2008年02月09日

◇デビュー戦

冬晴れの寒いお昼過ぎ。
店内には客もまばらになった時間帯。マスターは休憩なのか姿が見えない。
カウンター内ではエプロンに共布でできたスカーフで髪をまとめたウエイトレスが、ケトルのお湯の様子を見たり、濾紙の補充などの準備をしている。
そろそろ受験シーズンなのか、随分早い時間に常連の高校生が寒そうに背中を丸めてやってくる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「毎度〜、あれっ?お姐さんが何でそこに?」
「いらっしゃい。寒かったでしょう。早く奥までおいでなさいよ。」
「マスターは?お出かけ?ひょっとしてお姐さんが珈琲淹れるの??あっ・・・えっ?そうだ、僕、用事を思い出しちゃったな〜。ごめん、また来ます・・・うっ、お姐さん、マフラーの端を掴んでいる手を離してください・・・首絞まってます・・・。わかりました、観念します。」
「わかればよろしい。で、何にするの?」
「アイスミル・・・いたいっ!注文の邪魔をしないでください。頬をつねったら注文できないでしょう。僕の今日の気分はアイスミ・・・ふがっ、口に拳骨入れようとしないで。うっかり本当に入ったらどうしてくれるんですか?」
「飲んで見なきゃわからないでしょう?みんなして裏で打ち合わせでもしたように『アイスミルク』はないんじゃない?マスターのお墨付きだって出てるのよ。だ〜れも信用してくれないんだから。」
「そうだったんですか、僕としたことがネタをかぶらせるなんて。既に冗談が冗談でなくなってしまっていたんですね。本当に申し訳ありません。お詫びにあのフルーツパフェを注文していいですか?」
「いじわる・・・。私にあんな刃物の使い方ができるわけないじゃない。泣くぞ・・・。」
「わかりました、お姐さんごめんなさい。ちゃんといつもの『グアテマラ』を淹れて下さい。でも美味しくなかったらどうします?」
「ありえないから大丈夫。もうちょっとマスターが許可したって事を重く見たほうがいいわよ。」
「はいはい、わかりました。どこからそんな自信が出てくるんだ、まったく・・・。」
「飲んで驚かないでよ。・・・?・・・!?・・・!あれっ?し、失敗した・・・。」
「何ですか・・・あれほどない胸を張っておきながら。なにやらかしたんですか?」
「『ない胸』は余計よ!ちゃんとしたいつもの珈琲を頼んでくれたら、必ず2杯取りして自分も飲んで確認してたのに、忘れて1杯取りしちゃったのよ。悪い?」
「なあんだ、カップに手を掛けただけで爆発するような珈琲ができちゃったのかと期待しちゃいましたよ。」
「それを今言わなきゃ可愛げもあるのに・・・。飲んだ後失敗だって大騒ぎするならわかるけど。」
「ちゃんといただきますよ。・・・え?・・・あれっ?・・・マスターほどじゃないけど美味しいですよ、これ。」
「だからいったでしょ、マスターのお墨付きだって。ここまでなるのにどれだけマスターに怒鳴られたことか。」
「お姐さん、信じないですみません。でも、僕がこの店に始めて来た頃はモカとブルーマウンテンの違いもわからなかったじゃないですか。それがこんなに美味しく淹れられるようになるなんて、ちょっとびっくりしてしまいました。やっぱりマスターは後進の指導もお上手なんですね。」
「そっちかいっ!・・・私の努力は認めてくれないのね。いいわよもう、今後一切のサービスは無いと思ってね。」
「あ、あ、あ、じ、冗談ですって。頑張ってたのは知ってますよ〜。お姐さんがチャーミングなのも認めてますから。冷たいあしらいは止めて・・・。この店が唯一のほっとできる場所なんだから〜、お願い!」

本日のメニュー

  グアテマラ

酸味とコクに優れ、香気も良好で全体的に華やかさとキレのいい後味が特徴。
ちょっと浅めに焙煎することで独特の香りと酸味を引き出すことができます。
この良質の酸味は、豆が古くなって酸化した時に出る酸味とは全然違います。ですから酸味が苦手とおっしゃる方にも一度味わっていただきたい。すっきりとした喉ごしで、まさにクセになると言われる味わいに驚かれることでしょう。
ただし、浅炒りコーヒーは、酸化による味の劣化が早いのが弱点。お持ち帰りの際は豆を挽いたらできるだけ早くお召し上がりください。また豆を挽くと、豆の表面積が増え、酸化速度も一気に加速されてしまいます。必要なだけを直前に挽くよう心がけてください。


すっきりとした喉ごしですから、午後のひととき、どっしりとしたバタークッキーやケーキと一緒に召し上がると、とても幸せな気持ちになれますよ。

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうかあ、スイーツに合うのはグアテマラ
なんですね〜、覚えておきます^^

こういうの読むと、私もお店に立ってコーヒー
淹れてみたいなあ、って身の程知らずなことを
思ったりします(笑)
でも、高校生に「お姐さん」とは言われないんだろうな(T_T)
Posted by Home-Design at 2008年02月10日 10:35
★Home-Design 様

いらっしゃいませ、グアテマラとクッキーをどうぞ。

>もお店に立ってコーヒー淹れてみたいなあ
私もたまに適度な緊張感と、包み込まれるような珈琲の香りを懐かしく思い出します。

>高校生に「お姐さん」とは・・・
彼らは自分たちに感覚が近ければ多分「お姐さん」と呼んでくれますよ。
Posted by 銕三郎 at 2008年02月10日 23:04
わーい、グアテマラ大好物です♪
おねえさん、こっちにも一杯お願いしますね〜。

いつもいぢめられてばっかりで、かわいそうですよね。
いくら愛情あるいたぶりだっていってもねぇ。 (^o^)
僕はおねいさんのファンだから、安心してください!
Posted by アキラ at 2008年02月12日 12:43
★アキラ師匠

いらっしゃいませ♪マスターが淹れた「グアテマラ」がいいですか?それとも私?
返事によってはあの子と同じ立場になります。
なんてね、今日は私しかいません。マスターはお出かけ中です。

>僕はおねいさんのファンだから、安心してください!
ありがとうございます。嬉しいわ。
こんな風にみんなが表明してくれると彼氏選びも楽でいいのに・・・。
隠れファンの方も声援お願いしますね!
Posted by おねいさん at 2008年02月12日 14:18
おねいさん!
私にもグァテマラ下さいな♪

私も今修行中なんですよ〜。
最近ようやく褒められるようになってきました。後輩の女の子にグァテマラを入れて試飲してもらったら
「これ、後味がいいですね!」って言われたんですよ!

お互い頑張りましょうね♪
Posted by もも@広島 at 2008年02月12日 20:39
今回はおねいさんがお返事してくださるんですか? じゃ、私にもアイスミ・・じゃなくて、グアテマラください! クッキーもお願いします。

マスターはどこへおでかけ中なんですか? もしかして、電信柱の影から見守ってたりして?
Posted by カブ子 at 2008年02月12日 20:56
★もも@広島さん

いらっしゃいませ。わ〜い私のグアテマラでいいんですか〜?頑張って淹れま〜す♪

>最近ようやく褒められるようになってきました。
頑張ってみえるんですね。私もマスターの代わりがきちんと務まるように努力しなくちゃ。

お互いがんばろうね〜!
Posted by おねいさん at 2008年02月12日 22:24
★カブ子さん

いらっしゃいませ。嬉しいな〜、私目当てでお越しくださる方がこんなにみえたなんて。
クッキーですか?大盤振る舞いしちゃいますよぅ♪お皿に山盛りでどうぞ♪

>マスターはどこへおでかけ中なんですか?
多分、家で次の講習会のために、普段は使わない器具と格闘しているんだと思いますよ。
電信柱の陰に居るのはオーナーさんだと思います。私に気があるのかな♪
Posted by おねいさん at 2008年02月12日 22:33
あらー!今回はおねいさんがお相手なんですね♪

くひひ。ここは、マスターには普段言えない、女同士のすっごく濃ゆーーーいお話を。。。

あ、ややや、やめてください。
酸味の強い珈琲をチョイスして入れようとするのは。(笑)
ふーむ。。。『豆が古くなって酸化した時に出る酸味とは全然違います。ですから酸味が苦手とおっしゃる方にも一度味わっていただきたい。』なるほど。

では、やっぱり『グアテマラ』お願いします♪
今まで酸っぱくて倦厭していたんですよ。
興味がわいてきました♪♪
Posted by ぺこぽこ at 2008年02月13日 19:24
★ぺこぽこ御姉さん

いらっしゃいませ〜♪
酸味の強いグアテマラをどうぞ。でも、後味がいいので美味しいと思いますよ。うふっ(ハート)

>女同士の・・・
ねえねえ、御姉さん、あのお客さんどう思います?かっこいいと思いませんか〜?あれ、王子さんと違いますか?カップの持ち方が決まってますよ。メニューからの選び方も繊細な感じで素敵でした。えっ?お知り合い?駄目ですって?※§∂ΘξЮですって?うっそ〜?あ、諦めます。

Posted by おねいさん at 2008年02月13日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83069044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。