2007年12月13日

◇ラストオーダー

いらっしゃいませ。いつも足をお運び頂きありがとうございます。
今回で通算50回となりました。これほど続けられるとは思ってもいなかったので自分なりに驚いています。読者がいてくださるというのは本当に励みになるんですね。今後ともよろしくお願いいたします。

実は記念の回なのでオールキャストのパーティーものにするか、応用編のまとめにしようと思っておりました。しかしながらまだクリスマスパーティにはやや早いようですし、応用編は依然「まとめ」までたどり着いておりません。
そこで今回は、随分前に仕上ったんですが発表するのを逡巡していたものを50回記念として見ていただく事にしました。
少し形式が変わっていますし、主演が珍しく女性だったもので、本当にこれでいいのか随分迷っていたものです。

ご意見ご感想をいただければと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
銕三郎
======<****>======


冷たい雨の降る深夜。
店の周りに灯が点いている店は無くなり、商店街の明かりも消えた頃。
静かに話し込んでいた窓際のカップルのうちの男性が立ち上がり、会計を済ませて宵闇に消えていった。
残された女性はしばらくじっと俯いていたが、テーブルに光る粒が落ち始め、突っ伏してしまった。
ラストオーダーの時刻はもうすぐそこまで近づいている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あれっ?なんで涙なんか・・・。もうダメだってわかってたからあきらめられたし、彼のほうから言い出してくれるのを待っていたはずなのに・・・。」

「ドラマみたいにきれいにさっぱりと振られて、明るくお別れできるつもりだったのに・・・。」

「彼が立ち上がっても全然平気だったのに・・・。窓越しに見送っていたら、思い出がいくつもいくつもよみがえってきて、目の前でにじんでいくのがわかる・・・。」

「泣き止まなくっちゃ。恥ずかしい・・・何度も通ったお店だもの、マスターだって覚えているわね。それにこんな入り口の席で泣いていたら迷惑よね・・・。」

「だからって、慰められたり励まされたりされても困る。今は放っておいてほしい。涙さえ止まれば元気に立ち上がれると思う・・・。」

「ああ、このお店大好きだったけど、もうこられないわね・・・。彼との思い出が多すぎる・・・、それに結構恥ずかしい・・・。いっそのこと彼との思い出と一緒につぶれちゃえばいいのに・・・。」

「私はまた素敵な彼を見つけるの、あんな彼なんか忘れて・・・。でも、次々に涙が溢れてくる・・・。止められない・・・。」

「ああ、もうマスカラも口紅もめちゃくちゃ。こんな顔で電車に乗れるかしら・・・。ひそひそと噂してるぐらいなら誰か一人ぐらい車で送ってやろうって気になってくれないかなぁ・・・。」

「えっ?お店の若いウエイターさん??気付いてくれたのかなぁ・・・。こっちに来る・・・。」

「こんなときは営業スマイルでも嬉しいわ、涙も止まってくれそう。でも声、聞き取れない・・・もう少し大きな声で・・・。」

「あの〜申し訳ございませんが、お客様?これでラストオーダーになります。お会計はお済みになっておられますが、追加でお入用なものはございますか?といってもお飲み物以外はタオルぐらいしかお持ちすることはできませんが・・・。」

*******

「あれから3年かぁ。あの時、彼の笑顔と間の抜けた生真面目な科白に噴出しちゃって、悲しいの通り越しちゃったのね。私何を期待してたんだろう?」
「あいつだって必死だったんだぞ。沈みきっているお客さんの気分を変えてあげようと、カウンターの陰でいくつかパターンを考えて、何度もブツブツ繰り返していたんだからな。」
「どうせマスターが『閉店だからお前が何とかしろ!』とかいってやらせたんでしょ。わかってるわよ。」
「当たり前だ、フロアのことはフロア担当がやらなくてどうする。そのあとちゃんと俺がうちまで送って行ってやったろうが。俺への感謝はどこいったんだ?」
「でも、そうやっていじめるから辞めちゃったんじゃないの、あの子。」
「馬鹿言え、卒業・就職で仕方なくだ。でも代わりにお前がここで仕事するとは思わなかったよ。」
「なんとなく、ね。お店を閉めるまで待っている間に頂いた、ピンク色の甘い珈琲も美味しかったし、なによりあの子の気遣いが優しかったからかな。いいお店だなぁって改めて思ったの。」
「そういえばどうしてるのかな、あいつは。」
「連絡取ってないの?信じられない。いい男に育っていそうなのに、もったいない。」
「今頃どこで何やってんだかなぁ。そのうちひょっこり顔出すだろ。」
「新人君はあの子以上の逸材を見つけてね。期待してるんだから。」

本日のメニュー

  ストロベリーラッテ

ストロベリーリキュールの香りが広がる女性的なカフェ・ラッテ。
普通に作ったカフェ・オ・レにストロベリーリキュールを加えたホイップクリームを浮かべます。その上にチョコレートシロップで軽くトッピング。
淡いピンク色の表面が可愛く、香りも甘い。砂糖を加える場合はカフェ・オ・レに溶かしておいたほうが良いでしょう。
ホイップを硬めに立ててあれば、チョコでメッセージだって書けるでしょうね。



This text is using as the underlay the lyrics "なみだ涙のカフェ・テラス".
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
50回おめでとうございます!
クリスマスパーティーも楽しそうですね♪

心のつぶやきか、独り言なのか…
と思いましたが、ドラマ仕立てで
面白いです^^

こういう状況の時って、自分が主人公に
なっちゃってるんですよね〜、女性って。
そうやって、ぐるぐるいろんな感情が
巡ってるのが、変なようで、実はリアル。
なかなか女心分かってらっしゃいますね〜

今後も楽しみにしてますよ♪
Posted by Home-Design at 2007年12月15日 21:25
おぉ〜!
スターウォーズのエピソード1を観ているようでした。
(2かな? 3かな?)

こういうの、面白くて好きです。
ストロベリーラッテなるものがあるのも、始めて知りました♪
Posted by アキラ at 2007年12月16日 08:51
ストロベリーラッテおいしそう!

ああ、でもコーヒー飲めないんだった。(がっくし)
Posted by minira at 2007年12月16日 19:31
★Home-Design 様

いらっしゃいませ。ご注文がないので「ストロベリーラッテ」をお出しますね。

>なかなか女心分かってらっしゃいますね〜
あ、ありがとうございます・・・。元歌が良かったので上手く仕上がりました。
今後とも女心をわかろうと頑張ってみます。よろしくお付き合いの程を・・・。


★アキラ師匠

いらっしゃいませ。いつものブレンドでよいですか?

>スターウォーズ・・・
そ・それは・・・褒めすぎですよ(アワアワ・・・)
楽しんでいただけて恐縮です。


★minira さん

いらっしゃいませ。ホットミルクでいかがですか?

>コーヒー飲めないんだった。(がっくし)
ストロベリーラッテ、デカフェで作ってみてもいいと思いますよ。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月16日 21:04
私の拙いブログのあまり美味しくない(?)コーヒーの記事にコメントを下さってありがとうございました。

とてもおもしろいコンセプトブログですね!
街角で急に入った喫茶店が素敵なお店だった時のような、本屋さんでふと手にとった本が一目で気に入ってしまった時のような、嬉しい気持ちです。
まだ全部を読めていないので、またお邪魔したいと思います。

ストロベリーラッテ、きれいなのでしょうね。
甘い香りは、悲しさや疲れをやわらげてくれるような気がします。
Posted by Dolphin at 2007年12月17日 19:03
★Dolphin 様

いらっしゃいませ。お座りください、今ストロベリーラッテをお持ちします。

>あまり美味しくない(?)コーヒー
あれ?例のコーヒーゼリーは美味しくなかったんですか?
「ジ○ー○ン」で見かけたときちょっと気になったんです。安いし、そこそこの味なら箱で買っても1000円未満なんで夏場にいいかなと思っていましたが、それが売れていない理由だったんですね。

>まだ全部を読めていないので、またお邪魔したいと思います。
そういっていただけるとありがたいです。またお寄りください、お待ちしております。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月17日 21:03
マスター、聞いて下さいよ〜。
ドリップを1/3量くらい落としたところで、郵便屋さんが来て、僕のほかにいなかったんでしかたなく出たんです。
当然、コーヒーは落ちきってしまっていて。。。
しょうがないので、それに再びお湯を注いで淹れたんですが、マズいのなんのって・・・(ToT)

絞ってしまうと、いかにマズくなるかを再確認させられてしまいました。
マスターに教わるまでは、一番最後のところで全部落としきって淹れてましたから、こんなマズいコーヒーを以前は飲んでたんだな〜、って。

う〜、何度確かめてみてもマズいです。。。
Posted by アキラ at 2007年12月18日 15:56
ラストオーダー、ってびっくりしたー。お店休むのかと思っちゃったー!
あー、良かった。ストロベリーラテちょうだい。チョコでカッパと書いてね。
Posted by 青グリン at 2007年12月18日 21:43
★アキラ師匠

>何度確かめてみてもマズいです
何度読んでも師匠のしぶ〜い顔が眼に浮かんで笑えてしまいます。
まるでウエイトレスちゃんみたいなことをやっていますね。

一度美味しい珈琲を自分で淹れられてしまうと、以前には戻れなくなってしまうんですよね。

講習会が役に立っていることが師匠の顔と共に実感できました。ありがとうございます。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月18日 23:24
★青グリン 様

いらっしゃいませ。ストロベリーラテにカッパのイラスト付でどうぞ。

>お店休むのかと思っちゃったー!
す、済みません。そんな風にとられるとは想定外でした。
オチがラストオーダーだったので、何気な〜くタイトルにつけてしまいました。

まだまだ続けますよ。講習会もキリが付いていないし、書きかけの原稿もまだまだありますからね。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月18日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。