2007年12月06日

テイスティング報告 to yasさん

今回は個人的なお礼を含めた記事です。
興味のないかた、訳がわからないとおっしゃる方、読み飛ばしていただいて結構です。

10月末のyasさんの帰国に合わせたオフ会のとき、珈琲豆をNZから届けていただいたことは以前の記事(NZからの香り)にも書いた。

見慣れぬパッケージに封入された異国の豆は全てがフレンチ以上の高焙煎豆であろうことはわかっていた。私自身はNZで普通に売られている豆の味に興味があって、できれば3袋とも開けて早く味見がしたかった。
だが、現実問題を考えるとなかなかパッケージを開ける勇気が湧いて来なかった。
どちらかというと浅いローストで酸味・香りを楽しむのが好きなかみさんに、それぞれ1週間も続けて苦味の強い珈琲を飲ませ続けることになるのが、どんな怒りを買うかわからないって言うのが本音のところであった。

それでも、これまで飲んでいた豆が切れたのを機会にやっと1袋目の封を開ける事ができた。


「Ultimo」
袋を開けた際の焦げたような香りは、日本で好まれる「炭火焙煎」とは違うスモーキー感のないすっきりした香りであった。ミルで挽き始めると家のどこにいてもわかるほどに香りが立つ。
通常の手順で抽出してみるが、「苦味」が前面に出てしまい他の味がわからなくなった。
迷わずメッシュを極端に粗く設定し再度挑戦、湯面の高さも低く抑えじっくりと抽出する。
これが今回手に入れた3種類の豆の基本的な抽出法となった。
味は苦味が和らいだおかげで随分と飲みやすく変化した。
苦味の質も変わり舌と喉を刺激していたものから舌を心地よく痺れさせる程度に落ち着いた。加えて焙煎による甘さも加わり、若干の酸味も感じられるようになった。

「PRIMO」
先の豆を使いきったところで新たに封を開けた。
若干ローストによる香りではない、豆の持つ香りがかすかに感じられる。焙煎度は「Ultimo」に比べて浅い(比較上の違い。シティーまで浅くなったということではない)ようだ。
「Ultimo」抽出時に決めた抽出法で落としてみる。豆の状態からもわかるとおり苦味が若干弱い、刺激も少ない。若干薄っぺらくなったように感じていた。
だが、その後の変化は急激だった。
飲みかけた珈琲を置いたまま器具を洗うため流しに戻り、ドリッパー・サーバーをすすいで戻ってみると息子が私の珈琲を飲んでいた。苦味に嫌な顔をすることもなく「お父さん、今回の珈琲、前のよりずっと飲みやすいよ。それに飲んだあと口の中にふわっと甘さが広がってくる。」と言っている。刺激が弱くなったので飲みやすくなったのかと思い自分でももう一度味わってみる。するとどうだろう、強烈に甘味が強くなっているのだ。喉まで通り過ぎたあと口じゅうに広がる甘さはどこから来たのだろう。
そして気付いた。私はかなり熱めの珈琲を飲むのだが、作業中に温度が下がり子供が飲める温度になっていたのだ。この豆の適温は低かったのだ。自分の至らなさを感じた瞬間だった。あれほど「研修会」で温度について触れていながら、自分の抽出で確認を忘れるなんて・・・。

「JUMP START」
先の「PRIMO」は非常に美味しいと感じたためか豆がなくなるのも早かった。そして最後になったこれの封を切る。
立ち上がる香りは焙煎によるもので豆本来の持つ香りは全く感じられない。
豆の表面にはてらてらと光る油が纏いつき、ざらざらという感じには豆は動かない。純粋にイタリアンローストされた豆だった。
この時点で既に私の心は引いている。なんだかおざなりのカップテストしかできそうもないぐらいだ。
同じように淹れてみるが、心は躍らない。思ったとおりの味、しかし前回のこともあるため少し冷めるまで待って再度味わう。が、エグ味が増しただけでふくよかな味の広がりが増すことはなかった。これはやはりエスプレッソや、豆の油も浸透させることができるフィルターを使用したドリップでなければ美味しく淹れられないという結論に達した。

今回yasさんにお願いして3種の豆を手に入れたことにより、珈琲タイムがエンジョイできた以上の成果が充分に有った。
思った以上に自分の抽出感覚が「錆付いて」いること。そして、目と頭で味を判断してしまいがちなこと。この2点がはっきり自覚できたことは良かったと思う。
慢心してはいけませんね。

その後、「JUMP START」はアイスコーヒーを淹れるために冷凍庫で出番を待っているのを報告しておこう。

最後にyasさん、荷物が増えて大変なところ、3種類もお届けくださり感謝にたえません。それぞれの味わいの違い、堪能させていただきました。お礼と報告に代えてこの記事を掲載させていただきます。

ありがとうございました。

posted by 銕三郎 at 12:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらこそ、こんな詳細なレポート、ありがとうございました。
普段飲んでいながらあんまり違いがよくわかっていなかった(または、どう違うのか説明できなかった)いろんなコーヒーのことをこんな風に解説していただいて、楽しみながら読めました。
残念なのは、これを読んだ後に自分で確認しながら飲むことがもうできないことですね。

JUMP STARTは、確かにあの中では一番安っぽいパッケージでしたものね。あれだけは僕も普段あまり飲んだことがなかった気がします。アイスコーヒーの季節まで冷凍庫の中でじっくり寝かせてください(笑)

今度また海外出張に行く機会がありましたら、ご当地豆を買ってきますね。
Posted by yas at 2007年12月07日 08:17
★yas さん

おいでませ〜。「PRIMO」淹れますからゆっくりしていってね。

>残念なのは、これを読んだ後に自分で確認しながら飲むことがもうできないことですね。
そう言われるだろうと思っておりました。本当に申し訳ないなぁと思っております。ちゃんと帰国前に「PRIMO」も飲んでコメントぐらい上げておけば良かったと今更ながらに恐縮しております。すんません(謝)。

>ご当地豆を買ってきますね。
有難いお申し出、嬉しく思います。必ずや記事にさせていただきますので、よろしくお願いいたします。一緒に飲めればいいですね。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月07日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。