2008年02月04日

◇二人の明日

外看板のライトが消えた頃。
外からの反射光がなくなったためか少し薄暗くなった窓際の席に年の離れた男女が向かい合って座っている。
ポツリポツリ話す中年男性の言葉を聴きながら、俯いたり喜んだりと表情を変える若い女性。テーブルにはコーヒーカップが2つ置かれている。
静かに時が流れていく・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


「そうなのね、わかったわ。」
「今はこんなところなんだ。すまんな。」
「ところで、『あの人』にはちゃんと私のこと話してくれたの?」
「いや、まだだ。忙しそうにしてるんで話しそびれてる。」
「あなたと私のことよ。さっきまでの説明も私たちが進展する方向には動いてないわ。私だっていつまでも待てないわよ。」
「そんなことを言うなよ。もう少し時間をくれ。もう少し落ち着いたら必ず話すから、しばらく待っててくれ。」
「このことは、私のこの後の仕事や生活に関わってくることなの。早くはっきりさせてくれないと私がおかしくなっちゃう。」
「だがなぁ・・・。あの状態じゃ正直に話すって訳にもいかないんだ。今の「できることは完璧だができないことは全く・・・」って状態じゃ話したところで『ダメ』の一言で話し合いにもならないよ。」
「そうなんだ・・・。ねえ、あなたは私を必要じゃないの?一緒にいてほしくないの?」
「そりゃぁ必要だし、傍にいてほしいと思っているさ。でもこれはタイミングの問題なんだ。」
「わたし・・・いなくなっちゃうわよ。ぼやぼやしてると。」
「そんなこと考えてるのか?それは困る・・・。」
「だったら早く・・・。お願い・・・。」


 

「って、いつまで付き合ってればいいんだ?」
「マスター、雰囲気ぶち壊さないで!!せっかく大人の恋愛みたいになってきたのに。」
「新人面接の現状報告と時給増の話でこれ以上続けるのは無理だろう。結局お前の出来が抽出と接客以外散々だったのがいけないんだろ。それよりいいのか、閉店後の仕事が覚えたいんじゃなかったのか?」
「あっ、そうだった。今はレジの金額チェックと伝票整理ですね。」
「今やってるのが伝票整理。数字を出してデータを情報化するためPCに入力。後は明日のために足らなくなっている豆を倉庫から補充すれば終わりだな。」
「これだけですか?」
「普段はな。月末の棚卸しとかでない限りこんなもんだ。後はおまえの就業時間数を記入しておしまい。」
「な〜んだ、簡単じゃないですか。経理事務までするのかと思ってました。」
「何のためにオーナーがいるんだ?奴にも仕事させなきゃならんだろうが?だが、実際は俺が経理には疎いからオーナーの仕事にしちまってるんだがな。数字の細かい分析はオーナーの仕事だ。俺は現場の皮膚感覚でしかわからないが、オーナーからの数字上の分析と合わせればいいかげんな部分もはっきりする。オーナーの考えではこの店は薄利でもプラスになってればいいらしい。そのためにたまに実験もすることができる。」
「えっ?どんな?」
「いい例があのシナモンティーのセットの一件だな。あれはオーナーも面白がっていた。」
「やっぱりあれは実験だったんですね。常連の子が不思議がってましたよ、古い唄持ち出したなって。」
「若いのが気づくとは意外だったな。初めは俺と同じ世代の女性の一部しか反応しないかと思っていたんだ。」
「中年のおじさんまで試していたのには驚きました。」
「意外に反応が良かったから、オーナーも今後の実験には期待しているみたいだ。」
「次のときは事前に私にも教えといてくださいね。お客様に聞かれて困ったりするんですから。」
「ああ、だがその前に『守秘義務』って言葉を覚えたらな。」
「・・・覚えます、覚えますとも・・・。あれ?それってなんでしたっけ?」
「もう知らん!」


 

本日のメニュ

  ミステリアス・ブレンド

などとたいそうな名前を掲げてみましたが、今回マスターとウエイトレスが飲んでいるのは廃棄処分にする豆をあれこれ混ぜ合わせたものでしょう。
挽き置きをするレギュラーブレンドを中心に、誤注文のものや、日にちが経ってお客様には提供できなくなった豆などを適当に混ぜたりします。そのため決して美味しいものではありません。捨てるのがもったいないので、彼女の練習用に使って自分たちで飲んでいるんです。

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついにキターーーーッ!!不倫もの!!

・・・と思ったら、
まるで鶴光のオールナイトニッポンの「ミッドナイトストーリー」のオチのような展開。。。 (^_^;)

いや、面白かったです♪
Posted by アキラ at 2008年02月05日 17:30
★アキラ師匠

狙ってみました。

こんな風にちゃんと遊びに乗れる若さはいつまでも保ちたいですね。

>鶴光のオールナイトニッポン
深夜ラジオ波楽しみにしていました。でもこれよりもあのねのねの頃の方が良く聞いていましたよ。大好きでした。鶴光になってから更に下になっていった記憶があります。
Posted by 銕三郎 at 2008年02月05日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。