2007年12月10日

◇クリスマス商戦への準備

木枯らしが吹きぬける、夕暮れの近い時間帯。
商店街からはクリスマスソングが聞こえてくる。
半袖の制服のまま店から出てきたウエイトレスがメニュー板にビラを貼り付けている。風に飛ばされることがないようにと念入りに止めているようだ。
そろそろ年末のイベントが始まるらしい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、貼ってきましたよ〜!」
「うん、ご苦労さん。外は寒かっただろう。ちょっと休憩してていいぞ。ココアでも作ってやろうか?」
「あれ?今日は優しいですね。何かあったんですか?」
「いや、これからクリスマス、年越し、正月と忙しいのが続くからな。その最初のイベントが始まったなと思ったから、つい、な。」
「でもこの『クリスマス・ケーキ購入券抽選会』ってなんでですか?予約していただいてたくさん販売すればいいじゃないですか。」
「ダメだ、うちは珈琲屋だ、ケーキ屋じゃない。なんて強がってもいいが、実際はタマがないんだよ。」
「えっ?発注すればいいんじゃないんですか?」
「そんな工場みたいなところから仕入れていると思うのか?」
「まあ確かに、マスターのことだからこだわりがあるんでしょうから、普通のケーキ屋さんじゃないことは確かですよね。」
「聴いて驚け・・・と言って詳しく教えるわけにはいかんのだった。まあ、毎年やっているから何回か当たったことのあるお客はどういった代物だかだいたいわかってるだろうがな。」
「えっ?そんな有名なお店のなんですか?」
「店じゃない、パティシエって言うかケーキデザイナーなんだよ。コンペ用に作ったケーキを量産するためにレシピとして書き下ろすんだが、その際にプロトタイプとして作ってみるんだと。それは納品するものじゃないってんで俺んとこに廻してくれるんだ。」
「ゆ、有名な方なんですか?」
「そこそこだな。多分お前も名前ぐらいは聞いたことはあると思うな。」
「そんなレアなケーキをあの値段で販売していいんですか?」
「このイベントは店からいつも来ていただいているお客さんへのサービスのつもりなんだよ。俺は奴から請求された金額程度しかお客から頂いてないんだからな。だが、俺んとこに廻さなきゃ捨てるもんだなんて奴は言ってるが、実際はわざわざ作りなおしてくれてるよ、どう考えても時期が合わないからな。だから本来ならば倍以上の金額をつけてもおかしくはないものだぞ。」
「マスターがそんな有名人と知り合いなんて・・・。また後ろ暗い方から手を回したんじゃないんでしょうね?」
「馬鹿いうな。昔々の仲間だ。あいつは自分を俺の後輩と思っているようだがな。」
「学校ですか?」
「いや、バイトしてた店のホールチーフと新人カウンターって関係だった。部署が違うんで俺はあいつを後輩とは思っていない。そんなことで先輩面すんのは嫌いだ。」
「ひょっとしていつも出してるケーキも・・・?」
「ああ、開店当時どこで聞いたのか訪ねてきて、『先輩の店だったら、ケーキの面倒は僕に見させてください!』って言ってくれたんだよ。あいつも今ほどではないが、そこそこ忙しくなってきていたのにな。俺もケーキに関しては素人と変わらんから、『渡りに船』で厚意に甘えさせてもらった。そのまま今日まで続いているんだ。」
「このマスターのどこに惚れ込んだんですか?その方は?」
「さあな、俺が訊いても笑ってるだけなんだ。だが大いに助かっているよ。それどころか、いくら感謝しても足りないぐらいだ。特にパーティの際のデコレーションケーキなんて、時間がなくても予算が厳しくても必ず客のニーズにあった季節感のあるものを用意してくれている。忙しいはずなのにな。こんな注文、普通の業者には発注できねえよ。」
「過去になにやらかしたんでしょうねぇ、私はそっちのほうが興味がありますよ。そこまでマスターに心酔しているなんて・・・。」
「会うことがあったら訊いといてくれ。知らないうちはこのまま付き合っていけばいいと思うが、場合によっては礼の仕方や対価も考え直さなきゃならんからな。」
「私でわかるんですか?」
「どうかな?多分無理だろうが、わかればってことでいいのさ。その方があいつとの関係が変わらなくて済む。」
「うわっ、すっごくマスターらしい!!でもとってもいい関係なんですね!ケーキ、おいしそうだし私も抽選会に参加していいですか?」
「構わないが、5号のホールだぞ。誰と食べるんだ?また親父さんとかい?あいにくと常連のガキ共もイブは埋まってるようだぞ。」
「マスターってば、ひどい・・・。」

本日のメニュー

  クリスマスケーキ

読者の皆様、もうご予約はお済でしょうか。
クリスマスイブを家族と過ごされる方には必需品ですよね。
これと鶏または七面鳥のローストとツリーが無いとなんだか雰囲気が盛り上がりません。

今でこそ様々なケーキが売られていますが、私の幼い頃は生クリームすら使われていないバタークリームのショートケーキが主流でした。
ある年のこと、これまでとは違う発泡スチロールの容器に入ったアイスクリームのケーキが用意されていたときは大喜びした覚えがあります。
でも、暖かくした部屋で食べていたので、1切れを食べきる前に溶けてしまったためか姿形そして味も全く覚えておりません。

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正月になっても食べられる(食べさせられる)バタークリームのケーキですね。
あるにはあったチョコも硬いチョココーティングでした。
懐かしいです。
Posted by ぐるぐる at 2007年12月10日 09:57
バタークリームケーキ、嫌いじゃありません、ほんとのバター使っていたら。ただ、カロリーが高いんですよね。
でも、よく上にかかっていた仁丹みたいな粒粒はちょっと…苦手でした。

クリスマスは家族で過ごしましょう(笑)
Posted by Luna at 2007年12月10日 17:44
★ぐるぐる 様

いらっしゃいませ。ブレンドをどうぞ。

>正月になっても食べられる(食べさせられる)
そうそう、両親が共に買ってきてしまい、食べきれず残ったケーキがお正月まであってってことがありました。傷みませんでしたよね昔のケーキって。

>硬いチョココーティング
25日に終業式から帰って、おやつに食べようと思っていたケーキの表面だけが全部無かったことがありました。先に帰っていた妹にやられました・・・。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月10日 20:15
★Luna 様

いらっしゃいませ。ご注文がないのでブレンドをお出ししておきます。

>バタークリームケーキ、嫌いじゃありません、
安いのはクリームを食べているんだか蝋をなめているんだかわからないのがありました。

>よく上にかかっていた仁丹みたいな粒粒
アラザンっていいましたっけ。
http://www.recipe.nestle.co.jp/from1/cook/word/a/arazan.htm
私もこれと「アンゼリカ」は嫌いでした。チョコスプレーやカラースプレーは大好きだったんですがね。

我が家は今年も「サ○ット」で予約しました。イブに外で過すなんてことは旅行に出も行っていない限りないですね〜。
辰蔵もこの日の夜には耐寒キャンプから帰ってきますから、一家揃っての聖夜になります。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月10日 20:29
寒いっすね〜、僕もお勧めブレンドを。

アイスクリームのケーキ、ありましたねぇ!
すごい憧れた記憶があります。

バタークリームケーキは、いい素材で美味しく作ってくれてあるものは好きですね。
ある意味、生クリームのケーキより好きかも。

うちのカミさんちは、お父さんが買ってきたケーキをイブに食べてたそうなんですが、次の日の朝ご飯がそのケーキの残りだったそうです。
それはそれで、楽しみだったようですけど。 (^o^)
Posted by アキラ at 2007年12月11日 18:31
★アキラ師匠

いらっしゃいませ。倍量の豆を使用したリッチブレンドをどうぞ。

生クリーム<バタークリームの方って多いんでしょうか?
私はバタークリームのしつこさがちょっと・・・。

>次の日の朝ご飯がそのケーキの残り
私もよく記憶に残っている光景です。
日を置くと段々切り口からスポンジがパサついてきて、ボソボソになるんですよね。
でも、当時は特定の日にしかケーキなんか食べさせてもらえないので、嬉しかったんですよね。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月11日 22:04
こんばんは〜。冷え込むのでアイリッシュコーヒーをいただけますか?

数年前まではデパ地下でお気に入り店のケーキを予約していましたが、ここ3年ほどは梅子が「手作り!」を主張して作っています。とはいえ、市販のスポンジに生クリームを塗りたくって2パックの苺をこれでもか!と飾り立てるだけのものですが。しかも生クリームを手動で泡立てるのはムッシュの仕事です。おまけにパティシエのケーキを買うよりもコストが嵩んだりします。。。この時期の苺、高すぎ!

>バタークリーム
私も子どもの頃から苦手意識がぬぐえなかったのですが、六花亭のマルセイバターサンドを食べてから見解が一変しました。大好き〜♪ハァハァ。。。

>当時は特定の日にしかケーキなんか食べさせてもらえない
そうそう。9月生まれの私のお誕生ケーキには、イチゴの形をしたゼリーが飾られていました。「本物じゃなーい!」と文句を言ったら怒られますた・・・。
Posted by ひそそか at 2007年12月11日 23:59
★ひそそか 様

いらっしゃ〜い。冬本気モードになってきましたね。アイリッシュコーヒーをどうぞ。

>梅子が「手作り!」を主張して作っています。
一時期うちもお順がそうでした。でも、既製品のケーキに慣れ親しんだ兄(辰蔵)の冷ややかな反応にあきらめたのか、最近はイベントケーキは既製品と納得したようです。

>ムッシュの仕事です
私は「手動」だったら丁重にお断りします。だって半分以下の時間で疲れずできるんですよ、「電動」は・・・。

>イチゴの形をしたゼリー
私の田舎では、「タ○ラ○ネ」のFCができる前はケーキと言えばもっぱら「ぺこ家」かパン屋さんのものと相場が決まっていました。「ぺこ家」はいつでも本物苺が乗っていました。パン屋さんのケーキでは「アンゼリカ」もゼリーだった気がします。
「モ○×ガ」がクリスマスにアイスクリームのケーキを販売しはじめて驚きましたよ。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月12日 11:00
こんにちはー。仕事がひとつ片付いたとこなのでくつろぎに来ました。ブレンドをお願いします。
えっ、ケーキがあったんでしたっけ? どんな種類のを置いてるんですか? 前に出してもらったバケツプリンはマスターの作ですよね?(笑)

毎年イブは仕事のピークでクリスマスどころじゃなかったのですが、今年は余裕がありそうです。ケーキでも作ろうかな(粘土で)。
Posted by カブ子 at 2007年12月12日 13:40
>えっ、ケーキがあったんでしたっけ?
以前に「南瓜パイ」が登場したことがありましたが・・・。
マスターがその時の気分でこの方に発注していると思っていただければ幸いです。
在庫ができてもしょうがないので最低限の発注しかできないはずです(2ホールとか)。

粘土よりも蝋細工で作ってください。素敵なディスプレーになると思います。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月12日 17:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。