2007年09月07日

ご案内

以前より、CSSのテスト用に活用してきたTESTブログを、この度「銕三郎の独り言」として独立させ、公開することにいたしました。
諸事情により「七転八倒」をボーイスカウト関係に絞らなければならなくなりました。そのため、この「店舗」では記事として書かなかった、PC系の話やネット上のお楽しみサイト情報など即時性の必要なものや日記的なものを書く場がなくなってしまったためです。
新たに別会社でスペースを確保しても良かったのですが、seesaaブログのCSSのテストも納得がいくまでできたので、テスト環境だけに限る必要がなくなり、これ以上管理を煩雑にする必要はないと判断しました。(必要になれば新たに作ればいいし・・・)

多分この後「七転八倒」は閉じる方向になると思います。その代わりにスカウトの保護者の方へ活動報告をするためにクローズドなブログを別ドメインで立ち上げることとなると思います。
が、とりあえずは現状維持で、「店舗」をメインに「七転八倒」と「独り言」をぼちぼちと更新していきます。



読者の皆様、今後ともご贔屓に、よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

【速報】カッパが来た日

注)今回はいつもの体裁はとれませんでした。ごめんなさい。


誰もいないはずのホテルの1室。
電話が鳴る。
受話器から聞こえるのは妙齢の女性の声。
受話器をとったほうが声を荒げる
「Yの妻ですが。どこのどなたですか?」
しかし、一瞬にして彼女の緊張が薄れる。
他に室内にいた面々に向かいバツが悪そうに
「ばれちゃった〜。Pちゃんでしょ?って・・・」
修羅場に遭遇したカッパさんのパニックを期待していた面々は、あっけなく失敗に終わった悪戯にちょっと残念そうであった。


こんな具合に"東京off with タマスライブ"別名"カッパさん東京襲来"は最初からカッパさんの拍子抜けするようなツッコミで幕を開けた。


品川駅で待ち合わせたYさんにめぐり合えずYさんの携帯にも電話できず、ホテルに連絡をしたカッパさん。仕掛けた悪戯を瞬時に見破り、仕掛け人を見破る鋭さに、普段の文体では想像できない何かが感じられた。
しかし、Yさんに伴われてホテルに到着したカッパさんは、東京の蒸し暑い空気から隔絶し、山あいの涼風を身に纏ったように涼やかに微笑みながら、普段の文体そのままに現れた。

お昼に行ったお店でのご店主さんのとんでもない発言にもコロコロと笑顔で応対するカッパさん。Mさんとホテル内の喫煙場所をオロオロと探すカッパさん。今回も同行していたわが子2人の行動に眼を細め、「いい子達ね〜。」と言って下さったカッパさん。
どれもブログの中に出てくるカッパさんそのものだった。


翌日の日中に用事があった私は、ちょっとでも自宅で仮眠をとるために、起きていた面々に別れを告げて早々に引き上げてしまった。そのためカッパさんの帰還を見送ることもできず、お別れを言うこともできず本当に残念だった。
実際にお会いしてますます謎が深まった不思議な方という印象が残った。


他にも、"しいたけ味噌"・"熱いネコ玉"・”うそつきママ”・”マッハなK”・"「悪」のPg、朝帰り"・"Yは着せ替え人形"などなどトピックは数あれど、今回のオフ会を一言で表すなら”カッパさん”に尽きる。またの東京来襲が待たれる。

「またおいで〜!!関東組はいつでも歓迎するよ〜!!」


 

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(27) | TrackBack(2) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

お詫び

「基礎編5.まとめ」お待たせして申し訳ございません

基礎編第5回を執筆中なのですが、何の呪いか終わりに近づくたびに執筆に使っているソフトが駄々をこねまして、書いたものが消滅することが繰り返されています。この1週間に既に3回は同じものを書いてます。どうしても会話の流れで考えているので途中保存のきっかけがつかめず、ついつい保存をしないままトばしてしまう私も悪いんですが・・・。
間に「症候群」の「ギアの・・・」を書いても問題なく仕上げられたのが余計に不思議さをより一層増大してくれています。

書くたびに消え去る衝撃についに耐えられなくなったため、少し第5回を書くのに時間をおきたいと思います。必ず書きますのでお待ちください。
先に応用編1を書いてしまうかもしれませんが事情が事情なのでお許しください。
では、数日後には次のを書き上げますのでよろしくお願いいたします。
書けば書くほど書けない言い訳している気がしてきて情けないよぉ。
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

お麩買いに行って来た

水曜の午前中、お客の出入りも少ない。
商店街は営業しているが流れてくるお客はまばら。
日差しが暑く感じ、そろそろ氷のストック量を多くしなければいけない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスタ〜、気入ってないですよ。しゃっきりしましょうよ。」
「ああ?今日は無理、夕べ騒ぎすぎた。」
「お店暇だったじゃないですか。」
「常連のHさん、Nさん、Mさん、PさんとNZに帰るYさんの送別会だったんだ。」
「あれから飲んだんですか?」
「ん〜、おととい昨日とやってた行方不明のGさんの捜索活動の報告会も兼ねてたんで、絶対参加したかったんだ。」
「ふ〜ん、どこまで飲みに行ってたの?」
「池袋、西口だな。最初は鰻って言ってたけど、居酒屋に落ち着いた。」
「マスターが飲んでるって、あまりみないよね。」
「ああ、楽しい酒でないと辛いだけだからな。先日の休みにやった『公園ピクニック』があった後だからな、楽しい話題が豊富にある。Gさんも家庭の事情で連絡がとれなかっただけだったし、そのうちひょっこり顔を出すさ。」
「ふーん。でも、私思い出せるかな。」
「大丈夫、わかるよきっと。見た目が変わってもGさんはGさんだから。しかし、連中のパワーは底なしだな。特にHさんとYさんは料理の取り合いでバトルしてんだから。結局Yさん負けて、なおかつポコポコに殴られてたな。それから、電話だけで参加するAさんもいたな〜。Hさんの携帯がみんなの席回ってた。あっという間に時間が過ぎてたよ。若い頃は徹夜しても苦にならなかったのに、こんなに気だるいなんて・・・」
「マスタ〜〜、おじんくさ〜い。」
「悪かったな、一番歳食ってるんだよ。ちょっとは労れ。」
「でもYさんNZに帰ったらしばらくできないんでしょ?」
「次は秋かな?なんでもBKからMiさんが帰ってくるらしい。Yさんも帰国をあわせたいなんて言ってたから。」
「マスター、楽しみでしょ。」
「当たり前だ、それまではこの店つぶさないよう頑張らないとな。」
「新しいお客さんも増えるといいね。」
続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 🌁| Comment(65) | TrackBack(5) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

お礼と次回予告

毎度ご訪問ありがとうございます。当店のマスターです。

「珈琲の存在った風景」をご愛読ありがとうございました。
最終話を「閉店」としたためにこのブログが終わってしまうと思ってしまわれた皆様にはお騒がせをいたしました。残念ながらまだ続ける意思は満々にあります。
ただ、「お客様が帰った後」という情景では、際立った違いがこれ以上は難しいということと、珈琲好きなお客を絡ませてみたいと思ったため、一旦幕を引くことにいたしました。
また、当初予定の週一更新を「中3日」にペースを上げてしまったため、創作が追いつかなくなってしまったのも事実です。

次回からのシリーズは「お客様」が登場します。既に何話か書き始めてはおりますが、まとまっていないため6月より開始とさせていただきます。
ネタに困った際はこちらのお店にいらしていただいた皆様を描かせていただくことになるかも知れません。その際には広い心でお許しを・・・。

ここに「コーヒーメーカー」をおいておきますので適当にお飲みいただいて結構です。
お店の隅で、大きなプリンをチビチビ食べている方のことは気にせず、ゆっくりしていって下さい。

posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 連絡用掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。