2008年03月14日

◇手作りの年輪

バレンタインデーから一月が過ぎた。
世の男性諸氏が、そわそわしながらタイミングを計っている日。
今日のお店ではウエイトレスが上機嫌で仕事をしている。
バレンタインに配ったチョコレートにお返しがあり、喜んでいるのだ。
小さな紙包みでばかりではあるが、午前中だけでもかなりの量になっている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、随分頂いちゃったんだけど、いいのかなぁ。」
「何のことだ?」
「今日は何の日?覚えてないんですか?ホワイトデーですよ。お返しとか考えてなかったんですか?」
「ああ、そのことか。一杯配った義理チョコにお返しがあったのか。良かったな。」
「だって、チョコの費用出していただいちゃったじゃないですか。それなのに頂いたもの全部自分のものにしていいんですか?」
「お前が貰ったんだろう?好きにすればいいさ。お客さんはちゃんと来てくれてるわけだしな。」
「ありがとう、マスター。マスターは頂いた方にお返ししてるんですか?」
「ああ、数は少ないけどな。たいしたものでもない。」
「えっ?どんなの?見せて、見せて。」
「見せてやってもいいが、お前の分はないぞ。」
「ひっどーい。マスターには特別なのあげたじゃない、1日遅れだったけど。」
「忘れられるような存在なんだからな。お前の気持ちには答えられん。」
「あーん、忘れていたわけじゃないんですよ。義理チョコ買いすぎて手持ちが無くなっちゃっただけです。マスターに清算していただいてその足で買いに行ったじゃないですか。」
「そうだっけ?まあいい、そんなことは。ほら、これが今年のホワイトデーのお返しだ。」
「か、可愛いバウムクーヘン。ちっちゃいのにちゃんと年輪がある。こんなのどこで売ってるんですか?」
「馬鹿言え、俺の手作りだ。何年か前からボーイスカウトの連中のキャンプで普通のサイズのものを何回か作ってたんだ。このサイズは去年から挑戦していたんだが、やっとうまくできるようになったんでホワイトデーのお返しにしてみたんだ。」
「いいなぁ、私も欲しいな。ね〜マスタ〜。」
「ダメだ、数が足らないくらいなんだ。」
「なによ〜マスターのけちんぼ!!」

   * * *

「マスター、毎度〜。」
「おう、来たのか。カウンターでいいか?」
「あれ〜、ポスターとPOPはずしちゃったんだ。」
「ば、馬鹿、声が大きい。」
「えっ?一昨日、昨日と貼ってあった『ホワイトデーに愛の手のお手伝いを』って奴だよ?今日まで貼ってなきゃ意味ないじゃん。」
「今日はあいつがいるんだ、気付かれるだろ。」
「ああ、そうか〜。でも余計な誤解もされると思う・・・。」
「マ・ス・ター!裏にあったこのポスターとPOPなんですか?ヘンな時期に連休なんか頂いておかしいなとは思ってたんですけど。私のいない間にこんなことして・・・。」
「わ、悪かった、怒るなよ。」
「私のこと馬鹿にして・・・いいわよ・・・どうせ・・・」
「マスターは馬鹿にしてなんていないんですよ、お姐さん。」
「どうして?こんな悪戯ひどすぎる。いくら私が男の子に縁がないからって。」
「ほ〜らマスター、やっぱり悪者にされちゃった。悪戯じゃないんですって。お姐さんを喜ばせたかっただけですって。金が無いって渋る高校生にはお金渡して頼んでたんだよ。」
「だって・・・。」
「常連さんの中には、都合でバレンタインには来られなかったけど今日は必ず来るからって言う人だって居たんですよ。みんなお姐さんに感謝してるんです、だからマスターの企画に乗ってくれたんですよ。」
「そんなこと信じられない・・・。」
「じゃあ、マスターのところにある箱を見てください。あれは今日は来れないからって、わざわざその場で商店街まで行って買ってきて下った方の分ですよ。それを見ても信じられませんか?」
「嘘でしょ?まだこんなに?」
「マスターは口じゃきついことしか言わないけど、お姐さんが大事なんですって。僕も含めてお客さんたちもお姐さんが大好きなんです。解ってください。」
「あ・・・ありがとう・・・マスター、勘違いしちゃって、ごめんなさい。ちょっとお化粧直してきますね。」
「ああ、驚かせてすまなかったな。ゆっくりしてきていいぞ。」
 

本日のメニュー

  バウムクーヘン

ドイツのザクセン=アンハルト州で生まれた焼き菓子で、中心にドーナツ状の穴があり断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキである。(wikipediaより)

ボーイスカウトではホットケーキミックスを使い、焚き火で焼けるのでプログラムに組み入れているところは多いようです。その際芯には竹を使ったりします。
時間はかかるが出来上がったときの満足感と、切り分けるときの子供たちの嬉しそうな顔はなにものにも換えられません。

<追記>
薪で焼くバウムクーヘン 作り方とレシピ




「はぁ・・・、なんとか収まったな。」
「マスターのちょっとした悪戯心で大変なことになるところでしたよ。まったくぅ。」
「あんなにお客に好かれていたとはな、正直驚いた。洒落のつもりだったのに。」
「それだけは彼女には聞かせないでくださいね。僕の苦労も汲んでくださいよ。」
「ああ、解ってる。今日はおごりだ、何でもいいぞ。」
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですねー、焚き火でバウムクーヘンが出来るんですね。要するに生地を垂らしては焼きを繰り返せばいいんですよね。家でも出来そうな気がしてきました!やってみたーい。竹を使うのは燃えにくいからですか?
Posted by カブ子 at 2008年03月14日 02:19
★カブ子 さん

いらっしゃいませ。「バウム」と「グアテマラ」をどうぞ。

>焚き火でバウムクーヘン
ホットケーキミックスを使うところで偽物なんですがね。
焚き火をつぶして擱き火にしてじっくりと焼きます。
>竹を使うのは燃えにくいからですか?
手ごろな丸い長い棒状の物はこれ(竹)なんです。燃えてしまっても問題ないですから。
Posted by 銕三郎 at 2008年03月14日 16:51
わーい♪バウムクーヘン大好きです!!
私にも「グァテマラ」下さい!!

アウトドアでデザートを作るなんてすごいですよ!!
温度が安定したオーブンでも失敗する私から見たら魔法みたいですよ!!
Posted by 花咲もも at 2008年03月14日 19:47
★花咲もも さん

いらっしゃ〜い。今日は「グァテマラ」と「バウム」ですね。

>アウトドアでデザートを作るなんてすごいですよ
火があれば食事もデザートも作らないと。キャンプでの楽しみは食べることですから。
マシュマロ焼いたり、パンを焼いたり楽しく活動しますよ。
Posted by 銕三郎 at 2008年03月14日 20:58
アウトドアお菓子いいですね。
友達が家でフライパンで焼いたバウムクーヘンくれましたよ。クレープみたいに生地を何枚も焼いて重ねて切るから、四角いバウムクーヘンになっちゃうんやけど、味はちゃんとバウムクーヘンになってました!
ドイツ式のお茶くだサイ!
Posted by 青グリン at 2008年03月17日 10:51
★青グリン さん

いらっしゃいませ。お久しぶり。

>ドイツ式のお茶
調べましたが、ドイツ式と特定されたお茶の方式が見つかりませんでした。どちらかというと珈琲のほうが多いんでしょうか?というよりかの地はビールなんでしょうね。

>アウトドアお菓子
ダッチオーブンを使えばパイだって焼けちゃうんですよ。野外料理はいろんなことができますよ。
Posted by 銕三郎 at 2008年03月17日 22:35
マスター!
遅くなったのですが、自宅で抽出した記事を上げてみました。
抽出勉強中な上、自宅にある道具でやっているのでかなりいい加減ですが、間違っている所があったらアドバイスお願いします(ぺこり)

あと、勝手ながら記事で「珈琲抽出研修会」にリンクしました。
ご迷惑でしたら外しますので仰って下さいね。
Posted by 花咲もも at 2008年03月21日 15:36
★花咲もも さん

いらっしゃ〜い。宣伝のビラ撒いて頂いたんですね。ありがとうございます。

>アドバイスお願いします
ケトルの写真がありませんでしたが、普通のヤカンですか?
できれば細口の1L程度のものを使用すると楽になりますよ。

>リンクしました
それでは、「◆ご挨拶と準備」からTB飛ばしておきますね。
Posted by 銕三郎 at 2008年03月21日 17:13
>ケトルの写真がありませんでしたが、普通のヤカンですか?
実は、普通のヤカン(ぎりぎり1L)なんです。ホーロー製でかなり使い込んでいる(=外見が汚い)ので写真は撮りませんでした(汗)

しかもサーバーも実は故障したコーヒーメーカーの付属品だったりします・・・。なのでドリッパーを乗せられず手で持ったままという・・・。

今度ホワイトデー分として道具を一揃い買ってもらう予定です。細口の1Lのものですね!!
アドバイスありがとうございます。
Posted by 花咲もも at 2008年03月21日 17:28
★もも さん×2

>普通のヤカン
泡の大きさからなんとなくそうじゃないかと思っていました。細口ケトルを使えば泡はもっと細かくなると思います。

>サーバーも実は故障したコーヒーメーカーの付属品
それは別に構わないと思いますよ。割り箸で井桁を作ってその上にドリッパーを置けば手が離せますよ。

>道具を一揃い買ってもらう
優しい旦那さんですね。私とは随分違います。
Posted by 銕三郎 at 2008年03月21日 21:54
翻訳家のRoolyです(「初めまして」の方は、URLごらんくださるとうれしいです)。バウムクーヘンも好きで、特においしかったと思うのは、昔食べた「表面にあんずジャムの味がしたもの」。つや出しだと思いますが、ほかの何かのお菓子と混同しているような気も…。
マスターにはワガママばかりいってしまってすみません。一話一アイテムで十分です。期限は特に決めませんから、どうぞごゆっくりお考えになってください。
Posted by Rooly at 2008年11月23日 18:23
★Rooly さん

いらっしゃいませ、遅くなって済みません。
ミルクティーに丁度いい「キャンディー」が入りました。ラベンダーやミントを入れて楽しむのもOKです。

>表面にあんずジャム
乾燥防止のためによく「アイシング」をするんですが、すぐに食べる物にはジャムをコーティングする事があります。

>一話一アイテムで
基本はその予定ですが、ドリンクが中心になってしまいますし、バウムはこの回でやっているので次は何時になってしまうのか…。
Posted by 銕三郎 at 2008年11月24日 20:26
Sweetsはたいていのものが好きなので、どうぞ気にせず、ごゆっくりお考えになってください。楽しみにお待ちしています。
Posted by Rooly at 2008年11月25日 18:49
★Rooly さん×2

>楽しみにお待ちしています。
有り難うございます。
スィーツは幅が広く奥が深いのでメニューとして取り上げるには納得できる物をなかなか見出せないでいますが、時折自分が食べて美味しかった物を紹介していくようにしますね。
Posted by 銕三郎 at 2008年11月25日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。