2008年01月24日

◇新春の密談 〜その影響〜

成人式も数日前に過ぎた頃。
日も落ちて辺りをキンと冷えた空気が満たしてゆく。
会社帰りのサラリーマンの足音も途絶え始める、そんな時間。
店のカウンターにマスターの姿は無く、所在なげなウエイトレスがカウンターに座った常連に話し掛けている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あれ〜、珍しいわね、紅茶なんか飲んでる?」
「風邪気味だって言ったら、マスターが勝手に作ってくれたんです。僕は珈琲が飲みたかったのに・・・。それから、紅茶は紅茶でもこれはチャイ、柚子チャイだそうです。メニューにはないから通常のミルクティーと同額でいいって。無理やり飲ませて金取るんだもんな、でも美味しいし、体の中から暖まりますね。」
「君の体調を気遣ってでしょ、感謝しときなさいな。それより、聞いた?」
「お姐さんの興味があることといえば・・・あいつが年上の彼女をゲットしたことでしょ?」
「そうよ。いいなぁ、私にも誰か告白してくれないかなぁ〜?」
「そんな目で僕を見てもダメですよ。お姐さんは対象外です。ちなみに僕の相棒は、今、他の女の事は眼中にないはずですから無理ですよ。」
「そんな簡単に却下しないでよ。ほら、美人だし、スタイルもいいし、気が利くし・・・。ねえ、もう一度考え直してみる気、ない?」
「よく自分で自分の事をそんな風に美化して言えますね。確かに見られない程の顔のつくりじゃあないです。でもメリハリのないボディをスタイルがいいって言うんでしょうか?余計なことにすぐ首を突っ込むのを気が利くとは言いませんよね。その上酒乱・・・。これは男が引く最大の理由ですよ。」
「ひ・・ひどい・・・あんまりよ・・・。」
「そう、そのヘンなクサい演技もどうかと思います。」
「あ〜もうやってらんない。大人の女の魅力がわからないようなガキに話を聞いたのが間違いだったわね。」
「大人の女って・・・お年玉がほしいって駄々こねたりしないと思いますよ。マスターがあきれてたじゃないですか。」
「あ、あれは、クリスマスのときにごねたらプレゼントが置いてあったから今度もってやってみただけじゃない。やだな〜見てたの?お茶目しただけでしょ。」
「お茶目って・・・まあ、お姐さんならやりそうって誰だって納得するでしょうけど。」
「納得されてもなんだか嫌よね。まあいいわ、この店の常連には私の魅力をわかってくれる大人の男はいないって事で他で探すことにするから。」
「その方がいいと思いますよ。みんな普段のお姐さんを見ちゃってますからね・・・い、痛い。」
「これぐらいですんでよかったと思いなさいね。あったまきちゃう。」
「お客にこんなことするから・・・。あ、もう言いません、言いませんってば。」
「いい?本題に戻すわよ。」
「ああ、あいつの彼女の話?どんな子なの?」
「それが、丁度私の連休の間だったらしくって見てないのよ。」
「あ〜、この間のお店が静かな時・・・睨まないでください、訂正しますよ。この間マスターが忙しくしていた間だったんですね。じゃあ、マスターに聞いてみればいいじゃない。」
「聞いたら怒られた。客の個人的なことに首を突っ込むんじゃないって。」
「あはは、もう怒られたんですか。それでもあきらめきれないから僕ら常連に聞きまわっているわけですね。でも無駄だと思いますよ、奴らとは時間帯が違うんですから。大人しい高校生なら僕らの来る頃まではめったにいないでしょう。まして彼女が受験生って事になるなら、さっさと引き上げるでしょうから会いようがない。3月になって受験が一段落したらお披露目に来るでしょうから、それまでは僕らもお預けですよ。」
「う〜ん残念ね。ちょっとしたドラマだったって聴いたんでヒロインになれる子ってどんな子かと思ったんだけど・・・。彼のほうは見栄えのする可愛い子よね。年上でいいんなら私が立候補してあげたのに。」
「まだ言ってるんですか?お姐さんを上手に扱えるのは年上の男性しかないですって。マスターみたいな年齢の人でないと無理じゃないですか?」
「やっぱりそうよね、大人の魅力は大人でないと理解できないわね。」
「はぁ?まあそういうことにしておいたところで、風邪ひきの子供は帰ります。お会計をお願いします。」
「えっ?帰っちゃうの?もう少し一緒に考えてよ、どんな人がいいのか。ねえ、ちょっと〜。」
「丁度ここにおきますよ、お姐さん。ちゃんとお仕事しましょうね、マスターに怒鳴られますよ。それじゃあごちそうさま。」
「ありがとうございました。・・・んもう!これからってところなのに!逃げるなんて男らしくないわね。」

本日のメニュー

  柚子チャイ

柑橘類は紅茶との相性がいい。柚子の清々(すがすが)しい香りと、ミルクのまろやかさが見事に溶け合って、おしゃれなチャイです。

英国からインドに伝わった紅茶。但しインドで生産された茶葉のうち商品価値のあるものは全て英国に送られた。残されたのはダストティーと呼ばれる、細かいほこりのような紅茶の葉ばかり。それを美味しく飲むために考えられたのがチャイ。
そのため、高級な茶葉を使用しても美味しいチャイはできないといわれる。

寒波が押し寄せて、風邪引きさんの多い季節。柑橘類でビタミンCをとって新陳代謝を活発にして乗り切りましょう。
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜♪
紅茶にもお詳しいんですね〜。
では寒いんで柚子チャイ下さい。

私の職場は珈琲とエスプレッソがメインなので紅茶はあんまり詳しくないんですよ〜。メニューも紅茶とロイヤルミルクティーしか無いし。
あと、現役と言ってもウェイトレスちゃんみたいに結構賑やかにしている方なのでこちらで勉強させて頂いてます♪

ウェイトレスちゃん、お客さんと漫才してますね(笑)こういう常連さんいいなぁ。
Posted by もも@広島 at 2008年01月24日 19:45
★もも@広島 さん

いらっしゃいませ。このところ本当に寒いですね。あったかい柚子チャイをどうぞ。

>こういう常連さんいいなぁ。
私が修行した店はこんな常連さんが沢山みえました。お客さんのほうでも仕事とそうじゃないときをきちんと分けて下さるんですね。
手のすいたときを見計らって冗談をおっしゃったりして・・・。

>結構賑やかにしている方なので
愛想がないより全然いいと思います。居るだけでお店が明るくなるようなウエイトレスさんが理想だと思います。仕事は出来る方がいいですが・・・。
Posted by 銕三郎 at 2008年01月24日 22:00
新春の密談、いろいろな思惑が重なっていますね。
久し振りにちゃんとした喫茶店でコーヒーを飲んだら、こちらの専門店にしばらく伺っていなかったことに気づいて、そーっとやってきました。
紅茶とフルーツは合いますよね!
でも、チャイに柚子というのは初めて聞きました。
美味しそうですね。
Posted by Dolphin at 2008年01月26日 23:54
★Dolphin さん

いらっしゃいませ。柚子チャイをどうぞ。

>そーっとやってきました。
いいんですよ、いつでもどうぞ。
随分一辺に読まれたご様子。ありがとうございます。

>紅茶とフルーツは合いますよね!
柑橘類との相性は抜群です。柚子だけじゃなく他にも試してみようかな?
Posted by 銕三郎 at 2008年01月27日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80304197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。