2007年11月30日

◇「今夜こそは」と思うだけの道程

晩秋の陽は既に地平の下に隠れ去っている時間。
店内の窓際のテーブル席から、残る二人に挨拶をした女性が扉を開けて出てくる。
ごく普通の足取りで駅に向かって歩み去る。
残った男性のうち一人が迷った挙句立ち上がった。
その姿を見上げながらもう一人はテーブルに置かれたケースから細巻きの葉巻を取り出し咥えて火をつける。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「や、やっぱり俺行って来る。戻ってくるからな、ま、待ってろよ!」
「ああ、行って来い行って来い。こいつのストックがなくなるまではちゃーんと待っていてやるよ。」
「どうしたんだ?慌てて飛び出していったが。はは〜ん、またいつもの定期便か?」
「あ、マスター。当たり〜。いつもの彼女の騎士になりにいったよ。ナイト以上になるために勇気を振り絞ることもできないのに。『待ってろよ』ってのは『何にもなくてすごすご戻ってきます』って行く前から宣言してるってことに気付かないんだから。」
「まあそう言ってやるな。あいつらしいって言うか、お前とは全然タイプが違うんだからしょうがないさ。自分に自信がもてないんだろう、特にお前なんかといつも一緒にいればな。」
「いい子なんですけどね、彼女。でも僕の趣味には合わないんですよね。あの娘があいつを見る眼は『お友達』以上ではないよね。」
「どちらかと言えば興味はお前の方にありそうだよな。でもお前も男としては見られてないように思うぞ。」
「わかってますって。あえてそうなるように影で努力してるんですよ。親友の想い人の興味を全て自分に向けさせちゃったら、ここからの帰り道、危なくってしょうがないじゃないですか。」
「多少手を貸してやったらどうなんだ?情けなくって見てられないぞ。」
「あいつは僕のそっち方面は認めてないんだ。だから僕が手を貸すことは許してはくれないよ。」
「ああもうじれったい奴らだな。何でも一人で何とかなると思ってるのか、あいつは?」
「ひょっすると今のままで居たいんじゃないかな?告って振られるよりもって考えてんだろうね。普段はあんなに自信たっぷりなヤツなのに、女の子が絡むと一変にこれだもんな。わっかんないよね〜。」
「もうどの位あのままなんだ?中坊じゃないんだから『見ているだけで・・・』なんてのは通じないぜ。」
「知り合ったのは新歓の頃だったけど、くっついて行動するようになったのは梅雨前辺りかな。」
「進展するには都合のいい夏も過ぎ、気分の盛り上がる秋も終わろうとしてるのに何やってんだあいつは?そういったアクションを起こさないのか?」
「そういえば前にあったあった。なんだかすごく落ち込んでたんで吐かせたら、その日朝から一日中一緒で、あいつも浮かれてたんだろうな。信号待ちをしていた人出の多い交差点で『好きだ』みたいなことを言ったらしいんだ。そしたら悪い冗談のように笑ってあっさり流されちまったって。それ以降、頑なにナイトの位置から動こうとはしなくなったと思う。」
「おいおい、それじゃあいつまでたっても平行線のままじゃないか。周りがお膳立てして、あの子に『私の彼氏はあいつしかいない』って認識させてやる方がいいんじゃないのか?」
「ほっといていいよ。時間が解決するだろうし、傍で見ていて面白いんだ、普段は見れないあいつのあたふたした顔が見られて・・・。」
「なんていう友達がいのない奴なんだ。もうこの店への出入りも考えてもらわなきゃなんないかな。」
「ちょっと待ってよ、マスター。あいつに免疫がないのが問題なんでしょ?こんな辛い想いをした経験が次の役に立つってもんでしょうが。俺の立場だって微妙なんだからそんな風にいじめないでよ。」
「ははっ、まあな。お前があの子を少しでも避けるような素振りをしたら今の関係は続けられんだろうな。だからといって放っておくのもあんまりだろう。あいつに気付かれないような援護射撃ぐらいはできるんじゃないか?」
「本人にその気がないんじゃしょうがないんじゃないかなぁ。しかし、妙な関係ですよ。彼女のご両親も公認だってのに。」
「はぁ???」
「何回か送っていったときに上がりこんで食事までご馳走になったって言ってた。」
「あちらの親も公認の恋人未満、ってなんだよ?わかった、お前が放っておく理由がなんとなくな。」
「周りが盛り上がるほど彼女には意識されてないってことですよ。彼女にとっては都合のいい兄貴なんでしょうね。あいつがそれに気付くまでそのままにしておいた方がいいんですよ。」
「わかった、納得。彼女から他の男に告白したいって相談されたらあいつ、どうするんだろうな・・・?」
「その時になって僕の存在意義が出てくるんですよ。親友としてね。」
「そこまで見越してるんなら、みんなの前で躍らせとくのがいいか、可哀相だがな。お前も大変だな、珈琲お代わり持ってきてやるよ。あいつが戻るまでまだ時間はかかるだろう。煙草は大丈夫か?」
「ご馳走様です。これはそこらじゃ売ってないんで、いつも予備を2〜3個かばんの中に入れてあります。明日の朝までだってもちますよ。」

本日のメニュー

  カフェ・クレーム・ノワール

アレンジコーヒーのような名前ですが、これは珈琲ではなくオランダ製の煙草、それもシガリロです。シガリロとは、映画などでよく見かけるシガーほど太くなくサイズは紙巻の煙草と同じくらいの葉巻です。
甘く上品な香りとスイートテイスト、ブラックコーヒーのイメージでブレンドされています。10本入り370円
お客の彼に似合う煙草をと色々考えていたんですが、紙巻よりも細巻のシガリロの方が似合いそうだったのでこれをご紹介することにしました。

<煙草を召し上がらない方へ>
煙草は珈琲と同じく嗜好品なので、一度気に入ると別の銘柄にはなかなか変更しません。中にはまれに気分や周りの雰囲気によって銘柄を変える方もいらっしゃいますが・・・。
また、煙草葉のブレンドにより様々に味が変化するところも珈琲と似たところがあります。

シガー・シガリロは葉巻の部類に入ります。これらは紙巻煙草のように思い切り吸い込むような無茶は厳禁です。口の中で燻らせ、多くの空気とともに肺に入れ、吐き出す際の刺激をも楽しむ、これが一般的な楽しみ方でしょうか。
そのため、紙巻煙草に比べ消費速度はかなり遅く、シガーの場合は一遍に吸い切れないことが多いので、専用のケースで吸いさしを持ち運ぶこともあります。

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
殿方どおしの世界を垣間見た気分です。
女ごころは秋の空。いつなんどき「潮目」が変わるか分かりません、頑張ってもらいたいですナイトさん。

葉巻と聞いて、ワインとダックスフンドに陶酔してる女優さんが浮かびました…。すみません。オトナの召し上がりモノですね。マスターも?
Posted by どれみ☆ at 2007年12月03日 00:16
暖房が効いてるはずなのに背筋がぞくぞくします。
暖まるやつをひとつ下さい。

表題を目にして、さだまさしの「冗句」以外思い浮かびませんΣ( ̄□ ̄;)!!
(歌詞はこちらのサイトに出てます。アルバム「帰去来」の4曲目です↓)
http://www.cai-insect.jp/sada/
・・・この歌詞にはナイト君の友人は出て来ませんけど、
学生当時、周りでシガリロ吸ってる奴、知りませんでしたから、
彼らは若いサラリーマンですかねぇ・・・(^_^;)

おいらの場合、喫煙するとてきめんに目覚めるので、
徹夜仕事をするのにはなかなか効果的なんですが、
真夏でも手足がびっくりするほど冷たくなるし、
いざ眠りにつこうと思ってもよく眠れなくなるもので、
就職以来、吸っておりません。
今吸い始めたら間違いなく習慣化する気がするのですが(^_^;)
Posted by あんぐれっちーに@昼休み at 2007年12月03日 13:09
★どれみ☆ さん

いらっしゃいませ。規則正しい生活は大事ですよ。

>女優さんが浮かびました…。
名古屋出身のあの方ですね。体をワインが流れていると言った・・・。

>オトナの召し上がりモノ
そうですね、葉巻は恰幅のいい成金親父が似合いそうですね。召し上がるものもブランデーあたりが似合いそうです。
シガリロはどちらかと言うと繊細で、神経質な男性の雰囲気ですね。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月03日 21:35
★あんぐれっちーに兄やん

いらっしゃいませ、お寒うございます。
温まる物ですか?それではアイリッシュコーヒーなどいかがでしょうか?濃い目のフレンチローストブレンドに白ザラメを溶かし込まず入れ、アイリッシュ・ウイスキーを加えます。表面にホイップクリームまたはフレッシュクリームで蓋をするように覆います。

>さだまさしの「冗句」以外思い浮かびません
ピンポ〜ン!正解です!!
あの歌を第三者から見るとどうなるかと描いてみました。いかがでしたでしょう?
とりあえず大学生のつもりでした。私も学生時代からシガリロは吸ったりしていましたよ。

喫煙は血管収縮を促すので馴れない方は手足の冷えを感じることがあるようです。その分血圧が上がるので脳に向かう血流が増え覚醒作用も伴うのでしょう。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月03日 22:18
あ〜、寒いっすね〜。
僕にもアイリッシュコーヒーください。

シガリロなんてものがあるんですね。
煙を嗜まない僕は、初めて知りました。
タバコにはとんと興味がないのですが、葉巻には少し興味があります。
というわけで、敷居の低そうなシガリロにはかなり興味が湧いてきました。 (^o^)

ブラックコーヒーのイメージでブレンドされているなんて、美味しそうだし、お値段もそれなりだし。
今度試してみようかな?
当然、フィルターなんてついてないんですよね?
Posted by アキラ at 2007年12月05日 01:50
★アキラ師匠

いらっしゃいませ。アイリッシュコーヒーですね。

>当然、フィルターなんてついてないんですよね?
いや、シガリロには吸い口の付いたものもあります。タバコの葉に直接口をつけるとしびれるような感じになる方もおられるようなので。

でも、喫煙者が言うのもなんですが、今から煙草には手を出さない方が良いですよ。ニコチン中毒は厄介ですよ。

<追記>,,,囁きを見落としていました。
入手場所は一般に「タバコセンター」と呼ばれるJTの直営のお店が可能性が高いと思います。後は外国煙草やシガーを扱っている大き目のタバコ屋さんなどですね。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月05日 23:30
ずっと赤マル(ボロ)でした。確かに、銘柄変えるきっかけってあまりないですね。ボックスよりもソフトパッケージの方が好き。ボロボロになるから。
やめて3年になりますが、未だに何か物足りない気分になります。そう、一仕事終えたときとか(まさに今)。
Posted by カブ子 at 2007年12月12日 13:54
>赤マル
こう聞くと「LuckyStrike」を思い浮かべてしまいますね。
私は3度ほど変えました。全て輸入中止が原因です。マイナーなものばかり吸っていたもので・・・。

>ボロボロになるから。
普通ソフトパッケージは煙草も一緒にボロボロになってしまうのでBOXパッケージが好きという流れではないんでしょうか?さすがに造型家は視点が違うんですね。

>やめて3年になりますが
すると「キミ〜」の妊娠を機にってことですか?えらいなぁ。うちのは未だに吸い続けておりますよ。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月12日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。