2014年08月30日

◇秘密

マスターが店を開けてから一週間ほどが過ぎた。
この店の営業も通常に戻り、常連客はまた自分の場所で静かに珈琲を飲めるようになったと喜んでいた。
時折、常連客の話題に上がるのがマスターの雲隠れの理由だが、マスターは黙したままだった。

今日はカウンターに年若い常連が座った。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、どこ行ってたのさ?」
「あちこちとな。決着をつけるのに時間がかかっちまった…ってなんでお前に話さなきゃならんのだ?」
「僕らだって興味あるさ。マスターが奥さんに逃げられて、戻ってくれるように説得に出かけたってことまでは聞いたんだけど、結果は聞いてないし、なんでこんなに時間がかかったかってとこも疑問だったしね。」
「何の話だ?誰も逃げてないし、追っかけて行ったわけでもないぞ?誰がそんないい加減な情報を近辺にふりまいてやがるんだ?」
「僕は先輩たちが話してるのを傍で聞いてて…。先輩たちは辰蔵君に『おかあさんは今は家にはいないよ』って直接聞いたみたいだったよ。」
「うちのとはこの店を始める前からの約束であいつらが成人するまでは離婚はしないことになってる。別に不仲でもないしな。辰蔵は今回の件は何も知らないよ。おあいにく。」
「なぁんだ、そうだったんだ。じゃあ辰蔵くんは何であんなことを…?」
「多分田舎に同窓会にでも出かけた時にタイミングよく訊いたんじゃないか?あいつなら2〜3日なら生活はできるからお順だけ連れて行ったのかもな。ただなぁ…。」
「ん?聞こえなかったなぁ。何?」
「別に…おまえに話したら商店街中に変な噂が広まるからな。辰蔵は店には関わらないってことだ。」
「あやしいなぁ、マスター何を隠そうとしてるの?」
「大人の事情ってやつだ。出入り禁止にされたくなければこれ以上は聞くなよ、な。」
「ますます怪しい…でも出禁は困るよぉ。」
「大人しくそこで冷めちまった珈琲でも啜っていろ。大人の事情に首を突っ込むんじゃないぞ。」
「もう、解ったから…。本当に冷めちゃってるよ。不味っ…。」

  ◆◆◆◆◆◆◆

「ねえねえ、お姐さん。」
「私に聞かれても知らないわよ。」
「えっ、エスパー?なんで解ったの?」
「あれだけマスターの機嫌が悪ければ、あなたが余計な事を言ったか尋ねたかしかないでしょ?君ならマスターの秘密主義解ってるでしょうが。他に漏らさないと認識している人にしか相談しないし、人間関係だって謎のままよ?私ごときに解るはずないじゃない。」
「そうだね、新作のデザート一つだってお店に出てくるまで誰も知らないもんね。」
「いつか話してくれるのかしら?気になってしょうがないのに。」
「マスターもあ〜ゆう性格だから、必要なければ一生話さないよ。」
「そうよね…。」

続きを読む
posted by 銕三郎 at 05:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

◇再出発前夜

梅雨の足音も近付いた頃。
しばらく休業が続いていたこの店の前に人影があった。
脚立をたて看板を磨き、電球を拭いて埃を払い付け直す。
シャッターを上げてガラスを拭き、室外機の上に並んだ植木鉢を新しいものに置き換えていく。
そんな様子が商店街のアーケード下からみえたのか、何人かが顔を見合せながら店の方に近づいてくる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、やっと帰ってきたのかい。」
「あ、ああ。いろいろあってな。商店街の皆さんにも迷惑掛けてしまった。すまんなあ。」
「そんなことはいいいよ。それより看板娘には連絡したのか?当初は気丈に若いのとふたりで続けていたんだ。」
「そうだよ。でも仕入れの豆の検品が不安で、しょうがなく一時閉店を決断したんだ。」
「ああ、それは聞いてる。馬鹿な奴だ…十分に鍛えたんだ、自分の舌を信じればいいのに。」
「そんな憎まれ口をきくんじゃないよ、嬉しいくせに。彼女言ってたぞ『せっかくマスターが作り上げた味を私が変えてしまったら申し訳ない。帰ってきた時に居場所がなかったら、今度こそ本当にいなくなっちゃうから』ってな。」
「それでも良かったんだ。オーナーとあいつら二人がいればこの店は大丈夫だってわかってるからな。」
「だがな、マスター。店にとってはそうかも知れんが客にとってはそれじゃ駄目なんだよ。特に若い常連連中なんかにとっちゃ良くも悪くも貴重な先達なんだからな。お前さんの厳しい意見に救われてるんだ。」
「そうそう、姐ちゃんもその口だろ?マスターにそそのかされてこの店に縛り付けられて、男の世話までしてもらって…。」
「おい、それは誤認だと思うぞ。でもこの店とマスターに新しい生き方を教えてもらったんだって喜んでいたのは事実だぜ。」
「そういえばそんなこともあったな。きっかけは俺かもしれんが、そのあと努力したのはあいつだ。感謝されるほどのことはしていない。」
「ふん、照れてるんじゃねえよ。それより営業はいつからだ?みんな待ってたんだぞ。」
「三日後かな?豆の焼きあがりが明日になるからな。また豆屋に無理きいてもらったよ。」
「ということは…マスターのこの後は暇だな。おいお前、姐ちゃんの連絡先知ってたよな。いつもの居酒屋にすぐ来いって言っとけ。おまえは店の予約。若い常連連中はっとお前の息子がわかるんじゃねえか?」
「おう、まかせろ。というより俺が知ってる。俺の店からここは良く見えるから開店したら教えてほしいって連絡先を預かってたんだ。」
「あいつらも気が回るこった。おっとどこへ行くんだ?」
「前夜祭なら勝手にやってくれ。俺には関係ない。」
「そんな訳あるかぁっ!絶対帰さんからな。宴会の場で言訳でもなんでも聴いてやるから。」
「待て、店の準備が…。」
「そんなのは明日でいい。おい縛り付けてでも逃がすなよ。」
「あ……」

 続きを読む
posted by 銕三郎 at 02:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

◇待ち合わせの風景

若葉の緑が眼に心地良い。
もうしばらくは雨空の鬱陶しさに悩まされることも無い今の季節。
日差しは強く汗ばむのだが、ビルや通りを吹き抜ける風はカラリとして、信号待ちで立ち止まった体の表面から水分を奪ってくれる。

昼下がり、休講になったのか常連の女子学生が両手いっぱいに資料を抱えてやってきた。
待ち合わせの時間でも気になるのか抱えた荷物越しに腕時計を覗き込む。
遅れていないことに満足したように微笑むと元気に店の扉を体で押し開けた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、お久し振りです。来てます?」
「おうっ、いらっしゃい。今年度初めてだな、今年もよろしくな。奴なら15分ぐらい前に来たかな。奥にいるよ。」
「ありがとう。いつもどおり早いのね・・・。私はマスター入魂のブレンドを頂こうかな。」
「久し振りに来た時は舌のリセットからって訳だな。」
「そんなつもりじゃないけど。それじゃあよろしくお願いします。」

「おまたせ・・・聞こえてないな、こりゃ。」
「・・・。」
「まあいいわ、本に集中しているあなたを見ているのも好きなの。眼鏡を直す、髪を掻き揚げる、咳払いをする。ページをめくる音だけがひっそり響く。」
「・・・。」
「こんなときは私のことも時間さえも忘れちゃうのね。」
「お待たせしました、ブレンドです。」
「ありがとう。あら、今日はおかし付き?」
「はい。先日あるお客様がお土産にお持ちくださったものです。女性の常連の方におすそ分けしているんです。」
「嬉しい!いいタイミングだったのね。」
「あ、来てたの。ごめん、気付かなかった。ちょっと待って、この本をしまっちゃうから。」
「いいのよ、私も今珈琲が届いたからもう少しゆっくりしましょう。」
「でも、本だけは片付けるよ。なんだか眩しいね。」
「ずっと俯いて本を読んでいたからよ。私との待合せの時間すら忘れて・・・。」
「うん・・・、まだ10分はあるからと思って本を開いたんだけどいつの間にかはまり込んじゃったんだ。」
「いつものことよね。街中で待合せても目印で本を取り出して読み始めちゃうから、私が遠くから走ってきても気付いてもくれない。時間に遅れて来る事はない代わりに出会うまでに時間がかかるなんてちょっと情けない。活字フェチもいい加減にした方がいいよ。」
「そう言われるとちょっと辛い。自分でも困るんで気をつけるようにはしてるんだけど、何もすることがない手持ち無沙汰な時間ができちゃうとつい本を手に取っちゃうんだ。」
「持って歩くのを止めればいいんじゃないの?」
「そ、それは・・・。・・・以前試してはみたんだ。結局手元に本が無いと手近な書店で手に入れようとしちゃって、新たなジャンルの開拓に繋がっちゃうんで逆効果だったんだ。」
「破れたポイ・・・。」
「何のこと?」
「掬いようが無い。まあしょうがないのよね、そんな貴方もひっくるめて好んでいるのだし。少しでも改善の努力をしてくれれば良いことにするわ。」
「ありがとう。それじゃあ今度から街で待ち合わせのときは着ぐるみでも着るようにするよ。」
「言ったからにはぜ絶対に実行してもらうからね。って周りの目なんか気にもしない貴方にとって何てこと無いわよね。それより着ぐるみの入手先の方が気になるし、そのあとどうするのかも気になるわね。」
「そのままに決まっているじゃないか。普通のコインロッカーには入らないと思うよ。着替えだって時間がかかるし。」
「着ぐるみと一緒に買い物・・・食事・・・ライブ・・・ひょっとして私への罰ゲーム?」
「そんなつもりじゃないけど。」
「ああ、もういい!私が見つけるから本を読んで待っていてくれた方が良い!」
「結論も出たし、そろそろ出掛けようか。」
結局こうなるのよね・・・ほれた弱みというか・・・
「ぶつぶつ言っていると時間に遅れるよ。さあ、早く・・・。」

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

◇一同心の訃報

ポカポカと暖かい日差しの公園で不思議な花を見ました。近くに居たお年寄りのカップルに花の名を教えていただきました。『まんさく』の花だそうです。
あの年代は花鳥風月と共に過ごしていらっしゃる。うらやましい限りです。公園を散歩するにも季節の花の名ぐらい覚えておかねば恥ずかしい気がしました。

そろそろ木々が芽吹いてくる季節となりました。
ところが、相次いで著名人の訃報が届いてきます。久しく聞かなかった名前もありますが、幼い頃から活躍を眼にしてきた役者さんが亡くなるのは特別悲しいものです。

マスターもお気に入りの方の訃報を耳にしたようで落ち込んでいるようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「亡くなっちゃったね。」
「ああ・・・。」
「好きだったんでしょ?」
「『てなもんや三度傘』の頃から見ていた役者だからな。時代劇の重要な役には欠かせなくなっていた。出てるだけで画面が締まる。」
「私はあんまり時代劇とか見ないけど、『必殺!』シリーズぐらいは見たことがあるもの。残念よね。」
「今年の1月に復帰したときは喜んだんだけどな・・・。この間放送されたスペシャルが最後になっちまうのかな。」
「シリアスからコメディまで、現代劇にだって代表作があるんだもの、追悼放送だってあちこちで組まれるんじゃないの?」
「残念なんだよ。今のシリーズもそうだが、重みが出てきた今になってやっと出来る役が、あの人にしか出来ない老人が見られるかなと期待していたんだ。O滝のようではない新たな老人像をもっと見せてもらえると思っていた。いつも『あんな男』になりたいと思わせてくれていたんだ。」
「普通、憧れるんならアクション映画のヒーロー役だったり2枚目の役者さんじゃないの?」
「いいや。自分のことは判っていたからな・・・。頑張ったってM方やS原にはなれっこないし、義理人情の方面に就職する気はさらさらない。かといって自分の容姿は褒められたもんじゃない。3枚目を気取る勇気も器量も頭もない。」
「そっかぁ、マスター世代の普通のおじさんの理想像なのかぁ・・・。上司や部下なんかじゃなく自分がなりたい姿を映していたんだ。」
「老いてなお、自分の人生に胸を張って生きられる。衰えなど微塵も見せない。そんな姿を見続けたかった。」
「最後までかっこよかったよね。病から復帰して、TVシリーズのスペシャルを撮ったと思ったらあっけなく亡くなっちゃうなんて。遣り残していた気になっていたのかなのかなぁ。」
「でも死んじまったらカッコいいも何もないだろう。しかし、このところのアイドルや大物女優の孤独死にも驚いたが、そんなのは今回の比じゃなかったな。初めてTVニュースで見たときは番組の予告かと思ったぐらいだったからな。ネットのニュースサイトをいくつか廻ってやっと納得したよ。それでもなんだかその日1日何にも手に付かなかったなぁ。」
「マスターがパソコンを前にネットサーフィン?そんな事するようには見えてなかったなぁ。似合わな過ぎ!」
「俺をどんななんだと思っていたんだ。スポーツ新聞を片手にごろ寝しながらTVで競馬中継なんておじさんは最近貴重だぞ。インターネットに関してだってこの商売には不可欠なんだぞ。豆や砂糖の取引価格だけじゃない。生産地の動向だって気にしているんだ。ちなみにうちの店内はどの席でもフリーの無線LANが使えるようにはしてある。おやっ?怪訝そうな顔つきだな。この件は以前に説明しておいたと思ったが・・・?」
「えっと・・・、あれっ・・・?そんなことありましたっけ?あはは・・・覚えてませんでした・・・。」
「また常連にからかわれるネタが一つ増えたってことか。多少はまともになってきたと思ったのは俺の勘違いだったのかな。これはあいつと相談して減俸も考える必要がありそうだな。」
「それは・・・。あっ!そうやっていじるのだけは止めてくださいよぉ!」

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

◇倉庫の肥

年の瀬も押し迫り、商店街では正月用品を売る胴間声が響き渡っている。
食品だけでなく松飾やしめ縄の屋台も出ているようだ。コート姿の奥さんがご主人たちを引き連れて買い物をしている姿が目に付く。

今年の営業は今日まで。
裏で倉庫整理のバイトをしていた若い常連客が気になるものをみつけたらしく、カウンター席に持ってきてマスターに声を掛ける。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マスター、これなんですか?」
「あ〜?お前、触らなくてもいいと言ってあった場所まで動かしたのか?」
「う、うん。置き場所を整理していたら、あの場所の方が都合がよさそうな分量配分になっちゃったから、場所を少しだけ動かして見渡しがよくしようと思ったんだ。」
「そうか・・・。しょうがないな。まあ、本来あそこに有っちゃいけないものだからな。動かされても文句は言えんな。」
「き、危険物?」
「いや、俺の私物なんだ。店の営業に関わる物ならば問題ないが、家に置いておくことが出来なくなったものなんだ。息子たちが伝い歩きをするようになって手が触れる場所に設置したままでは危なくなったからな。」
「って言うと、上のお子さんが中学生だから開店当初から倉庫に入れっぱなしなんですか?」
「そうか、そういうことになるのか。」
「それで最初の質問なんですけど・・・。」
「俺のオーディオ機器だ。あそこに有るのはスピーカー4本とプリアンプ・パワーアンプ、ターンテーブルとレコードの山のはずだ。ちなみにお前が持ってきたのはパワーアンプだよ。」
「ううっ、僕には何のことやらさっぱりわかりません。何をするものですか?」
「お〜い、バイト終わったのか?ああっ、マスター。それどうしたんですか?懐かしいなぁ。」
「これに反応するなんてお前、歳ごまかしてないか?いい加減俺の世代でもクラシックな機器の部類に入るんだぞ。」
「昔叔父さんちに有ったんですよ。大きなスピーカーに繋いで結構な音量でジャズを聴いていたんです。」
「近くに愛好家がいたんだな。こいつを使っているってことはかなりのシステムだったんだな。」
「マスター、置いてけぼりにしないでくださいよ。お前もお前だ、突然割り込んできやがって。」
「そうか、お前この手のメカ物に弱かったな。これは25年ほど前に発売されたパワーアンプってもんだ。」
「そこまではマスターに聞いた。いったい何をするものかが判らないから聞こうとしていたんだ。」
「簡単に言うとプリアンプから出た電気信号を増幅してスピーカーに供給するための機器だ。」
「ぷり?アンプってギターとかで使うのは一つだぜ?」
「やってることは同じなんだがな。目的が違うのさ。あっちはスピーカーまで付いているし音を故意的に歪ませる事も前提にしているが、オーディオ用は歪まないのが原則だ。二つに分かれているのはそれぞれに必要とされる特性が違い、別にすることでそれぞれの機能向上が目指しやすいからさ。」
「こいつにはボリュームのつまみってついてないよ?」
「ああ、純粋に増幅だけをさせるために余計なノイズ発生源を省いてあるんだ。音量や音色の特性を調整するのはコントロールアンプがすることだからな。」
「?コントロール??」
「ああ、プリアンプは本来コントロールアンプって呼ばれている。ボリュームやセレクターがいっぱい付いた奴だ。」
「そういえば一緒に置いてあった。あれだけじゃスピーカーから音が鳴らせないってこと?」
「マスター、プリは何を?っていうよりなんで倉庫なんかに押し込めちゃっているんですか?もったいない。」
「伝い歩きを始めた息子が、丁度眼の高さにあったプリのボリュームをいじってな、ツイーターを飛ばしてくれたんだ。それも2度も・・・。」
「近所迷惑な・・・。置き場所を・・・ああ、そんな訳にはいかないんですね。」
「ああ、ブロックやらレンガやらの重量や配線の問題もあって・・・。そのうちスピーカーのコーンもやばいだろうってことになったし、店の開店で夜も昼も無くなったから封印することにしたんだ。」
「10年も放置されていたんだ・・・。駄目かもしれませんね。電気機器は通電しないと傷みが早いって言いますよ。」
「そうだな。この正月休みに点検してみるか。おい、倉庫内の新しい地図用意しておいてくれよ。」
「ちゃんとできてますよ。点検するときは教えてくださいね。どんな音がするのか聞かせてください。」
「そうだな。生きてればこの店を名曲喫茶にでもするか。」
「いまさらそんな後ろ向きな改装は止めてくださいね。」


 

続きを読む
posted by 銕三郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 珈琲症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。