23:06
★青グリン 様

いらっしゃいませ。レモンスライスには水色のソーダ水がよいでしょうか?マンダリンも2粒加えましょう。

椰子の実+ストローはあこがれますね。東京で椰子の実を手に入れようとするとかなり高額になってしまいます。やはり、南の島限定のメニューですね。

>ところで少女はナニを最終目的に決意したのか、この先が気になりますー
歌詞では「振り向かせる」ことを強調しているだけなので後のことは考えることを放棄していました。
リクエストがあまりに多いようなら考えてみるしかないですけれど・・・。やっぱりそっとしときたいなぁ。ドロドロは苦手です。
Posted by 銕三郎 at 2007年10月10日 00:44
こんにちはー、秋ですね。
ギンナンを踏まずに歩こうとしたら、足首ひねりそうになりました。


続きは、山口百恵の『絶対絶命』かな(笑)
わかります?

Posted by Luna at 2007年10月10日 12:07
★Luna 様

いらっしゃいませ〜。用心棒の青グリンさんときんぎょさんはご一緒じゃないんですか?そういえば青グリンさんは昨夜お一人でお見えになっていましたから、当番制なんでしょうか?

>ギンナンを踏まずに
もったいない。拾って歩きましょう。美味しいですよ!

>山口百恵の『絶対絶命』
私立の娘のほうからの目線ですね。
山口百恵さんに書き下ろした阿木燿子さんの詞は、スピード感・緊迫感があり良いものが多いですね。作曲家がそばに居るのでイメージを構築しやすいんでしょうか?
Posted by 銕三郎 at 2007年10月10日 12:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58890521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。