2010年04月14日

皆様のおかげです3 〜書けなくなって半年〜

ご来店いただいている皆様、毎度ありがとうございます。

随分遅くなってしまいましたが・・・。
このたび、3月28日をもってこの「お店」も3年を経過しました。これまでの総記事数146(ってことは今年度は22本しか書いていない・・・)。のべ23,224人の方のご訪問、48,170ページのご閲覧をいただきました。が、訪問者数は増えながらページビューが大きく減ってしまい一日当たり64人/132頁になりました。更新が増えなければページを見て頂けないのは当然のことですね。
書けなくなった理由はひとえにリアルな身辺の環境の変化なんですが、長期休暇のお詫びでも書いたように「やめてしまう」という選択肢は頭にありませんでした。今後も更新間隔があき気味にはなってしまうでしょうが続けていくつもりですのでご期待ください。

今回は検索エンジンからお越しになられた際のキーワードのランキングを紹介しましょう。'09/04/01から'10/03/31の集計です。

 1位 マキネッタ   
 2位 珈琲専門店の芳香   
 3位 コーヒー 入れ方 フレンチプレス   
 4位 フレンチプレス コーヒー 入れ方   
 5位 コーヒー フレンチプレス   
 6位 フレンチプレス   
 7位 マキネッタ 使い方   
 8位 フレンチプレス 淹れ方   
 9位 コーヒー カッピング 手順   
10位 マキネッタ 淹れ方


マキネッタやフレンチプレスの美味しい淹れ方を探している方が多いようです。う〜ん、申し訳ないですね・・・。このお店では欲しかった直接的な情報は得られなかったことでしょうね。まあ、こんな中からでも何かを見つけていただければ幸いです。

11位以下でもその傾向はあまり変わりがありません。
アレンジ珈琲を探している方、焙煎方法を探す方、カッピングを知りたい方と珈琲に関する情報を探される方は藁にも縋る思いでこのお店に訪問されているようです。

今後もこういった方々にも満足していただけるような情報発信(講習会)は少ない情報量ではありますが続けていきたいと思います。
皆さんに少しでも美味しい珈琲を楽しんでいただけるよう、「珈琲大好き」と言って頂ける方を増やしていけるよう努力していきますので今後とも応援よろしくお願いいたします。

銕三郎


 

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

長期休暇のお詫び

随分と更新の間が開いてしまい、もう10月の声を聞いてしまいました。
お客様方にはお待たせしてしまって申し訳ありません。
少々私的な事情により、まとまって記事を書く時間をとれず、テンションも下がりきってしまっていたため、この世界からあえて足を遠のけていました。

それでも毎日珈琲を淹れて飲み、お店で見かけぬ豆を発見すると購入してみたりと珈琲に拘わる姿勢には変わりはありません。
風呂敷を広げたいくつかのお話と講習会にもキリをつけなければなりませんし、書きたいお話も膨らんできましたので近いうちに再開したいと思います。

またのご来店をお待ちしております。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、このところ何にもありませんね。常連さんも困りごとを持ち込んでこないし・・・。」
「お店ってのはこんなのが普通だよ。飽きずに日々を繰り返すのが商売って物だ。それよりお前の方は進展はないのか?」
「何だか海外に出かけたみたいなの。一緒に連れて行ってくれてもいいのに・・・。」
「バカ言うなよ。お前が長期の休みなんか取った日には、俺が困るってことがわかってるんだよ。お前が次に長く休めるのはハネムーンぐらいだろうな。」
「えっ?そんな・・・、まだまだそんなところまで進んでないですよぉ。ってことは彼との旅行はできないの?そんなぁ・・・。」
「2〜3日ぐらいならいいが今回のように1月に亘るようではちょっとな。オーナーとしては許すわけにはいかんだろうな。」
「ちえっ、彼氏の選択を誤ったかしら。」
「あいつからメールが来ていたから、返信でそう言ってたって伝えておくからな。」
「ちょっちょっ・・・それはご勘弁を。毎日のラブラブメールに変な火種を投下しないでくださいよ、もうっ!」
「そうか、毎日のようにメールが来ているんだな。俺のところには半月ぶりだったから心配していたんだ。それならいいさ。」
「変なカマの掛け方ですね。大丈夫ですよ、このお店のためのお仕事だってわかってますから。でもあちこち楽しそうでいいなって思ってはいるんです。私も見てみたいな・・・なんてね。」
「あいつがどんな答えを出すのか楽しみなんだ。いつ頃帰るって聞いているか?」
「もうちょっとかかるみたいです。昨日のメールでは明日から南米へ向かうって言ってきてましたから。」
「そうか、わかった。あいつは地球を1周するつもりなんだな。気の済むまで行って来るよう伝えておいてくれ。」
「それはちょっと・・・。早く帰ってきて欲しいな、私としては。」
「勝手に惚気てろ、洗い物頼んだぞ。」
「はぁい、わかってますよ。どうぞお食事済ませてください。」

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

皆様のおかげです2 〜なんだかんだで2周年〜

ご来店いただいている皆様、毎度ありがとうございます。

このたび、3月28日をもってこの「お店」も2年を経過しました。総記事数は124回です。
今年度はのべ18,995人の方のご訪問、51,204ページのご閲覧をいただきました。一日当たり52人/140頁になります。お越しいただいた方々、本当にありがとうございました。
コメント数以外は昨年度に比べて6割程度多くなっています。

今回はページビューの多かった記事をご紹介していきましょう。集計を始めた07-07-17から09-03-27の間での集計結果になります。

 1位 ◆番外編 7.マキネッタ
 2位 皆様のおかげです 〜一周年〜
 3位 【速報】カッパが来た日
 4位 ◆番外編 5.フレンチプレス
 5位 ◇別離の後のカプチーノ
 6位 ▽夏休みの朝の一風景
 7位 ◇失われた味
 8位 ◇「今夜こそは」と思うだけの道程
 9位 ◇ラストオーダー
10位 ◇レジ脇のスペース


11位 ▽オーナーからの宿題
12位 ◇手作りの年輪
13位 ◇思い出は繰り返す 〜風の唄〜
13位 ◆応用編 6.アイスコーヒー
15位 ◇晩秋の麦茶
16位 ◆番外編 1.サイフォン
17位 ◇ロマンス
18位 ▽梅雨の晴れ間 〜お出かけ日和〜
18位 ◇画廊に掲げられた絵
18位 ◆基礎編 5.まとめ

1位と4位に本年度に書いた番外編が入っています。これらの記事を書いて以降、「アクセス解析」で検索ワードを確認すると「マキネッタ」と「フレンチプレス」の割合が非常に多くなっています。
美味しい珈琲を淹れるにあたり、器具の正しい使用法を調べる方が増えているんでしょうか?それとも、使ってはみたけれど美味しく淹れられないで困っている方が多いんでしょうか?
藁にも縋る思いで探されている方には、もっと詳しい解説のあるサイトは他にもたくさんあるんで本当に申し訳ないと思います。読み物として楽しんでくださいね。

2位の「一周年」は多くの皆様からコメントを頂きました。ホラー風味の作品でも楽しんでいただけたことが分かり安心もしました。しっかり13位に入っていますね。

3位の「カッパさん」も最近は本物の河童を探してのものだろうと思います。ほとんどが昨年度に見ていただいた分の数字ですね。
そういえばオフ会記事ってこのあと書いていませんでした。毎回オフ会は楽しいんですが、なかなかネタにしづらい部分が多くて他の方にお任せにしてしまっています。次回あたり頑張ってみますか・・・。

「夏休みの朝の一風景」が6位になっているのはなぜでしょう?創作より現実の方が面白いのかなぁ・・・。


全体的に4月以降に発表したものが上位に来ているようです。旧シリーズの「存在った風景」は見かけなくなってしまいました。

まだまだ書き綴っていきます。が、「抽出研修会」はそろそろ終了が近いかと思います。新たなシリーズは特に考えてはいないのですが、突然思いついて始めるかもしれませんね。
本年度も昨年までと同様、応援をよろしくお願いいたします。

銕三郎
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

皆様のおかげです 〜一周年〜

ご来店いただいている皆様、毎度ありがとうございます。


このたび、3月28日をもってこの「お店」も1年を経過しました。総記事数は67回です。
これまでにのべ11,667人の方のご訪問、31,537ページのご閲覧をいただきました。一日当たり32人/86頁になります。お越しいただいた方々、本当にありがとうございました。
この1年間ペースをあまり崩さず更新を続けられたのは、皆様に「読んでいただいている」という実感があればこそです。

また、コメントの方はレスを含め761通。1記事あたり11通になる計算です。
コメント欄からの応援は、育ててきたキャラクターにも及びました。名前すら決めていない出演者への暖かいお声がけは作者としては嬉しくもあり驚きでもありました。
また、作者の勝手な「無茶ぶり」にきちんとノッて頂いているコメンターの皆様、本当に助かっております。今後とも楽しいコメントをお願いいたします。

さて、一方で作者である私は非常に気になっていることがあります。
「果たして、読者の皆さんはこれまでのお話を気に入っていただいているんだろうか?」と。
これまで、「講習会」と「掲示板」を除き、全34話(風景:13話、症候群:21話)を書き下ろしてきましたが、ページビューやコメント数では解らない思い入れなどがあるんではないかな(無いよ!なんていわないで・・・)と思い、お尋ねしてみたくなりました。


一番気に入っている話のタイトルをコメントでいただけるとありがたいです。
別に「この話嫌い」ってのでもいいんです。できれば理由などつけていただけると今後の参考にもなります。
お手間でしょうけれどもご協力をよろしくお願いいたします。


  珈琲の存在った風景        珈琲症候群
開店                     若者が通う理由
1脚だけのテーブル席         ハンドルに掛けた松葉杖
ティーカップとコーヒーカップ     貸切の宵
静けさの戻ったボックスシート    隙間の目立つ書棚
座席の背に残った汚れ         南瓜と桂皮と紅茶の関係
モーニングの終わり           勧誘
開店前のひと時             見知らぬ常連客
割れたゴブレット            天空に輝く光、地に咲く光
会議の後                  ギアの廻る音が響く
変わった出前               土産のカップ
酔い冷まし                 レジ脇のスペース
残された伝票               少女の決意
閉店                     常連の壮行会
                        出会いは1通のメールから
                       NZからの香り
                       思い出は繰り返す 〜風の唄〜
                       耳に障らない雑音
                       オーナーからの宿題
                       「今夜こそは」と思うだけの道程
                       クリスマス商戦への準備
                        ラストオーダー
                       聖夜の予定
                       聖夜が明けた朝
                       年末の風景
                       新春の密談
                       新春の密談 〜その翌日〜
                       新春の密談 〜その影響〜
                       二人の明日
                       デビュー戦
                       別離の後のカプチーノ
                       喫煙者たちの追憶
                       遅れてきた春一番
                       手作りの年輪
                       酔眠不覚暮

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☔| Comment(32) | TrackBack(1) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

テイスティング報告 to yasさん

今回は個人的なお礼を含めた記事です。
興味のないかた、訳がわからないとおっしゃる方、読み飛ばしていただいて結構です。

10月末のyasさんの帰国に合わせたオフ会のとき、珈琲豆をNZから届けていただいたことは以前の記事(NZからの香り)にも書いた。

見慣れぬパッケージに封入された異国の豆は全てがフレンチ以上の高焙煎豆であろうことはわかっていた。私自身はNZで普通に売られている豆の味に興味があって、できれば3袋とも開けて早く味見がしたかった。
だが、現実問題を考えるとなかなかパッケージを開ける勇気が湧いて来なかった。
どちらかというと浅いローストで酸味・香りを楽しむのが好きなかみさんに、それぞれ1週間も続けて苦味の強い珈琲を飲ませ続けることになるのが、どんな怒りを買うかわからないって言うのが本音のところであった。

それでも、これまで飲んでいた豆が切れたのを機会にやっと1袋目の封を開ける事ができた。


「Ultimo」
袋を開けた際の焦げたような香りは、日本で好まれる「炭火焙煎」とは違うスモーキー感のないすっきりした香りであった。ミルで挽き始めると家のどこにいてもわかるほどに香りが立つ。
通常の手順で抽出してみるが、「苦味」が前面に出てしまい他の味がわからなくなった。
迷わずメッシュを極端に粗く設定し再度挑戦、湯面の高さも低く抑えじっくりと抽出する。
これが今回手に入れた3種類の豆の基本的な抽出法となった。
味は苦味が和らいだおかげで随分と飲みやすく変化した。
苦味の質も変わり舌と喉を刺激していたものから舌を心地よく痺れさせる程度に落ち着いた。加えて焙煎による甘さも加わり、若干の酸味も感じられるようになった。

「PRIMO」
先の豆を使いきったところで新たに封を開けた。
若干ローストによる香りではない、豆の持つ香りがかすかに感じられる。焙煎度は「Ultimo」に比べて浅い(比較上の違い。シティーまで浅くなったということではない)ようだ。
「Ultimo」抽出時に決めた抽出法で落としてみる。豆の状態からもわかるとおり苦味が若干弱い、刺激も少ない。若干薄っぺらくなったように感じていた。
だが、その後の変化は急激だった。
飲みかけた珈琲を置いたまま器具を洗うため流しに戻り、ドリッパー・サーバーをすすいで戻ってみると息子が私の珈琲を飲んでいた。苦味に嫌な顔をすることもなく「お父さん、今回の珈琲、前のよりずっと飲みやすいよ。それに飲んだあと口の中にふわっと甘さが広がってくる。」と言っている。刺激が弱くなったので飲みやすくなったのかと思い自分でももう一度味わってみる。するとどうだろう、強烈に甘味が強くなっているのだ。喉まで通り過ぎたあと口じゅうに広がる甘さはどこから来たのだろう。
そして気付いた。私はかなり熱めの珈琲を飲むのだが、作業中に温度が下がり子供が飲める温度になっていたのだ。この豆の適温は低かったのだ。自分の至らなさを感じた瞬間だった。あれほど「研修会」で温度について触れていながら、自分の抽出で確認を忘れるなんて・・・。

「JUMP START」
先の「PRIMO」は非常に美味しいと感じたためか豆がなくなるのも早かった。そして最後になったこれの封を切る。
立ち上がる香りは焙煎によるもので豆本来の持つ香りは全く感じられない。
豆の表面にはてらてらと光る油が纏いつき、ざらざらという感じには豆は動かない。純粋にイタリアンローストされた豆だった。
この時点で既に私の心は引いている。なんだかおざなりのカップテストしかできそうもないぐらいだ。
同じように淹れてみるが、心は躍らない。思ったとおりの味、しかし前回のこともあるため少し冷めるまで待って再度味わう。が、エグ味が増しただけでふくよかな味の広がりが増すことはなかった。これはやはりエスプレッソや、豆の油も浸透させることができるフィルターを使用したドリップでなければ美味しく淹れられないという結論に達した。

今回yasさんにお願いして3種の豆を手に入れたことにより、珈琲タイムがエンジョイできた以上の成果が充分に有った。
思った以上に自分の抽出感覚が「錆付いて」いること。そして、目と頭で味を判断してしまいがちなこと。この2点がはっきり自覚できたことは良かったと思う。
慢心してはいけませんね。

その後、「JUMP START」はアイスコーヒーを淹れるために冷凍庫で出番を待っているのを報告しておこう。

最後にyasさん、荷物が増えて大変なところ、3種類もお届けくださり感謝にたえません。それぞれの味わいの違い、堪能させていただきました。お礼と報告に代えてこの記事を掲載させていただきます。

ありがとうございました。

posted by 銕三郎 at 12:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。