2007年12月25日

◇聖夜が明けた朝

イブから明けた25日。
昨夜の名残もなく新しい1日が始まろうとしている。
開店準備をしているマスターは、時計を見ながらそろそろ出勤してくるであろうウエイトレスのために珈琲を淹れはじめる。
時間ぴったりに駆け込んできたウエイトレスは、そのままカウンター前でまくし立てる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、聞いてくださいよ!」
「なんだ、朝っパラから?一体なんだ?」
「もう、ほんとにひどいんだから。許せない!」
「だから、何だってんだ?」
「こんなに寂しい思いでクリスマスを過ごしているって言うのに、サンタクロースがプレゼントを置いて行かなかったんですよ!もう信じられない!」
「はぁ?・・・プッ・・・ぶぁはっはっは・・・、サンタってお前・・・」
「そうですよ。サンタクロースですよ。何か問題でも?」
「お前なぁ、今時小学生でもそんなことを言い出す奴はいねぇよ。」
「そんなことはわかってますよ。問題はそのあとです!!」
「ん?そうか、そっちか。寂しい思いをしてるのにプレゼントすら誰もくれないって怒ってるわけだな?」
「そうです。昨日の彼女だって、マスターだって、それどころか常連のガキ共だって楽しい思いしているのに、私は父ちゃんと普段のようにお酒飲んで終わりって、不公平!!プレゼントの1つもなきゃ悲しいよぅ。」
「そんなことは一緒に過ごした親父さんに言えよ。」
「言おうとしたわよ。でも、いくら記憶をたどっても父ちゃんがプレゼントをくれたなんてことは1度もなかったんだもん。今更父ちゃんに期待できないわよ。」
「で、なんでまた俺なんだ?」
「父ちゃんの次に近くにいる男性だから。」
「おいおい、頼むよ。ただでさえ世間には誤解されてそうなんだから、不穏当な発言は控えてくれ。」
「だって、多分時間的に言ったら、奥さんよりも長いこと一緒にいるわよ。その私にご苦労様のプレゼントも無し?2号さんの私の立場はどうなるの?」
「ひ、開き直りやがったな。俺が自由にできるのなんて、この店の中だけだ。よし、珈琲なら何ぼでも淹れてやるぞ。どれがいいんだ?好きなの選べ。」
「マスター・・・。私はあの包みの中に何が入っているのかってワクワクしながら開けるのが楽しみなんです。メニューから選べって引き出物の商品カタログみたいじゃないですか。」
「贅沢なやつだなぁ。ほらもう開店まで間がないぞ。着替えて準備をして来い!」
「ふ〜んだっ!マスターのけちんぼ!!」
「やれやれ・・・。」

「ふぇ〜ん、マスタ〜・・・、ありがとうございます〜・・・。」
「何のことだ?」
「あんな風に言っておきながらロッカーにプレゼントいれとくなんて〜。置いてあるんならそう言ってくださいよ〜。」
「誓って言うが俺じゃないぞ!!俺にそんな余裕なんかないことは承知しているだろうが?」
「なーにかな〜?えっ?アクセサリー?なんだか高級そうね。し、シルバーのネックレスだぁ!?確かにこれはマスターじゃないわね。マスターだったらもっと実用的なものか、お食事でしょうからね。」
「どうせ・・・、今年のサンタは気前がいいなぁ。だが俺にはなんにもなかったぞ。」
「マスターはあげるほうでしょ。あら、カードが付いてるわ。『講習会でのお手伝い、毎回ご苦労様でした。今後もよろしくね』だって。オーナーさんね、嬉しいわねぇ〜、内緒で用意してくれてるなんて。今度連絡があったらちゃんとお礼を言わないとね・・・」
「なんだ、オーナーかよ。しょうがねえかな、あいつじゃ。いいとこのお坊ちゃんじゃセンスが違うよなぁ・・・。」
「あら、追伸で『マスターに見せるとクサルので見せないこと』だって、オーナーよくわかっているわね。」
「・・・・あいつは・・・おいしい・・・持って・・・。」
「マスター、何ぶつぶつ言ってるんですか?時間ですよ、シャッター開けますよ!」
「ぜ〜ったい文句言ってやる。あいつめ、覚えてろよ!」

本日のメニュー
  アイスウインナ・アールト

前回の珈琲のアイス版です。
珈琲は冷やして氷を除いて注ぎます。
違っているのはホイップクリームを液面に浮かせるのではなく、グラスの縁から順につけていって蓋をするようにホイップのドームを作るところです。
崩して珈琲に浮かせるもよし、スプンで掬って食べてしまうのもいいでしょう。

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「いいとこのお坊ちゃん」なオーナーの存在が俄然気になりますねぇ。彼は独身なのでしょうか?健気なウエイトレス嬢には幸せになってもらいたいな。しかし阿吽の呼吸で絶妙なコンビネーションを見せているマスターも捨てがたい。妻帯者という身動きの取れない境遇にありながら、ぎりぎりのバランスで二人の距離を測っているように思えます。

ところで今日のメニュー。ケーキ作りで余ったホイップクリームを利用してトライしましたが、難しすぎ〜!綺麗なドームにはなりませんでした。銕マスターはできるの?上にアラザン散らしたらますますクリスマスっぽくなりそうですね♪
Posted by ひそそか at 2007年12月27日 10:39
★ひそそか 様

いらっしゃいませ。本日の珈琲をお出ししましょうか。

>銕マスターはできるの?
当たり前です!!
でもね、「ケーキ作りで余ったホイップクリーム」では無理です。
硬めに泡立てたホイップの作りたてであれば簡単にできますよ。絞るのに力は要りますが・・・。

段々とキャラクターが一人歩きをし始めています。
オーナーもそのうちベールを脱ぐ必要があれば、勝手に設定ができてくるんじゃないでしょうか?今は何にもありませんよ。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月27日 11:12
お久しぶりです。なかなかコメントしに来られなくてすみません(ここでの電報コメントは結構難しいんです・笑)。明日からしばらく出張なので、今のうちに新年のご挨拶に来ました。

ところでnekoちゃんのところでの話ですが、NZでも『フィルター用』とは別に『プランジャー用』に挽いた豆が普通に売ってましたよ。僕は『プランジャー用』は買ったことがないので、どう違うのかは知りませんが。

では、来年もよろしくお願いします。
Posted by yas at 2007年12月30日 09:54
★yasっさん

いらっしゃいませ。いつもの「ロング・ブラック」でいいですか?

>『プランジャー用』に挽いた豆が普通に売ってましたよ
やっぱりそうなんですね。イギリスの文化圏であるって事ですね。ひょっとしてインドでもプランジャーが主流だったりして・・・。

>明日からしばらく出張なので・・・
行き先は上海でしたっけ?
なんだか見慣れぬパッケージの珈琲豆の袋が並んでいそうですね。中国でもコーヒー栽培は行われているので味見してきてくださいね。
では、お気をつけていってらっしゃいませ。
Posted by 銕三郎 at 2007年12月30日 16:36
冷え込んできたので、アイスではなく
あったかいほうでお願いします…
って、まだオープンしてないですよね(笑)

オーナーって、勝手にお金持ちのオジイサマを
イメージしていたんですが、どうやらそうでは
なさそうですね〜
いつか、登場を楽しみにしてます♪

うちは娘が手動ミル(普段は電動ミル)で真剣に
コーヒー豆を挽いていたイブでしたよ(笑)

来年も美味しいコーヒーを戴けます様に…
どうぞ良いお年をお迎えくださいね♪
Posted by Home-Design at 2007年12月31日 05:41
★Home-Design 様

いらっしゃいませ、アインシュパナーでよろしかったでしょうか?

>うちは娘が手動ミル(普段は電動ミル)で真剣にコーヒー豆を挽いていた
お嬢さんはまだ小さかったという記憶が・・・
そんなころから珈琲道を極めようというのでしょうか?いいですねぇ。小さな頃の方が嗅覚・触覚は鋭敏です。バリスタ目指してLet's Go!!
Posted by 銕三郎 at 2007年12月31日 10:38
冷蔵庫に明治のデザートホイップの残りとコーヒー牛乳があったのでやって見ました(邪道をお許しください)。
熱いコーヒーにはふわっと溶けたクリームが全然溶けない。妙な物になりました。

私は初期のころレスで出ていた生クリームたっぷりの「ウィンナティー」を、舌が液面に達した途端「アッチー」と言いながら飲むのが好きです。
Posted by ぐるぐる at 2008年01月08日 10:13
★ぐるぐる 様

いらっしゃいませ、本年もよろしくお願いいたします。「ウバ」で淹れたウィンナティーをどうぞ。うちのは生クリームを泡立てたホイップです。

>明治のデザートホイップ
これは水あめが大量に入っているので珈琲に浮かしたぐらいじゃ溶けないんですよ。どちらかと言うとマシュマロに近いものですね。
でも、コーヒー牛乳を温めるのはこの時期よくやります。子供たちがお気に入りなんです。
Posted by 銕三郎 at 2008年01月08日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。