2007年04月06日

第2話 ティーカップとコーヒーカップ

レースのカーテン越しに西陽の入る窓際の席、口のつけられていないティーカップと半分ほど飲まれたコーヒーカップが残されている。どちらもまだぬくもりが残っており届けられて10分ほども経過していない。紅茶の置かれた側の椅子は元の位置のまま。座られた形跡がない。
暖かいはずの窓際にもかかわらず、凍てついた氷の冷気を感じさせる。

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 

「かっこよかった〜。颯爽としてましたね、彼女。」
「かっこいいもんか。大人なら相手や周りのお客にも気を配って当然だろ?あの娘はおかまいなし、自己陶酔とエゴだけだね。子供っぽいっていうか・・・」
「振った男に気を使っても意味ないじゃないですか。」
「振った振られたって言うより、女のほうが新しい男に乗り換えたって感じだな。あの男にとっちゃあ寝耳に水の出来事だ。1分1秒でも一緒にいたくない、借りを作りたくないなんて、つい1ヶ月ぐらい前まで仲良く一緒に来てたカップルが見せる姿じゃないよ。新しい男ができて、その男に過去を知られたくないのさ。玉の輿に乗ったのかな?」
「マスター、ひどい・・・。全部演出だって言うの?」
「別れ話が長引いても困るし、自然消滅を狙っても連絡されたらもっと困る。だからこっぴどく振ったのさ。男のプライドを利用するためにな。」
「そんなぁ・・・」
「他人のことなんか考えてねぇよ、女の方は。男のほうは久しぶりのデートなのか、早く来て女が好きだったロイヤルミルクティを頼んでおいて、彼女が店に着いたらゆっくり話をしようと思っていた。」
「・・・・・」
「女の方はそんな気遣いに気付きもせず、自分勝手な結論だけたたきつけて伝票をつかんで店を出てっちまった。あいつの知り合いが店内にいることなんかお構いなし。後のことさえ無視だ。何か理由が無きゃこんな方法はとらねえよ。」
「そうかなぁ・・・」
「さっさと片付けちまいな。奴さんがひどい顔して戻ってきてもいいようにな。リセットしておいてやるんだ。代わりの珈琲はサービスしてやろう。」
「はぁ〜い。」

 
続きを読む


posted by 銕三郎 at 23:47| 東京 ☀| Comment(31) | TrackBack(0) | 珈琲の存在った風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

第1話 1脚だけのテーブル席

 日も暮れ、お客の出入りも少なくなった頃、お店の一番奥の薄暗い席に1客のカップがぽつんと残されている。厚手のカップには飲み口にこびりついたコーヒーのあとと手の脂。一目で飲んでいた人物が長時間にわたって何杯もを飲んでいたことが判る。カップの様子に反してスプーンは輝きを失ってはいない。
 POPに隠れるように置かれた灰皿には、根元しか残っていない吸殻が整然と並べられている。何度か交換はされているのだろうが灰と吸殻であふれてしまっている。
 テーブルの上には消しゴムの滓と折れたシャープペンシルの芯が散らばっている。書いたものを消し、その上に再び書き記すことを繰り返していたようだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あのお客さん、やっと帰ったんですね。」
「そんな言い方をするんじゃない。いつも来ていただくお客様だぞ。」
「でも、いくらお客様でも、おかわり自由のアメリカン・ブレンドだけで8時間ですよ。」
「いいんだよ、普段にいらっしゃるときは打ち合わせなのか、少人数でさっと引き上げていくだろ?必ずコーヒー豆をお土産に持たせてあげているよ。お店へのお礼も忘れない。今日みたいな日は仕事が煮詰まっているんだろうな。でも帰り際、晴れやかな表情だったんでキリがついたんだな。」
「作家さん・・・ですか?」
「知らない。訊かないよ、俺は。以前、満席のときに見えて、とにかく座ってコーヒーが飲みたいと言われた時に、花瓶台だったあのテーブルに椅子を持っていって座っていただいたんだ。それからかな、落ち着けるってあの席で仕事をするようになったのは。明るすぎるんでダウンライトを消してもらえないかと要望はあったが・・・」
「いいんですか?」
「他のお客さんには迷惑になっていないし、俺がいいってんだから問題ないだろう。好きなんだよ、ああいう若いのは」
「・・・・」
「さっさと片付けてこいよ。ダウンライトを点けるぞ。」

続きを読む
posted by 銕三郎 at 09:55| 東京 🌁| Comment(32) | TrackBack(0) | 珈琲の存在った風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

第0話 開店

駅前の商店街より少し路地を入った辺りにある「珈琲専門店」。
商店街が大きいので客の入りはなかなかに多い。席数30席ほどの店内は概ね静かで、スローなジャズが流れている。
中年の頑固そうなマスターと、若くよく動き回るウェイトレスが店を動かしている。珈琲の香りが店の外まで漂い、美味しい珈琲を期待させる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、ご挨拶ご挨拶!!」
「えぇっ、ああ・・・。改まってそんなことしなくても」
「ダメですよ。お店の常連さんばっかりじゃないんですから。」
「そうか?でもそういうのって苦手なんだが・・・」
「お店のご紹介をきちんとしとかないと、来てもらえませんよ。」
「別にいいよ・・・。うちの店は、来たいやつが好きなときに来て好きにすごしてくれればいいんだから。その代わり俺が気に入らん奴は追い出す。」
「そんな事いったって。いいです、わかりました。私がご挨拶しておきます。でも文句いいっこなしですからね。」
「おいおい、大丈夫か?」
「もういいです。あっち行ってて下さい。邪魔です。」

「すみませんばたばたして。改めてご挨拶します。」
「わがままでだらしがない中年親父のマスターと、私、可愛いウェイトレスが、喫茶店の風景を切り取っていきます。お気に召すといいんですが。」
「どうぞお付き合いくださいまし。」

「誰がわがままでだらしがないんだ。だれが可愛いって?うそばっかり並べやがって。勝手にしろ!」
 続きを読む
posted by 銕三郎 at 23:29| 東京 ☀| Comment(32) | TrackBack(0) | 珈琲の存在った風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。