2008年03月05日

◇喫煙者たちの追憶

杉の花粉が舞い始めたようだ。
街を歩く人の装いにマスク姿が多く見られるようになった。
年度末も近くなって授業も少なくなってきたのか、店内にも制服姿の高校生が増えてきた午後のひと時。
カウンターの中で珈琲を淹れていたマスターが、突然水を入れたバケツを持ってフロアに飛び出してきた。
程なくフロアの奥からマスターの怒鳴り声が響いてくる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


「やった〜!マスターのカミナリ。久しぶりだなぁ。」
「あ〜あ〜、煙草を箱ごとバケツに投げちゃったよ。この店のしきたりを知らないってのはかわいそうだね。部活の先輩とかに聞いてないのかな?制服着替える手間を惜しむんだったら煙草を取り出しちゃぁいけないよな。」
「マスター、前にもまして未成年の喫煙にはうるさくなったからな〜。」
「あっ、正座させてる!!信じられない。多分このあとトイレ掃除と表の掃除を言いつけられるんだろうな・・・。」
「昔、俺らもやらされたっけ。客なのになんでって思いながらな。」
「終わった後も説教だったよな、延々と。その後も店に来るたびに監視つきだった。世間は今なんかよりずっと寛容だったはずなのにな。」
「ああ、たまに制服のままカウンターから見えない席に座ろうもんなら飛んできて、カウンターから見える席に引きずっていかれたもんな。」
「まあ、そのおかげで家以外で吸うときには気をつけるようになったっけ。学校でも他でもみつかるようなヘマはしなかった。」
「そうだな、お互い飲酒喫煙の現場だけは押さえられなかったな。担任はいつも疑惑の目を向けていたようだったけど。」
「でも、当時のマスターの言い回しも変わってたぜ、『お前ら、誰にでも年齢のわかる制服で煙草を吸いたいんなら俺の責任範囲外で吸え。俺にはそこまでは面倒見る必要がないからな』なんていってた。」
「この店やマスターの見ている範囲内ではダメってことだろ。ほんとに当時は『っるせ〜な』と思ったこともあったな。」
「わざわざそんな言い方しなくてもいい筈だよな。『お前ら、未成年は喫煙禁止』と切り捨てても良かったんじゃないか?」
「まあな、帰って着替えてここまで戻って来るなんて面倒なことしてられないから、吸えないなら吸えないであきらめてたんだよな。そんな時は私服の高校が羨ましかった。」
「お前がそんな我慢をしてたのか?そんなもんとは無縁と思ってたのにな。」
「ああ、ここ好きだしさぁ、来れば誰かいたからな。いなきゃ待ってりゃ誰か現れる。あの頃随分ここに居続けたよな、好きなキリマンジャロ一杯で。でも、マスターは何であんな言い方をしてたんだ?」
「今になって思うと煙草に限るようなちっちゃいことじゃなかったんだと思えるんだ。喫煙に限定することで俺たちにもわかりやすくしてくれたんじゃないか?」
「というと?」
「言いかえれば『社会にはルールがある。守る気がない奴はここに来る必要はない。俺の責任の範囲内ではルール違反は禁止』って所だろ?まあ、これには但し書きが付いていて、『他人に迷惑を掛けるようなルール違反でなければ多少は大目には見てやるぞ』って言われてたんだってわかってきた。」
「それは深読みのし過ぎじゃないのかな。」
「お前もこの店に通って長いんだから気付けよ。マスターが怒るポイントってかなりはっきりしているんだぞ。」
「じゃあ今度マスターに直接聞いてみるか?」
「聞いたって口が裂けたって言わないよ。難しい問題を生徒に出して悦に入ってる数学教師みたいなんだから。」
「だよな〜。そういえばなんだか俺はいつも怒られている記憶しか残っていないんだが・・・?」
「お前は常識が無いからちょくちょくマスターの逆鱗に触れちまうんだ。俺はマスターが他の客やおね〜さんを怒っているのはよく見るけど、マスターの考え方にに気付いて以来自分が怒られたことはないよ。調子に乗って睨まれはするけどな。」
「俺なんか何度怒鳴られたことか。いい加減マスターも俺のアホさに気付けばいいのに。」
「その割にはこの店を敬遠しないな。Mっ気が出てきたとか。」
「馬鹿言え!そんなんじゃねえんだ。わかんねぇけどなんだか懐かしい感じがするんだよ。」
「そうだな、あんな風に自分の利害に関係なく他人を怒れる大人は、最近じゃあ余り見かけないな。ガキの頃は悪さやってあちこちのオヤジに怒鳴られてたけどな。」
「ほ〜ぉ、おまえにもそんな頃があったんだ。生まれてずっといい子の優等生のふりをやってきたのかと思ってたよ。」
「そんなわけねえだろ、まったく。人を何だと思ってんだ。」

本日のメニュー
 
  キリマンジャロ

強い酸味とコクが特長。「野性味あふれる」と評されることが多い。深い焙煎では上品な苦味主体で浅〜中煎りとは違った風味が楽しめる。 (wikipediaより)
そういえばストレートコーヒーの定番であるこいつを紹介していなかったので登場させました。
モカの上品な酸味とは違い、力強い酸味が特徴です。この豆はやはり焙煎を深くしてしまって酸味を無くしてしまわないように、浅い焙煎で味わうほうがキリマンジャロらしさが感じられると思います。
豆の酸味と酸化した酸味との違いを確認する上でも丁度いい豆かと思います。
前回のストレート「グアテマラ」そして今後に登場する「モカ」。飲み比べると一纏めにして言われる酸味にもこんなに違いがあるものなのかと感動しますよ。

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わーい♪
キリマンジャロ大好き♪
マスター、是非お願いします。

最初は「酸味=飲みにくい」と感じていたのですが、新鮮な豆の酸味と香りはいいですよね〜。私が感じていた飲みにくさは豆の酸化した酸味だったのだと思います。

最近は他人を叱ることが出来る大人が少なくなってしまいました。私が子供の頃は近所の大人からも結構叱られていたものです。
もちろん身の危険もあるので難しい問題ですが、寂しいですね。
Posted by 花咲もも at 2008年03月05日 00:46
★花咲もも さん

いらっしゃいませ。新HNになって気分一新ですか?キリマンジャロをどうぞ。

>「酸味=飲みにくい」
この思い込みは根強いですね。本当に美味しい「酸味」に出会わないと払拭できないんでしょうね。

>他人を叱ることが出来る大人
最近は親すらも「怒る」と「叱る」の区別をつけられていないようです。自分も反省しなければいけない場面があります。
子供たちが「聞く耳」を無くさないよう叱り方には気をつけていきたいですね。
Posted by 銕三郎 at 2008年03月05日 09:07
さっき、王林(リンゴ)食ってからコーヒー飲んだら、すんごい酸味でした。。。(トホホ)

マスター、すいませんがモカ淹れてくださいな。

>「俺なんか何度怒鳴られたことか。いい加減マスターも俺のアホさに気付けばいいのに。」
<
あはは、いますよね、こういうこと言うやつ。
オマエが変われよ!みたいな。 (^o^)
Posted by アキラ at 2008年03月08日 09:50
叱られてトイレ掃除をする、なんて
人間関係がいいですね。
そんな大人に接する機会が少ない最近の
子ども達はかわいそう・・・
自分達からそういう環境作りができれば
いいな、と思います。

あ、キリマンジャロ、お願いしま〜す♪
Posted by Home-Design at 2008年03月08日 12:22
★アキラ師匠

いらっしゃいませ、モカですね。

>王林(リンゴ)食ってからコーヒー飲んだら、すんごい酸味でした
リンゴと珈琲はなかなか合わせにくい組み合わせです。一概に酸味のものと合わない訳ではないんですが・・・。

Posted by 銕三郎 at 2008年03月08日 17:30
★Home-Design 様

いらっしゃいませ、キリマンジャロですね。ありがとうございます。

>自分達からそういう環境作りができれば
いいな、と思います。
ボーイスカウトの活動をしていると、よその子も自分の子も同じように叱れるのが理想ですが、どうしても自分の子に厳しくなってしまいます。なかなか難しいですね。
Posted by 銕三郎 at 2008年03月08日 17:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88295624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。